柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



西城秀樹さん ご逝去 
僕の世代ですと、丁度 小中高と 西城秀樹さん、郷ひろみさん、野口五郎さんの いわゆる新御三家が飛びぬけたアイドルでした。
今のアイドルと違い、年齢が少し上でしたし、野口五郎さんなんて実は演歌歌手からポップスに転身していたという苦労人です。
少し後ですが、当時の女性のアイドルといえば、花の中三トリオと言われた 森昌子さん、桜田淳子さん、山口百恵さん です。
僕の中では、この二つのトリオが青春の大部分だったといっても過言ではありません。
このころ流行っていた6人の歌は、たぶん今でも唄えると思います。

西城秀樹さんのヒット曲は物凄く沢山ありますが、直ぐに「ハウスバーモントカレーだよぉ~」っていうCMソングです。
YMCでもなくギャランドゥーでもなく、バーモントカレーです。
凄く 秀樹っぽいなって思っていました。

TVの中で躍動する姿が忘れられません。
近年、報道されていた2度の脳梗塞の必死のリハビリもとても好感がもて、ずっと応援をしていました。
脳梗塞のストレスが心不全を招いたのでしょうか・・・・

報われない、といえば簡単ですが、身体の不自由さをそこそこ触れているシバタ先生ですから、西城秀樹さんが何度も不死鳥のごとくステージに帰ってきた努力は、もう筆舌に尽くしがたいくらいに感動しました。

人はいつかは死にますが、無念を残す死に方はしたくないな、と思いました。
ですが、西城秀樹さんが果たして無念を残したのか、やりきったと思っていたのかは、ご本人にしか判りませんね。
判っているのは、西城秀樹さんが僕に日本に素晴らしい思い出を残してくれたことです。

良い思い出をありがとうございました。

合掌

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shibatachiro.blog64.fc2.com/tb.php/1891-28014ecb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)