柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ラブドック 観て来たじょ
監督・脚本 鈴木おさむ
吉田羊 主演 
共演が 吉田剛太郎 玉木宏 野村周平 大久保佳代子 広末涼子 他

吉田羊演じる剛田飛鳥の恋の遍歴と、そこに絡んでくるラブドック(恋愛クリニック・院長が広末涼子さん)のSF恋愛ドラマです。
大久保佳代子演じる 細谷千種 との友情がそこにさらに絡んできて、元カレ・元カノが重なり合って畳みかけてきます。
さぁ~~~40歳を超えた飛鳥はどうする?

主人公が最後まで翻弄される様を外から眺める映画です。
2の線なのか3の線なのか、判りにくいですね。
コメディーっぽいけど、リアルっぽくもある。

監督・脚本が 鈴木おさむ さんです。
あの金スマや 笑っていいとも~ SMAP×SMAP などTVでは向かうとこ敵無しの脚本家です。
この人が、どんな映画を創るのだろうな?ということがとても興味津々になり、今日観てきました。

少し、中途半端だったかな。
恋がいっぱい出てきますが、相手の見極めがあまりにも早すぎる。
出会って、Hして、そのすぐ後に(早いと翌日だよ・笑) 私たちつきあってまぁ~~~す って、早くね。

鈴木おさむさんは、バラエティーを多く手掛けてらっしゃいますから、展開のテンポの良さを優先させたのかもしれませんが、そんなんに拙速なラブってあんまりないですわね。
そんな人も居無くは無いですが、そこに熟女好きのパートナーってちょっとやり過ぎじゃね?

面白いと言えば面白いけど、稀代の脚本家が手掛けた監督作品としては、B級だな。
観ている途中で何となく感じていたことが、ストーリーの最後の最後にはっきりしました。
それは、説明が多すぎるんですね。
限られた時間のなかで監督・脚本家が言いたいことを全部伝えようとすると、言葉にするのが手っ取り早いというのは判ります。
でもねぇ、最後なんか飛鳥の朗読みたいだもん。

でも、そこここに笑いや涙を散りばめていたのは、サスガ!
テーマソング・挿入歌の 加藤ミリヤさんの ROMANCE は映画の雰囲気に良くあっていてとても楽しかったです。
テーマソングとしてだけでなく、劇中歌としたのは鈴木おさむ監督の要望だったのだそうですよ。
この試みは、凄い大成功ですね。

次回作を期待しています。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shibatachiro.blog64.fc2.com/tb.php/1893-e5e1766b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)