FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



行ってきました。京都その4 第1日目“寺田屋”
東福寺のあとは、京阪電鉄に乗って寺田屋へと向かいました。
このころには、暑いくらいに晴れてきましたよ。
中書島駅から、徒歩10分ちょっと。
実は、東福寺を出て中書島までで少し離れて居まして、寺田屋さんは現在も宿泊施設として機能している関係で、内部見学の時間が短いのです。
手持ちのガイドブックでは15:30とのこと。
急いで(といっても電車は定時運転なんですけどね・へへ)向かいましたが、どうやら現地到着がちょうど15:30くらい。
中書島駅から早足で向かいましたら、実際の閉館時間は15:40とのこと。
滑り込みセーフ!

2015京都寺田屋その1
坂本龍馬の掛け軸と絵ですが、向かって右端の掛け軸の絵は、竜馬の作だそうです。
絵心も有ったのですねぇ。

2015京都寺田屋その2

竜馬愛用のスミス&ウェッソンだそうです。
実機がまさか在るなんてぇ~~~~?!
かなりでかくて重そうです。
つくりは荒いですが、ものすごいリアル感ですよ。


2015京都寺田屋その3

これが竜馬に急を告げに駆け上がったといわれる、裏側の階段です。
かなり急で、ちょっと酔っぱらっていたら、足を滑らしそうなくらい急ですよ。

2015京都寺田屋その4

寺田屋の中庭に咲いていた綺麗なお花です。
竜馬も、開化の波の中、この花を観ていたのでしょうか。
つくづく京都は、歴史の教科書ですねぇ。

2015京都寺田屋その5

寺田屋を正面から観たところです。
思ったよりもこじんまりとしていて、知らずに歩いていたら通り過ぎてしまったかも。
京都、寺田屋にかかわらず変わらないものが街中に溢れていますので、そんな良き風景に溶け込んでいましたよ。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shibatachiro.blog64.fc2.com/tb.php/676-999a8061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)