FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



副腎疲労とカイロ その3
無料画像 腎臓

疲労と言えばずっと活性酸素と思っていました。
ですが、本書によりステロイドの恒常的かつ重要な働きに目を見張らされました。
ストレスの度にコルチゾールが分泌され、活性酸素による炎症を日々押さえていたんですね。

活性酸素自体は、抗酸化ビタミンの(ここでいうビタミンBではなく)一般的に言うところの、ビタミンACE(ビタミンエース)や各種ポリフェノールばかりに目がいっていました。
当然、こちらの抗活性酸素の効果も重要ですから、副腎の活躍だけにたよるということではなく、両方が揃うことが日々の健康に大切と言うことですね。

アルドステロンはナトリウム(塩分)を貯蓄して、カリウムを排出する作用を持っています。
このホルモンの分泌が阻害されると、なんと体内で塩分(塩化ナトリウム)が体内に留まれずに排出されてしまいます。
ということは、副腎疲労によりこのホルモンの分泌が阻害されている方は、なんと塩分が足らない身体に成っているのだそう!!

そして、副腎髄質から分泌される闘争ホルモンであるアドレナリン(エピネフリン)の分泌が阻害されると、まったくやる気がでなくなってしまいます。
酷いと「燃え尽き症候群(バーンアウト)」にいたります。
だた消極的に成るというよりも強い症状なので、酷いとうつ病や引きこもりと勘違いされてしまいます。

さて、これらの改善・予防はどうしたら良いのでしょう?
先日掲載のビタミンB群にあわせて、ここでカイロの登場ですよ!
つづきは次でね。(^^♪

【西日暮里 新三河島 整体・カイロ・小顔・骨盤矯正・マタニティ】 
柴田カイロプラクティック 
ベテランカイロプラクター在籍◆小さな力で効果が期待できるスゴ腕施術☆
新三河島駅すぐ☆TEL☆03-3806-7400
営業時間■10:00?19:00 ※13:00?15:00は休憩時間
定休日☆毎週木曜・土日を除く祝日
(土日は祝日に関わらず診療しています)



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shibatachiro.blog64.fc2.com/tb.php/2264-0e10e3c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)