FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ワールドカップ準決勝 クロアチア VS イングランド
攻めるクロアチア、守るイングランド。
今大会のクロアチアは強いねぇ~
ジーコが監督だったドイツ大会で、日本が決勝トーナメントへ進めなかったのは、クロアチアと引き分けたからでした。
その印象が僕の頭に強く残っていて、クロアチアはあんあり好きじゃ無かったんですよねぇ・・・・
そんな僕でも認めざるおえないくらいに、クロアチアは強かった!

高さ、速さ、足元の強さ、パスの正確さ、中に入って掻き回す技術やアイディアと、もう申し分がありませんね。
対してイングランドは、もともとがアーリークロスありきの大ざっぱな「イングランドサッカー」からの脱却の途上の若いチームですから、足元の技術などは一日の長が有るとはいえ、総合的にはクロアチアの方が一枚上手でしょう。

前半開始早々に、イングランドはペナルティーエリアの直ぐ外でフリーキックを得ます。
トリッピアーが直接決めて、まずはイングランドが先制!
後半の中頃、ペリシッチがアーリークロスに長い脚を伸ばして、同点弾!

それでも、カウンターで攻めあがるイングランドは、最後の最後までショートパスをつなぎ緻密な攻撃に終始しました。
そして、何度か惜しいシーンもあって、イングランドが勝ち上がるチャンスもあったんですけどねぇ・・・
クロアチアも上手に攻めるんですけど、イングランドのブロックがきちんと機能し、危ないシーンもありましたがほぼ弾き返し90分では結着つかず。

延長戦に入っても拮抗していましたが、ずっとPK戦まで戦っていたクロアチアが元気なんだなぁ~
そして、延長の前半20分でした。
マンジュキッチがゴール前のゴタゴタから、左足を一閃し決勝ゴール!
1:1でPKか?と思っていましたが、そうはならず。
延長後半にはイングランドは4人の交代を済ませた後に怪我で一人欠いてしまい、追撃もままならずになっていまいました。

イングランドは、次の大会にはしっかりとヨーロッパサッカーの強豪チームに変貌していることでしょう。
来期に期待ですね。

今日は、我が家でアクシデントが生じていて、実は全然サッカーを楽しめる状況では無かったのですが、そのお話は次ね。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shibatachiro.blog64.fc2.com/tb.php/2012-f43fa20f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)