FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



指に光を当てるだけで血糖値を測定できるようになるって!!
量子科学機構のチームが、血液中の糖「グルコース」だけを捉える光の発生装置を小型化することに成功したのだそうです。
数年後の実用化・大量生産に向けて実際の患者さんを対象に臨床検査を進めるそうです。
既に、かなりの数の患者さんで全て血液検査と殆ど差の無い結果が出ているそうですが、更に精度を高めることが必要なのだそうです。

今では指先に挟む脈拍や酸素濃度などが瞬時に判明する検査機器が普通に実用化されています。
昨年の二回の脱腸の手術の際と今年のアナフィラキシーの治療の際に僕も体験しています。
十数年前の岡田病院でのアレルギー治療では、動脈から採血をして酸素濃度を測っていたのがウソのようです。
こんなふうに、あと数年後には糖尿病の患者さんが自己注射する際の血糖値を調べるのに、わざわざ血液を採る必要はなくなります。
それに、検診での尿検査や血液検査に関わらず、いつでもその場で血糖値が把握できますから、場合によっては睡眠時高血糖なども把握できるようになるかもしれませんし、空腹時や食後の血糖値もより精度よく測れるようになることでしょうね。

なんとか、一年でも二年でも早く実用化して欲しいものです。
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shibatachiro.blog64.fc2.com/tb.php/1537-55f79870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)