FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話 観てきました!
ブログ画像

監督 前田哲    原作 渡辺一史
主演 大泉洋:鹿野靖明  
共演 高畑充希:安堂美咲 三浦春馬:田中久 萩原聖人:高村大助

あまりに大泉洋さんの演技がはまっていて、まるで鹿野靖明さんそのものに見えてしまいました。
この映画は、予告を観た方はお判りの通り、筋ジストロフィー症を患った鹿野さんの生きざまを辿ったドキュメンタリー映画です。

障害って何だ?障害を被った(患った)障害者って何だ?障碍者を取り巻く社会(環境)って何だ?
自らが嫌われ役を買って出て、障害者や社会的弱者が自己を主張でき、助けを受けられる環境が普通の゛生きやすい”社会の開拓を自ら実行・実践・そして自己への挑戦をし続けた記録です。

少年のころに筋ジスの診断を受け、20歳まで生きられるかどうか?と言われた主人公が施設や病院での暮らしを拒絶し、自立した生活をボランティアの方々と42歳まで生きた壮絶な物語。

高畑演ずる 美咲 が自由奔放・わがまま放題の鹿野へ放った一言「障害者ってそんなにえらいのか?!」は、観ていた観客のかなりの方が思った感想だと思います。
なにしろ、映画冒頭から遣りたい放題・傍若無人の鹿野。
この映画のキャッチコピーとなっている夜中に「バナナ食べたい・バナナ買ってきてよ」は、映画の冒頭に直ぐにでてきます。
最初は鹿野のわがまま放題がこれでもか!と展開され、周りの新参ボランティアたちが振り回されるさまが、健気と理不尽とに埋め尽くされます。

ですが、その鹿野をしっかりと理解している親友の高村はじめ古参のボラたちや実母。
話の展開が進めば進むほどに、この鹿野に観る側もどんどんと引き込まれて行きます。
深刻な話題をコメディーあり、恋バナあり、介護・介助の実践もあり、とにかく障害に関わる福祉と医療をとても判りやすく受け入れやすい演技や編集で伝えてくれています。

この初っ端から生意気な障害者:鹿野が、中盤・終盤には誰もが愛おしくなる秀作です。
健常者、障害者の隔たりなく、人権の本質を問いかけられている作品です。
これは、本当に沢山の方に観て頂きたいです!

【西日暮里 新三河島 整体・カイロ・小顔・骨盤矯正・マタニティ】 
柴田カイロプラクティック 
ベテランカイロプラクター在籍◆小さな力で効果が期待できるスゴ腕施術☆
新三河島駅すぐ☆TEL☆03-3806-7400
営業時間■10:00?19:00 ※13:00?15:00は休憩時間
定休日☆毎週木曜・土日を除く祝日
(土日は祝日に関わらず診療しています)

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shibatachiro.blog64.fc2.com/tb.php/2261-bff0a9fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)