FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



財布を落としてしまいました・・とほほ・・
正月早々の1月15日(水)の昼休みの終わりごろ、治療院最寄り駅の新三河島駅から治療院へと帰る道筋でお財布を紛失・・
警察へ届け、駅に問い合わせましたが出てこず。
くよくよしていても仕方が無いので、財布に入っていたカード類や免許証など紛失届が必要なものを次々手続きしました。
何が入っていたかは覚えておりましたので、不正使用されそうなものから順次電話を掛けて済ませたのですが…

国保は不正使用を防ぐ手立ては区役所には無いとのことでビックリ!
このオンラインの時代に関係機関への通達は自分でしなくてはいけないのだそうです。
しかも、電話でも窓口でもこれらの個人信用情報の届けや不正使用の有無の確認できる協会も区役所では教えてくれません。
僕は過去に別件で知っていましたので、翌日の休診日を利用して駆けずり回って手続きを早急に済ませることができましたが、これらの機関の存在を知らない人の方が圧倒的に多いですよね。

ということで、とりあえず下記にそれらの機関を記しておきます

CIC 割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関 CREDIT INFORMATION CENTER
http://www.cic.co.jp/mydata/

全国銀行個人信用情報センター|全国銀行協会
https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

JICC 日本信用情報機構(指定信用情報機関)
http://www.jicc.co.jp

顔写真の付いていない証明可能な国保や年金手帳、船員免許などを紛失した際には、必ずこれらの機関に届け出て不正使用の防止をしてください。
最近では、本人確認ができない写真無しの証明書では融資を受けられない金融機関が殆どですが、アンダーグランド(街金なんかね)の金融会社や携帯電話の契約など、思わぬところで被害をこうむる可能性があります。

ちなみに、荒川区では僕の経験をメールでお知らせしましたところ、これらの情報機関の一覧を書類にしたものを窓口で紛失届・再発行の手続きの際に渡してくださる手配をしてくださいました。
荒川区の手早い対処に感謝!

今のところ、僕への不正使用は発生していませんが、もう落とさないように気を付けなくっちゃ・・・・




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shibatachiro.blog64.fc2.com/tb.php/601-01d30a0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/03/19 08:56)

荒川区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 ケノーベル エージェント【2014/03/19 08:56】