FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ヘルタースケルター
沢尻エリカ主演のヘルタースケルターを観てきました。
りりこ役の沢尻エリカは、その生き様があまりにストーリーに被ってしまうために、せっかくの演技力が良く判らなくなってしまいました。
井筒監督作品のパッチギでその演技力がすごく光っていたのがウソのようです。

沢尻以外の出演者が、寺島しのぶ、鈴木杏、寺島進、哀川翔、窪塚洋介、原田美枝子、桃井かおり、とかなり力がはいっていたのですが、それぞれ全然良さが引き出されていませんでした。
誰でも良い配役をネームバリューの有る俳優女優で話題性を出しただけみたいな感じ。
はまってたのは、桃井くらいのものでしょうかねぇ。

沢尻は、脱いで体当たりって感じだったのでしょうが、その意味が全然ありません。
グロイ感じだけ。
原作の漫画を読んでいませんので、そのあたりは判らないとはいえ、場面のなかのエキセントリックな感じやサイケデリックな感じを多用していた手法は、監督・脚本家の意図をたぶん観に来てくれた人たちには伝わっていなかったでしょうね。

全身整形がどんなふうに崩れていくのか?というのが、とっても興味深かったのですが、実際にはあまり耳にしない移植による副作用という設定でのアザの出現や毛髪の脱毛程度に抑制されていましたので、こちらもまったく拍子抜けと言えます。

ストーリーは陳腐で、有り得ないことをまるで有り得るかのように映像にしたつもりでしょうが、悪い意味で漫画的。
有り得ない物は有り得ないだろうな、と思わせられただけでした。

つまり、迫真に迫っていない。ストーリーも役者の演技も。
熱意が空回りしている感じ。
せっかくの名キャストが、すっごくもったいなかったように思えました。

ずっと以前に北野武監督の一作目「その男、凶暴につき」を観終えたあと、とっても不愉快で気持ち悪く思えたものですが、今回はそれを上回るって言うか、比べるのも失礼な感じ。
北野作品には、暗さや恐怖の裏側がしっかり存在していましたが、この作品はただグロイだけ。

せっかく脱ぐのだったら、もっと演技力を引き出してくれるような作品を選ぶべきでしたね。
いかに沢尻本人の思い入れのある漫画だったとしても。
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shibatachiro.blog64.fc2.com/tb.php/494-244b1386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)