柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



美術館三昧 その2
シャガール展と同じ日に、ムンク展とフィラデルフィア美術館展も周って来ました。
ムンク展は、有名な「叫び」こそ来ていませんが、その連作ともいえる「不安」「絶望」が掛かっていました。それぞれ、共通する色使いや構図はやはり強力なのですが、「叫び」がひとつ飛びぬけているような印象ですね。
全体として暗いイメージの作品が多いのは、フィヨルド地方(?)独特の地域性なども関係しているのかもしれません。
数々の作品のところどころに、「橋の上の女性たち」に代表される“印象派”のような作品もあって、ちょっとホッとしたりしますし、出来上がった作品よりも、下絵がとても明るいイメージだったりするところを見ると、意図的に暗い作品にしたてあげていたようにも思えます。

話は戻ってシャガールですが、ちょっと面白いことがありました。
先に周った東京都美術館のフィラデルフィア美術館展に、シャガールの自画像が掛かっていて、そちらは、いわゆる写実の作品に出来上がっていました。
東京都美術館→西洋美術館→上野の森美術館の順で周りましたので、自画像の印象をそこそこ残してシャガール展に突入しました。
そんなわけで、別々の展覧会なのだけど、繋がっているような感じがして、別々の日に回らなくて良かったなぁ~と。

フィラデルフィア美術館展ですが、こちらは僕の志向に合った、印象派を主にする作品群でとても見ごたえがありました。
モネ、マネ、ピサロ、ゴッホ、ドガ、クールベ、マティス、ルノアール、ピカソなどなど、思い出すのも大変なくらいの、凄い展覧会です。
なかでも、クールベやピサロなどは印象深い作品でした。
ピカソの自画像も、こちらもシャガールの自画像と同じく写実で描かれていて、なかなか味わい深いお顔を拝見できたのは、面白かったですねぇ。
フィラデルフィア美術館展は、会期中に是非もう一度訪れるつもりです。

このほかにも、国立新美術館ではフェルメールを始めとするオランダ美術の展覧会を開催中ですし、東郷美術館でも印象派(ベルト・モリゾ)の展覧会をやっています。
上野の大徳川美術館展も興味津々ですし、今年もウキウキできる“文化の秋”ですね~
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shibatachiro.blog64.fc2.com/tb.php/58-2fc08875
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シャガール (アート・ライブラリー)

シャガール (アート・ライブラリー)・シャガール、、、藤田嗣治、、、、・シャガール展・素顔のシャガール・生誕120年記念 色彩のファンタジー シャガール展-写真家イジスの撮っ ...・芸シャガール・上野の美術館めぐり(フィラデルフィア美術館展,ムンク展, ...・シャ... みわのブログ【2007/10/31 10:15】