柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



シリコンバレー式~ダメダメの 追記
恥ずかしいお話しですが、鼠径ヘルニアでお世話になっている寺田病院に、別の案件でまたお世話になることに成りました。
それは、肛門周囲膿瘍(だと思います)です。
明後日の12月1日(木)に受診して正式病名が判明しますが、ネットで調べた結果はこのようで。

シリコンバレー式~で勧めているのが、ココナッツオイル由来のMCTオイルです。
ダイエットに良い、ケトン体を大量摂取できるので食事を抜く朝のエネルギーとして良い、高温調理で変性しない、などが特徴です。
ただ、ココナッツオイルもMCTオイルもお腹が緩くなるのが特徴です。
朝食を抜くシリコンバレー式~では、スタートのエネルギーとしては最適!とバターコーヒーに混ぜて飲むレシピでした。

これらの良い点を評価して、ココナッツオイルは小さじに2/3程度、スムージーに摂りいれていました。
なぜ2/3かといいますと、僕は小さじ1杯摂ると分りやすく下痢をするので量を抑えていたのです。
それでも、下痢するほどではないのですが、なにしろ頻繁にトイレに行くことに成りました。
つまり、お尻を拭く頻度が増えるということです。

これは個人差がとっても大きいことですが、大をすればするほど お尻を拭けばふくほど 肛門周辺は傷つきます。
今回の肛門周囲膿瘍の(たぶん)一番の原因は、ようは感染症ですから傷からの大腸菌や溶連菌などによる感染です。
ですから、ココナッツオイルを積極的に摂って排便の回数が飛躍的に増えお尻を拭く回数が増えたことが、肛門周囲膿瘍を引き起こした要因ともいえます。

まあ、2度の手術関わりでストレスいっぱいでしたから、そちらから免疫力も落ちていたのも確かです。
とはいえ、なんだか今年はいろんなことが裏目に出てるような気が・・・

なんだかなぁ~ 

スポンサーサイト
眠りの新情報 
今日の、林先生の今でしょ講座 です。

6月の入院時に読み終え、しばらく続けていた シリコンバレー流最強の食事を朝のバターコーヒーの胸やけに負け、8月以来はすっかり止めてしまって既に3か月が経ちました。
その間に、10月の手術・入院が在り直後からは自分用のお弁当を造るのも億劫になり、結局6時間8時間ダイエットも終了。

2回の手術のストレスと実質的に動けない不自由さとで、ビールと炭水化物の大量摂取で短期で5~6キロ太ってしまいました(泣)
それでも、一日を通じて余計な昼寝がとても少なくなりましたし、一日の終わりには疲労感を感じることは多いですが、以前に増して直ぐに寝られて寝起きがとても爽やかです。
時々、なんでかなぁ~?って思っていました。

10月の退院後は、朝食をそこそこ食べています。
主は人参・リンゴ・蜂蜜・豆乳のスムージーですが、炭水化物以外でしたら、卵の料理や野菜の煮たのや炒めたの、お魚料理などの妻用の朝食を多めに造ってちょくちょく食べています。
今日の番組では、朝食をしっかりと食べると身体の末梢体内時計がリセットされて、夜にちゃんと寝られるようになるそうです。

今迄、体内時計はひとつだと思っていたのですが、体内時計は脳の中枢に一個と体内に複数あるのだそう。
その体内時計のお勉強はこれからですが、睡眠という意味では、朝食で消化器の末梢体内時計をリセットできるのが大切なのだそう。
これが出来ないと、一日中中枢(脳)と抹消の体内時計のすり合わせができないまま一日が過ぎて往き、様々な不具合(この場合は睡眠導入の失敗など睡眠障害)が生じるのだそうです。

シリコンバレー式最強の食事 の欠点は、僕の被った胸やけや朝食を省くことによる腸内細菌のバランスの崩れにあわせ、この睡眠障害を引き起こすという寿命を縮めるような決定的なものまで出てきました。
確かに、シリコンバレー式~はカビ毒への警鎮や、食肉のリノール酸過多のしくみ、空腹時の若返り化学物質の分泌など勉強になることも多かったですが、かなり偏った健康方法と思えますね。
病気になって思ったのですが、好きな食べ物を食べられないストレスというのはとても大きいです。
少し控えめにするのは可能ですが、シリコンバレー式~のような極端な食制限はストレス過多も甚だしい。

とはいえ、良い!と思ったことを思う存分に突き詰めることで、見えてくることは多いのですね。
逆に、情報だけで解ったつもりになっていると、実際のわずかなすれ違いや見逃しに気が付きません。
ですから、シリコンバレー式~を実施したことは僕にとっては、とてもありがたい実証となりました。

やっぱりビールって凄い!
ずっと以前に、ビールに赤ワイン類似のポリフェノールが入っていて、適量なら身体に良いという記事を書きました。
今日の読売新聞に掲載されていた記事に、さらに身体に良い情報がありましたよ。

以下は、Yhooニュースから転記です。

キリンや東京大の中山裕之教授らの実験で、ホップ由来の苦み成分である「イソα酸」に、脳内の免疫細胞である「ミクログリア」を活性化させ、アミロイドβを除去する作用がみられた。イソα酸を含むえさを食べたマウスは、そうでないマウスに比べ、アミロイドβが約5割減少し、認知機能も向上したという。

読売新聞でもヤフーニュースでも記載されていますが、いくら認知症に良いからと言ってもアルコール摂取過多はダメだそうですよ。
とはいえ、認知症の7割がアルツハイマーですから、ビール好きは元より、お酒やビールを飲まない方も多分近々にサプリくらいはでそうですよね。

僕も目標の体形・体重になったら、飲み過ぎない程度にビール飲もうっと。
なにしろ太るんですよねぇ・・・・・ ビールって・・・・・・

認知症予防には、適度な運動とω3(アマニオイルとか)と カイロですよ。
カイロは自律神経を整えますし、頸椎の歪みを治すことで脳への血流も改善しますし、良いこといっぱい!
みんな来てねぇ~

今日の チュウボウですよ! 追申
今日の「未来の京証のMAKANAIですよ!」は、ブリの血合いのバター照り焼き丼です。
余った鰤の血合い部分を塩焼きにして、バター味の照り焼きにして薬味と一緒に丼にしていました。
美味しそうです。

今迄、何回も鰤の照り焼きは作っています。
生姜の効いている鰤照り、美味しいですよね。
でも、バター風味は考えたことも有りませんでした。

ここで思いついたのは、ブリのムニエルです。
番組内では、ブリとバターの相性を絶賛していました。
ということは、そうですバターを使う魚料理のムニエルにも合うはずです。
さて?ムニエルに和風の醤油味ソースがあうのかしら??
でも、お醤油とバターも出会いものですから、つかいようでしょうかねぇ。
そういえば、チキン南蛮のタルタルソースはしっかりあっていますから、ブリのムニエルに醤油バタータルタルってのも良いかもしれませんね。

今度やってみよう!

今日の チュウボウですよ!
今日の番組内容は、牡蠣ごはんです。
僕、今迄に見たことも食べたことも無いです。
味の想像はつきますよ。
これ、ご飯に牡蠣の旨みが染みわたって、絶対に美味しいですよね。
街の巨匠たちの出来栄えは、みんなふっくら大きくプリプリの牡蠣がご飯に乗っています。
はて?普通の炊き込みご飯みたいに、洗米に具を乗っけて炊くのか?
牡蠣をそのまま炊き込んだら、ちっちゃく縮んじゃいますぞ???

牡蠣は半分程度を大振りに切っておきます。
合わせ出汁で牡蠣を半生に茹でておき、そのゆで汁にお吸い物よりも少し塩辛い程度の味付けをしておきます。
その出来上がった汁でご飯を炊き上げるわけです。

土鍋に米と煮汁を入れ炊き出し、途中でぶつ切りの牡蠣と三つ葉やキノコ(舞茸やしめじなど)を足し炊き上がりを待ちます。
しっかりと水気が飛んで炊き上がったところに、丸ごとの牡蠣を乗っけて蒸らしてできあがり。

煮汁と途中投入のぶつ切り牡蠣からしっかりとエキスが周るから、絶対に美味しいよね。
今日の巨匠は、森星・泉姉妹と楽しくお話をしながらも、けっこう順調に進めていますよ。
でも、ちょっと、牡蠣のプリプリ感が足らないかなぁ~
さて、出来上がりは?

しっかりと出来上がっていました。
丸ごとの牡蠣も縮まずにプリプリでした。
ゲストの森泉さんは、どうやらかなりの厳しめな食通のようですが、妹の星さんが驚くほどに褒めていました。
しっかり星三つです!
このまま最終回まで頑張って星三つで行って欲しいですねぇ~~~
頑張れ巨匠!!


大豆粉のホワイトシチュー
myn5d022.jpg

先日購入した大豆粉でホワイトシチューを造ってみました。
我が家のホワイトシチューは、鶏ガラを圧力鍋でしっかりと煮出すところから始まります。
その間に具の準備をします。
今回はチキンと玉ねぎ・人参・ジャガイモ・エリンギのシチューです。
具に火を通し、白ワインでフランベをして鶏ガラのスープが出来るのを待ちます。
別にバターと大豆粉を同量で焦がさないように炒めてルーを造っておきます。

スープが出来上がったら、火を通した具材を投入し煮込んでゆきます。
姉が送ってくれた自家栽培のコーンをハンドブレンダーで砕いておいたものも一緒に煮込みます。
ここで、鶏ガラだけだと、旨みが単純なので市販のスープの素を少したします。
スパイスは、ローリエやカルダモン、お手製のミックススパイスなどを具材に火を通す際に既に加えて在ります。
フランベした際の白ワインの汁は、そのまま牛乳や豆乳を加えると固まってしまいますから、別に取り除いてあります。
味をみてちょうど良い味加減なら、あとは具材に火が通るのをまつばかり。

今回は米粉(普通は小麦粉)に変えて大豆粉でしたが、味や風味はまったく変わらず美味しくできました。
バターのカロリーは有りますが、粉もののカロリーはほぼ関係ないですから、いままでよりもずっとカロリーオフですね。
特に糖質を減らせるのはありがたい。
具材を選べば朝からワシワシ食べられますぞ!


東京雪景色
3hb7vwbt.jpg

もう昨日になってしまいましたが、11月24日(木)東京に初雪が降りました。
幸い、積もること無く夕方には雪もあがりました。
その後雨にもならずこのまま曇りで済めば明日朝も凍結ということには成らないでしょう。

既に東京へ出てきて35年くらいになりますが、北海道体質は依然としてしっかりと残っているようで、着込んでいれば気持ちが良い位の寒さですねぇ。
東京での朝の振り方だと、ちょっとした吹雪でしたが、街の家々の屋根に積もる雪と降りしきるボタン雪が相まって、ホンワカと寒いけれど暖ったっかい雪景色になりました。
今朝、妻の出勤を送りながら町屋駅まで行く途中、道の脇の紅葉と降りしきる雪とのコンストラクトがなんとも綺麗でしたよ。

数十年ぶりの11月の初雪とのことで、雪に成れていない人達にはありがたくないのでしょうが、雪国育ちの僕達夫婦にとっては鼻歌がでるくらいに楽しいひと時でした。

でも、こんな早くに雪が降っちゃうんだと、今年の東京の冬は雪がいっぱい降るのかなぁ・・・
鼠径ヘルニアを患ったみとしては、雪かきしたくないなぁ・・・
積もるほど降りませんように m(_ _)m

ボクの妻と結婚してください
監督:三宅喜重
主演:織田裕二  共演: 吉田羊 原田泰造 高島礼子  

なかなか良かったです。
こんなシチュエーション有り得ないだろう~~~?????
って思って観てみましたが、最後はちゃんと理解ができます。

冒頭ででてきますから、ネタバラシを少ししますと、主人公(織田裕二)が膵臓癌で余命を告げられます。
その後に、本人のとった行動が笑えるよな泣けるような・・・・
CMでもやってますから、その辺ちょっと触れますね。
映画の題材でもありますが「僕の妻と結婚してください」これねぇ、普通は無しでしょ。
例えば、亡くなる主人公が幽霊になって導く、とかいうのでしたら「なるほどぉ~」と作り物としては有り!ですが、これ、本人が生きているうちの終活ですからねぇ。

主人公の仕事は、TVの脚本作家です。
ですから、ストーリーを創るのはおてのもの。
ということで、自分の終活も創ってしまったんですよ。
「自分の愛した人は、自分の死後も幸せでいてくれ!」という、自分どう?というのではなく、とにかくこの世に残してしまう妻と息子の幸せだけを考えています。
その思いがとてもとても強くてねぇ。

出演者の演技が本当に迫真にせまっています。
織田裕二なんか、ほんとに直ぐに死ぬんじゃないのか?と思わせるおような名演技です。
飄々(ひょひょう)としながらも、しっかりと心を掴む吉田羊の演技も絶品です。
冷たい言い方ですが、家族のどなたが無くなったとしても、いやがおうでも普通に日常が過ぎてゆきます。
子がいて自分がいて、そうすると、一日中泣いてばかりいるわけでは無いのですよね。
悲しさを強く出そうとしすぎると、そういう日常を省いてしまいがちですが、この映画に限っては吉田羊の演技はとても身近で微笑ましく、そして涙をさそう名演技になっています。

高島礼子も、ほんとに齢を感じさせないハツラツとした美貌と演技でシーンを盛り立てていました。
それに、結婚相手に選ばれた原田泰造も名演技です。
ドッシリとした迷いのない好人物をしっかりと演じています。
このお二人は、かなりこの映画で良い感じ~の重要なポイントを稼いでいますよ。

妻は最後まで判りませんでしたが、僕は原田泰造くんがでてきたけっこう早い時期にカラクリに気が付いたよ。
みんなはどうかなぁ~ ??

なかなか良くできた良作です。


大豆粉の栄養といえば
大豆粉の魅力は、何と言っても先ほどのブログで書いた通りに糖質がとても少ないこと。
そして、イソフラボンやカリウム、繊維質を沢山含んでいること。

僕達夫婦は、もうお互いに更年期まっただなかですから、適度なイソフラボンはとてもありがたい栄養です。
(食品のイソフラボンを体内で使えればですが・・・・ まだ検査が終わってないの ・・・・ 笑 ・・・)
女性ホルモンと同じ働きをしてくれますから、更年期障害に効果的です。
注意が必要なのは、イソフラボンは摂りすぎると婦人科系の癌になりやすくなるとのこと。
とはいえ、統計学的には今のところ摂取過多と少量摂取のひととでの差はほぼ無いとの研究結果も在りますから、あんまり心配しなくても良いのかもしれません。(国立がん研究センター調べ)
http://epi.ncc.go.jp/jphc/732/3431.html

次にカリウムですが、身体の細胞はカリウムとナトリウムのバランスがとても重要です。
一般的に言う食塩とはナトリウム塩のことです。
減塩醤油や減塩味噌など食品で減塩を謳っている物のほとんどに使われているのがカリウム塩。
そうです。どっちも塩辛いのですが、カリウムから造る食塩は不味い。
なんとも言えないエグサがあります。
最近は、工夫をして美味しいのもでてきてますけどね。
でも、わざわざ減塩食品を買ってこなくても、大豆やニンジン、リンゴやジャガイモ、キュウリやバナナ、煮干しや海藻、高野豆腐などなど、いっぱい身近に在りますよ。
大豆粉にもおから粉にも沢山含有されていますから、当然カリウム摂取もしっかりと期待できます。
細胞内でナトリウム塩が多く成りすぎると、カリウムを追い出してしまいます。
そうすると、ナトリウムの水分を掴む手の多さから、細胞単位で水太りになってしまい全身に浮腫みが生じます。
また、ナトリウム過多の細胞はとても脆く成り細胞が虚弱になりとても不健康な体質に陥ります。

繊維質は、多すぎるコレステロールや体に不都合な物質を絡めとって排出してくれますし、大腸の働きを活性化し腸内細菌(善玉菌)の餌になり腸内細菌のバランスを良好にしてくれます。
便秘の改善はもちろん、免疫をしっかりと向上させてくれます。

正直、まだ米粉の使い方にもとまどっています。
大豆粉とおから粉、どう調理に取り入れるかがポイントですねぇ。





うわさの低糖質粉 買ってみた!
大豆粉 おから粉

ソイ粉お好み焼き


北千住ルミネ1FのTOMIZ(富澤商店)にて、当店のオリジナル粉を購入してまいりました。
先日の金スマで大豆由来の低糖質粉でお好み焼きをつくっていました。
なかなか美味しそう~

小麦の不健康さを知ってしまってからは、もうまる3年くらい経ち、その間パンはもちろん麺類やお好み焼きなどの粉ものはほぼ食べていません。
特にお好み焼きは一度も食べずに来ました。
米粉でつくれないことも無かったのですが、糖質制限ダイエットを知ってしまってからは、米粉ですら使いにくく・・・・

ちょっと栄養的な認識が不足していたのですが、大豆って炭水化物の塊かと思いきや、なんと小麦の1/6程度なのだそう。
これは、朝から食べてもインシュリンの追加分泌が少なくてすみそうです。

実は、小麦制限・糖質制限をするまえは、盛大に粉もののお料理を作るは食べるは。
だって、大好きなんですもの。
外で食べるのも好きですが、手作りも大好き!
麺類はソーメンや冷麦こそチャレンジしていませんが、うどん・ラーメン・蕎麦・パスタと全部美味しく手打ちで造って食べていました。
ラーメンはかん水が手に入らず卵麺でしたけどね。
パンやケーキも良く造りました。山形ブレッドやアンパン、アップルパイとかパンプキンパイとかね。
もちろん、お好み焼きもね。
あ~懐かしい。

で、今回は、この購入した大豆粉とおから粉をそれぞれ使ってお好み焼きにチャレンジです。
具は豚玉シーフード、アクセントに紅ショウガです。
それぞれの粉で別々につくるつもりだったのですが・・・
とりあえず、練習に自分用の小さいのをおから粉でつくりましたらねぇ、これはお好み焼きには向きません(泣)
おから粉の性質を全然調べずに使ったのがまずかった・・・
焼いても焼いても、まったく粘りがでず、ねっとりふっくらしませんからグチョッとなったままから変化しません。
長芋を分量の1/4加えてこれですから、お芋の片栗粉に近い感じですかね。

大豆粉の方は、生地作りの際に小麦粉のような粘りが判りやすくでていました。
そこで急きょ、別々と思って取り分けていた大豆粉とおから粉の生地を両方とも混ぜてしまって、巨大お好み焼きにすることに。
おから粉だけのものよりはましでしたが、それでも小麦粉で作ったものからみたら、まったくの別物。
しいていえば、片栗粉につぶした馬鈴薯(じゃがいも)を加えて捏ねて焼いたお焼に少しちかいかもしれません。
次回は、大豆粉だけでチャレンジしてみようかと思います。
たぶん、大豆粉だけならもう少し小麦のお好み焼きに近くなるでしょう。


久々の朝焼け
1479733154395.jpg

ちょっと前ですが、朝いつもより1時間以上早く6時過ぎに起床してしまいました。
眠い眼をこすりながらリビングのベランダから外を覗いてみましたら、まあ何と綺麗な朝焼けが~
思わずスマホを持ってベランダから撮影してしまいました。

30代くらいまでは、良く前乗りで釣りに出かけていましたから、朝焼けはわりと観ていました。
でも、初日の出以外ではそもそも日の出でさえ、観ることが無くなっていましたから、とっても感激です。
どんな加減が在るのかは解りませんが、今迄見て来た初日の出の際は、日の出前の仄かに明るい水平線や街並みには、朝焼けのような雲まで染められる陽の光は観たことが有りませんでした。

雲が日に照らされた朝焼けは、とっても綺麗ですね。

チューボーですよ! が・・・・
TBSで毎週土曜よる11時30分から放送中の『新チューボーですよ!』が、12月24日(土)の放送をもって最終回を迎えるとのこと。
最終回は、初代アシスタントの雨宮塔子と、唐沢寿明をゲストに迎えるそうです。
22年も続いたのに・・・・
確かに、堺巨匠はヘロヘロです。
ですが、実年齢を考えれば、齢よりずっと若々しいです。

紹介されるレシピや街の巨匠たちなど、番組内での調理の面白さと併せてとても愉しめる番組でした。
歴代のアシスタントも最初から今まで、それぞれに個性があってとても愉しませてくれました。
料理好きな僕は、料理の鉄人 料理天国 ごちそうさま どっちの料理ショー 夕食ばんざい 食いしん坊万歳 キユーピー3分クッキング きょうの料理(NHK) 世界の料理ショー(グラハム・カー)など、様々な料理番組を観てきました。
そんな中でも、巨匠の番組はアシスタントやゲストとの楽しさも相まって、とても好きな番組でした。

今はなき、新春かくし芸大会の常連だった堺巨匠。
身の危険さえ在るようなギリギリのかくし芸をいつも披露してくれる器用の天才です。
ですから、料理をさせても当然、その器用さを発揮してくれています。
でもねぇ、どうやら料理は別に好きではなさそうです。
料理の肝心なところで、毎度毎度ボケをかましているうちに、肝心要を外して星を落としてしまいます。
料理が好きな人は「食べてくれる人に喜んでもらえる」ことを第一に頑張ります。
ですから、その肝心要を外したりしません。
食べてくれる人を思い浮かべられていないように思える巨匠は「あんまり料理が好きじゃないんだろうなぁ~」と思えちゃったんですよねぇ。

とはいえ、面白おかしくゲストとやりとりしながら仕上げる料理は、出来の不出来・上出来は置いておいても、とっても面白かったです。
それに、紹介される街の巨匠のお店も、東京の中のお店ですから、思いがけず近所だったりして、とっても楽しめました。
街の巨匠たちの料理のコツもそこそこ解って、僕の料理にも反映できて「面白いのに役にたつ!」という、とっても実用的でもあったんです。

この番組が年内で終わるそうです。
凄く寂しいです。
堺巨匠からだれかが受け継いで、番組を続けてくれないかなぁ・・・・・・ (泣)

福澤朗さんの乗った ある列車
土曜日の朝の番組、僕の大好きな「旅サラダ」
いろいろのなコーナーがありますが、ゲストの旅を追うコーナーの今日のゲストが福澤朗さんでした。
旅をしたのは、長崎です。
番組を観ていましたら、どうやら福澤さんは鉄っちゃんのようです。乗り鉄かな?
JR九州が運営している「或る列車」に乗車することになり、大はしゃぎです。
このある列車は、明治時代に当時の「九州鉄道」がアメリカのブリル社に豪華客車を発注したもので、当時の日本で最も豪華な設備を備えていた“幻”の豪華客車なのだそう。

その列車が2015年夏、九州に蘇りました。
車内の装飾もヨーロッパ風のゴージャスで凄いですが、食事も九州の地物のコースなのですが、売りは「成澤由浩氏がプロデュースするスイーツの コースをいただける至福のD&S列車」です。
番組内でも福澤さんが甘味に舌鼓を打っていましたよ。
僕も存在は新聞等で知っていて、一度は見てみたいと思っていましたが、思いがけずこの番組で自宅55インチの大画面で楽しむことが叶い、とても嬉しいひとときでした。


今日の金スマ 作り置きダイエット追加分
総じて、糖質をできるだけ少なく摂るのは前回と同様です。
このダイエットのとても良い点は、糖質を制限し過ぎないこと。
たとえば、お揚げや大豆粉、厚揚げなど、糖質は含んでいるけど極力少ないものが食べられます。
身体は、糖質に依存するように長い年月で変わってきました。
例えば、脳内物質のセロトニン。
この物質は、睡眠 ポジティブ・集中力 自律神経のバランス調整 姿勢筋(抗重力筋) 自前の鎮静剤 など、生活に必要な沢山の状況に欠かせない物質です。
特に、近年言われているのがウツと不眠に関わる事象でしょう。
このセロトニンを合成するのには、タンパク質と糖質が不可欠です。
極端な糖質制限をすると、セロトニン不足に陥りウツや注意不足、睡眠障害などに陥ります。
ですが、このダイエットだとそこそこ糖質を摂れますし、タンパク質は十分です。

ただ、このレシピでちょっと気に成るのが、お揚げや厚揚げを多用する点です。
確かに、タンパク質が沢山で糖質がわずかなこれらの食材は、美味しいですし融通が利くありがたい素材ですね。
ですが、油で揚げているのが問題です。
一般的に、サラダ油を使っていると健康的という認識ですし、業者によってはより危険なショートニングなどを使用しています。
ケミカル処理で造られるこれらの油脂は、とても身体に悪いのでお揚げや厚揚げはこの油にまみれています。
ですから、使う際には熱湯で油抜きをしてから使うことが肝心です。
この辺りをしっかり行うと、よりヘルシーになりますね。

油は大丈夫!という割には、揚げ物も少ないですし使う油もオリーブ油など軽い炒め物などでは身体に問題ない油脂と、食材に含まれている分くらいしか使っていません。
ですから、ワトキンスダイエットのごとく、ハイカロリーナ揚げ物などの油ベタベタで明らかに太るような油脂もさほど摂取されません。
また、野菜との組み合わせが多く、繊維質をしっかりとれるレシピが豊富ですから、不必要なコレステロールも上手に排出されますし、オリゴ糖など腸内環境を改善する食品も多く摂れます。

ただ、前のブログでも書きましたが、一週間冷蔵庫で置くのがやっぱり不安ですねぇ。
僕なら、冷凍庫保存しますよ。
今どきの冷蔵庫は、瞬間冷凍の選択でマイナス40度前後の強力な冷凍が可能です。
つまり、美味しさを損なわずに冷凍ができます。
まあ、冷凍庫のスペースをかなり使いますが、家族みんなで同じレシピを食べられるお家でしたら、その他の冷凍食品はかなり少なくなるはずですから、そのへんを工夫してみれば?
冷凍に向かない食材も有るかもしれませんから、、その辺は柔軟に対応してくださいね。

それにしても・・・
糖質制限のレシピって、そんなに難しいですかねぇ?
野菜とタンパク質を組み合わせるだけですし、炭水化物を食べない代わりにおかずだけ大量にたべるだけですから、薄味で大食OKの惣菜を作るだけだと思うのですが・・・・
頑張れ、日本のお母さん!

ジャック・リーチャー
言わずと知れた、トム・クルーズ主演の最新作です。
監督は、「ラスト サムライ」のエドワード・ズウィック
相手役のスーザン・ターナー少佐役に、「アベンジャーズ」 「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」のコビー・スマルダース
正直、コビー・スマルダースは、まったく知りませんでしたが、アン・ハサウェーに似た雰囲気のとてもシャープで綺麗な女優さんでした。
しかもアクションが凄い。
あのトム・クルーズに負けない位ハードにアクションをしていてビックリです。

ミッションインポッシブルよりも人間的な魅力がふんだんな本作は、雰囲気が違うとはいえラストサムライを彷彿とさせます。
軍のMPのエリートだったチャーリーが、後任でちょこっとプライベートでも親密なターナー大佐の誤認逮捕をきっかけに、軍を巻き込んだ大事件を暴いて行くハードボイルドと、身に覚えのない隠し子と称される女の子、そしてターナー大佐とのほのかなラブストーリー。
最初は誰とだれが“敵で見方”かも解らないままに話が進んでゆきます。
そんなところに、軍から隠し子への補償を迫られている旨告げられて身に覚えのないチャーリーは「???」

とにかく、展開も早くテンポも良くリズミカルでハラハラドキドキの連続です。
あいかわらず、トムは身体を張ったアクションがキレキレですし、前述のとおりパートナーもしっかりついてきます。
トム・クルーズ主演の映画に外れは有りませんねぇ~
秀作です。

レディ・ダビンチ 前回放送の不思議
原因不明の脳梗塞を起こす患者さんが主人公でした。
いろいろな病気を否定しながらストーリーが進んでいました。
そして「思わぬ原因が!」と番組内で判明した本当の原因が、心房中隔欠損(卵円孔の残存)です。
心弁膜症や心房中隔欠損などは、聴診で心雑音を認められて発覚することも多い病変です。
このドラマのように、脳梗塞が心臓由来と判明していれば、念入りに心臓の検査が成されているはずです。
ということは、この番組、視聴者をちょっと馬鹿にしているのでは?
視聴者は、医療従事者だと直ぐに解ることだったとしても、たぶん知らんだろうといういい加減さが見え隠れしています。

今日放送のファブリー病のようなレアケースや難病は実際には専門医というよりは、統合医療の分野かもしれません。
こういうテーマはとても観ていて興味深く面白いのですが、前回放送の内容だと聴診いっぱつで判明できるような容易な診断を見逃していたダメ医者の集団になってしまいます。
こんなイージーミスは、観ていてイライラしますから、脚本家には、重々気を付けて欲しいものですね。


サッカーWカップ予選 VS サウジアラビア
昨日の試合、面白かったですねぇ~
前半にペナルティーエリア内でのハンドでもらったPKを、清武選手が決めて先制。
キーパーが飛んだ反対側の下隅にきれいに決まりました。
本当にポストぎりぎりでしたから、仮にGKが読めたとしても触れなかったでしょうね。
ただ、このPKはいろんな角度からスローで観ると、胸と腕の間あたりに当たっていたように思えます。
まず故意ではないですし、腕が体にくっついてる際はたいていハンドではなく「体の一部」に当たったとして、ファールを取らないことの方が多いのですが、日本にはラッキー サウジにはアンラッキーな判定だったと言えましょうね。
今回の審判は、全体に判定がフワフワしていて曖昧ぎみでしたから、どっちのチームに不運が襲ってきてもおかしくはなかったんですが、まあそれも運のうちか?

ただ、このPK判定はサウジにすれば理不尽ですから、まあ選手が荒れた事荒れたこと。
審判に体を当てて言い寄っていた選手もいましたし、試合自体が荒れなければよいけどなぁと心配になりましたが、ハーフタイムで冷静さを取り戻したのか、後半も不要なファールなどで荒れることも無くホッとしました。

前半は、サウジが日本のペナルティーエリア近くまで積極的にプレスをかけ続け、日本のパス回しのちょっとしたミスをチャンスに結び付けられたりと、後半大丈夫なの?と思うくらいに動き回っていました。
後半は、さすがにそこまででは有りませんでしたが、それでもカウンターの素早さは凄くて何度もハラハラさせられましたが、原口選手が綺麗に決めて2:0にし、終了間際のサウジの得点で2:1となったももの無事に勝利!

これで、サウジと勝ち点10で並び得失点さも1少ないだけのグループ2位に上がりましたぞ。
オーストラリアがタイと引き分けて勝ち点9だったからですけどね。

原口、大迫、清武が観ていて特に良かったですね。
香川と本田をスーパーサブとして残して置いても、まったく不安感の無い試合運びでした。
来年のUAE戦が楽しみですね。

続・深夜食堂
小林薫 主演の夜中だけ営業している食堂のドラマの映画化です。
ビッグコミックオリジナルに掲載されている漫画が原作です。
第2回マンガ大賞2009第4位。2010年第55回小学館漫画賞一般向け部門受賞。第39回日本漫画家協会賞大賞受賞のとっても面白い連載漫画が原作ですよ。
TBS系地上波の深夜枠で2度TVドラマ化もされていますし、現在は有料チャンネルのnetflixで配信されています。

繁華街の片隅で小さな食堂を営む寡黙なマスターと、そこに集うワケありな客たちが織りなす様々な人生模様との、笑いや涙や時には怒りなど、感情移入アリアリの漫画・ドラマ・映画です。
その映画版の続編です。
前回同様、常連さんたちとゲストたちとの織りなすドラマが、本当に面白かったんです。

喪服の美女
蕎麦屋の息子
オレオレ詐欺に遭う老女

今回のテーマはこの三つ。
それぞれ、ホノボノしつつ泣かされます。
それに、毎度の常連さんたちの良い感じのボケ加減。
ノリ突っ込みの気持ちの良い漫才を観ている感じですね。

漫画やドラマとはちょっと違って、映画の大スクリーンも相まって凄く良いです。
ドラマ仕立ての映画は「レンタルでも良いかぁ~?」って思いがちですが、この昭和な雰囲気はやっぱり大スクリーンでないと、もったいない。

どうぞ、映画館で観てみてね。





今日の金スマ 作り置きダイエット
紫吹淳のマネージャー「ばあや」と伊藤かずえがこの作り置きダイエットに挑戦!
柳澤英子さん監修の作り置き惣菜を食べ続けるダイエットです。
以前、コンビニの本棚に柳澤さんの本があって、手に取ったのですが、知っていることばっかりだぁ~と買いませんでした。
でも、今日の番組を観ていていろいろと知らなかったことに気づかされました。

まず、一週間分を一気に作って保存しておくということ。
僕は作り置きは、冷凍できるものに限っていて冷蔵保存は大丈夫そうなものでも三日が限度。
マヨネーズやドレッシング、焼き肉のタレなどの腐らない理由がはっきりしているものは例外ですが、そうでないお惣菜を一週間も冷蔵保存するなんて考えられませんでした。
でも、大丈夫なんですねぇ・・・
でも、僕には生理的に受け付けないので、できないなぁ。

他にも、低糖質粉です。
大豆を中心にした糖質が抑えられた粉。
小麦の代わりに使います。
小麦に比べると、糖質の含有量は10%以下です。
特に注目したのが、様々な低糖質粉が有る中で大豆中心のものを選んでいること。
ありがちなパン用の粉だと、オーツ麦など麦由来のフスマなどを大量に使っていますので、グルテンや小麦を食べたくない僕にとってはとっても大助かり。
良く調べてみましたら、大豆だけの粉(きな粉じゃなくてね)も存在していました。
自宅では小麦が嫌で米粉を使っていましたが、大豆粉だともっと糖質が抑えられますね。

それと、作り置きならでは!ということがあります。
それは、味が染みて美味しくなること。
鯵の南蛮漬けなどで体験済みですが、確かに作り立てよりも一晩二晩と立った頃の方が美味しいですね。

さて、ここまで読んでいただいて賢明な読者はもう気付いているかと思います。
この著者の基本は、糖質制限です。
いかにインシュリンを出察せないか、をとても重要視しています。
インシュリンは、一度追加分泌が成されるとしばらくの間、間欠的に追加分泌を繰り返します。
血糖値を下げるホルモンのインシュリンが食後に大量に分泌されると、下がった血糖値を上げるためのホルモンも拮抗して分泌されます。
これが、食後もけっこうな時間が経過しても、繰り返されることのなります。
有る程度以上に血糖値が下がると、脳が血糖を求めて空腹感が湧きます。
つまり、血糖値の乱高下は食欲を増してしまいます。

ですが、糖質制限をすると、この追加分泌がありません。
つまり、インシュリンと血糖値を上げるホルモンによる血糖値の大きな変化が無くなります。
そうすると、低血糖からの食欲もなくなります。
タンパク質でも脂質でも食べ過ぎれば太りますが、このレシピだと食べ過ぎも防げるわけです。

ただ、このレシピだと主食(炭水化物)を摂りませんから、脂質の摂りすぎに気を付ければ、お腹ポンポコリンまで食べたとしても、太りません。
仕組みが解っていたことは、ちょうど良い復習になりました。
知らなかったことは、凄くためになりました。
この番組、好きだなぁ~

第2189回「小腹が減った時は何を食べますか?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の一之瀬です今日のテーマは「小腹が減った時は何を食べますか?」ですチョコレートやガム、グミ、クッキーなど色々ありますが、ちょっとお口が淋しい時や、夕食前の絶妙な時間帯になると私は干し梅を食べてしまいますねみなさんは小腹が減った時、何を食べますかたくさんの回答、お待ちしておりますトラックバックテーマで使っている絵文字はFC2アイコン ( icon.fc2.com ...
FC2 トラックバックテーマ:「小腹が減った時は何を食べますか?」



立て続けに、トラックバックテーマが入りますなぁ。
小腹が減った時、僕はキュウリをかじります。
他には、チーズですね。
利尿作用とタンパク質、小腹がすいた時に糖質と脂質は無駄な栄養素です。
「小腹がすいた」という状態は、しっかりご飯を食べていたけど、血糖値の低下や、美味しいものの匂い・画像・記憶など不必要な食欲を掻き立てる事象に心が揺れているということです。
ですから、僕の大好きなカツ丼とかお寿司とか鰻重とかラーメンとかを、思わず小腹が空いたからといって本気にして食べたら、思いっきり肥満してしまいます。
ですから、小腹が空いたと思った時は、太らないモノからチョイスするわけですし、手軽な食べ物としては前述のチーズやきゅうり。

でも、キュウリとチーズは、間に合わせではありません。
どっちも大好きな食材なんですよ。
何でもよいとは言いませんが、とっても美味しいおやつです!

第2187回「冬のマストアイテムといえば?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の岡山です今日のテーマは「冬のマストアイテムといえば」です寒くなってきてだんだん厚着になって来た頃かと思いますがみなさんは冬のマストアイテムとかありますか私は極度の寒がりのため冬になると必ず腹巻をします古臭いように思うかもしれませんが、これが本当に効果的ですお腹周り温めると全身ポカポカですよみなさんの冬のマストアイテムは何ですかたくさんの回答、お待ちしております...
FC2 トラックバックテーマ:「冬のマストアイテムといえば?」



ということで、今回のFC2トラックバックテーマにお答えしましょう。
僕は、皮膚のメンテナンスをするものと、血流を活発にするもの。
それは、スクワランオイル・尿素20%ハンドクリーム・ヘパリン類似のクリーム・皮膚表面の保護クリーム。
そして、ω3系の油脂。
これらが無ければ、手の指や踵(かかと)はカチカチでケバケバに成って自分も辛いし、患者さんにも不愉快な思いをさせてしまいます。
実は、血流が活発だと皮膚表面も再生が強く促され、柔らかさを維持しやすいのです。
それに、クリーム各種は、どれが無くても乾燥し冷える冬は乗り切れません。
ですから、これらが必須アイテムですね。

これ以外は、白菜ですねぇ。
今日もキムチチゲを夕食に造りましたが、お鍋に白菜は欠かせません。
それに、白菜が安く出回る季節がくると「冬になったなぁ~」と実感させられます。
鍋以外にも、白菜で造るロールキャベツも美味しいんですよ。
キャベツよりも短時間で出来上がりますしね。
甘味もキャベツとは違ってトロッとした甘さに感じます。
冬野菜の代表の白菜は、ぼくのマストアイテムですね。

木枯らし1号
今日、気象庁が東京に木枯らし1号が吹いた、と発表しましたね。
たしかに今日は寒かったなぁ・・・
昨日まで薄いジャケットを羽織っていたのに、今日は朝から普通に冬用のコートと、しかも皮手袋で丁度良いんですよ。
この数年、秋が短く冬支度が早いとは思っていましたが、今年の変わり方は激し過ぎますね。
このまま寒い日が続いて暖かく成らなければ、秋らしい日がほとんど無い年になりそう。
トレーナー1枚でフンフン出歩ける日が好きなんだけどなぁ。

僕は北海道の東部・知床のある斜里町出身なもので、知っている方は寒さに強く寒いのが平気と思われるようなのですが、実は寒いのは大嫌い。
確かに、妻の実家の八戸のお正月くらいの冬なら、お風呂の湯上りにパンツ一丁で火の気のない部屋で涼んでいて驚かれたりしてますが、平気なのと好き嫌いは別物。
特に東京の冬は嫌いです。
慣れてしまったので、それまでの季節の移り変わりに沿って気温が下がって来るのが、どうやら身体に沁みついてしまったよう。

それと、僕の田舎や4年間くらした釧路とかでは、日中に歩いているだけで、つま先が凍りそうにとっても痛くなります。
バス停でバスを待つ間も、足を常に動かしていなければ凍傷になってしまうかの如く、冷え切って涙が出るほど痛いのです。
誰に話しても、なかなか信じてもらえませんが、小学生のころに日が暮れた後もスケートをしていて耳当てをしていなかったせいで、耳たぶが大きく欠けたことがあります。
幸いにその後ちゃんと再生してくれましたが、あんまり珍しくなかったらしく、親に病院に行けとも言われませんでした(泣)
ひと冬に一人や二人、新聞に酔って自宅前とかで寝込んで凍死した記事が新聞に載っていました。
真冬に外で寝込んだら北海道ではほぼ死んでしまいます。
だから、冬=寒い=怖い という恐怖感が刷り込まれ過ぎているのも寒い時季を嫌いになっている理由でしょうね。

そんなこんなで、木枯らし1号が吹き冬同様の寒さに陥って、この先どんどん冬に突入するかと思うと、身も心も凍り付く思いで、心が重~くなっちゃうんですよねぇ・・・・
もう一度、秋らしい日が帰ってこないかなぁ。


中国みたい? 博多の陥没
もう随分報道されていますから、ご存知の方も多いことと思います。
博多駅のすぐ近くで30メートル四方が大陥没してしまいました。
これで負傷者が一人もいなかったのは、本当に良かったです。
いったい何台の車や人達が巻き込まれたかと、すごく心配になりましたが、不幸中の幸いに誰も巻き込まれなかったとのこと。
調査では、地下鉄工事の関連が疑われていますが、まさか日本でこんなことが起こるとは思いませんでした。
中国や韓国で、道の陥没や橋や建物の崩落が随分報道されていましたが、まさか自国でおこるとは・・・
たぶん、調査不足なのでしょうが、ここまで地下が掘られてしまうまで気が付かないとはお粗末ですね。

荒川区でも、区役所から明治通りの下を通して集中豪雨の際に、水を逃して都市型洪水を防止する地下水槽が造られつつあります。
しっかり作られれば、最近の想定外の豪雨の際に機能してくれるだろうと期待しています。
とはいえ、今回の博多の事故を視ると、この工事のために何かを犠牲にしていたりしないのかなぁ?と、ちょっと不安にも感じますね。
今回の博多の事故から思うのは、この付近でしたら上野駅前あたりになるわけで、あんなところが崩落したら、どんなに困るし怖いだろうなぁ、ということです。
対岸の火事と冷ややかに見ず、自身の近在で生じたらと生々しく肌で感じることが重要に思えます。
突拍子のないことが生じたときに、慌てずに済むよう心づもりをしておくことも必要なのでしょうね。


駆込み女と駆出し男
映画館での予告を観た際、単なるドタバタ喜劇と判断したんのは大きな間違いでした。
逆に、とっても素敵な脚本・ストーリーの稀に見る良作の時代劇です。
僕のように勘違いをしていたひとは、どうぞ騙されたと思って観てみてくださいね。

駆け出し男=大泉洋
駆け込み女= 戸田恵梨香
他、満島ひかり 樹木希林 武田真治 高畑淳子 山崎努 堤真一 等、とっても贅沢な出演者です。
監督・脚本=監督・脚本:原田眞人(金融腐蝕列島 突入せよ!あさま山荘事件 クライマーズハイ 等)

この映画は面白いですねぇ。
映画館で見逃したのを、先日の11月3日ビデオの日にツタヤで100円で借りてきました。
江戸時代、幕府公認の縁切寺とされた東慶寺を舞台に、テンヤワンヤの大活劇!
大泉洋が主演ですから、笑もあり。
でも、この映画では行き過ぎていないのが良いですね。
史実も有る程度踏んでいますし、当時の劇などをなぞった言い回し(セリフ)や、決め台詞なども早口の江戸口調。
よくよく聞いていても聞き逃してしまうくらいですが、後のシーンでちゃんと理解できるようにできていますから、慌てなくてもだいじょうぶ。

鎌倉の「縁切寺」「駆け込み寺」は、聞いてはいてもさほどの知識はありませんでした。
舞台となった鎌倉の東慶寺は、群馬県の満徳寺と共に幕府寺社奉行も承認する縁切寺でした。
江戸時代以前は、もっといっぱいの寺にいろんな困った人が駆け込んでいたようですが、江戸時代以降は離縁したくてもできない妻・妾の救済所としてこの2寺が後任として残りました。
そのうち、鎌倉が今回の舞台です。

妻・夫のそれぞれの在り様や、時代背景、男人禁制の駆け込み寺の慣習や、戯作者に憧れる駆出しの医者大泉洋などの描き方が、とってもステキ。
二時間半ちかいかなりの大作なのですが、時間を感じさせないテンポの良さと展開の多様さ。
ダブルストーリーどころではなく、三つも四つもストーリーが進んでゆきます。
でも、おもしろいくらいにコンガラがったりしないのは、脚本の上手さですね。

駆け込み寺といえば、悲惨な虐げられた妻たちが飛び込むところ、という定説をしっかりとひっくり返すような隠し玉も終わり近くに仕込まれています。
それに、最後の最後は結局・・・・
というかなりの大どんでん返しも待ち受けていて、とっても悲壮で辛くでも、逞しく強く賢い、いろんな要素がギュウギュウに詰まった近年まれにみる愉しめる時代劇でした。

文化の日が先日でしたから、ちょうど良い作品でした。
今度の木曜日には、続・深夜食堂(小林薫 主演)を観てくる予定です。
その報告は、また後日。



コーヒー淹れる時
ファーストドリップどうする?
これは、ペーパードリップかネルドリップのお話し。
コーヒーを豆で買ってきて、自分で挽いて、そしてドリッパーで落とす。
至福の時。

いろんな本も読みましたし、友人知人患者さんとも沢山話しましたが、定番も有りオリジナルも有り。
コーヒー好きは、淹れるのもとってもコダワッテます。
という、ワタクシも同様。

人生最初のドリップは、やっぱりカリタとメリタのペーパードリップでした。
途中、ペーパーをドリッパーにセットしてから水で濡らしてドリッパーにフィルターを満遍なく張り付かせるテクニックを知り、それだけでも随分美味しく淹れられるようになりました。
そのころに、サイフォンも試しその香りの立ち方にビックリさせられましたが、フロートを蛇口にぶつけて割ってしまい、あえなく1年で挫折。

ネルドリップ(布のフィルター)にも憧れましたが、その保管方法の難しさ(衛生管理)が面倒で、結局手付かずです。
時間の無かった時は、コーヒーメーカーにも助けてもらいました。
カリタの魔法瓶式のサーバーのモノは、冷めないし美味しいしでつい2年前くらいまで助けてもらっていました。
バターコーヒーを胸やけで挫折した際、頻繁には淹れなくなっちゃったので、今はコーヒーメーカーは片づけてしまっています。
それで、今はまたペーパーフィルターに戻ったのですが、その淹れ方に拘り在るぞぉ~

それは、蒸らしの時に落ちるファーストドリップです。
僕は、このファーストドリップは捨てます。
20年前に池袋のコーヒーショップでペーパーフィルターで落としていたマスターが、いきなりファーストドリップを捨てていました。
このころ、とても悩んでいたのが、コーヒーのエグミです。
この時の光景から「あ!最初のドリップできっと要らないエグミや不純物がなくなるのでは?と直感しました。
それからは、ファーストドリップの匂いを嗅いで、えぐそうだったら全て捨てています。
僕は濃いコーヒーが好きなので、エグサが残っているとかなりつらいです。
それが、たいがいのコーヒー豆は、ファーストドリップを捨てると、嫌な濃縮感は払拭されます。
しかも上品な味と香りになりますぞ。

僕のようなドリップの悩みに苛まれている方は、どうぞファーストドリップを捨ててみてくださいね。



今日の 主治医の見つかる診療所 
良く見ている番組です。
今日のテーマは「毛細血管」
毛細血管は全身くまなく行き渡っています。
手先足先などの末端のイメージが強いかもしれませんが、実は内臓や脳を含め、身体のいたるところ(というかほぼ全部)に行き渡っています。
この毛細血管が退化してしまうと、その組織の酸素や栄養が不足し熱も行き渡らず不要なものの排出も滞ります。
つまり、血流が足らなくなりますから、組織の病変や癌化に結びつくと言われています。
番組内でびっくりしたのが、眼の末梢血管の多さでした。
末梢血管の退化は眼の老化を早め、白内障などになりやすくなるとのこと。
年齢よりも早く視力障害が進んでいる方は、要注意ですね。

毛細血管の退化は、目視では足の内くるぶしの下側に広がる血管です。
透けてみえている青い静脈の他に、フワフワと赤いか弱い血管が広がっていればいるほど、毛細血管の退化が進んでいるとのこと。
実は、番組内では手の指先の血管を透かして見える装置を使用していて、その機械では毛細血管がちゃんとループになって存在しているのか、それともループの先が消失してしまっているのかが目視できます。
ループの先がモヤモヤと消えてきている状態を、番組内の医師は「ゴースト血管(幽霊血管)」と称していました。
この医師が、幽霊血管に辿り着いたのは自身の冷え性からだったのだそうです。
そして、粘膜の血流が悪くなると、それを修復しようとして永遠に細胞分裂をする「修復細胞」がでてくるが、実はそれが癌細胞なのだそう・・・

肥満(太ると脂肪に血が奪われる)運動不足(血が通わなくても良いと脳が判断する)食べ過ぎ(胃や腸に血液が集中し抹消の血液循環が足らなくなる)
これらが、ゴースト血管に至るワースト3だそうです。
これらを気を付けるのが重要な予防でもありますが、実は末梢血管は環境が整えば新生血管が後から創られます。
ですから、この新生血管を作る努力をすればちゃんと健康な体を手に入れられます。
番組名で取り上げていたのが「ヒハツ」という食材です。
日本では、沖縄で近縁種のヒハツモドキを「ひはち」と呼び、琉球料理の薬味として使われています。
一日に1g程度の少量を摂り続けると、1~2週間で再生が始まります。
では、どんな効果かというと、その一番は血流の改善・促進です。
僕は知りませんでしたが、大手スーパーなどでも容易に手に入るとのこと。
粉末で、胡椒とウコンを合わせたような味で、肉類やカレーなどスパイシーなものが合う食材にはとても相性が良いそうです。

ただねぇ
血流を改善するだけなら、ω3系の油脂でもとっても手軽に同様の効果を得られますよね。
わざわざ料理に添加しなくても、小さじ1杯を朝晩舐めれば済むんですしね。
以前、JR三河島駅前の薬局・マツモトキヨシでクリップ式の血管年齢検査をしましたが、その際の血管年齢が30歳でした。
実はかなり疑っていたのですが、いつでも指先ポカポカでおててがピンク色のシバタ先生の末梢血管はちゃんと修復していたんですね。
抹消だけでなく、動脈も修復してくれていると良いのだけどなぁ~


麻の実油(ヘンプシーオイル)
最近仕入れた情報に、ヘンプシードオイルがあります。
ヘンプ=麻 です。
麻の実を絞ったオイルです。
リノール酸とαリノレン酸の比率が3:1とω6系とω3系の理想的な比率を更に上回っています。
そして、このω6系の中に、γリノレン酸という最近注目されている油脂が含まれているのだそうです。
アマニオイルや紫蘇油などの方がω3系を沢山含んでいますから、ω3系(EPA・DHAなど)だけを摂るのでしたら、アマニ油や荏胡麻油でも良いのですが、本来リノール酸から体の中で作成されるはずのγリノレン酸をおおよそ30%の人は作れないのだそうです。

さて、このγリノレン酸の凄いところは、
血圧の安定や子宮筋の調節,アレルギー反応の調整など様々な生体機能の調整など。
γリノレン酸を充分摂取すると生理痛や月経前症候群(PMS)を改善し、アトピー性皮膚炎やリウマチなどのアレルギー性疾患に効果的です。
その他中性脂肪の低下やHDL(善玉)コレステロールの上昇,美肌,美容効果も注目されていて、ヨーロッパ(イギリス,ドイツ,フランス)ではアトピー性皮膚炎の治療に用いるそうです。
この、γリノレン酸(GLA)は母乳に含まれるほか、月見草やボラージ草,ブラックカラントなどの数種類の植物だけに存在する珍しい物質です。
それが、麻の実を絞った油のヘンプシードオイルにも豊富に含有されているとのこと。

日本人が、どの程度リノール酸からの体内での変換が可能かはまだ判りませんが、摂りすぎなければ足らないよりはずっと良いでしょうね。
もともと、γリノレン酸とかぶるαリノレン酸ですら絶対的に不足しているのですから、麻油少しをアマニ油に足せば理想的な比率になりそうです。
ただ、リノール酸は植物だけでなく食肉からも豊富に摂取していますから、人によっては過多になりかねません。
まだγリノレン酸(GLA)は研究が進んでいませんから、摂りすぎになった際の人体への影響が解っていません。
ですから、良さそうな効能が沢山ありますが、今のところは摂るなら少量が良いようです。
特に、アマニ油など既存のω3系を摂り始めて、前述のような効能を得られている方は、特に余分に摂取する必要はないようです。
また、抗アレルギー抗炎症ということでしたら、グルテンと小麦の摂取制限でも同様の効果が得られます。
足し算よりも、安全な引き算(小麦やグルテン、化学薬品抽出精製の油、砂糖、喫煙)による効果を期待する方が第一選択ですね。

今日のユアタイム
アメリカでは、今マイノリティーとしての人種は、不法滞在を合わせると黒人をヒスパニック系が上回っているのだそうです。
第一世代が不法移民だったとしても、その子第二世代はアメリカでは投票権を持つ立場にあるとのこと。
つまり、母は非合法的にアメリカ在住だけど、その子は法的に守られるということらしいです。
その第二世代の娘さんは、奨学金を受け弁護士を目指して大学で勉強をしている真っ最中。

僕が注目したのは、弁護士を目指そうとした娘さんの動機です。
「母のような不法移民を助けたい」
たぶん、この娘さんはちゃんと弁護士になるでしょうし、その後はしっかりとご自分の意思を貫く人生を送ることでしょう。
なぜかと言うと、職業を目指す動機付けがとても強力だからです。
身近な人(自分を含めてね)を幸せにしたい、助けた、同じ立場の人たちの力になりたいという判りやすく強固な意志を持って目指した職業は、いわゆる「遣り甲斐のある職業」といえます。
例え、実際にその業種に携わり不得手な部分が有ったとしても、その不得手を克服する努力も出来ることでしょう。

この世に天職に就ける人は、本当に少しです。
これは、恋愛や結婚と似ています。
人間同士として考えると、100%相性のピッタリの人間同士で出会える人たちがほんの少しなのは判るでしょ?
でも、100%の相性ではなくても、大方の人達はそこをお互いに譲り合って上手に生活ができていますよね。
ですから、天職に巡り合えなかったとしても、努力や工夫で仕事の様々な困難を乗り越えられている人が大多数なのと似ていますね。

とはいえ、仕事にしろ出会いにしろ、心が折れそうになることはけっこう在ります。
その時に、エイッ!って頑張れる素をどれだけ持てているかはとっても大事。
それが、それを目指した動機(想い入れ)なのだと思います。
彼女のように、自分を含め身近な人たちの理不尽に生きにくい状況に晒された人達の中には、そうでない人達よりもしっかりと目的意識を持ち、少しのことではへこたれない意識(根性)が根を張るのでしょう。

僕がカイロを目指したのも、この状況に近いものがありました。
菓子問屋に勤務中に犯した人身事故での、被害者のむち打ちの症状。
僕自身が被った自動車事故による酷いむち打ちによる症状。
僕がカイロを目指したのは、この両方が動機付けとなりました。
病院で治らないこんな辛さがを何とかしたい。
民間療法では、改善している人もいるし、何と言っても僕自身が病院で悪化の一途を辿っていたむち打ちが整体術の先生に改善していただけました。
僕にできることが有る!
移民の娘の彼女と同等とは言いませんが3~4か月寝たきりになった僕もとっても強力な動機付けになったことは間違いありません。

今の時季、職業の選択で悩んでいる方も多いでしょうね。
何を基準に選んで良いか迷ったら、自分の中の最優先は何か?ということに注目してみると良いかもしれません。
移民の娘さんや僕ほどではないにしろ、心の中の“動機付け”に気が付いたら、前に進みやすいかもしれませんよ。


ブリジット・ジョーンズの日記3 ダメな私の最後のモテ期
レネー・ゼルウィガー演じるブリジット、コリン・ファース演じるマーク・ダーシー、パトリック・デンプシー演じるジャックの三角関係がストーリーの柱です。
自由奔放なブリジットでしたが、日記2から既に10年以上たった設定で、既に40代の前半に差し掛かっています。
仕事のTVプロデューサー業も、会社の方針変更で追い詰められ、私生活も寄る年波への不安がつのり・・・
そんなブリジットの前に現れた元カレと超セレブのお二人。
そして、なんと4人目が!
この4人目がとっても大事な主人公になります。
4人目と言っても、1と2に出ていたプレイボーイのダニエル・クリーバーは事故で行方不明の果てに映画の冒頭でお葬式が出され、そこでスピーチまでしています。
ですが、これは隠し玉。
映画の最後の最後にスパイスが効いてきますよぉ~

ということで、ここで登場する4人目は、元カレその2でも無いのですが、それでも、あのブリジットジョーンズなのに、ストーリーの最後にはその4人目のおかげで、泣かされそうになっちゃいましたよ。
1と2でもそうでしたが、ハチャメチャに見えて実は職場もプライベートも家族も全部ひっくるめて、引っ掻き回す?(笑) とっても素敵なヒューマンドラマなんです。

ブリジットを始め、登場人物がみんな年を取っちゃって、正直ちょっと見苦しいくらい。
だから初見の人は「なんだこれ?」って思うかもしれませんが、1と2を観た人たちにとっては、懐かしいことこの上なし。
ようは、同窓会気分ですね。
シワクチャのブリジットが、セレブに惚れられるっていう設定だけは「この人シュミ悪いんじゃない?」って思っちゃいましたけどねぇ(笑)

とはいえ、元気が出てくる良作です。





早くも術後1っか月
左側の鼠径ヘルニアも、本日術後一か月が経ちました。
足立区扇の寺田病院にて、堀先生に一か月検診で順調の診断を受けてまいりました。
なんだか、先に手術をした右側の時に比べると、ずいぶんと日にちの経つのが早く感じます。
自覚的・視覚的な腫れもほぼ治まっているように見えていますが、堀先生によりますと少し硬く腫れている、とのこと。
とはいえ、経過としては順調なのだそうです。
冷え込んだらどうなるのかなぁ~と一抹の不安がありますが、今日の東京は12月初旬の気温とのことでしたが、今のところは差ほど自覚症状は感じません。

術後1年でほぼ大丈夫、2年経ったら再発の心配は無いとのこと。
鼠径部が全体的に弱くなっているらしいので、まあ筋トレは完全に諦めることになりますね。
筋トレどころか、まだ1時間歩くと当日の夜や翌日はグッタリしてしまうほど疲労しますから、順調とは言え4月以前の状態に戻るのにはまだまだ先ですねぇ。
再発させないように、気を付けて生活しなくっちゃ。

兎にも角にも、経過は順調です。