柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



イングランド VS チュニジア
こちらは、イングランドがらしくない試合運びをしていました。
以前のイングランドサッカーといえば、なにしろ選手同士のぶつかり合いという位に、激しいボディーチェックが有名です。
でも、この試合は鳴りを潜め外から崩そうというオーソドックスな試合運びをしていました。

そんなこんなで互いに点を入れあって 1:1 後半が始まりました。
とはいえ、どう考えてもベテランの国の試合運びでは有りません。
攻めきれず周りをグルグルとボールを回すのに終始して、どうやったら点をとれるのかと冷や冷やしていましたら、終盤にしっかりと勝ち越し点を決めてくれました。

フランスに並んでイングランドも勝ち名乗りにのってきましたね。

ワールドカップ 日本 VS コロンビア
なんと、前半4分でコロンビアがペナルティーエリア内でハンドのファール!
普通はイエローカードなのでしょうが、今日の審判は厳しかったなぁ~
なんと、いきなりのレッドカードが出ました。
つまり、将棋で言えば飛車角落ち。
このPKを香川が冷静にほぼ真ん中にGKの動きをみて、しっかりと決めました。

これで、前半の早々に 1:0 ですが、コロンビアはコンパクトなサッカーで守備からのカウンターでフリーキックを得、そこからゴールへ向かうシュートを川島が掻きだしたかに見えましたが、残念ながらポストを割っていました。
この得点で 1:1 の同点担ってしまいました。

これで同点での勝ち点1か?と思っていましたら、後半の中盤で大迫が本田からのほぼアシストからヘッドで決勝ゴール!
そのまましっかりと守り切り日本の勝利で勝ち点3を獲得です。

今迄観て来た各国の試合からすると、判断力や好守の切り替え、パスや自分でボールを納めるなど、先進国からみたら笑っちゃうくらいに下手くそで上位10位のチームからしたら10年以上遅れてる日本です。
そこをカバーしたのは、精神力なのかなぁ?
下手は下手なりの試合運びが有るってことかもしれませんね。

何はともあれ、頑張れニッポン!!

ワールドカップ スウェーデン VS 韓国
残念ながら、韓国はPKに泣きました。
そこそこ、良い試合運びだったのですけどねぇ。
身長差をものともせず、頑張った韓国でしたが残念でした。

さて、明日はついに 日本 VS コロンビア です。
日本時間21時キックオフ。

そういえば、以前サッカーワールドカップの勝ち負けを予想していたタコちゃん、今年はどうなっているのでしょう?
今年はクラゲ?はやぶさ?ライオン?
どれもこれもコロンビアを選んでいますぞ!
動物が選びやすいのが、コロンビアの旗の色使いか?

まあ、どの国も日本よりもランキングが上ばっかりですから、胸を借りるつもりで精いっぱい頑張って欲しいものです。
サッカーワールドカップの度に言ってますが、出場できるだけでも十分に光栄なことなんです。
連続出出場できている日本って凄いんですよ!

とはいえ、勝ち上がれればそりゃ、当然嬉しいことです。
頑張れニッポン!!


番狂わせは続く ・・・・
えっと・・・・
確かにスイスは現時点ではFIFA4位ですよ。
とはいえ、これは他の国がいろんな事情があったからのことで、だって4位って言ったら、ブラジル・イングランド・イタリア・ドイツ・スペイン・オランダよりも上ってことになっちゃうんですから、まあ、このワールドカップの予選やそのテストマッチなんかの勝ち負けとかが影響してるのでしょう。
簡単に言えば、ブラジルがスイスに負けることは考えられなかったんです。
ですが・・・
ブラジル VS スイス 結果は 1:1 の引き分けです。

スイスは前半の最初はとてもフレキシブルなオフェンスをしていて、前からプレスを掛けてブラジルからマイボールにしたりと凄く積極的でしかもその戦術がはまっていました。
ですが、前半を20分すぎるくらいからだんだんと、奪うことよりも守ることを重視しだしてブラジルの時間がずっと続くようになってしまいました。
そんなネガティブなスイスを見透かすように、左サイドからブラジルがゴール!

しかし、ブラジルがこの後らしくありません。
終始ボールを支配するのですが、スイスの好守に阻まれボールを回しは擦れど、なかなか崩せず。
そんなこんなしているうちに、どうやら対ブラジルという精神的な圧迫感を克服したスイスが前半当初のような軽やかな動きで攻守をきちんと切り替えるようになってきます。
特にブラジルの穴を見つけながら攻めあがる時はきちんと攻めあがるようになった前半の50分に、スイスがCKを得てそのままセットプレイからの得点でした。

今迄、今大会で優勝候補でグループリーグ勝利したのは、フランスのみでしょう。
一発勝負の大会の怖さがでていますね。
明日の日本戦が楽しみです。

ドイツが・・・・
ワールドカップ ドイツ VS メキシコ でとんでもないことが起こりました。
なんと、メキシコが歴史的勝利!
1:0 でメキシコがドイツを破りました。

試合が始まった時からずっとドイツらしさがみられませんでした。
なんだかモタモタしてるなぁ・・・ って思っていたら、前半の終盤にメキシコ・ロサーヌが左から駆け上がりそのままシュート!
これが、決勝点になりました。

メキシコの試合運びがとても良かったです。
先日のアイスランドのような堅く守ってカウンターというのではなく、守る時はまもるが攻める時は攻めるという、メリハリの利いたスペインをお手本にしたような試合運びでした。
ドイツが前が買ってきても焦らず騒がず対処して、穴が出来たらしっかりと数を掛けて攻める、取られたら直ぐに退くというのが終始できていたように思えます。

とはいえ、確かにメキシコはとても良かったですが、いったいドイツはどうしたのでしょう?
崩せず攻めきれず、ミューラーにきちんとボールが入ることの少ないこと。
ワールドカップでドイツが初戦を落とすなんて、いったい何大会ぶりなんだろう・・・・
まさか、優勝候補のドイツがグループリーグ敗退なんて無いよなぁ?