柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



この春の新ドラマがなかなか良いぞ!
ここまで観たのは、警察物のシグナル、職業ドラマのヘッドハンター、同じく職業ドラマのMissデビル 人事の悪魔・椿眞子、同じく職業ドラマの崖っぷちホテル、家族性のヒューマンドラマのあなたには帰る家がある、人間性を試す正義のセ、詐欺をテーマにしたドンデンガエシ系のコンフェダンスマンJP、NHK朝の連ドラの半分青い。

今のところ、落第はコンフェダンスマンJPが確定。
前にこのブログでも書きましたが、あんまりにも視聴者をバカにした現実にそぐわないシーンが多すぎる。

次に危ういのは、崖っぷちホテル。
こちらは脚本というよりも、演技指導かな。
ストーリーは面白いんだけど、演技の仕方がわざとらし過ぎて観ていて吹き出しそうになりました。
この後も、こんな演技指導をするのなら(どう考えても演者の技量とは思えないので、演出でしょう)落第だな。

他は、様々な楽しさを持ち合わせていて、とりあえずは次も観てみたいと思える作品です。
今日は、シグナルの第2回目を観ましたが、これは及第点ですね。
SFとシリアスとが入り混じっていて、しかもハラハラドキドキが半端ないですね。

さてさて、他のドラマはどうなるのかなぁ~
楽しみです。

皮膚の垢 知ってました? その2
前述の続きです。

身体を洗う際に通常使うのはボディーウォッシュですね。
ですが、こちらにもご注意を。
大概のボディーウォッシュには、界面活性剤が入っています。
界面活性剤も製品への使い方によっては、皮膚を傷つけてしまいます。

その傷つけ方は、人によっては強力でアトピーの原因や悪化の要因にもなってしまっています。
これらに詳しい研究者や皮膚科の先生たちは、身体全部を単なるお湯洗いにとどめ、身体から臭いが出そうになったら、必要最小限で界面活性剤不使用のものを使用するとのこと。

僕も身体は手洗いでしたが、さすがにボディーウォッシュはそこそこ使っていました。
今日の入浴からは、ダヴのボディーウォッシュとはいえ、本当に最小限に留めてみましたが、入浴後の実感は、ボディーウォッシュを使った際と全く変わりませんよ。

アトピーの方は、直ぐに石鹸の使用をごくごく少量に留めましょう。
そうでない方も、皮膚の免疫を保つためにも少量に留めましょう。
常在菌を毎日洗い流していると、常在菌と皮膚組織などによる弱酸性のPHも悪い方へ変わってしまうそうです。
皮膚への刺激が少ないほど、老化によるカサカサカイカイやアトピーなどの皮膚疾患を防げますよ!!

皮膚の垢 知ってました? その1
なんと、まずびっくりしたのは表皮は死細胞という代謝の無くなった細胞なのだそうです。
僕は、皮膚表面の一番上の、この既に死んだ細胞、それが垢そのものと思っていました。
ですが、実は垢にはまだ成っていないこの死細胞が本来の表皮です。

じゃあ、垢って?
それは、単に代謝を止めた死細胞ではなく、この死細胞の一番上にある老廃物まで至った部分と皮膚から分泌される、そのまま分泌物です。
汗に含まれるたんぱく質や電解質、臭い成分などですね。

実はこれらは、全部水溶性で水に溶けます。
つまり、皮膚表面に留まっているものたちの大半は、水溶性ということに成ります。
脂溶性のものは、自分の身体からではなく、全て外的要素になります。
単純な埃やチリなども水に溶けはしないでしょうが、水で流れます。
ですから、特に服で隠れていて脂溶性のものが付着する可能性の無い部分は、お湯のシャワーや湯舟だけで全て落とすことができるのですと!

ですから、汚れを落とすという意味では、皮膚の垢のほとんどはお湯のシャワーでしっかり落とせるということですね。
頭髪も同様だそうです。
ただ、埃っぽい場所や調理場などの油脂を空間から浴びてしまうような環境など、状況によっては石鹸の使用も仕方がない方もいらっしゃるでしょうが、それでも必要最小限が良いようです。

ただ、髪はリンスやトリートメントをしないと、パッサパサのゴワゴワに成っちゃいますから、使い方次第と言えるのでしょうか?

第2399回「もうすぐゴールデンウィーク!」

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の宮川です今日のテーマは「もうすぐゴールデンウィーク!」です今年のゴールデンウィークは、長い人で9連休みたいですよ毎年毎年、渋滞や高い料金、混雑、など頭を悩ませることがいっぱいのゴールデンウィークですが、ほとんどの人にとってビッグイベントですよねまぁ宮川は、普通に仕事ですけど・・・たまに休みもありますけど、ほぼ普段と変わらないですでもね、ゴールデンウィーク...
FC2 トラックバックテーマ:「もうすぐゴールデンウィーク!」



昨年まではGWといえば京都旅行でした。
ですが、今年は僕の休みが5月3日(木)4日(金)の2連休しかありません。
しかも、3日は妻が仕事なので、つまり夫婦の連休が無いということですね。
ですから、京都どころか一泊二日の旅行もできないんですよねぇ・・・・
4日(金)に日帰りでどこかへ行くくらいでしょうか?
とはいえ、鎌倉とか日帰りできそうなところは、物凄く混みますからねぇ・・・・
結局、二日続けての映画三昧に成りそうに思えますねぇ。

比嘉大吾 VS クリストファー・ロサレス
WBCフライ級では体重超過で王座剝奪となった比嘉大吾が同級2位のクリストファー・ロサレス(カラグア)に9回TKO負けをになってしまいました。

村田選手のミドル級よりも軽い階級とはいえ、パンチのスピードが半端ないです。
目にもとまらぬ とは、まさにこんな試合を言うのでしょうね。
比嘉選手のほうが上背もリーチも劣っていましたが、果敢に潜り込んでは打ちあいに成っていました。

手数は相手の方が少し多かったように思いますが、でも足の使い方やパンチの組み合わせや数は比嘉選手も劣ってはいなかったように思えました。
それでも、貰ってたパンチが僕が思うよりも効いていたのでしょう。
9回にセコンドからタオルが入りTKO負けとなってしまいました。
減量の失敗が在りましたし、なんといっても相手も強かった。

それでも、あのカミソリのように鋭く強いパンチで直ぐにまたチャンピオンベルトを取り返してくれると信じています。
頑張れ!比嘉選手。