FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ハンターキラー 観てきました。
監督:ドノヴァン・マーシュ
主演:ジェラルド・バトラー(300のレオニダスを演じました)
共演:リンダ・カーデリーニ(グリーンブックの主人公の妻ドロレス・バレロンガを演じました)

現代を舞台にした戦争SF潜水艦ものです。
観る前は、ハンターキラー(攻撃型原潜・敵の潜水艦を狩る駆逐潜水艦)が題名なので、すっかり潜水艦同士のストーリーを想像していました。
ですが、この映画はとっても斬新な内容に成っていましたよ。

予告でも潜水艦が沈没されるシーンがいきなり出てくるのですが、映画のストーリーでもまさに冒頭にでてきます。
ここがまた衝撃的な内容に成っていますが、ここは映画の肝なのでロードショー掛かっている今は詳細は話せませ~ん。
観ている方は必ず頭が混乱すると思いますよ。

潜水艦ものならではの閉塞感や独特の恐怖感、緊迫感は宇宙ものに共通しますが、より身近な海という環境から、伝わる感覚は潜水艦の方が断然上回っていますよ。
はじけ飛ぶボルト、圧壊寸前の船体の水圧による軋み音やヘコむ音、漏れ出す海水、船内の火事・・・・・
そして駆逐艦に駆られる潜水艦!

潜水艦もののだいご味だけでも十分なのですが、実はこの映画の凄さは「すわ!第3時世界大戦のはじまりか?!」への物凄い緊迫感です。
そして、その原因と対処方法。

さて、第3次世界大戦は始まってしまうのか?それとも阻止が可能だったのか?
それはご自身で映画を観て確かめてくださいね。
映像と音響の大迫力は、やっぱり映画館の大スクリーンが一番ですよ。

【西日暮里 新三河島 整体・カイロ・小顔・骨盤矯正・マタニティ】 
柴田カイロプラクティック 
ベテランカイロプラクター在籍◆小さな力で効果が期待できるスゴ腕施術☆
新三河島駅すぐ☆TEL☆03-3806-7400
営業時間■10:00?19:00 ※13:00?15:00は休憩時間
定休日☆毎週木曜・土日を除く祝日
(土日は祝日に関わらず診療しています)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shibatachiro.blog64.fc2.com/tb.php/2393-d2974854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)