FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



やっぱりタバコが悪者だったか!新型肺炎。
タバコ


そもそも何で中国でだけあんなに爆発的に感染が広がり、しかも重症化したり死亡される方が多いのかが最初判りませんでした。
潜伏期間が思ったよりも長くて、中国以外で同様な状況に陥るのが遅れているのか?とか、既に中国国内のウィルスは凶悪化に変異しているのだろうか?とか思っていました。
ですが、春節が終わり中国へ帰省されていた日本国内在住の中国人の方やご家族などが帰国されていますので、その方々が変異したウィルスを持ち帰っていれば、今頃日本を始め中国以外でも中国同様となりパンデミックに陥っているはずです。
ですが、感染者や発症者は確かに増えていますが、状況は中国に比べてかなり穏やかと言えますよね。

最近僕が思っていたのは、中国の喫煙率の高さです。
特に男性の喫煙率は50%を超えているとされていますが、一昔前は更に高い数字も報告されていました。
喫煙者は肺炎だけでなく呼吸器から感染する様々な感染症の罹患率も悪化率も非喫煙者に比べて格段に高いのは想像の通りです。
ですから、中国は喫煙率の高さが災いして広がりやすく悪化しやすいのではないか?と最近考えていました。

ですが、ウィルスの変異や民族としての体質の違いや食文化など他の理由もあるのか?とも思っていましたが、罹患した中国人の方を分析した結果、罹患率も圧壊率も圧倒的に喫煙している男性に偏っていることが判明したとのこと。(当然女性の喫煙者も)
男性の二人に一人が喫煙者の反面女性は10%に満たないので、この結果となるわけです。

ということは、この先中国以外でも喫煙者に感染が広がると予想されます。
たばこを吸われる方は、何重にも感染に対する注意が必要と言えますね。
若年層に感染が広がり難かった、ということの裏付けにもなりますね。

慢性閉塞性肺疾患( COPD)の罹患率はダントツに喫煙者が多いのですし、癌の発症リスクも高くなります。
喫煙者は背骨も歪むし治りも悪いですよ!

喫煙されている方は、これを機会に断煙されてはいかがでしょう?

【西日暮里 新三河島 整体・カイロ・骨盤矯正・マタニティ・産後・肩こり・肩甲骨】 
柴田カイロプラクティック 

ベテランカイロプラクター在籍◆小さな力で効果が期待できるスゴ腕施術☆
新三河島駅すぐ☆TEL☆03-3806-7400
営業時間■10:00~20:00 ※13:00~15:00は休憩時間
土曜日のみ19:00まで営業      定休日☆毎週木曜・土日を除く祝日
(土日は祝日に関わらず診療しています)





スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shibatachiro.blog64.fc2.com/tb.php/3011-3bdb2f26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)