FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ばぁーるまぁーる
今日町屋2丁目電停から直ぐの“ばぁーるまぁーる”へ行ってきました。
イタリアン中心の多国籍居酒屋さんです。
2~3年前から有るのだと思いますが、今日初めて行ってみました。
間口は狭いのですが、カウンターとテーブル席×2の見た目よりけっこう人数が入れるお店です。

先日健康番組で、生体内糖化反応(グリケーション)とAGEを知ってしまってから、食事の最初は野菜と決めています。
野菜を最初に食べると、体の糖化(さとう漬け)が避けられるのだそうです。
砂糖漬けの判りやすい例は糖尿病です。
糖尿病は、体中の組織が糖分によって極端に老化したような状態に陥って、神経症状や脈管系の病気を次々に発症しますが、糖尿病の検査で引っ掛かっていない人でも、同じぐらいの状態に成っている方がいっぱいいるとのこと。
それを避ける方法のひとつとして、食事の一番最初に野菜類を食べるのが良いのだそうです。

と言うこで、今日も野菜中心のメニューを最初に頼みました。
オードブルですが、レンコンやパプリカ、玉ねぎなどお野菜がふんだんに盛られています。
他は、チーズやソーセージです。
その後に頼んだのが野菜の蒸し物。
こちらは秀逸です。
柔らかすぎずでもきちんと火が通っていて、野菜の美味しさが上手に引き出されています。
デフォルトのつけソースはバーニャカウダですが、妻がニンニクを苦手にしてますので、お店オリジナルのお味噌ソースでいただきました。
お味噌ソースも美味しいですよ。

他に、ピッツァマルゲリータやピクルス、鶏のコンフィなども頂きましたが、感動したのは生ハムです。

バールマール生ハムその2 バールマール生ハムその1

骨付きの丸ごと腿肉から、目の前で削ってくれます。
パフォーマンスは最高です。
お味はといいますと、これ生ハムとしては塩加減がとても薄く、でもお肉の味を引き立てるのに丁度良いくらいの美味し塩梅です。
お肉の味自体も甘く芳しくワインにぴったり。
この直前までビールを飲んでいたのですが、観た途端にグラスの赤ワインを注文!

こちらのお店は、お酒の品揃えに凝っていて、品数は少ないですがとても美味しいお酒がいただけます。
ハウスワインも複数揃えていてくださいますので、好みを言うと近いワインをチョイスしてくださいます。
この日は、とっても嬉しいことに、30年ものの白ワイン(しかも日本のワイナリー・驚!)を出してくださいました。
これねぇ、ドライシェリーをすっごく美味しくしたような、でもフィニッシュの酸味がきちんとワインしている秀逸な白ワインです。
世界のシェリーがみんなこの味だったら、どんなに嬉しいことでしょう。
シェリー好きには申し訳ありませんが、有名どころのシェリーで美味しいと感じたことは一度も有りません。
カビ臭いような粉っぽいような変な酸味で後味も最悪。
今あるボトルが空いたらお終いとのことでした。
ご興味のある方は、どうぞお早い訪問をどうぞ。

http://r.tabelog.com/tokyo/A1324/A132401/13112105/
http://zero-no.co.jp/?page_id=33#S2
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shibatachiro.blog64.fc2.com/tb.php/482-68f8ca96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)