FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



怪我の功名は蓮根?
蓮根とオクラの煮物

少し前にレンコンが免疫向上にとても良いというお話をこのブログでしました。
詳しくは、お手数ですが過去ログを探してみてくださいね。
そして、その中でレンコンによる免疫向上のお料理方法には生食が一番!という内容を紹介しました。
ですが、過去に自分の経験として長芋と蓮根を半々にすりおろしたものは、僕自身の好みには合わなかった、ということを書き添えています。

今回「いくら苦手と言っても、効果が在るのを知っていてやらないはダメだろう!」ということで、妻の朝食だけでなく、僕自身の昼食でもレンコンの生食を始めました。
そしたら・・・・
苦手だと思っていた生のレンコンの美味しいこと!

もちろん摩り下ろしても美味しいのですが、これ長芋と合わせなくても単独で美味しいんです。
長芋切らしてしまい、納豆と蓮根のすりおろしだけで頂いた際にビックリしました!
そして、先日妻の朝食でご紹介した刻みレンコンのサラダ仕立てと同様、本日の昼食で薄くそぎ切りしたレンコンと長芋に納豆を合わせたお料理も、そのシャクシャクという独特の食感も相まって凄く美味しい!

筑前煮や豚汁などでは欠かさずレンコンを入れるのですが、煮た際の触感やお味と生とではまったく別物で、同じお野菜とは思えないくらい。
勝手に生でも硬いと思い込んでいました。

レンコンは灰汁が強いように思いますが、生で食べても全然気に成りませんし、そもそもお野菜や果物の灰汁=ポリフェノール(抗酸化物質)ですから、ほどほどの灰汁はお料理で取り除かないのが新常識です。

この美味しさにたどり着けたのは、コロナウィルス騒動のおかげ。
これほどまでに免疫力に拘らなければ、絶対にレンコンを生で食べようなんて思わなかったでしょう。
ということで、シバタ先生の怪我の功名は「レンコンの生食」でしたとさ。 (*^^)v


【西日暮里 新三河島 整体・カイロ・骨盤矯正・マタニティ・産後・肩こり・肩甲骨】 
柴田カイロプラクティック 

ベテランカイロプラクター在籍◆小さな力で効果が期待できるスゴ腕施術☆
新三河島駅すぐ☆TEL☆03-3806-7400
営業時間■10:00~20:00 ※13:00~15:00は休憩時間
土曜日のみ19:00まで営業      定休日☆毎週木曜・土日を除く祝日
(土日は祝日に関わらず診療しています)

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shibatachiro.blog64.fc2.com/tb.php/3128-ebc61c7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)