FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



キシロカインショック
痔の手術がアレルギーのせいで延期になったわけですが、少なくとも腰椎麻酔や術後の硬膜外麻酔に使われるキシロカインに関しては、今迄に数えきれないくらいに歯科で使用していただいていますので、除外できることが判明いたしました。
これだけでも凄い進歩です。
後は、塗り薬と注入薬の構成成分ですわねぇ・・・・
これねぇ、1剤に3~4の主成分が入っていますので、かなりの数になるのですよね。
かゆみ止めの抗ヒスタミン薬などや既にダメにしろ使えるにしろ、明らかにアレルギーに関係のないものを除いても10前後になるかなぁ~
それでも、全て局所剤ですから、深刻な全身作用(アナフィラキシーとか)はほぼ考えられません。
ですから、まあダメだった薬剤を使わないで済ませて、それ以外の塗り薬とか注入剤、座薬は浸かってダメなら排除、ってのでもいけるのですけどね。
とはいえ、可能なら最初から使えない薬剤を確定しておいて、大丈夫な薬剤を使えれば辛さは格段に減りますよねぇ。
いま現在掛かっているアレルギー科の武田先生は呼吸器由来の先生なので、果たして各薬剤の成分ごとのパッチテストとかをしてくれるかは難しいです。
ダメなら、大学病院などのアレルギー外来を紹介していただくか、以前掛かっていた角田皮膚科さんでお願いするかですかねぇ。
兎にも角にも、手術の目途はたったので、最低症状を呈した今回の3剤をパッチテストしてもらってみましょう。
さてさてどうなることやら・・・・


スポンサーサイト
第2223回「何味のインスタントラーメンを食べてみたいですか?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の岡山です今日のテーマは「何味のインスタントラーメンを食べてみたいですか?」です最近色々な味のインスタントラーメン発売されていますよねチョコレート味とかパクチー味とかそんな中私もちょっと食べてみたいなと思う味を想像してみましたそれはレモンスープ味です最近すっぱいものにハマっていて友達からもそんなにレモン入れるのというくらい何にでもレモン縛ってたべてますレモン汁だ...
FC2 トラックバックテーマ:「何味のインスタントラーメンを食べてみたいですか?」



先日のアレルギー検査でも小麦の反応が出てしまいましたし、そもそも小麦の染色体異常とグルテンの健康被害とで、ラーメンは食べないようにしているのですが・・・・
とはいえ、ラーメン美味しいですよね。
小麦がダメになる前までは、食べ歩くくらいの大のラーメンフリークでした。
当然、インスタントラーメンもいろいろと食べていましたし、好きな製品もありますよ。
一番は、マルちゃんのダブルラーメン。
って言っても、北海道の方以外は判んないよねぇ~(笑)
一袋に2玉入っている判りやすくネーミング通りのインスタントラーメンです。
塩・醤油・味噌などいろいろ揃っていて、僕が小学生のころから販売されている北海道独自のインスタントラーメンです。
僕が北海道にいたころは、出前一丁とかサッポロ一番とかが売ってなくてCMの「さっぽろいちばん、味噌ラーメン!」とかを羨ましく観てましたねぇ~
それが今では、帰省するたびに一つ二つと買って帰ります。
沢山食べたいわけでも無いのですが、小学生以降に食べていた僕の懐かしい記憶がよみがえってくるようでね。
今どきの本物志向とはまったく別物で、インスタントラーメンが生まれたころの懐かしい味そのものです。
まあ、僕の想いでの味ともいえるのでしょうが。
今の袋麺もカップ麺も凄く良くできていて、悪く言えばインスタントらしくないんですよ。
お店で食べるのとクオリティーがすごく近くなってる。
それはそれで悪くないんですが、昔のインスタントラーメンの味わいは別物だなぁ~

まあ、今現在のカップ麺の一押しは、7イレブンの「すみれ」ですかね。
縦型で無い大きい方ね。
これは、実店舗で頂いた味にかなり近かったですね。
もう現代では、インスタントに現実が重なり合った味が普通ということなんでしょうね。

ダブルラーメンたべたぁ~~~い!!!



キンカンって凄い!
キンカンには、NK細胞を活性化するβ-クリプトキサンチンが沢山あるとのこと。
免疫力をアップさせるβ-クリプトキサンチンが、多く含まれるのはキンカンの皮なので、生の状態でそのまま食べると良いのだそう。
加熱するとβ-クリプトキサンチンが壊れるので注意です。

僕は、昔から手作り食材が大好きで、5~6年前まではキンカンでマーマレードを造っていました。
当時は小麦の悪さを知らない頃でしたから、朝食に食べていたパンやヨーグルトに添えて美味しく頂いていたものです。
ですが、近年パンなどの小麦を食べなくなったことでジャムやマーマレードも造らなくなり、キンカンとも疎遠に・・・・
まあ、加熱すると意味がないので、マーマレードじゃそもそもダメなんだけどね(笑)

好き嫌いで言えば、大好きです。
かんきつ類でも上位に入ります。
歯が溶けるので、ここ5年くらいは積極的にはかんきつ類を始めとする果物はほぼ食べていません。
ですが、実は砂糖を使ったお菓子などと一緒でガツガツと食べたいくらいに果物は大好きなんです。
とはいえ、健康のことを考えると今は手が出ませんけどね。

それと、皮ごと食べるので、農薬がとっても気に成ります。
この情報源のタケシの家庭の医学では触っていませんでしたが、丸ごと食べる食材はやっぱり農薬は考えなくては。
塩でもんだり水に一晩漬けたりすると、水に溶けやすい性質の農薬はかなり落ちるのだそうです。
マーマレードを造る際にも、一晩水に浸しておいたものです。
50度のお湯に長時間浸しておいても同様の効果を得られるとのことでしたので、今回はこちらの方法を試してみました。

今日は、昼休みにお散歩に出かけた町屋の八百屋さんで購入してきたキンカンです。
仕事を終え、帰宅して直ぐにお湯につけておきました。
後に、ゴシゴシとお湯の中で磨いて水に晒してからそのまま頂いてみました。
美味しいっす!
ただ、洗う前のものも一つ残しておいて比べたらもっと判ったんでしょうけどね。

実は、昼の内に農薬を落とすホタテの貝殻を焼成してつくった農薬除去剤をネットで購入しています。
強アルカリで、消臭や漂白、除菌など農薬除去以外の使い方もいろいろあるのだそうです。
弱酸性のジャームブロックと使い分けながら、重曹みたいな利用ができそうです。
そういえば、重曹も農薬を除去するのに使えるそうですよ。
ただ、食品として販売されている重曹だと、ちょっと値段が見合わないようです。
掃除に使うタイプのは安く大量に販売されてますが、口に入れるものはちょっとね。

ホタテ粉末が手に入ったら、またご報告したいと思います。
風邪気味の方は、キンカン食べてねぇ~
生を刻んで蜂蜜に漬け込むと1年くら持つらしいよ。

寝起きの歯磨きが凄い!
もう、20年前くらいから寝起きに一番にするのが歯磨きです。
今迄の意味は、睡眠中に口腔内で虫歯の菌がとっても増えるから。
ということで一日一回だけ限定が良し!といわれている舌苔も同様に起床時直ぐに除去します。
就寝前にしっかりと歯磨きや舌苔の除去をする方が多いと思いますが、実際にはそれらをしても寝ている間に歯垢も舌苔もしっかりと増えてしまいます。
おざなりにするよりも良いのですが、起床時直ぐに歯磨きと舌苔の除去をしなければ、その意味は半減どころではありませんよ。

さて、先日のタケシの家庭の医学で取り上げていたのが、まさにこの起床後直ぐの歯磨きです。
実は、就寝中に増えるのは、口内細菌だけでなく、プロテアーゼ
 ー(Protease、EC 3.4群)とはペプチド結合加水分解酵素の総称-
も沢山増えているのだそう。
この酵素は、細胞の膜を破って身体に取り込めるようにするための、通常はとっても役に立つペプチドです。
ですが、実は身体に侵入しようとするインフルエンザなどのウィルスなどの殻も破ってしまいます。
インフルエンザや風邪などのウィルスは、身体に侵入した際はまだ殻を被ったままなので、そのままでは体内に入れません。
その殻を破ってしまうのが、プロテアーゼです。
日中は、うがいや手洗い、水分補給などによりウィルスが殻を破く前に取り除くことをしっかりとやっていることも多いのですが、それでも飛沫や自身の手指などから、知らずに口腔内に取り込んでいるウィルスもあります。
それらの殻を破いてしまうのが、プロテアーゼです。
起床時に直ぐ歯磨きをする習慣の在る方は、この時点で口中のウィルスや虫歯菌だけでなく、実はこのプロテアーゼも除去しています。
つまり、ウィルスの殻を破く道具を消去しているということ。
起床後直ぐの歯磨きをせずに食事をしてしまうと、ウィルスごと殻を破るためのプロテアーゼも身体に入ってしまいます。
胃の酸化作用でウィルスが死ぬ前に殻が破かれてインフルエンザや風邪に罹患してしまうということです。
ですから、風邪予防には、起床時直ぐの歯磨きがとっても有効なのだそうですよ。

僕は、妻が風邪をひいてもうつらずに過ごせています。
また、マスクをしているとはいえ、風邪をひかれている患者さんも多数来院されますが、ほぼうつりません。
軽い風邪が1年に一回ていどですかね。
葛根湯でたいてい治っちゃう程度。
以前から、なんとなく起床時の歯磨きは虫歯予防以外にも良さげに思っていましたが、実際そうだったんですねぇ~
みなさまも、起床時に歯磨きしてみるとよいですよ。

ちなみに、僕は朝食を作る際の味見や、自身の食事への影響を考慮して、起床時直ぐの歯磨きの際は歯磨き粉は使用しません。
気持ちの悪い方は、塩を使うと良いですよ。
食事の後も、酸蝕歯に気を付けて歯磨きしてくださいねぇ~


第2219回「生まれ変わるならどの動物になりたいですか?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の岡山です今日のテーマは「生まれ変わるならどの動物になりたいですか?」です一度はこんなこと想像したことありませんか私は生まれ変わったら猫になりたいです好きな時間に起きて好きな時間にご飯を食べてお外に散歩に行ってネズミを追っかけたりお昼寝したりそんな猫様に生まれ変わりたいですねみなさんは生まれ変わるならどの動物になりたいですかたくさんの回答、お待ちしておりますトラ...
FC2 トラックバックテーマ:「生まれ変わるならどの動物になりたいですか?」



輪廻転生は信じていませんので、生まれ変わるというよりは、もし動物だったら?ということにしましょうね。
やっぱり猫かなぁ~
長生きしたいので、面倒見のよい飼い主さんに飼ってもらう家ネコちゃんね。
犬だと散歩があるでしょ。
社会とのつながりは出来ていろいろ刺激もあるのでしょうが、基本運動が嫌いなので本能とはいえお散歩が日課の飼い犬はちょっとね。
まったくの自然環境で動物で生まれてくるとしたら、もう何でも良いです。
草食動物で肉食に食われるとしても、肉食動物で獲物に恵まれずに飢えて死んじゃうにしても、それが自然な寿命ですし、仲間の動物たち以外は繋がりが無いので、他者への想いの過多によって自分の生死は左右されません。
自然界では寿命の長短によっての幸不幸という感覚はほぼ無いでしょう。
本能として、生きられるときまで生き、そして子孫を残す、というのが自然界での法則だと思います。

ただ、家飼いのペットに関しては、そんな自然界の法則は関係ありません。
家飼いということだけでも、既に自然ではないということを認識してくださいね。
飼い主に保護される生活環境になった時点で、飼い主との関係や自然界では有り得ない治療なども有りますし、病気やケガのリスクも下がりますし、一丁怪我・病気になれば相応に対処していただくわけですから、ノラちゃんなどよりも長命なのは当たりまえ。

猫の場合は、ワンちゃんと違って飼い主さんもたいていは気ままで飼い主の思うに任せない、とうのは良くご存じなはずですし、理不尽になにかを強制されたりマナー違反以外の躾もほぼ無いでしょう。
マイペースでのんびりと毎日を過ごせるのはきっとしみじみ穏やかで小さな幸せがずぅ~~~っと繋がってゆくような生活なのでしょうね。

ということで、家猫がよいでぇ~す。


雪道の常識って北海道と随分違うのね。
僕が北海道の雪道を走っていたのは、もう35年以上前のこと。
北海道の真冬では、道路はくまなく凍結圧雪のアイスバーン(ツルツルのスケートリンク状態)の路面が当たり前。
今はスタッドレス(鉄のピンを打っていないスパイクの無いスノータイヤ)しか冬用タイヤがありませんが、僕が北海道の冬道を走っていた時は鉄ピンを打ったスパイクタイヤが普通でした。
これねぇ、とってもアイスバーンに強くて、急な坂でなければ大抵は走れます。
ですが、あんまりにもツルツルになった路面やタイヤハウスが半分埋まるくらいにまで急に降った降りたての雪には、まったく歯が立ちません。
そんなときにどうするかと言えば、チェーンを巻くんです。
北海道でチェーンといえば、こういったスタッドレスでも走れないような状況に陥った際の奥の手なんです。
GWなどあんまり降らない時季にも、滑り止めとして使うことも有りますが、通常は前述のような使用方法のために車に常備しています。
ですから、今回の豪雪の際に、職業運転手がチェーンを車に積んでいなかったのは、とってもショックでした。
プロなら持ってろよ!ってところですね。
普段積んでなくても、天気予報観てればわかるはずで、チェーンを持ってさえいれば、動ける車も多かったでしょうから、ここまでの遭難?(笑)は無かったでしょうね。
情報社会になってるはずなのに、北海道の常識が全国で共有できてないのって、かなり不思議です。
不思議といっても実際に毎年くりかえされるのですから、マニュアル作って関係各社や自家用車を所有している個人に資料の送付など徹底すればよいのでは?
考えてみてくださいね、極寒の雪国の北海道では、こんな笑い話みたいな立往生のニュースなんか皆無なんですからね。
国、しっかりしろよ。


アレルギーの学習
今回発症した薬のアレルギーで、以前にも増して色々と勉強ができました。
まず、パッチテストやプリックテストの皮膚反応検査は薬に関するアレルギーの場合、予防的な検査としてはできません。
既に摂取している薬剤でない限り、未使用の薬剤では抗原が備わっていない可能性もあるので、反応が期待できないことも有るのと、検査的に投与によって重篤な症状を発症する可能性も高いため、緊急事態に対応できる準備をしたうえで入院しての検査が必要など、得られる情報とリスクがまったく釣り合わないので、あまり意味がありません。
強い抗生剤の点滴の際などに以前よく行われていた皮内テストも、体内のアレルギー反応と皮膚など体の表面との反応が一致しにくいので、現在はほぼ実施されていません。
DLST(採血によるリンパ球と薬剤の反応検査)もありますが、精度が低いのでこの検査だけでは薬剤を特定できないそうです。
薬剤アレルギーには、一度使用しただけで発症するもの・数回使用して抗体がつくられてから反応するもの・数週間使用し続けて初めて反応するものなど、発症機序も一様ではありませんので、食材や花粉、ダニやカビなど環境因子に比べて予防という意味では、とても特定しにくいやっかいな物質といえますね。

ちょっと調べてみましたら、アレルギーを持っている患者の手術の際には、アナフィラキシーショックに直ぐに対応できるよう、麻酔医が待機するなど、万が一の際に備えて実行するのが通常の手順のようです。
前述の薬の特性も有りますから、使ってみてアレルギー反応を発症した際に状況に合わせた(薬剤の中止やステロイド投与などの)その時その時の対処療法的な対応でしのぐのが通常のようです。

さて、人生の一大事のように捉えている僕の主治医にどう説明し納得してもらおうか?
頭が痛いです。
先日の田中医師の診察の際に、痔がまったく緊急性のない状況だというのをしっかりと言われてしまったもので、なんだか心が折れちゃって、手術自体がとっても億劫に成りました。

なんだかなぁ~ って感じですが、きっと僕同様に悩んでいる薬物アレルギーの辛さを抱える人たちも沢山いらっしゃると思います。
そういう方々に、少しでもヒントになればありがたいです。

もうすぐスーパーボウル
日本時間で、本日の午前中にアメリカンフットボールNFLの、AFCとNFCの代表が決まりました。
NFLのチャンピオンを決めるスーパーボウルは、日本時間の2月6日(月)㏂8:00開始です。
そのそれぞれのカンファレンスの代表が、今朝決まりました。

NFC ファルコンズ 44-21 パッカーズ
AFC ペイトリオッツ 36-17 スティーラーズ

僕の予想は半分外れました。
それは、NFCのパッカーズです。
よもや、ロジャース率いるパッカーズがファルコンズに負けるとは・・・・

AFCは力が拮抗していましたから、どっちが出てきてもおかしくなかったのですが、スティーラーズのぼろ負けは正直引きました。
確かに、ペイトリオッツの14勝に対しスティーラーズは11勝で、総合力ではペイトリオッツなのですが、シーホークス戦で肺裂孔を被って復帰不可になった ペイトリオッツのTE ロブ・グロンコフスキーの戦力落ちを考えると、守備力が秀でているスティーラーズはほぼ同等の戦力といえました。
QBロスリスバーガーが元々の足首の怪我に加えて、試合中に腰を痛めたのが誤算だったかもしれません。
とはいえ、想像以上にケチョンケチョンにされてしまいました。

ファルコンズは、今期11勝と、久々にとっても調子が良かったのですが、それでもNFCのSOUTHで優勝したから出場できましたが、勝ち星だけでしたら、12勝以上していてワイルドカードに出てきたり出てこれなかったりしたチームが他にもいくつかあります。
が、そこは地区優勝をもぎ取ったもの勝ち!
このあたりは、AFCのスティーラーズと似ています。
違ったのは、カンファレンス決勝の試合運びでした。
前の試合でカウボーイズと死闘を演じ体力を落としていたパッカーズをこれでもか!と叩きのめします。
それにしても、パッカーズのQBロジャースは、観たことも無いほどにクオリティが落ちていましたね。

ペイトリオッツは一昔前の(もっと前か?)QBジョー・モンタナのサンフランシスコ・49ersを彷彿とさせる(超えたか?)もう向かうところ敵なしのスーパーボウルの常連チームです。
以前、スーパーボウルで使用するボールの空気圧を、意図的に減らしてペナルティを食らったことで、僕的には好き嫌いで言えば嫌いなチームになっています。
そんなことしなくても、十分に強かったにも関わらず、チームの事情があったのでしょうがチームまるごとの不正は許せませんでした。
そんな個人的な理由もあって、今回はスティーラーズに思いっきり肩入れしていたので、一方的に負けてしまったのはとっても悲しかったです。

ということで、今回のスーパーボウルでは、まったくファンでも何でも在りませんが、ファルコンズを応援させていただきましょう。
日本時間2月6日(月)午前8時より生放送になります。
ちなみに、今回のハーフタイムショーは レディー・ガガです。
試合とともに楽しみですね。

29日にはプロボウル(AFC VS NFC のオールスター戦)が有りますので、真剣勝負ではなくともスター選手の対決は楽しみです。


土竜の唄 香港狂騒曲
(監督)三池崇史 (脚本)宮藤官九郎 (原作)高橋のぼる

菊川 玲二(主演・生田斗真) 広域暴力団「数寄矢会」へモグラとして潜入捜査中。
兜真矢(共演・瑛太) 新たに警視庁組織犯罪対策本部に配属されてきた若手エリート課長。
轟迦蓮(共演・本田翼) 轟周宝の一人娘。今回のヒロイン役。
桜罵百治(古田新太) モモンガ一家のボスで、理不尽に破門された元ヤクザ
胡蜂(菜々緒) チャイニーズマフィアの女暗殺者。
黒川剣太(上地雄輔) いわゆるマダラの「クロケン」
若木純奈(仲里依紗) 玲二の彼女。
日浦匡也(堤真一) 玲二の義兄弟で潜入先のヤクザ
酒見路夫(吹越満)赤桐一美(遠藤憲一)福澄独歩(皆川猿時) 警察側で、モグラである玲二と水面下で情報交換を続ける3人組。所長他。
轟周宝(岩城滉一) 広域指定暴力団、数寄矢会の会長。

一作目の時にも感じましたが、まあ錚々たるメンバーですよねぇ。(1と2で出演者が少し違いますが)
ハッキリ言って超B級作品の土竜シリーズにはもったいない面子かなぁ~
調シリアスな本格ドラマがしっかり撮れますよね。

ま、そこは置いといて。
今回もレイジくん、しっかりと仕事してくれましたよぉ~
前作との違いは、既に潜入済みですから、兄弟(堤真一)とがっぷり組んで動き回ること。
まあ、ヤクザ社会にどっぷりと浸かっちゃった感じが良く出ていて、前作での初々しい(?)ルーキーぶりはどこへやら。
ケンカ(警察官だから格闘技・逮捕術か?)も強いのか弱いのかよく判んないし、頭も良いのだか悪いのだか(たぶん悪いのだろうな・笑)判んないし、要領も悪けりゃ女運も悪い。上司にも恵まれないしねぇ。
そんなレイジくんですが、仕事にはとっても熱心です。
そんで、みょうに女に一途なの。
男気(この映画だと任侠か?)も溢れているので、警察官的には話の途中で「なんで今助けちゃったんだろぉ??」と自分で(レイジ)疑問に思うようなことまでしでかしてしまいます。
そこに絡みついてくる超強力な お・ん・な・の・こ
強いは、色っぽいは、守りたいは・・・・
けっこう、この女子たちがストーリーの重要な部分を担ってくれてます。

ハッキリ言います。
文学的な楽しみを期待するひとは、大いに外します。
ですが、問題無くおおいに笑えます。
一作目が判らなくてもまったく問題ありません。
毎度のことですが、ロードショー掛かってますのでストーリーには触れませんが、一人で観てたらお腹抱えて大笑いをしたいくらいに面白おかしいです。
TVのCMでもやってましたから言っちゃいますが、最後に出てくる虎に頭を嚙まれながらビルから落下するシーンったら、もうもうもう!!!

ただねぇ・・・・・
一言いいたい。
役者さん、仕事を選べよ。
特に、菜々緒くん。(詳細は映画でね (^_-)-☆ )

いやぁ~~~~~ 今までにない、今年の初笑いでしたとさ。



アレルギーが増えちゃった・・・
先日、武田内科小児科クリニックでのアレルギー検査の結果をいただきましたが、今迄無かったアレルギーが判明してしまいました。
それが、イネ科のオオアワガエリとハウスダスト、ダニ、小麦です。
全部、6段階評価の1程度ですから、ごくごくわずかではありますが、特にショックだったのは小麦です。
元々小麦過敏症ですから、小麦はできるだけ食べないようにはしていましたが、それでも昨年、一昨年に比べると格段に過敏症の症状は限りなく少なく成っていました。
月に1~2度程度なら、ラーメンやピッツァなどを食しても症状は限りなくゼロになりました。
それが、小麦アレルギーまで出ちゃったら、けっきょくこれらは食べられなくなっちゃっタンですよねぇ・・・・
しかも、ハウスダストとダニもでちゃいましたので、気を付けないと喘息が悪化する可能性も出てきました。
先日書いた手術関連に合わせて、困ったことが増えてしまいました。
とほほ・・・・
さあ、どうなるんだろう??
今日は、午前中に寺田病院・肛門科の田中先生を受診しました。
午後は、町屋のアレルギーの専門医・武田内科小児科の武田先生の受診です。

まず、寺田病院・田中先生を受診し、蕁麻疹がでたことと3月の手術の日程のご相談です。
病状は、腫れも湿疹も消失し良好だそうです。
ですが・・・・
動悸や蕁麻疹が発症したことにより、アレルギーの状況把握がしっかりとできるまでは手術はできないとのこと。
まずは時間経過で、現在の蕁麻疹などが寒冷や疲労度など環境の要素の観察が必要なのと、使用する薬剤だけでなく身体全体としての安全確保という意味でも、アレルギー全般の状態をしっかりと把握することが必須だそうです。
麻酔などの手術の際に使用する薬剤や、術後の改善・安定に使用する薬の安全な使用が確認できないと手術は無理なのだそうです。

実は、このブログでもたまに書いていたと思いますが、僕はクジラ肉や花粉症、消炎鎮痛剤によるアレルギーで、度々専門医に掛かっています。
その度に先生方の意見を聞いていたのと、ネットを使えるようになってからは、かなりネット検索で勉強もしています。
それで知った知識では、特に薬剤のアレルギーは「使ってみなくては判らない」です。
食材や花粉、ハウスダストや薬品・薬剤などアレルギーの抗原になるものは無数にあり、簡単な血液検査で判明するようなもの以外は、ダメなものは排除するという消去法に頼るしかなく、薬剤はまさにそいういった分類に入ります。
ですから、特にアレルギーが出やすい抗生剤の点滴などを受ける際など、微量を皮下に注入しアレルギー反応が出ないことを確認してから行う医療機関があるくらいです。(僕の荒川外科肛門科で食中毒の際に受けました)
ですから、田中医師の意見を聞きながら、薬剤は消去法しかないはずだけどなぁ・・・・
というのが正直な気持ちでした。

そして、その後16時に町屋の武田クリニックを受診しました。
アレルギーの状況は良好で、念のためにと解毒剤の注射をしていただきアレロックとセレスタミンを処方していただきました。
二週間後に経過良好なら、今回のアレルギーは完治ということで良いそうです。
そして、田中医師の意向を伝えてみましたら・・・・
「手術・加療に安全な薬剤は、今回使えなかったもの以外では特定できません。予防的にというのであれば、使用前に少し検査的に投与してみるくらいです。鼠径ヘルニアの手術で使用できた薬剤を中心に考え、今回使えなかった薬剤の使用を控えるしかないですよ」とのこと。
必要なら、田中医師から所望の手紙を持ってきてくれたら同様の返信を書きますよ、とおっしゃってくださいました。

今回の状況で何が問題かと言いますと、僕の担当の田中医師がアレルギーや薬剤の副作用についてかなり知識が足らないという事でしょう。
かなりの数をこなしている専門医なのですが、僕のようなアレルギー持ちを担当したことは無いようです。
ようは、アレルギーが出た際の対応をしっかりと整えておいて、必要な薬剤をどんどん使うなり、次々とパッチテストをするなりして使えない薬剤を消去し使えない薬剤と使える薬剤を特定すれば良いだけの話なんです。
大抵は、既に判明している使用不可な薬剤以外を使い、アレルギーがでたらその時に対処するというのが普通ですね。
ネットでみる限りは、軽いアレルギーが出ても薬を換えながら次々処方するお医者さんがほとんどです。
慎重なのはありがたいですが、あんまり怖がられても手術しか方法が無いと言われている身には辛いですね。

2週間後に、武田クリニックの再診を受けますので、アレルギー完治となりましたら、前述の武田医師のお話を田中医師に伝えて対応を考えるしかないでしょうね。
寺田病院にもアレルギー専門医が在籍されていますから、連携してくれれば簡単に思えるのですが・・・
田中医師が納得できるくらいに、別の専門医の意見を聞く必要があるのか?
寺田病院を諦めて、アレルギー対応が可能な専門病医院を探すことに成るのか?
心は、複雑です。



末端冷え性改善の食材
デーツとビーツどちらも鉄が豊富で血液を増やすのには最適な食材です。

デーツはナツメヤシのことで、生よりもドライフルーツを手に入れる方が容易ですね。
造血作用のある葉酸と鉄分が豊富で、血液量を増やしてくれます。

ビーツはボルシチでおなじみ、ロシア料理によくでてくる実まで真っ赤な赤かぶの一種です。
赤色に含まれるベタシアニンは強力な抗酸化作用によって癌の抑制力がとっても強いのだそうです。
また、NO(一酸化窒素)は血管の修復をし動脈硬化を改善してくれます。
血液量を増やす作用もあります。

ということで、この二つの食材を上手に摂れると貧血が改善されます。
実は末端冷え性の方は、血液循環だけが改善しても良く成りません。
それは、体温を運ぶのは血液ですが、少しの血液がいくら早く移動しても運べる体温は必要絶対量を下回ってしまうから。
ですから、血液の量を増やして沢山の血液が素早く循環することで、効率よく体温を末端まで運べるようになるわけです。

そこで、前述の食材や鉄瓶、鉄鍋、レバーや牛肉などの赤身肉、マグロカツオなどの赤身など、鉄分をしっかり蓄えている肉・魚を積極的に摂取することが第一になります。
また、運動、入浴、ω3系の油脂、これらによる血液循環の改善が合わさると、かなり効率よく造血・循環を促すことが出来ました。

階段などによる移動時の運動不足解消は、駅の長い階段だとちょっと無理があります。
階段利用の際には、どうぞを気を付けを。

鉄分補給と30分程度の運動とで、なんとか手術を乗り切ってみせるぞぉ~

どうやら
お尻のアレルギーは終息に向かったようです。
3日前くらいから、就寝前に出ていた蕁麻疹はほぼ落ち着いてきていました。
ほんの少しだけでるか、肛門がちょっと痒くなるかのどちらかが薬を飲むまえ10時くらい~寝るころに掛けて感じるくらいになっていました。
昨日は更に症状が軽くなり、触ればちょっと痒いかな?くらいで、ほぼ無症状に近かったです。
とはいえ、昨日までは薬は21時~22時の間には必ず服用していましたから、薬が効く程度に軽いのか、蕁麻疹が本当に終息に向かいつつあったのか、木曜日の解毒剤の注射の効果によるものかの判断はつきませんでした。
まあ、全部なんだったんでしょうけどね。
今日は、すっかり薬を飲むのを失念し、23時にようやく服用しました。
それまでまったく症状無し。
解毒剤の注射も効果は当日含めの3日間とのことでしたから、余分に1日みても既に効果は切れています。
ですから、今日の良好な状態は薬によるものではなく、どうやら回復に向かっていると判断してよかろうかと思います。
中学生のころにクジラのお刺身で初めて発症してから随分とアレルギーで辛い思いもしてきましたが、けっこう今回は辛かったな。
繰り返し夜だけ発症を繰り返すのが、なんとも気持ちが悪かったです。
まあ、お尻だけ皮疹でびっしりになったのには笑えましたが。
明日以降の経過次第では有りますが、まあ、だいじょうぶでしょう。

今週の木曜日には、寺田病院の肛門科で蕁麻疹と薬剤中止の報告がてら3月の手術日程を決めてくるつもりです。
うまく3月1日入院になれば休診は3月1日~31日と切りが良くなるので、このへんを希望ですね。
日程が決まったらまたご報告いたします。
(*^^)v

やったぁ~~~!!!
今通常国会に飲食店内原則全面禁煙の法案が提出されることが決まったそうです。
喫煙室の設置は認めて
いるものの、違反者(業者)には科料(罰金)を科すという内容とのこと。
喫煙室での分煙は、医療関係者から受動喫煙を防げないとの批判の在るとのことですから、更に厳しい設定になる可能性もありますよ。
健康に悪いのはもちろんですが、食事時にあの臭いにおいは迷惑甚だしいですからね。

タバコ大嫌いな柴田センセイ夫婦は、特に外食の際のタバコにはとても神経質です。
健康に悪いのはしっかりと認識済みですが、何しろあの臭いにおいをかがせられながらの食事は拷問です。
換気が行き届いている焼肉屋さんなどでは気に成らないこともたまにはありますが、大抵の喫煙可の飲食店はそんなわけにはゆきません。
気の利いた飲食店では喫煙室と禁煙室をしっかりと分けていますが、それでも喫煙室の出入りの際に入り込む煙には閉口しますし、ただ場所を離しているだけの店では、もうまったく意味が有りません。
喫煙スペースに強力な換気扇でも回してくれない限り、臭いも煙も室内に巻いてしまいます。

食事の種類でイライラするくらいに気に成るのは、お蕎麦、お寿司、コーヒー・紅茶、和洋中のコース料理を頂く際などですね。
微妙で儚い香りはほんの少しのタバコの臭いでまったくの台無しになってしまいます。
喫煙者にはまったく理解できないでしょうが、関西の方が納豆を嗅げないことを連想してもらえれば判りやすいでしょうかね。
でなければ、はしたない例えですが、鼻先に大便を突き付けられながら飲食をするのに等しいといえば理解できますかねぇ?

法案が通り、街中の飲食店からタバコを駆逐できる日が今からとっても待ち遠しいです。
東京オリンピックに向けての法案なんですって。
国会がこんなに楽しみなのは初めて!
2010ばんざ~い!!


本能寺ホテル
観てきました~

監督: 鈴木雅之
出演: 綾瀬はるか、堤真一(織田信長)、濱田岳(森蘭丸)

京都に在る本能寺ホテルのエレベーターが、本能寺の変の前日に繋がっているというお話しです。
ひょんなことから、綾瀬はるか演じる倉本繭子が戦国時代と現代をいったり来たり?
繭子の結婚問題と、本能寺の変を未然に防ごうというダブルストーリーに成っています。

戦国時代と現代をいったりきたりするたびに、繭子と信長は親しくなってゆきます。
信長に本能寺の変のことを伝えたいが、そんなことをすると現代の状態が大きく変化してしまいます。
さて、結末は?

ごく普通にしていても、本当に“天然”な綾瀬はるかが天然ぶりをいかんなく発揮していて、とっても楽しい映画です。
濱田岳が演じた森蘭丸も繭子に振り回されながら、とても良い味をだしてゆきます。
エレベータから戦国時代へ行ったり来たりのタイミングもハラハラドキドキと楽しいんですよ。
京都の「戦国時代からの老舗です」という由緒ただしいお店のお品などもキーになったりして、心憎い工夫がされています。
京都好きの僕たち夫婦にありがたかったのは、舞台が現代と戦国時代の京都ですから、昨年、一昨年と訪れた京都の街並みを映画のなかでも楽しませてもらえます。

堤真一の迫力ある信長と、図々しくも愛らしい綾瀬はるか演じる繭子の掛け合いの楽しいこと。
そこにちょうどよく絡んでくる蘭丸。
本能寺炎上のしーんは、本当にセットに火を放ったのだそうで、堤真一いわく「役者を何だと思っているのだ?(笑)」と本気とも冗談ともつかぬ感想を引き出すほどに迫真のあるラストシーンは見応え十分です。

繭子の結婚問題の結末はちょっと物足らない感じもしますが、これは観客それぞれの受け取り方次第なので、これで良しとされる方もいらっしゃるでしょうね。
さてはて、繭子の一言で時代は変わってしまうのか?
信長は生き延びるのか?
良く知られた本能寺をとても楽しく上手に取り上げた秀作です。


NK細胞を増やすコツ
これまた本日の健康番組からです。
インフルエンザなどのウィルスや癌を撃退するのがNK細胞の役割ですが、数が多く活性化しているかたは風邪をひきにくく癌になりにくいのだそう。

NK細胞といば腸内フローラの環境に比例して効果が高まったり低下したりします。
また、キノコ類や生姜ニンニクなどは、数を増やします。
というのは知っていたので、これらに類似した内容と思っていたら、全然違います。
なんと水分を十分に補給するだけ。
番組に出演されていた、日本リンパ学会理事長で信州大学医学部の大橋俊夫特任教授によりますと、水分を補給するとアルブミンという物質がNK細胞を活性化してくれるのが解ってきたのだそうです。
十分に水分補給をした状態で仰向けになり、腹式呼吸を10分間すると、お腹にある「乳び槽」というNK細胞を蓄積する箇所から全身へと活性化したNK細胞が効率よく供給され、免疫があがるのだそうです。

前出の食べ物や、湯舟にしっかり浸かる入浴などにあわせ、この水分補給プラス仰向け10分腹式呼吸で大流行中のインフルエンザにしっかりと対処しましょうね。
まあ、基本は手洗い・うがい・洗顔ですけどね。
あ、あとかなり効果的な予防に、少しづつちょこちょこお茶などを飲み続ける、というのもあります。
これは、口中のウィルスをどんどんと胃に落として胃酸によってウィルスを殺してしまうという方法です。
うがいよりも効果が高いのが解っていますから、人ごみを歩く際やデスクワークなどで傍らに飲み物を置きながら仕事ができるような環境の方にはお勧めですね。
ただ、お茶やストレートの紅茶、ブラックコーヒー、ミネラルウォーターなどPHが中性かごく弱い酸性のものでなければ、歯のエナメル質が溶けちゃいますから気を付けましょうね。
糖分過多は太りますしね。


鼻をほじると風邪をひく?!
今日の健康番組で取り上げていました。
これは、手にウィルスがくっついていることが前提です。
外出後、すぐに手洗いを済ませてもドアノブやキーボード、マウスや椅子、テーブルなど触るモノにウィルスがくっついていますと、また手指に再付着してしまいます。
僕のような自営業で閉塞された仕事環境、しかも自宅も妻との二人暮らしだと独身の方ほどでは無いにしろ、かなりリスクは下がりますが(ようはウィルスを持ち込まない努力が報われる環境)、会社勤めの方々など複数の人達とお仕事をし、お子さんやご夫婦以外のお身内の方々と暮らしていらっしゃる大家族では、全員がきちんとした環境意識を持つことが難しいですね。
ようは、除菌アルコールなどを身近に置き、必要に応じて手の清潔を保っていない限り、指には風邪などのウィルスがくっついているということ。
鼻ほじほじで風邪にかかる、という理由は、このウィルスが付着した指で鼻をほじほじすればとても効果的に鼻粘膜から半ば強制的にしかも自分で感染させてしまう、ということ。
ちなみに、ティッシュを指に巻いたりティッシュを捏ね捏ねしてとがらせたりしても、ウィルスがくっついた指を用いていたら一緒だそうです。
まあ、手を清潔な状態にしておけば大丈夫なのでしょうが、鼻ほじほじの前に必ず除菌するのは無理ですから、やらないように習慣を変えるしかないでしょうね。
ちなみに、お鼻の中を安全に綺麗にするには、除菌を済ませた手でティッシュを濡らしそれで鼻腔をしっかりと湿らしたのちに、静かに鼻水をかむのだそう。
熱々の飲み物の湯気を鼻から吸うのでも水ティッシュの代わりに成るそうですよ。
とりあえず、鼻ほじほじの癖はなおしましょうね。

新店 利休の朝顔 - 軽食・喫茶 -
JR三河島駅からほど近い仲町商店街中ほどにオープンされた喫茶店です。
実は、長らく空いていた居ぬき物件で、引いた画像を撮らなかったのは正面上部には以前のお店の看板が
残っていたからぁ~ (笑)

利休の朝顔その2

利休の朝顔その1

昨年の11月末あたりにオープンされたように記憶しています。
気になってはいたのですが、なかなか機会が無く、昨日の休診日の午後3時過ぎに初めて伺いました。
自家焙煎(しかも機械焙煎ではなくご主人の手焼き焙煎ですよ)のこだわりのコーヒーを提供くださるお店です。
機械焙煎ではないので、お店の前を通りがかってもコーヒーの焙煎香はほとんど感じなかったので、うれしい誤算です。

席に着いてビックリしたのが「メニューが無い・・・・??」
ご主人曰く「当店はメニューを置かないお店です。コーヒーは浅煎り深煎りの二種類と紅茶になります。こだわって自家焙煎していますのでコーヒーがお勧めです」とのこと。
これはコーヒー好きのシバタ先生は一も二もなくコーヒーでしょう!
ということで、深煎りを即注文。

ややあって、とても上品なカップで品の良い香りのコーヒーが供されました。
苦味酸味はほどほどでコクが中くらいに深くとても飲みやすいです。
75度程度の熱いとぬるいのちょっと熱めに寄ったくらいの温度で飲みやすいですね。
手入れのドリップのようですから、このくらいの温度になるということはかなり丁寧に落としてくださっているのでしょう。
深煎りの割に濃すぎないのは、豆の挽き方が少し粗目でドリップのスピードが速いのかもしれません。
個人的にはもう少しゆっくり落ちた濃厚なのが好きですが、こういうエグミや渋みを排除した爽やかな深煎りも、香りとコクを楽しむには良いですね。

あっという間に飲み切っちゃったので、せっかくですから浅煎りも注文しました。
こちらは浅煎りだけどボディーがしっかりとした少し苦味とコクが強い感じです。
とはいえ、浅煎り特有のさっぱりとした酸味やフルーティーさはそのままの美味しいコーヒーです。
今日の味わいだと、浅煎りのが好きかな。

注文の前に豆の種類を聞いてみましたら、企業秘密とのこと。
ご主人の感性でオリジナルブレンドをされていらっしゃる。
お身内が豆の卸関係だそうで、いろんこご主人のこだわりの源はその辺にありそうですよ。

お会計の際に味の感想を求められて、深煎りが少し物足らなかった旨お話ししましたら、秘蔵のグァテマラの深煎り豆をみせてくださいました。
次回はその日に頂きたい好みをお伝えすると、応えられそうな豆をチョイスいたします、とのありがたいお言葉。
外装等にお金をかけていらっしゃらないので、初めての方はちょっと敷居が高いかもしれませんが、コーヒー好きの方には良いお店ですよ。
仲町周辺へいらっしゃったら、こちらで一休みされては?
飲み物以外にも、ケーキ屋軽食など食べ物も色々と揃っていますよ。

店名:利休の朝顔
営業時間:7:30~21:00(今現在は手不足によりAM11:00~)
定休日:水曜日

やっぱり薬の蕁麻疹でした
本日荒川区町屋の武田内科小児科さんを受診してまいりました。
こちらは、以前からサイトで動脈硬化の総頚動脈エコーと手足での血圧測定による診断をされていて、注目しておりました。
サイトにて、アレルギー治療にも力を入れていらっしゃるのを知っていましたので、今回繰り返す蕁麻疹の診察をお願いすることにいたしました。
肛門科でお世話になっている寺田病院さんにもアレルギーの専門医がいらっしゃるのですが、受診日が火曜日と金曜日なもので、通院するとなるとしょっちゅう休診しなくてはなりません。
ちょっと悩みましたが、治療も切羽詰まっていましたし、通院にも便利な武田内科小児科さんへと赴くことに。

状況・状態を説明し聴診器で心音などの聴診をいただきました。
一応、血液検査も行っていただきましたので、次回(来週木曜日)に結果をいただきます。
アレルゲン特定のための検査も兼ねているのですが、僕的に気に成るは肝臓などの内臓関係です。
20歳ころに肝機能低下から飲酒時のアレルギーを発症し、一年間禁酒をして治したことがありました。
交通事故で3か月寝たきりの後に、2週間に1日の休日そして12時間労働という過労が祟ってのことでした。
昨年はストレスいっぱいの一年間でしたから、思ったよりも内臓も弱っていたかもしれず、こっちのが心配だなぁ・・・

ただ困ったのは、どうやらアレルギーを引き起こした薬剤を特定できないようなのです。
最初に使用していた2剤も使用開始から2週間で動悸や痒みを引き起こしていますし、後からの塗り薬は3度使用で蕁麻疹発症ですから、どっちでアレルギーがでてもおかしくないらしいです。

抗アレルギー薬を使いながら、症状が消失するのをのんびりと待つことになるそうです。
本日は、診察を受け、採血と解毒作用の注射を打っていただいて、投薬は手持ちのアレロックとセレスタミンを今まで通りの処方で良し、とのことでした。
う~~~ん、早く普通になりたいなぁ・・・・


ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
今日、観てきました。

監督:ギャレス・エドワーズ
原作:ジョウージ・ルーカス
主演:フェリシティ・ジョーンズ 

主演のフェリシティ・ジョーンズは、秋にロードショー掛かっていたダン・ブラウン原作、インフェルノのシエナ・ブルックス役でした。

さて、本作品は、スターウォーズのエピソード3と4の間に入るお話だそうです。
予告で大方のストーリーは話されてますから、ちょっと明かしても大丈夫ですよね。
帝国の超強力兵器を阻止するために、その兵器の設計図を手に入れに行く、というもの。
主人公のフェリシティ・ジョーンズ演じるジン・アーソが、実の父が帝国のために設計した設計図を反帝国勢力の精鋭と敵基地へと乗り込んでゆくが?
さて、その結果やいかに。

妻曰く、どっちがどっちだか敵も味方も途中から判らなくなっちゃった・・・・
今迄のエピソードなどスターウォーズはみんな観て来ましたが、そんな僕でも観たことも無いスーツや飛行物体がやってくると、一瞬どっちなのか判断が付きませんでした。
XウィングやYウィングという、いわゆる戦闘機はファンならもちろん問題無く判別できますが、妻には無理でどっちとどっちがどうなってるのか難しい。
しかも、終盤の空中戦が壮大かつ入り組んでいて、しかもテンポが物凄く早いので、予備知識の無い方がこのシーンに遭遇すると頭の中に????というマークがしょっちゅう浮かぶかもね。

ただ、スターウォーズには珍しく、反帝国側に大戦艦などの艦隊まででてきちゃったし、前出のXウィングやYウィングというとってもなじみ深く懐かしい機体が出てきたりと別の意味でも楽しめます。
ただねぇ、これらのデザインが今では時代遅れでちょっと辛いかなぁ~
メカや機能もアナログとハイテク(死語か?笑)が混在していて、計器や捜索方法とかいろいろですが、和やか何だかおバカ何だか、まあこんなところも面白さのひとつでは有るのですけどね。

最近のスターウォーズものでは、C3-POやR2D2とは別に、アイドルロボット(アンドロイド)た出てきますね。
今回も出てきますよぉ~
元帝国軍ドロイドであるK-2SO(K-2)がそれです。
今回のは、二足歩行でほぼ人間型の頼もしいやつです。
しかも中身のコンピューターだけ反帝国側へとアップデートされているので、敵地では簡単に敵(帝国側)を欺くことができます。
ただ、ちょくちょく命令に背いて自由行動をしちゃうのが玉にきず。
とはいえ、その玉にきずで助けられることが何度かあって、なかなかストーリーの要になっているところも在るんですよぉ~

スターウォーズにありがちな、エピソードの前後や全体の把握は必要ありませんし、あんまり考えすぎずに楽しむのが良いかもしれませんね。
僕達夫婦は3Dだとちょっと酔っちゃうので遠慮しましたが、観ていて疲れない方は、3Dの方が楽しめるかもしれませんよ。

大豆粉のその後
以前、大豆粉のお好み焼きレシピを書きましたが、お正月に大豆粉ピッツァに挑戦してみました。
大豆粉に卵とドライイースト、オリーブオイルに塩と砂糖で生地を発酵させてモチッとした生地を目指します。
小麦を食べていたころは、たまにピッツァ生地を捏ねていましたから、作る手順は問題ありません。
まとめた生地をレンジでほのかに温めて発酵を促します。
でもねぇ・・・・
生地がまったく膨らみません。
何かコツがあるのかもしれませんが、生地は伸びないままに成っちゃいました。

しかたなく、できるだけ薄く伸ばして生地だけをカリッと焼いてスタンバイです。
ここに具材を載せて再度焼いてできあがり。
生地が思ったよりも厚すぎて正直あんまり美味しくはなかったなぁ~
とはいえ、これはぼくの作り方が悪かったからです。
膨らみは諦めてクリスピーナ生地なら、もっと薄くする努力でなんとでもなりそうです。

次、がんばるぞぉ~

第2214回「年末年始何をしましたか?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の岡山です今日のテーマは 「年末年始何をしましたか?」ですあっという間にお正月も終わり、仕事初めという方も多いのではないでしょうかみなさんは年末年始どのように過ごされましたか家族で過ごす、お参りに行く、中にはお仕事でしたという方もあるかと思います私は年末年始はこたつの中でぬくぬくテレビを見ながら過ごしてしまいましたみなさんは年末年始何をされましたかたくさんの回答...
FC2 トラックバックテーマ:「年末年始何をしましたか?」



この年末年始は昨年2度の鼠径ヘルニア手術がたたって、体調が思わしくなかったので妻の田舎への帰省は断念し、僕が一人でお留守番でした。
お一人年末年始で必ず済ませなくてはならない課題が一つ。
それは、リビングに続きの洋室の天井の補修です。
昨年暮れ近くになったある日、妻が「大変~~~~!!!!」と大騒ぎしてます。
なんだぁ~?? と声のする方へ行ってみましたら・・・・
なんと、洋室の天井のクロスが一部はがれて垂れ下がっているでは有りませんか!(驚)

ということで、このひとりお正月の間に補修を済ませることに。
実は、同じ部屋のちょうど反対側の天井が1年ちょっと前に同様に剥がれたことがありました。
その時も僕が張り直したのですけれど、困ったのがはがれた範囲が広すぎて、一人で張り直そうとすると糊が乾くまで全体を押さえておくことが出来ないこと。
この時は、剥がれた壁紙を三等分にして、一人でも押さえておける大きさにして作業を済ませました。
とはいえ、もうずっと手で押さえくっつくまでけっこうな時間辛い想いをさせられました。

今回の剥がれた部分は、前回ほどでなかったので切り離さずに綺麗に張り直したいなぁ~ っと。
ただ長さがけっこうあるので、どうやって先に接着した部分がくっつくまで押さえるか?が問題です。
と、ここで目に入ったのが伸縮できる物干しざお。
これで乾くまで床天井でつっぱって押さえることにしました。
これは大成功!
ただねぇ~ 接着剤が思ったよりも緩々でちょっと乗せすぎるとボッタボッタと垂れてきてしまいました。
床には新聞紙を敷いておきましたから汚さずに済みましたが、ワタクシは頭と言わず上半身全体にかなり接着剤をくらってしまいました(笑)
幸い身体に着いた接着剤は、数分たって固まると容易にポロポロ剥がれてくれましたので、髪についたものも含め苦労をせずに落とせたのは不幸中の幸い(笑)

何とか無事に張り終えてこの年末年始の宿題は完了!
おかげでその後はもうぐったりでしたとさ。
こんなお正月で良かったんだろうか???


お正月早々・・・・ 泣
酷いアレルギーに見舞われてしまいました。
痔の診察当初の投薬で動悸や余計な肛門の腫れや痒みに悩まされたのは前述のとおりです。
先日の1か月後の診察で新しい痒みに効く軟膏に変更していただいて「良く効くなぁ~」とホッとしたのもつかの間。

処方していただいた木曜日に昼と夜に使用して就寝。
翌金曜日の朝はまったく痒みを感じませんでしたから、軟膏を使わずにその日の夜9時ころにかなり時間を置いて三度目の使用です。
そしたらねぇ、帰宅後食事をしている最中に何だかお尻のほっぺがかゆいんです。
そういえば、この日の日中にもお尻のほっぺがちょっとだけ痒かったんですが、たまにそんなことも有るので気にしていなかったのですが、食事が終わるころには痒みが酷くなってきました。
鏡で見てみてビックリです。
もう、お尻のほっぺの全体が皮疹に覆われているではありませんか!
そのうちに、めまいや動悸、軽いですが呼吸切迫、酒に酔った時のような酩酊感でふらついてきたりと全身症状まで出てきました。

急いで手持ちのセレスタミン(抗アレルギー薬とステロイド)とアレロック(抗ヒスタミン剤)を一錠づつ服用して様子を見てみました。
30分程度でお尻の痒みが治まりました。
まだ皮疹は出たままですが、少し赤みが減ったようです。
でも、全身症状はまだそのままで気分も悪いので体温と血圧も測定しましたが、特に問題無くちょっと安心。
結局それから2時間で動悸以外はほぼ治まり、ちょっと不安感が残りましたが何とかそのまま就寝できました。

翌朝は、凄い寝汗にビックリです。
少しお尻のほっぺに違和感が残りますが、気分は悪く無くかなり安心しました。
肛門の腫れも少しおさまり、痒みはすっかり消失しています。
日中に排便後の痒みが少し生じましたが、それ以外は問題なし。

今日の夜、入浴後にどの程度皮疹が治まったかなぁ、と思い鏡で良く見てみましたら、広い範囲では治まっていたのですが、まだ肛門に近い部分には皮疹が残っていました。
日中の排便後の痒みは、この残っていた皮疹も影響したのかもしれません。

結局、また使えない薬が増えてしまいました。
こんなんで、手術の際や術後の薬は大丈夫なのかとっても不安に陥ってしまいますぞ・・・・

経過報告 痔
今日は、前回の診察から1か月後の定期診察に行ってまいりました。
自覚症状としては、ここ10日くらい肛門の掻痒感がどんどん強くなって腫れて来たことですねぇ・・・
あとは、同じ時期から時折生じる就寝後直ぐに生じる切羽詰まったような動悸と、掻痒感の増大。
気に成るのは、アレルギーの反応としての腫れと動悸と痒み。
アレルギーとは別の副作用としての動悸。
両方と関係のない、もしかしたら心疾患としての動悸。
ですねぇ・・・・

診察結果は、まず肛門の腫れは内痔核の進行によるもの。
肛門鏡と肛門エコーと内診でしっかりと診断されてしまいました。
動悸は、薬の副作用としては明記されているのですが、担当の田中医師は今まで経験したことが無い、とのことでした。
動悸が生じる状態が、毎回 注入薬を使用した後1~2時間後で次第に重症になった(一昨日の夜は朝方まで寝られない位の気持ちの悪い動悸でした)ことを考えると、薬による副作用も大いに考えられるので、今回は注入薬は使用を見合わせよう、ということになりました。
肛門の腫れと掻痒感の増大は、判りやすく前述のように痔の悪化によるものだそうです。

掻痒感と腫れ、動悸がアレルギーからかな?と思っていたのですが、痒みと腫れがアレルギーと関係ないとすれば、動悸は薬の副作用か心臓の病気のどちらかでしょう。
薬を使わなくなった今後に動悸が治まれば、薬の副作用。
逆に、治まらず度々重度動悸が続くようだと、心臓や自律神経系の別のことが原因と言えます。
まあ、更年期ですから、自律神経の不調も大いに考えられるのですが、今のところ判りやすい更年期障害の症状は無いので、もし頻発するようなら心臓疾患かも・・・・・

田中医師によると内痔核は「花がひらいちゃってるからねぇ~」という状態なのだそうです。
発症当初、小指程度だった痔核が成長して親指大に成長し、肛門内で花が咲いたように広がった状態を指すそう。
痔核の重症度でいえば末期なのだそう。
まだ出血や痔核の脱出は有りませんし、田中医師からは特に注意もなく一か月後の再診を指示されましたので、重症とはいえまだ即手術が必要というほどの危機的な状態ではなさそう。
とはいえ、一か月前に比べると確実に進行していますから、たぶんあんまり手術を先延ばしも出来無さそう・・・・

今回とってもありがたかったのは、肛門周囲に使う塗り薬です。
前に使用していた薬に比べると、格段に痒みを抑えてくれます。
手術を3月とすれば、あと二月を痔核の脱出や出血が無ければ何とか持ちそうです。
痔瘻の悪化を気にしていたのですが、そちらは進行がほぼ無いようです。
職業病ですから、仕事を続けるのは症状には生活自体が良くないとはえ、これはもう避けようが有りませんから、仕事以外で悪化させないよう努力しつつ手術まで穏やかに過ごせるよう心がけましょう。

鼠径ヘルニアの際も突然の発症と手術確定の際はとても驚きましたが、開き直った後はなんだかんだ順調でしたから、きっと今回も大丈夫でしょう。
動悸さえ収まればあとは痔の手術を待つばかりですから、担当医を信じて余計にストレスにならないよう過ごしましょ。。。。

ライスボウル
今年のお正月のライスボウルは、関学(関西) VS 富士通(Xリーグ) です。
関学は、ちょと学生同士の試合よりもちぐはぐかなぁ~
オフェンスラインがポケットを造り切れないですねぇ。
関学はディフェンスの集まりは良いのですが、富士通のQBキャメロンのムービングやリリースの速さについて行けない感じ。
パスをよく通されています。

関学は、オフェンスで何度もフリーフリッカーを使いますが、オフェンスラインが止めきれないので、時間を稼げば稼ぐほどブリッツの餌食になっていしまいます。
QBも2度目にボールを受け取ったら、即パスを投げるようデザインされているはずなのですが、毎度逃げ回ってから投げるので、ブリッツを避けられた時でも、パスは失敗・・・・

面白いのが、キックオフの際、キャッチに回った際の関学の死んだふり作戦。
キックされた途端に、フィールドに選手が倒れています。
その倒れた選手にパスのふりをするなりして、相手チームの興味を引き付けるという、なんとも姑息な作戦。
だれが考えたんでしょうねぇ~
とっても恥ずかしいんですけど。

甲子園ボウルでの関学の健闘を観ていて、すっかりライスボウルでもやってくれると思っていましたが、ちょっと肩すかしかなぁ。
今現在、NFLがプレイオフに入る直前の佳境に来てますので、NFLの試合が迫力ありすぎるのもあり、ちょっと観ていて物足りないですね。
相変わらず、ロングパスは山なりのまるでヘルメイリーパス(神様お願いぱす)のよう。
学生はせっかくのタッチダウンの後のトライフォーポイントをキックの1点ではなく、難しい2ポイントコンバージョン(普通の攻め)を狙って失敗。
その後のキックオフでも、まだ第3Qなのに、オンサイドキックを試みて失敗。
普通に蹴って普通に止めればよかったのにね。
学生は、力の差をなんとか工夫で補おうということなのでしょうが、結局真っ向勝負の富士通にコテンパンでしたね。

キャメロンのパスも冴えてましたし、今年は社会人の方が 大人 のフットボールで勝ちでした。
関学 残念。


明けましておめでとうございます。
昨年同様、今年もよろしくお願い致します。

昨年に引き続き、今年も春ころに不都合をお掛けすることとなります。

初春のご挨拶には不似合いですが、どうぞご容赦のうえ、変わらぬ御贔屓をよろしくお願い申し上げます。

TV東京 ローカル路線バス乗り継ぎの旅 最終回その2。
さて、前に書いた引き続きで、いよいよ今日放送の 路線バス乗り継ぎ最終回。

今回のマドンナは、元おニャン子の新田恵利さん。
旅の始まりから、蛭子さんと同じくらいの天然ぶりをかまして笑わせてくれます。
太川陽介さんいわく「蛭子さんが二人に成っちゃったぁ~ 笑」

今回のルートは福島県会津若松市~秋田県由利本荘市です。
これが、笑っちゃうくらいに一日目が悲惨です。
なんと福島県から出られない?!
一泊目がなんと郡山ですもの。
だってねぇ、会津若松駅で時間があるからって喜多方ラーメンを食べにバスで寄り道しちゃったりするものだから・・・
実は、喜多方で次の目的地へ早く着くバスが有ったのですが、ターミナルで確認せずにラーメン行脚しちゃって大幅な時間ロス。
しかも高坂バス停(会津バス)から湖南高校バス停(会津バスのコミュニティーバス)へ一日目から徒歩で7.5キロの上り坂です。
時間ばかり掛かったうえに途中歩かされるものの、なんとかぶじに郡山で初日は終了。
宿も無事に確保です。

二日目も朝の大玉村バス停(市内循環バス)から二本松バス停(福島交通)まで7キロ歩かされます。
こちらは、乗り継ぎ時刻表の関係で、本宮駅前発車の岳温泉軽油で二本松に着くバスの発車まで5時間以上も待たなくてはならないから。
7キロを2時間程度で歩く方が、時間を稼げるだろうとう計算です。
朝から元気に歩いて、二本松からバスで福島駅へでてみたら、またまた途中が途切れているとのこと。
福島駅前から国見・藤田南バス停(福島交通)までいって、そこからまた峠越え・・・
この日、午後夕方までだと、バスに乗っているよりも歩いている時間の方が長いぞぉ~
ただ、今回は県境を超えてたどり着く先は、宮城県の越河清水(こすごうしみず・白石市民バス きゃっするくん)
さすがに一日で二階の峠越えで、しかも雪模様にもなちゃって弱り目に祟り目。。。。
なんとか白石駅バス停(白石市民バスきゃっするくん)へと向かい、いろんな情報が錯綜し悩まされつつも、とりあえず白石に泊まって明日を待つことに。
単純に行程を距離で割ってみると、二日でまだ1/3も来ていませんよ。
さて、どうなるんだろう??

翌日、蔵王町役場軽油で仙台へと向かうルートは見つかりましたが、この役場前に来てみたら2時間待ち。
こちらは、以前松島への回のときにも訪れていたとのことで、とても厚遇されました。
なんと町長さんまで出てきてくださり、町のマスコットの「ざ・おうくん」をお守り代わりにと頂いていましたよ。
この日は時間待ちが長くて、役場の次のバス停でも3時間待ちで、イタリアンレストランでお昼ご飯を済ませても2時間もあります。
で、新田恵利さんのリクエストで谷山温泉の松楓荘さんへ日帰り入浴を楽しんでいました。
こちらも前回も訪れていた湯宿でフロントに色紙が飾ってありました。
ちなみに前回のマドンナは藤田朋子さん。
無時に仙台に着くかとおもいきや、途中の乗り継ぎでマドンナがすってんころり(笑)
とにもかくにも、仙台からは山形の新庄市まで路線バスの長距離バスがでていて、ここまでのロスをいっきに挽回できました。
さて、魔の三日目を無事に(というよりもかなりラッキーに)過ごすことができました。
ところが、この先がどうやらたいへんなようで・・・・
バチバチと鳴るくらいの硬く粒の大きな雪も降りしきるし、なんだか不安な夜がくれてゆきました。

なんと二日目もちょっと乗ったらすぐ降りて、川下りの乗り場まで9キロ歩きます。
しかも、来るバスは川下り専用のバスらしく川下りの船が運休になるとバスも運休。
当日は雪が降ったりやんだりですが、除雪車が出動するくらいの積雪です。
どうなる?
結局、9キロを2時間以上歩いてバス停の有る古口駅で待機していると、良かったですねぇ~
やってきましたよ、バス。

そしたらねぇ、15分乗ったと思ったら草彅温泉から4キロの徒歩ですって。
で、清川まで歩いてきたら、なんと待ち時間が2時間半待ち・・・・
そして選択は、待つより歩こう!コミュニティーバスがあるかも!でした。
最終回は、バス乗り継ぎよりも歩いてばっかりだねぇ・・・・
最後のポイントは余目(あまるめ)です。
余目駅から酒田へでられれば、酒田からは由利本荘市へ行けるはずなんだけどなぁ・・・
ところが、余目駅のバス停についてみて時刻表を見てみると、酒田行のバスは土曜日は終わっています。
酒田市のコミュニティーバスが一縷の頼み!!

どうにかするのかなぁ~ って思っていたら、なんとけっこうアッサリと太川陽介さんの「失敗」宣言が。
10年間の通算の成績は17回の成功と8回の不成功でした。

不達成に終わったのは「この番組がいかにガチだったかという証」と太川さんも言っていましたが、まさにそうですね。
一生懸命がこんなにも人を感動させるという見本みたいな番組でした。
この年末年始は、堺巨匠のチューボーですよ、スマスマ、そしてこの路線バスの旅と終わりや節目を迎える番組が多数に亘りました。
とっても寂しいですが、始まりが有れば終わりもある、逆に終わりが有れば始まりがある。
この番組は、出演者を換えて続くそうですから、また違う味わいの素敵な番組になることでしょう。
衣替えに期待します。

10年間感動をありがとう。
太川さん蛭子さんマドンナさんたちに感謝。








TV東京 ローカル路線バス乗り継ぎの旅 最終回その1。
不定期に放送され、今回で25回を迎えるガチ路線バス乗り継ぎの番組です。
太川陽介さん、蛭子能収さんのお二人と、毎回マドンナが参加してスタートから目的地へと3泊4日で向かいます。
全国のいろんなところへ行きましたよ。
不定期なので、気にして探しておかないと見逃すこと多々有り・・・・・
ですから、覚えている限りで10本くらいしか観られていませんが、太川陽介さんと蛭子能収の凸凹コンビのやりとりが面白い~
そこに、毎度参加のマドンナさんもけっこう天然な人が多く、ドタバタなのも楽しい。
行く先々での美味しいものや名所、行き会う人たちの温かさなど旅の楽しみが満載です。
なにしろ、バスの車窓からの流れる風景を眺めながらすすむ番組は、一緒に旅をしているかのような臨場感も感じられ旅心もくすぐられます。

ただねぇ~ この番組は楽しいことばかりでも無いんですよ。
北海道などでは鉄路の廃止にともなって、代替えとしてバス路線に置き換えられたりしていますが、マイカーの所有が増えた今、路線バス自体も山間部を中心に赤字路線が廃止されています。
事前の調査やネット検索などは全て禁止ですし、高速道路を通るハイウェイバスも禁止なので、県境などのローカルな地域は都道府県の境を超えてまではネットワークが繋がっていないことが多く、またバスや観光案内所でもそのような地元のニーズは無いのでしょうね、窓口でもなかなか判らないことも。
でも、たいていは窓口の方が県境を超えたバス会社に問い合わせなりしてくれて、とりあえず繋がっているかいないかと、ダメなら最短どこを何キロ歩けば次の会社のバスに乗れるかを調べてくれます。

ということで、3キロ~5キロは大抵の放送内で歩かされます。
しかも1度ならめっけもので、2度3度も良くあります。
この歩く行程を観ていていつも感心させられるのが、マドンナたちの根性のあることね。
平坦な道を歩くのでも、普段歩いてない方にとっては大変な距離なのに、歩かされるところが峠道がほとんどで、暑い季節、凍える季節は本当に地獄のような辛さのことでしょう。
そんな過酷な行程を、マドンナたちは足をすりむきながらたいして弱音を吐かずに歩きとおすんですから、本当に観ていて感心します。

そんな楽しくも過酷なローカル路線バス乗り継ぎの旅ですが、今日の第25回の放映をもって、太川陽介さんと蛭子能収さんの名コンビが卒業なのだそうです。
とっても残念ですが、お二人とも長いこと頑張ってくださいました。
さて、今回の旅はどんなかなぁ~

インデペンデンス・デイ リサージェンス
お正月ビデオ初め その2です。
こちらの映画を観るために、前作を先に見ましたが、この映画に限っては1作目と2作目を続けて観ないと良さが半減してしまいます。
それなのに、映画自体が20年も間が空いているってのはどうなの?って思うぞ。

出演者も監督も、ほぼ前作から続きます。
ウィルスミス演じたヒラー大尉はテストパイロットの飛行中に事故死していることに成っていて登場しません。
今作品は、前作から20年経ち第2世代になっています。
ですが、なんとこの新作でもコアに成るのは前作の元大統領とIT技術者です。

新作で活躍する共演者は

ディラン・ヒラー大尉 : ジェシー・T・ユーシャー 
ジェイク・モリソン中尉 : リアム・ヘムズワース 
チャーリー・ミラー : トラヴィス・トープ 
レイン・ラオ中尉 :アンジェラベイビー

前作の異星人から頂戴したテクノロジーをもとに培った最新の科学が結集されている、現在の地球。
月や周辺宇宙には、その最新の武器が配置されていました。
しかし、そんな人類の進化をあざ笑うように、やって来るんですよ「女王」が。
女王が来襲するまえに、実は人類へのメッセージを載せた女王と別の地球外生物からの贈り物が有ったのですが、あろうことか地球側がこのメッセージBOXを撃ち落としてしまいます。
そのコアから転げ出た球体が、後のキーになるんですけどね。

一瞬で月と周辺宇宙の防御を破壊され、再度の危機に陥る地球。
女王の存在に辿り着いた人類は、この女王を倒そうと侵入するヒラージュニア大尉、友人のモリソン中尉、モリソンの相棒のミラーとミラーが首ったけの中国人パイロットのラオ中尉。
侵入したが良いが、罠に落ちて直ぐには作戦を実施できずに女王のマザー・シップの中でレジスタントに陥り危機に・・・・
でも、この4人が最後の最後に活躍してくれます。

女王が実はこのもう一つの地球外生物の贈り物の球体を追っていることに辿り着いた人類。
それを逆に利用して、女王をおびき出す作戦。
この女王をやっつけないと、地球のコア(マグマの下の核)を全て吸い取られて地球そのものが消滅してしまうことに!!
前出、元米大統領のホイットモアが宇宙船の中で核ミサイルを爆発させマザーシップの破壊に成功させる。
しかしマザー・シップを破壊された女王は脱出して球体のおとりへと迫ってきます。
この危機一髪に、マザー・シップから核爆発をきっかけに敵飛行船を乗っ取って脱出してきたヒラージュニアたちが駆け付け、女王を倒しコアを吸い取ろうとしていた宇宙人たちを撃退します。

CGが進んでいるのは当たり前ですが、異星人の気持ち悪さが数段よりリアルになっています。
前出で昏睡状態に陥ったエイリアンの研究者が昏睡から覚めて、なかなか良い味をだしています。
映画撮影が、前作から20年も経っているのに、両方に共通の出演者がすごく効いています。
前作同様、様々な迫力あるシーンも物凄くて視覚的にも楽しめました。

今作は、ヒューマンドラマというよりは、SFアクションものとして成立している良作でした。

新春ビデオ初め インデペンデンス・デイ 
この年末年始は、寒くなるほど体調不安定なもので、妻の実家の八戸行は断念です。
東京の寒さで辛いのですから、青森の寒さでどうなちゃうか怖かったんです・・・
ということで、今年の一人お正月は見逃した映画をビデオで観ることにしました。
インデペンデンス・デイ: リサージェンスが目的でしたがこちらは続編なので、まずは第一作を観てみました。

監督  ローランド・エメリッヒ
主演  ウィル・スミス(スティーブン・ヒラー大尉)
共演 ジェフ・ゴールドブラム(デイヴィッド・レヴィンソン:MIT卒の天才IT技術者)
    ジャスミン・ダブロウ (ヴィヴィカ・A・フォックス:ヒラー大尉の彼女)
    ビル・プルマン(トーマス・ホイットモア大統領 :ゴールドブラムの旧友)

ローランド・エメリッヒ監督と言えば、あのホワイトハウス・ダウンの監督です。
あの映画も面白かったなぁ~

さて、本作ですがまず規模が凄い!アメリカだけの話かと思っていたら、なんと地球全体の存亡が掛かっていました。
そして撮影のCGも凄かったですねぇ~
この作品は1996年公開ですから、もう丸20年前のものです。
あの撮影に実写協力を惜しまない米軍が、なんとエリア51が脚本の重要な部分を占め事細かに登場することが判明した途端に協力の範囲が大幅に減らされたとのこと。
そこで仕方なくF15など主力戦闘機などのほとんどをCGで造らざる負えなかったのだそう。

ちなみにエリア51とは、ネバダ州南部にある空軍基地で、正式名称はグルーム・レイク空軍基地です。
未だにアメリカ政府・軍は、存在しないと否定する秘密基地なのですが、所在から名称まですっかり表にでちゃってますね(笑)
今現在は、新型の米軍機(とくにステルス機)などのテスト基地とされ、過去には不時着したUFOと宇宙人を回収・研究をしているとされて有名な基地です。
映画では、ワシントンD・Cから避難した大統領が非難してくるのが、このエリア51で、映画のストーリーでは収納されている円盤が敵対性宇宙人・大宇宙船の撃退の切り札にもなっています。

ウィル・スミス演じるヒラー大尉が所属しているエルトロ基地は、今は既に使われていないそうですが、ユタ州ウェンドーバーの空軍基地で撮影されたそうです。
原爆を落とした爆撃機エノラ・ゲイが飛び立った場所としても有名とのことで、第2次大戦からしばらくは爆撃機が頻繁に飛び交う賑やかな基地だったのだそうですよ。

ストーリーに戻りますと、物語のはん分以上を地球側がコテンパンにやっつけられます。
都市をまるごと焼き尽くしてしまう巨大円盤(シティ・デストロイヤー)が世界の主要都市に飛来し、人類滅亡の危機に!
何をどうしたらこの危機を乗り越えられるの??と観ている僕も絶望に陥るほど。
それをIT技術者のゴールドブラムがコンピューターウィルスを宇宙人のマザーシップのホストコンピューターに感染させ、宇宙船を守っている防御シールドを破ることをひねり出します。
この秘策とヒラー大尉を始めとする勇気あるパイロットたちの活躍で見事に宇宙人の侵略を撃退します。
そして、人類はこの宇宙人のテクノロジーを吸収し、単なる再建ではなく飛躍的な進歩を手に入れます。

しかし、平穏な日は長く続かず・・・
20年後の リサージェンスへがやってくることに。

ちょっとB級映画っぽいですが、観ている方まで覆いつくすような画面いっぱいの火炎や、迫りくる都市の破壊シーンなど、圧倒的な視覚的演出や、危機に陥る度のアイディア、そして複数で進んでゆくヒューマン・ドラマなど、見応えいっぱいのA級映画ですよ。
良作です!