FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



花粉症が本格シーズンINですねぇー
今日、久々に眼のかゆみがシツコカッタです。
クシャミも鼻水も出ないのですけど、これはまさに花粉症。
昼間に追加でアレロックを飲もうかなぁ~って思いましたが、目薬のステロイド入りのをちょいと追加しましたら、直ぐに消失。
昼休みの外出の際も、眼を洗眼して通常の抗アレルギー点眼剤で治まりましたので、アレロックは飲まずに済ませました。
そのまま結局夜まで過ごして、いつもの夜に飲用している分を飲んで、結局いつも通りの夜だけアレロックで済んでいます。

去年は2月は点鼻薬の噴霧だけで、3月からアレロックを飲用し始めました。
でも、今年は2月3日の節分の日からの飲用で、自分の免疫力はまだまだかなぁ~とちょっとガッカリしていましたが、今年は飛び始めが早かったせいも有って症状も早めに出てたのかもしれません。
それでも、以前のピークに酷かった時に比べたら、雲泥の差です。

そういえば、一昨日と昨日に鯖を食しておりました。
鯖は活け作り以外は、ヒスチジンがヒスタミンに変性し時間経過とともにどんどん増え続けます。
干物やしめ鯖はヒスタミンをたっぷりと蓄えてしまいます。
その状態の鯖を食しますと、花粉症の人は症状が劇的にひどく成ります。
ということで、私も例にもれず…
ってことで、一時的に症状悪化を招いたのかもしれませんね。

小麦やリノール酸も同様の状態に陥ります。
まあ、これらはアレルギー悪化以外にも悪いことがいっぱい有るのは、このブログで書いてきた通りです。
花粉症で悩んでいる方は、青魚・緑黄色野菜などのヒスタミン含有食品の制限と、小麦とリノール酸を食べないように気を付けると、症状の改善に役立ちますよ。
それと、ビタミンDと日光浴での免疫活性化。

花粉症に辛い日々が連休明けまで続きますが、なんとか乗り切りましょうね。
スポンサーサイト
蜂蜜100%は体に良い?
先日近所のスーパーで“はちみつ100%のキャンディー”という名前のキャンディーを見つけました。

蜂蜜だけのキャンディー

大阪の扇雀飴本舗の製品です。
昭和27年の創業ということですから、僕が“お菓子のナシオ”で配送業務をしていた頃にも扱いがあったはずなのですが、社名をなんとなぁ~く覚えている程度ですねぇ。
カンロとか味覚糖が有名ですけどね。

さて、この蜂蜜キャンディですが、混ぜ物なしの蜂蜜だけを固まらせたキャンディなんだそうです。
蜂蜜は蜂たちの働きで自然に濃縮されているのと、酸度が4~5程度と歯のエナメル質が溶けるくらいのPHです。
また、これらが相まって口中のミュータント菌の駆逐や歯石形成を遅らせるなどの、口中衛生に寄与する働きが在るそうです。
また、蜂蜜は豊富にオリゴ糖を含有していることも有り、免疫を高める作用も有ります。
しかもカロリーはお砂糖の1/3です。
食べた後のPH管理は必要ですし、漫然と何個も舐め続けるのは逆にエナメル質を溶かしてしまいますが、一つだけを一日に数回に分けて食し、舐めた後は口中PHを可及的速やかに中性へと戻しておくことが大事ですね。

袋菓子のショーケース

スーパーの箱菓子、袋菓子の棚を観ていましたら、ナシオに勤めていたころの記憶がよみがえって来て、なんだかシンミリしてしまいました。
当時扱っていた商品が今でも元気に活躍してくれています。
北日本食品(ブルボン)の、チョコリエール、レーズンサンド、ルーベラ、ルマンド、バームロール、ホワイトロリータや、 源氏パイ アスパラガス、キノコの里・たけのこの里などなど。。。
ナシオに就職してビックリしたのが、ブルボン製品のホワイトロリータ、ルマンド、チョコリエールなどの主力製品が軒並み安売りの目玉に使われていた(いわゆる安売り品)ことです。
だってねぇ、食べたことある人は判ると思いますが、かなり美味しいんですよ。
類似品もいろいろありますが、やっぱりブルボンが美味い!
そんなことを思い出しながらチョコの棚を観ましたら・・・・
僕がナシオに居たころに新発売でロッテから発売された“霧の浮舟”を見つけてしまいました。
やぁ~~~まだあったんだなぁ~~~
このチョコは、気泡を入れることでフワァ~~とした得も言われぬ優しい口溶け感がたまりません。
グリコカプリコの上品な感じ。

蜂蜜キャンディも気泡チョコも美味しかったぁ~~~
まだまだ残ってるけどね、一度に食べると太るからね・・・・



合羽橋で嬉しい出会い
妻へのちょいと早いホワイトデーの贈り物。

南部鉄器盛栄堂 及川源十郎鋳造所 作 千草鉄瓶  http://oigen.jp/

千草鉄瓶その2

千草鉄瓶その1

以前、日暮里の谷中銀座・夕焼けだんだんに在る食器屋さんで南部鉄器の急須を購入して、妻がとっても気に入り是非!火にかけられる鉄瓶を、と所望されていましたので、バレンタインのお返しに合羽橋・東京厨房株式会社さんで購入してまりました。

デパートを渡り歩けば南部鉄器はそこそこ在るのですが、いかんせんお高い。
と、ここ荒川区はお隣の台東区のお隣。
最近どうも運動不足か体重も減らないので、2日前の昼休みに合羽橋へと探しに歩いてゆきました。
鉄瓶って、なかなか沢山置いてるお店がありませんし、ましてや南部の鉄器を割安でってのもあんまり無いので、さすがに合羽橋でもどうかなぁ~~?と思っていましたら・・・・
なぁ~~んと、言問い通り側から入って行って2~3分程度の左側(台東区の生涯学習センターの直ぐわきです)に“南部鉄器”ののぼりが在るではありませんか!
はい、こちらが東京厨房株式会社さんです。

もぉねぇ~ 作家ものの高級品から今回購入のお求めやすいものまで、いっぱい揃っていました。
今回購入の千草鉄瓶は、税込み9,500円です。
本来のお仕事は、厨房機器や用品です。
ですから、入り口の直ぐ右側の隅に設置してある小さなコーナーに集中して展示されています。

南部鉄器ですから、棚で試しに持ってみましたらけっこう持ち重りがします。
でも、包装いただいたものを手に提げてみたらそれほどでもないので、上野や地下鉄の駅まで歩くより、そのまま言問通りへ戻って歩いて治療院まで帰ってまいりました。
往復1時間30分のお散歩でしたとさ。





結局
DVP-SR20ですが、アナログ出力でも画像はそこそこ綺麗でした。
とはいえ、画面に近づけば粗が目立ちますが、小さな画面ですしDVD程度のデータでしたらそんなに劣化しないのかも。
でも、地デジの画像と見比べるとやっぱり辛いけどねぇ・・・・

まあ、このプレイヤーでDVD画像を観るのはたまぁ~にですし、ほぼCD再生で音源再生がほとんどです。
音源の再生はデジタル出力には対応しませんが、新しく購入したロジクールの Multimedia Speakers Z200WHを我が家の台所にも導入。
実は、治療院にセットした際に、ちょっと違和感が・・・・
色がねぇ、なんだか浮いています。
最初は気に入っていたのですが。

そこで、我が家の台所に設置しているDVDプレーヤーがお釈迦になったのをきっかけに、プレイヤーとスピーカーを取り替えることに。
ですが、なぁ~~んと、このDVDプレイヤーにはステレオミニジャックが在りません(泣)
しかたが無いので、ステレオ⇔ステレオの変換アダプタを介してなんとかプレイヤーの音源を外部スピーカへと導きました。
せっかくなのでTVの音声も外部スピーカへと思いましたが、それは端子の関係で叶わず・・・

とはいえ、そこそこの画像とかなりの音響を手に入れられたホッとしています。
ソニー DVDプレイヤー DVP-SR20 これ最低です!怒!!
2012年発売のDVDプレイヤーです。
DVDってデジタルですわね。
そんで、ソニーが出してたら、デジタル視聴を想像しますわねぇ。
2012年ったら、どう突っつこうがHDMI端子くらい標準でついてますわねぇ。
ところがこの機種、HDMIどころか、D端子もS端子も有りません。
在るのは、アナログのコンポジット出力と誰が使うのか同軸デジタル音声出力・・・・
画像がアナログで音声がデジタルって、どんだけ馬鹿にしてんだ???
こんなだったら、グリーンハウスにしとたら良かった・・・・・・・・・・・・・・
スペックを確認しなかった自分にも腹が立ちますが、デジタル家電を扱ってるソニーがこんないい加減な商品を供給してることには正直呆れました。
そりゃ、会社も傾くわ。
次から、ソニー製品買うときには中国製と同じくらいに慎重にならないといけませんね。

4千円ていどとはいえ、金をドブにすてたようなものです。
購入者のレビューでも、初期不良が盛りだくさんだったりと、ソニー何やってんだ!って商品でした。
一昨年にお財布落とした時以来の憤りでした。


執行猶予が付くんだ??
自転車の事故は、以前は罰金刑しか無かったんですって。
それ自体が法律の変なとこでしたが、それじゃいかん!ってことで道交法改正し「ながら~運転」の厳罰が決められました。
傘さし運転やヘッドホンやイヤホンで音楽やスマホなどを聴きながらの運転は禁止です。
他に、信号無視や歩道走行時の速度超過や歩行者優先無視、飲酒運転などの危険運転も禁止です。
僕自身、イヤホンで音楽かスマホの会話かをしながら運転していた自転車に何度かひかれそうになり、怖い思いもしています。

そんなおり、両耳イヤホンで人を引いて死なせてしまった案件の裁判が在りました。
法律的には、いよいよ自転車への法律運営が厳密化してきた、と報じていました。
が、それでも死亡事故で執行猶予がつくんなら、法律の運用のしかたが甘すぎますよね。
これは、例えば車を運転していて故意に前方不注意を犯した際の事故と一緒です。
自動車の場合は、それが故意でも故意ではなくても、死亡事故を起こしてしまえば交通刑務所へ収監されることがほとんどです。
よほど歩行者に原因を持たない限り、無理。
それが、同じ車両でありながら、自転車だから執行猶予がつくなんて、亡くなった方やそのお身内の気持ちを考えると許しがたいです。
車で引かれようが自転車でひかれようが、道路で非も無く事故に合い無くなってしまったことに違いは有りません。
車に対して自転車は確かに交通弱者ではありますが、人に対しては殺せるほどの強者なのです。

日々自分でも自転車を運転している人間として、反面教師として厳に気を付けようと思わせられた事象でした。

花粉所にはビタミンDが良いそうです。
免疫力アップと免疫の調整にビタミンDが大きく係わっている、という内容で健康番組で取り上げられていました。
自己免疫疾患のうち、特にいままさにの花粉症は罹患率も非常に高くより身近な病気ですね。
ビタミンDを含む食品を積極的に摂取し、昼のお日様の高い時間帯に20分程度お日様に当たって紫外線を浴びることが必要とのこと。
食品から摂取するビタミンDは、実はプロビタミンDと言いまして、まだ身体が使えない状態です。
紫外線に浴びることで、皮膚に在る7-デヒドロコレステロール(プロビタミンD3)がビタミンD3へと変化します。
この変化したものが活性型ビタミンD3で、骨代謝を上げ免疫を活性化させます。
ちなみに、骨代謝係わりでは、僕の住んでいた釧路市は日本で一番日照率が低く小児のクル病(骨の発達障害)の罹患率も全国一でした。外国だとロシアなのだそうですよ。

欧米では、日本よりも早く免疫とビタミンDの係わりが言われていたそうで、日本はちょっと遅れをとっています。
とはいえ、既に研究が進み疫学的にもデータでの裏付けも多岐に亘って済んでいるそうなので、医療現場や市販薬、サプリなどで広まるのも直ぐのことでしょうね。

食べ物由来のビタミンDは、ビタミンD2が植物由来、ビタミンD3が動物由来です。
ビタミンD3とビタミンD2になるためには、紫外線が必要です。

ビタミンD3
動物性食品(魚肉、肝臓、鶏卵など)、人の皮ふ
ビタミンD2
植物性食品(天日干しシイタケ、きのこ、海藻類など)

普段の食生活ですと、魚が一番手っ取り早く量が摂れますし、D3の方が体内でより活躍してくれるのだそうで、お魚がお勧めですね。肉類に比べても含有量はケタがちがいます。
アンキモが一番多いのですがこれは置いておいて、鮭やカツオ、ニシン、秋刀魚、鯖、マグロにヒラメにカレイやウナギと、普通に食べているお魚でも十分です。
一日摂取の必要平均量が成人で男女ともおおよそ5μg~6μg、上限は50μg~100μgだそうですが、日本人は平均摂取量が男女ともこの数字を2~3μg程度上回っているとのことで、骨代謝に関してのビタミンDは問題ないそう。
ただ、免疫活性を得るためにはこの平均摂取量では足らなくて、もう少し上乗せが必要なのだそうです。
研究では、前述の昼日中の日光浴20分と含有食品の積極摂取でことたりることに成っているようですので、極端に大量の摂取は必要なさそうですね。

骨代謝にとても強く係わりますので、過剰摂取では筋組織などの軟部組織への石灰沈着などや骨の変形などを生じてしまうとのこと。
サプリなどで摂取する際には、含有量や普段の食事の内容などをしっかり把握したうえでの使用が大事に成りますね。

お日様に当たるとメラトニンも増えて睡眠障害にも有効ですし、お散歩の習慣ができれば運動によって血液循環も促され、血管内膜の柔軟性や脳の血流増加による痴呆の予防など、様々な健康状態の向上も合わせて獲得できます。
足腰鍛えられて背骨も元気になりますしね。
やっぱり、人間は「歩け!歩け!」だすなぁ~

にゃんにゃんにゃん 2月22日は
ネコの日だそうです。
日本の猫の日実行委員会が1987年に制定した記念日とのこと。

過去に二度ほど猫を飼っていたことがあります。
最初の娘猫は黒猫ちゃんの野良猫ちゃん。
僕だけに懐いてとっても頭の良い、でもとってもお転婆なお嬢ちゃんでした。
マンションの斜めの外壁をスルスル上っていた時や、円柱形のベランダの手すりを行ったり来たりしていた時には心臓が止まるかと思いました。
5個入りアンパンを買って置いて出かけた時には、帰宅したらアンパンを全部一口ずつかじってあったりとかね。
よぉ~~~く言い聞かすと、それからはしなくなります。別のことをしますけどね(笑)
人間の言葉を理解できていたとしか思えません。

いつだか、彼女がカラスを好きに成り、でも怖いらしく電線にやってくるカラスを陰からそっと見て楽しんでいました。
かぁ~かぁ~と鳴く声に目を細めて尻尾を振って反応してたのが、とっても愛おしかったっす。
で、カラスが来なくなっちゃった時、「くぅわぁぁ~~くぅわぁぁ~~」とミルク(黒猫ちゃんの名ね)が鳴いた時には、腰が抜けるかと思いました。
それまでも、餌を上げる際に僕が「ごはんだよぉ~」と繰り返し言ってたら、彼女がお腹が空いた際「ぐわぁんぐわぁん」と繰り返していたことが有り、なんか「ご飯って聞こえるなぁ?」なんて思ってたんです。
それで調べてみたら、ネコってIQが高いだけではなく、声真似も上手なんだそうです。

彼女はドライブも大好きでした。
当時は車を所有していましたので、たまに車で出かける際に連れてゆくと、車窓からとっても興味深そうにキョロキョロと窓に噛り付いていました。
でも、自転車の方が大好きで、自転車の前カゴに載せて走ってあげるとことの他楽しんでくれます。
前かごに両手(前足か)をしっかり踏ん張って目を見張っていました。
一度経験させてあげたら、催促するようになったくらい大好きでした。
そんな彼女が「行きたくない」って言うのを無理に外に連れ出したら、ビックリした拍子にどこかへ行ってしまいました。
そのあとは、野良ちゃんに戻っちゃったんでしょうけど、元気にすごせていたのかなぁ・・・

次は、知り合いのところで生まれたアメリカン・ショートヘアーの純血種をいただきました。
この子は雄で、連れてきた当初何にもない空ばかりをずっと見つめていたので、ソラと名付けました。
先代のミルクさんとはちがい、とっても静かでのんびり屋で猫らしく無い子でした。
円柱の手すりどころか、幅6~7センチの平らな長椅子の背もたれの1・2・の・3で落ちてしまいます。
高いところへ登っては、降りられなくなります。
膝にも乗ってこず、抱いても直ぐに逃げちゃうので、甘えるのが苦手なんだと思っていたら、なぁ~~んと、耳ダニで凄いことに!!
で、お医者さんに連れて行ってダニは駆除できたのですが、その時の治療で痛い目に合ってからは医者嫌いに成ってしまいました。
それまでは、ワクチンの注射をしてもわれ関せずでまったく騒がなかったのにねぇ・・・
ダニが駆除できても、小さなころに抱き癖ができてないネコちゃんは抱かれるのは苦手のままなんですって。
ソラさんは、何かの拍子に表へ出てしまい、業者を頼んで探しましたが見つからず・・・・

初代も二代目も、我が家のネコちゃんたちはみんな逃げちゃったの(泣)

我が家は妻の妹がネコアレルギーなので、ネコを飼うと義妹が我が家へ出入りが出来なくなってしまいます。
アレルギーの程度もほとんど発作のような状況になるらしく、花粉症で苦しんだ僕には実に良く理解ができます。
それに妻も動物に触れるのが大の苦手・・・・
可愛いけど、ダメ・・・
犬を外で飼う分には良さそうですが、マンション住まいではそれも無理。
っていうか、ネコじゃないし!

今でも、僕はネコが好き。
街を歩いていて猫に出合うと「ラッキーアイテムありとう!今日は良いこと有るぞぉ~」ってテンション上がります。
飼えないんだけどねぇ・・・・めそめそ・・・・

でも、今日がネコの日で良かった。


最近の我が家の流行り
画像が無くて申し訳ありません。
無くても多分お料理がお好きな方(作るのも食べるのも)には、想像できるとおもいます。
さるお料理の本に「和風ロールキャベツ」なるものが紹介されていました。
それは、お揚げに白菜を少し先に布いてから挽肉を詰めてから、お醤油味のツユで煮込むというもの。
以前、白菜を使って洋風のロール白菜を造ったことが有りました。
これはこれで美味しいですし、そこからこの和風ロール白菜の味もそこそこ想像ができます。
ただ、肉を詰めたのだと以前造った洋風のとあんまり変わり映えがしません。

ということで、ひき肉を魚肉のすり身に変え、アクセントに小さめのエビのむき身をすり身の内に忍ばせます。
で、これを和風醤油ツユで煮込む、と。
これがねぇ、美味しいんですよ。
お揚げに包まれたすり身の合うことったら!
中身をエビのすり身やアゴのすり身に変えてみたりもしてみましたが、どれも美味しいし味が変わって楽しめます。
鮭は応用して、すり身にスキムミルクと白ワイン少々を混ぜ、アクセントにオリーブを添えてピーマンに詰め、フライパンで火を通して洋風にしてみました。

ちなみに、お揚げに詰める際はすり身は流れ出しませんので、爪楊枝で止める必要は有りません。
ピーマンの詰め物は、器代わりのピーマンはひっくり返すとピーマンが開いてしまい中身が出ちゃいますので、けっしてひっくり返さず熱を通してくださいね。

まだやっていませんが、お揚げの詰めたのは、タレに片栗粉などでトロミを着けてやっても美味しいでしょうね。
お弁当には、煮込みタレの味を少し濃くすると良いですよ。
白菜は有った方が楽しめますが、無くてもしっかり美味しいです。
ご飯にもお酒にもあいますよぉ~~



グルメシティ三河島店跡地 工事進捗状況
平屋建てとはいえ、けっこうな大きさの建物なのですが、基礎工事はまったくのベタ基礎のようです。
ここ数日のことです。
土地を平らに均したなぁ~と思ったら、直ぐに溝を切って基礎になるコンクリを流し込んでいました。
地盤にコンクリ柱を埋め込んだり、掘り下げて強固な地盤を地下に造ったりとかが大規模建築では一般的ですよね。
ベタ基礎が変だと言ってるわけではないんです。
良く見るのは、戸建ての建築ですね。
上物(家屋の基礎から上の部分)がごく軽ければ、基礎を簡便に済ませても上物の重さで部分的に陥没したりはしません。
ゆるい地盤にベタ基礎を施工し上物が重いと、重さの偏った部分や地盤のゆるい部分などだけ陥没してしまい、建物が傾いてしまいます。

以前住んでいた町屋の賃貸マンションは、重量鉄骨造りの地下1階地上5階建ての物件でした。
その4階にほぼ新築から10数年住んでいましたが、後半は全てのアルミサッシに狂いが生じて、サッシの調節機能では追い付かず隙間風に苦しめられました。
これは、つまり前述の通り上物の重さに対して基礎の造りが甘かったために、部分沈下をしてしまい建物に歪が生じてしまったためでした。

しかし、つまりは上物にみあった基礎であれば問題が有りませんので、きっと軽い建材を使用するなり大きな建築物とはいえ、何か最新の工夫があるのでしょうね。
でもねぇ・・・・溝を掘っただけの土に直接コンクリートを流し込んだところを目の当たりにするとねぇ・・・・ビックリポンだす!よ。
あんなんでしっかり水平とれるの?と思っちゃいますが、日本の建築技術は世界でもトップクラスですから、素人が心配するには及ばないのでしょうね。
とはいえ、刻々の変化を見られるのは楽しいです。


足の指の痛み
みなさん、足の指特に親指の付け根の痛みで何を想像するでしょうか?
ちょっと病気に詳しい方ならば、足の親指の付け根の痛みだと“痛風”が一番最初に思い浮かびますよね。
でも、女性なら?
末端の指の痛みやこわばりだと、リウマチでしょうか。

僕は、過去に歩けないくらいに痛んだ足拇指の痛みを経験したことが有ります。
しゃがみこんだ際の親指の痛みったら・・
ずいぶん前のことで、15年前くらいだと思いますが、あんまりに痛すぎてカイロのセミナーで知っていたことには思いが至りませんでした。
だって、だってね、背骨の神経への影響がこんなにも酷い痛みに結びつくなんて思いもしなかったんですから。

実はこれ、仙腸関節の不具合からくる神経の過敏症なんです。
全部が全部じゃないですよ、もちろん。
いろんな検査をしても判明しない痛みは、背骨由来の確率が高いということです。

開かずのベランダ
我が家は夫婦二人とも花粉症なので、花粉症の飛散時季はお洗濯ものは部屋干しで、原則空気の入れ替えも窓やベランダは開けずに過ごします。
ベランダを開けるときは、外に出して在る泥ネギやリンゴなどの冷蔵庫に入れなくて良い程度の野菜や果物を取り入れる時だけ。
空気が淀みそうですが、そこは大丈夫。
我が家は全熱交換の空調システムが備わっていますので、冷暖房と同時に換気も行えます。
そもそも、今住んでいるこのマンションを選んだのも、当時酷かった花粉症を考えてのことでした。
長谷工の施工したマンションに多いのですが、低風量で全室に高性能なフィルターで換気され綺麗で温度調整がされた空気を供給し、汚れた空気は排出してしまうという、換気と温度管理が同時に行える空調のハイエンドマシンです。
長谷工では「空気博士」と称しており、設置当初は東芝の製品・管理となっておりました。
ここで、“おりました”としてあるのがミソ?で、実は東芝はこの製品から手を引き新しい製品からは日立製となるそうです。
ただねぇ~ 今現在では家庭用エアコンでも同じ仕組みを備えているものも出てきていますし、何しろランニングコストが通常エアコンに比べると段違いに高い。
そもそもの電気料金自体がかなり気を付けても5~6千円は上回ります。
そして、換気に関わるフィルター群が交換するだけで年に1万円以上。
2~3年に一度専門のアフターケア(分解清掃など)をお願いすると、その度に2~3万円がかかります。

とはいえ、軽くなったとはいえ夫婦で花粉症の我が家では、たしかにありがたいシステムです。
2020年には、東芝の修理が終了してしまいます。
入れ替えるとなると、50~70万円・・・・
さぁ、どうすっかなかぁ・・・
快適さや物件の資産価値を考えると、空気博士の入れ替えが良いのですよねぇ。
単純にコストだけ考えれば、市販の空調に入れ替える方が安上がり。

この葛藤は、あと数年はかかることでしょう。
とはいえ、どっちに転んでも、我が家の春はGW明けしばらくまでは、窓・ベランダは締め切りです。

以前住んでいた簡易24H換気空調の家だと、換気口のフィルターの手配もままならず、音も冷気の侵入にも困らせられました。
今のマンションでは、その悩みは皆無ですが、苦しんでいいらっしゃる方々も多いでしょうね。
簡易24H換気システムでは、寝る時や換気が必要ではない時は、システム自体を落として(止めて)しまえば良いのですよ。
それだけで、暖房効率も上がり、寝室の冷えは治まります。
音はちょっと困りますよね。
外の音が聞こえるってことは、逆に中の音は外に漏れるってことでもあります。

こういう悩みから解放されている我が家はとっても快適なのですが、さてさてこの先どうなることやら。
解決したら、また報告しますね。




インフルエンザが冬はやる理由
米国Atascadero州立病院のJohn J Cannell氏等らがVirology Journal誌に報告したものによりますと、「ビタミンDがインフルエンザの予防に有効」とのこと。
インフルエンザの流行のパターンを調べていたのですが、そのパターンをよく見ると、「ビタミンDの欠乏と強い関係がある」との結論に至ったのだそうです。
呼吸器系の感染はビタミンDの低下により起こることが知られています。従って、以上を考え合わせると、1日2,000国際単位のビタミンDサプリメントを摂れば、インフルエンザの予防が可能である、と述べられています。

ちなみに、インフルエンザウイルスの流行は他の感染症の流行とは異なり、次のような不可解な点があるのだそうです。

何故、インフルエンザは季節性で、世界中の至る所で発生するのか?
何故、インフルエンザの流行はそんなに爆発的なのか?
流行はほぼ同じ緯度の国々で、何故、同時に起こるのか?
昔は輸送手段がなかったにもかかわらず、何故世界に早く広まったのか?

ビタミンDは、太陽光を浴びることが必須です。
ところが、冬は太陽光が弱く、また寒かったり、天気の悪さで外に出ることが少ないなどのため、ビタミンDの体内量が低下します。それが冬にインフルエンザが流行する理由で、ビタミンD欠乏症の季節変動とよく一致しているとのこと。

僕は釧路に4年間住んでいましたが、なにしろ一年を通して天気が悪い。
高校卒業まで住んでいた網走地方に比べたら天と地ほどの差があります。
僕が滞在していた頃は、一年の最高気温が6月か10月に出るほど夏が寒いし曇りか雨。
そして、こちらの梅雨時期を前後長くした期間に濃霧に見舞われます。
こんなところですから、全国で一番日照時間が短くそのためクル病(成長しきれず背が伸びない病気)も日本で一番多かったですよ。
ということは、釧路はインフルエンザが流行りやすいんでしょうねぇ・・・・
あ!逆にクル病の予防にビタミンDを積極摂取する習慣があったりして?ねぇ。
シラス、ニシン、鮭、筋子、イクラなどがダントツに多く、たたみイワシなどの加工品も同様に沢山含みます。
他にもウナギや白身魚、青背のお魚などにも有る程度含まれています。
魚類以外だとキクラゲがダントツに多く、干し椎茸にも少し含まれてます。

インフルエンザの季節は、これらの食品をたくさん食べて日光にあたるのが良いようです。
表に出たら、手洗いウガイ洗顔もしっかりね。





AB型は病気にかかりやすい??
ぼくは血液型がAB型です。
ちょっと変わった性格だとか言われて「確かになぁ~」と変に納得してたりします(笑)
自分的には、別に嫌いではありません。
が・・・・なぁ~んと・・・・血液の歴史でもっとも新しく、獲得している耐性が血液型の中でもっとも少ないんですって。
しかも、白血球に含まれている免疫に肝心なリンパ球の割合も、血液型の中でもっとも少ないんだそうです。
掛かりやすい病気がこれまた困ったことで・・
梅毒!?まあ、その手のリスクが在ることには近寄らないですから、関係ないんですけどね。
他には、この時季もっとも困る「インフルエンザ」・・・
やめてよねぇ~~~ 
しっかり予防しているつもりでも、年末年始に喉の痛くなって咳の出る風邪引いちゃいましたしねぇ・・
人の集まるところには、行かない方がよろしいようで。

でもねぇ、悪いことばかりでもないらしいです。
特異的にコレラには強いんですって。
そんで、良いのか悪いのか解りませんが、AB型は自然抗体を持たないのだそうで、体質の合わない食べ物が無く、食べ物に対するアレルギーが出にくいのだそうです。

私個人に関しては、中学生の頃にクジラの生肉で蕁麻疹を出し、21歳の時には過労からアルコールで蕁麻疹を出し、今は花粉症と消炎解熱剤の薬物アレルギー。
でも、まあ正真正銘の食べ物のアレルギーはクジラだけか。
そいえば、他の食べ物でアレルギーが出たことは無いと言えばないっすね。
花粉症も、近年自然に減感作も進みましたし、小麦と悪い油脂の摂取制限でずいぶん改善してますしねぇ。
親兄弟がみな喘息持ちのアレルギー体質なので、自分もアレルギーは仕方がないと思っていましたが、根本的には違ったんですねぇ。

人間ってまだまだ判んないことばっかりです。
勉強べんきょう。


水曜どうでしょ
昨年からはまっているのが、大泉洋の「水曜どうでしょう~」です。
東京だとMXTVで放映されています。
視始めたころはカナダの川下り(上りか?)で、皮膚に掛けちゃいけない虫よけスプレーをあろうことか、タマタマ袋と肛門周辺にたっぷりと噴霧し、ビニールを溶かすと言われて大急ぎで川で局所を洗っていたなんて笑い話がてんこ盛りのお話でした。
しかぁ~~~~も、このお話はなんと罰ゲーム!?
この後から放映された日本の甘味対決国盗りゲームで勝てば楽天地ハワイロケ、負ければカナダの川下りってことなのでした。
甘味対決国盗りゲームも、安田顕の鼻から牛乳事件などで大いに盛り上がり、しかも途中から甘味対決ですらなくなる、なし崩し的な水曜どうでしょう~的展開に捧腹絶倒!

そして、このところは、四国八十八か所を車で二泊三日程度で巡ってしまおうという試み。
そこで、このメンバーの難点がいっぱい出てきます。
まず、泊まるんだったら宿を満喫しなくては!という浅はかな野望。
そして、行く先々で買い食い。
そして、間に合ってしまい症になると・・・・うどん・・・・
こいつら、終える気があるか?
だって、今回のシリーズで3回目だぞ!
毎回、受験生に謝っているぞ!
それで良いのか?なぁミスター(所属事務所の社長けん出演者の鈴井くんね)

とにかく、この番組は出てる人たちの本質がよぉ~~~~~~く判る楽しいTV番組です。
藤村Dのナレーションが大好きで、最近妻との会話が藤村D調に陥ってしまい、我ながらちょっと困っています。。。
鈴虫ぃ~だからなぁ~ (けっこう若大将の歌が似ている) 返す大泉君も てめぇがゲンゴロウだからだろうぉ~ とやり返す。

社長鈴井貴之が、良い味をだしています。
僕のふるさと斜里町のローソンを舞台にした「銀のエンゼル(2004年、主演:小日向文世)」を監督した、俳優・タレント・監督・脚本・放送作家・プロダクション社長という、マルチに才能を発揮する鬼才です。

この番組は、まるで同級生と世界各地や日本全国を修学旅行しているような、果たせなかった冒険をしているような、ちょっと心に汗を(涙を)掛けるような、しみじみとした嬉しさがあります。
先々が楽しみです。


鉄路 スペインと日本
今、毎週土曜の夜に楽しみにしている“美の巨人たち”を観ています。
今日は、スペインの3つの駅。
マドリッドのアトーチャ駅
マドリードの南、約70キロにあるトレド駅
3つ目は「世界で一番美しい廃墟」といわれたカンフラン駅(ピレネーの貴婦人)

アトーチャ駅、正しくは旧・アトーチャ駅は現在植物園になっているそうです。
褐色のレンガと正面のアーチ状のガラスと鉄骨が特徴のとても優雅な駅です。

トレド駅は、イスラム教とキリスト教の建築様式が融合した「ムデハル様式」の建物。
侵略によるイスラム教の影響が、建築物にも残っています。

そしてカンフラン駅、世界で一番美しい廃墟とも言われています。
とっても細長い駅です。
150の扉が横にずらっと並んでいます。
溜息が出るほどのアールデコ調のシックな駅です。
スペインの公共事業で初めての鉄骨を使用した屋根をもちます。
ここは、フランスとスペインの国境に接した駅なのです。
ですから、横に平べったくなが~い建築物となっています。

スペインは、山が多くカーブや高低差を克服するためと、外国からの侵略を防ぐためにスペインの線路幅は他のヨーロッパとは異なります。
線路幅を広く取って安定させたために、ヨーロッパの他の国と標準が違ってしまったために、一時鉄道事業が遅れを取ってしましました。
そのハンデを克服するために、線路幅に応じて車両の車輪間隔を変更する技術を開発し、一気に世界の技術水準に追い付いてきます。
そして、今では総延長16,000キロを持つ高速鉄道大国となっています。
ちなみに、日本はJRだけの総延長でも20,000キロのスペインを上回る鉄道大国です。

今日の放送でスペインの車両がいくつか映っていましたが、日本の新幹線でおなじみのカモノハシ車両もありましたよ。
ローカルも新幹線もやっぱりヨーロッパのは洗練されてますなぁ~
とはいえ、最近の日本のデザインもなかなか良いとおもいますぞ。

山あり谷ありの困難な状況はスペインも日本も同様で、やっぱり困難を乗り越えたところに “美” と “匠” は現れるのかもしれませんね。

それにしても、石造りの建築物は重みが凄いなぁ~





水は喉(のど)が渇く前に飲む!
この時季、特に気を付けなくてはならないことは、脱水です。
夏は熱中症の予防に欠かせないことと知られてきましたので、さほど喉が渇かなくても給水の習慣が出来てきました。
ですが、実はこの乾燥する冬こそ給水に気を付けるべきなのですよ。

先日の健康番組で、脱水から生じるプチ脳梗塞の危険性を報じていました。
極端なダイエットや大量飲酒を繰り返すこと、運動習慣が在るのに水分補給を気にしない、などなど。
これらは常に身体の脱水状態を招きます。
また、今の乾いた時季に水分補給をおろそかにすると、これらの危険因子と同様の状態を招きます。
脱水は血液のドロドロ循環障害を生じるのは容易に想像がつくと思います。
夏と違い、暑さからのノドの乾きをまったく感じない冬ですが、一年を通して(特に東京は)すごく空気が乾いています。
ですから、冬はちょっと油断をすると直ぐに脱水症状に陥ってしまいます。
ドロドロ血は、全身の酸素の欠乏や疲労物質や不要なものの排出を妨げたり、動脈硬化の原因にもなりますし、脳の血流不足は海馬の機能低下を招き、痴呆へまっしぐら!

背骨の改善も血流が良くないと進みにくいです。
ノドの乾きを自覚できにくいこの時季は、意識して一日2ℓの水分補給をを心がけてくださいね。

オデッセイ観てきました。
主演:マット・デイモン(ボーンシリーズなど) 共演:ジェシカ・チャステイン(ゼロ・ダーク・サーティなど) クリステン・ウィグ(LIFE!など) その他 クリステン・ウィグ、キウェテル・イジョフォー、ジェフ・ダニエルズなどが共演しています。
ちなみに、邦題のオデッセイは長い旅路の意味だそうです。

なぜ~か中国が協力国として出てまいりますので、中国系の俳優さんたちもちょこっと出てきますが、演技というほどの出番ではないので、役者さん(というか演技力)はまったく気にしなくてだいじょうぶ。
NASAにもアジア系の方がけっこう中心人物としてでてきますが、こちらは逆に良い味だしています。

ストーリーは、TVで流れている予告の通りに火星に取り残されたマーク・ワトニーの運命やいかに?!
ということに尽きます。
何で置き去りに?というのは、映画の冒頭に直ぐ出てまいります。
そして、主人公が生命を永らえられる要因もそこで判明します。
色々な困難を乗り越えて、最後の最後に大ミッションが~~~~!!!!どうなる?デイモン!
ってことなのですが、地味なんですよねぇ・・・
まず、メインになる場所があの荒涼たる火星。
そしてもう一つの主な場面はNASA。
最後が、デイモンを置き去りにした火星探索の母船。
この3個を行ったり来たりするだけのシーンが延々と続くのですから、見た目がすっごく地味。
宇宙船にしろ火星の基地や乗り物などにしろ、現実味が在るのは生々しくて悪くないのですが、とはいえ、全然斬新なものがでてきませんので、つい先日スターウォーズ7観たばかりなのも手伝って(こっちだってロートルだけどね・笑)堅実だけど、地味。
テンポも良くない。
火星でデーモンが待つ、NASAでは救出用の宇宙船が出来るのを待つ、救出のためのアイディアを待つ・・・
待つ、が多すぎて、こちらから迎えに行きたくなっちゃうくらい、待つ。
つまり、切羽詰まっているストーリーのはずなのに、テンポの悪さがダラダラした感じの時間経過を感じさせてしまう。

ストーリーのそこここに、小さな工夫やアイデアが有ってまあまあ楽しいのですが、全体としてはパッとしませんなぁ。
この映画のストーリーのキモである最後のNASAの決断が在るのですが、僕だけではなくけっこう沢山の人が「そんなの初めからやっとけよ!」って思うのじゃないかなぁ?
ロードショー掛かってますので、ちょっとだけヒントを上げるとそれは「引き返す」 です。

この手の映画では、過去にこのブログでも書いた「インターステラー」アン・ハサウェイ主演の方が数段面白かったですね。
考えてみれば、インターステラーは、ほぼ宇宙船しか映りませんし登場人物も二人だけ。
地味という意味では、こっちの方が圧倒的に地味なはずなのに、圧倒的にこっちの方(インターステラーね)が面白かったのは、やっぱり臨場感とか作品のテンポ、脚本の上手さが数段上なんでしょうねぇ。

とはいえ、マット・デイモンのマッチョな身体がどんどんヤツレて行くさまや、そんなことして本当に大丈夫?!?!というような細工があちこちに散りばめられていたり、デイモン・NASA・母船との緊迫の遣り取りは面白いですし決して、つまらない、ということでも無いのです。そこそこ楽しめます。
まあ、A級とB級のハザマみたいな映画でしたね。

ちなみに、もともとのタイトルは『火星の人(The Martian)』で、国際海洋法では、最初に作物を栽培した人がいた場所は植民地だとか、いろいろと火星にまつわるプチ知識も出てきます。
とはいえ、オデッセイというのはあくまでも邦題ですが、日本人ってかなりロマンチストなんでしょうね。
ダイレクトに“火星の人!”って言われるのは確かに僕も抵抗が在ります。
他の映画も、かなり邦題と原題が代わっていますもんね。

インフルエンザ
今季のインフルエンザの流行はかなりずれ込んで、この2月がピークのようですね。
医療機関の統計が跳ね上がっています。
今季のインフルエンザはたちが悪くて、B型は長引いて一週間以上苦しむとのこと。
また、溶血性連鎖球菌(溶連菌)の同時感染がすさまじく、突然喉に激痛が生じて同時にインフルの症状も!
普通に流行るインフルエンザは、治療が間に合えばタミフルやリレンザなどでウィルスの繁殖を抑えて熱2~3日程度で治まるとその後は劇的に症状が改善します。
それからみると、今季のインフルはかなり性悪ですよねぇ。
予防が大事なので、一番は人ごみに行かない、帰宅時のウガイ・手洗い・洗顔を徹底する、などが定番ですね。
他には?と言いますと、なんと「鼻歌を歌う(ハミング)」ことだそうです。
見逃しがちなのですが、鼻から息をするわけですから、そりゃ鼻腔もウィルスをいっぱい吸い込んでいるわけです。
マスクを使用しても、風や装着のしかたなどでどこかしらから侵入されてしまいます。
一番取り切れないのは鼻腔。
ですが、この鼻腔のウィルスは、前述の鼻歌(ハミング)で吹っ飛ぶそうです。

今が花粉症の始まりと考えますと、花粉を除くためと思っていなくても、花粉の除去に使用している鼻洗いスプレイなどにより、洗い流している方も多いかもしれませんね。
インフルエンザも花粉症もまったくありがたくありませんが、両方に共通の自己治療が使えるのはありがたいですね。

咳やくしゃみが長引きますと、腹圧で背骨がゆがみますよ。
みなさんお気を付けを~~~


マウスって進化してるのですね
エレコムML-S10DL Series

ノートPC用のマウスが一部不具合がでていてこの2年くらい使いづらさを辛抱していましたが、さすがに辛抱たまらなく成ってしまいました。
それと、XPERIAタブレット用にもブルートゥース仕様のマウスも欲しかったので、本日両方を上野ヨドバシさんへ購入に赴きました。
タブレット君は、サンワダイレクトの2千円弱の実売価格でしたが、こっちもコスパなかなか良いです。
ただねぇ、タブレットの側のポインタースピードの調整の仕方が判らん ( ;∀;)
マウスパッドを変えてみましたら、けっこう改善したのでパッド次第なのかな?

ノートに画像のレーザー(ウルトラじゃない方ね)マウスを繋いでみましたら、これが使いやすい。
まず、クリックボタンが軽い。
変に華奢で弱弱しい感じではなく、軽快な感じ。
手首を小指側に落とし込むような捻りが自然と生じるデザインになっていますので、疲れにくさも期待できます。
しかも、今まではマウスパッドを使わなければテーブルの上では動きにくかったのが、まったく問題にしません。
デスクトップでもレーザーマウスを使っているのですが、5~6年前のものだからかこのマウスのようには軽快では有りません。
マウスパッドが少し汚れただけで反応が落ちてしまいます。
パッドをアルコールで洗浄しても少ししか変わらず・・・・
安いしデスクトップのマウスも同じのに変更しようかなぁ~

それにしても、PCの進化は凄いですね。
スーパーボウル 第50回!!!!
2015~16のレギュラーシーズンの締めくくり、第50回スーパーボウルが日本時間の今日午前8時30分過ぎに行われました。
QBキャム・ニュートン率いるキャロライナ・パンサーズ VS ペイトン・マニング率いるデンバー・ブロンコスの対決です。
新進気鋭のモバイルQBニュートン、頭脳と正確さのベテランQBマニング。
大方の予想は、パンサーズの大きな優位を語っていました。
僕の予想は、50:50。
ニュートンは、今季のQBの中でダントツに素晴らしい!でも、スーパーボウルは初出場。
マニングは、経験豊富だけども怪我多数に引退間近のロートル。
どっちのチームもディフェンスが素晴らしく、オフェンスラインも素晴らしい。
そうすると、結局QBバッキングが上回った方が勝つのだろうな、と思うのです。
両QBともにセンスも技量もぴか一です。
若さが勝つか、経験値が勝つか!どちらとも言えますが、正直に言えばニュートンが初のスーパーボウルの雰囲気に呑まれなければニュートンの方に分が少し有るように思うのですが、アドレナリンだけでは何とかならないくらいの状況に陥ることを考えれば50:50だろう、と!

ニュートンの父セシル・ニュートン・シニアも元NFL選手で、セイフティとしてダラス・カウボーイズでプレイし、兄のセシル・ニュートン・ジュニアもセンターとしてジャクソンビル・ジャガーズ、ボルチモア・レイブンズに所属したNFL選手で、NFLファミリーです。
自身は、フロリダ大学で2年間プレイした後にオーバーン大学へ編入し、オーバーンでエースQBとして活躍し、ハイズマン賞を受賞。
1月にはオレゴン大学とのBCSナショナルチャンピオンシップゲームに勝利し、14戦全勝で全米王者に輝いた凄い実績を持ちます。
(フロリダ大学時代には、ちょっと耳を疑うような事件を起こしてもいるのですけどね)
走れて投げられて、大学時代から大舞台を経験している、かなぁ~りふてぶてしい位に落ち着いている印象です。

対するブロンコスのペイトン・マニングは、もともと自身がヤードを稼ぐようなモバイルQBとは正反対で、若かった頃はパスだけって言っても良い位に凄腕のパサーでした。
後半(特に近年)は、パスもしっかり使いますが、RBやラインを上手に回して相手を翻弄するのが凄く面白いQBになりましたね。
オーディブル(QBがセットの後に作戦を変えること)を頻繁に、というかほぼ毎回行うこともその一環ですね。
これねぇ、観てるほうもドキドキしますけど、やってる同僚の選手たちはかなり頭を使うでしょうし、マニングへの対応はもの凄く大変でしょうね。
マニングは首のヘルニアや両足の怪我(今季は足底腱膜の断裂)を克服しての活躍には、頭が下がりますが、カイロプラクターとしては、もう身体がちゃんと動いているうちに引退して欲しいです。
でも、もう一人の僕は来期も観てみたいんだけど・・・・

さて、肝心の試合ですが、もう守備が両チームとも凄い!
パンサーズの攻撃が第1クウォーターでは、まったく歯が立たずニュートンも良いところなしです。
これは、ニュウートンのパスが上ずっていたのでも判りますが、とにかくブロンコスのディフェンスが凄い。
ときおり、要らないファール(汚くののしるとかね)何かが有ったとはいえ、それでもすごい。

第2クウォーターの後も、ニュートンの良さがほぼ出ません。
サックを受ける際にファンブルしてしまったり、有りえないようなインターセプトを喫したり・・・
波に乗れそうになっても、ブロンコスにインターセプトをくらったりで、結局レギュラーシーズン・プレイオフの良さは半分も出なかったように思えます。

計7サックを浴びせ、4ターンオーバーを奪取したブロンコスの守備陣の大暴れにより24対10で勝利を収めています。
守備の試合を象徴したのが、MVPに2.5サック、2ファンブルフォースのラインバッカー(LB)ボン・ミラーが選出されていることですね。

ペイトン・マニングは、身体の故障と年齢から来期の引退がどうなるかが話題ですね。
ニュートンはパンサーズのメンバーが数年は最強のまま変わらないことを考えれば、来期以降もプレイオフの常連は間違いなしで、次のスーパーボウルが待ち遠しいです。

個人的には、ロートルQBマニングに勝ってほしかったので、良しよし。

ハーフタイムショーはまだ観ていませんが、今年はコールドプレイとビヨンセなどの共演となっていますので、こちらも楽しみです。
それにしても、ハーフタイムショーがノーギャラって未だに信じられませんねぇ。
今回は、50回記念で歴代スーパーボウルMVPが第一回目から次々登場しました。
ジョーネイマス、ロジャーストーバック、モンタナ、ライス、凄いっす!全部本物がうごいてる!
笑ったのは、ペイトリオッツのQBブレディが登場した際の会場のブーイング。
はっきりしてるはなぁ、アメリカのフットボールファンって。
守備が活躍してくれる試合は、華やかさは無く成ってもとっても味わい深い面白~い内容になるので、かなり好きです!(^^♪




そろそろ花粉症シーズンですねぇ~
耳鼻科の先生には、毎年節分が目安ですよ、と言われていましたので、今月3日にお薬を頂いてまいりました。
一昨年からいただいている点鼻粉末剤のエリザスは秀逸です。
まず使用時に刺激がまったくありません。
液を噴霧する点鼻薬は刺激が強すぎて、使用した途端にくしゃみが止まらなくなりました。
この粉末剤はそんなことは一切ありません。
というか、使用感が皆無なもので、本当に使えてるかが時々不安になるくらいです。
昨年は、この粉末剤だけで2月いっぱいを乗り切れましたが、今年はちょっと早めに花粉が飛び出したようで、今日あたりは少し胸がザワザワして鼻水が少々。
もしかしたら風邪かもしれませんが、今日からアレロックを夜だけ服用することにしました。
使用初めの2週間くらいは眠気がけっこうでますので、日中の眠気を避けるためには予め夜だけ飲んでおくと体が慣れてくれるかなぁ?って期待もあります。

花粉症の症状が一番ひどかった10年ちょっと前は、セレスタミンを飲んでも症状が治まらず、一日にティッシュを何箱も空にしてたりしました。
それが年数が進むごとに自然に減感作が進んでくれて、10年前くらいからはアレロックだけ飲んでいればセレスタミンが要らなくなりました。
もちろん、発作のような酷い症状もまったく出なくなりました。
起床時に少しクシャミがでる程度ですね。

そして、このブログで度々書いている通り、小麦の摂取抑制とω3系の油の摂取、ケミカル抽出の油脂の排除によって、さらに花粉症の症状を抑えることができています。
妻も花粉症ですが、小麦を回避して迎えた最初のシーズンで薬が不要になりました。
今年のシーズンは、昨年同時期よりも肥満の解消が出来ている分、内臓脂肪ゆらいの炎症作用も少なく成っていますので、更に楽に成んないかなぁ~って期待をしていたのですが・・・
今日の感じだと昨年と同じくらいかもしれませんね。

とはい、減感作がそこそこ進んでいた時期でも、1月末には薬を飲み始めていましたので、節分過ぎに半量の服用なら御の字ですね。
薬が良く効く人は食べ物を気を付けることもあんまり必要有りませんが、逆に症状少しで薬を服用しない人はヒスタミンを多く含む食材は避ける方が良いですよ。
青魚(特にサバ)や緑黄色野菜になります。
特に魚は鮮度が落ちるほどヒスタミンの含有量が増えますので、しめ鯖や干物などは止めましょうね。
水槽で泳いでいる魚を使用する、活け魚料理だとヒスタミンを含んでいませんので大丈夫だそうですが、そんな機会はめったにありませんからねぇ。基本、避けましょうね。

腸の調子を整えておくのも大事です。
免疫の6割が腸に集まっていますので、腸の調子が良ければ免疫機能がちゃんと働きやすいといえます。
自分に合った乳酸菌(ヨーグルトとかお漬物とか)やレンコンやバナナなどのオリゴ糖を含んだ食材を多めに食するのが良いですよ。
カイロで背骨が快調になると、自律神経のバランスが良く成り、こちらも免疫の調整に役立ちます。
肩こりや腰痛をお持ちの方は、カイロもどうぞ!



思わぬのところで
荒川区役所 ゆべし

「ゆべし」です。
画像でも判りますが、会津のゆべしです。
今日、用事が有って荒川区役所へ赴き、帰りに地下の食堂を覗いてみました。
荒川区役所のレストランさくらに行ったことが無かったものですから、ちょっと覗きに。

レストランは営業はしていましたが、ラーメンとカレーライスだけ。
ちょっと小腹は空いていましたが、そこまで食べられるはずもなく。
でも、ほとんどのメニューが500円前後で嬉しい価格設定ですね。
区役所の職員さんたちの社食と考えれば、この価格も安すぎるというほどでは有りません。
職員さんと一般利用者で、職員さん割引があっても良いですよね。(確認していませんが、無ければ設定して欲しいですね。)

そのレストランの入り口手前に、なぜぇ~~か「ゆべし」や野菜を売っていました。
妻が大好きなので、迷わず購入。
くるみ味とじゅねん味の二つが有りました。
くるみは胡桃。
じゅうねんは?
こちらは、柴田カイロには慣れ親しんだω3系の荏胡麻のことだそうです。
購入に先立って、応対してくださった職員さんから試食を勧められ、ありがた~~く頂きました。
どっちもとっても美味しいです。
じゅうねんの方も、進めてくださった職員さんの言う通り、荏胡麻のプツプツ感が楽しいです。

思いがけず、美味しい甘味に出会えて、今日の休日は楽しかったで~す。

PC用マルチメディアスピーカ
ロジクールスピーカ

いきなり画像から入りましたが、治療院の新PC用スピーカです。
昨日(H28年2月2日)いきなりPCが静かに成ってしまいました。
今までにもコントローラで電源を無意識にオフしてたり、本体を動かしているうちに電源の接続が不安定になってたりとして、たまぁ~にあったので、今回もか?とあちこち診てみましたが、今回はどうやっても電源が入りません。
諦めて、新しいスピーカを購入することにしました。

ちょっとウェブで見てみましたら、最安値が300円台????
なんだこりゃ?まあ、いくらPCの音源とはいえ、たまには音楽データも再生しますし、そこそこの音質は欲しいです。
でも逆にBOSEみたいなところまでは求めませんから、まあそこそこにコスト&パフォーマンスの良いものが有るかなぁ、ってことで。
ヨドバシカメラさんのサイトで検索かけてみましたら、2千円~4千円くらいで豊富に揃ってます。
こりゃ行ってみっか!と壊れた当日に上野ヨドバシへGO!!

壊れちゃったのは10年以上前のTDKの2.1chで、サブウーハーが付いてましたので、すっごく重低音が効いていました。
これは、自宅の大画面TVの音響効果として以前使用していたものを、ネイムオーディオとタンノイのコンビを頂いた際に治療院に持ってきたものです。
ですが、治療院では別に重低音は必要なかったので、サブウーハーは実は邪魔者。
なにしろ、でっかかったしねぇ。
で、今回はサブウーハーの無い2chで音の良いもの。

とはいえ、実際に音を聞けるわけでもなく、棚に並んでいるスピーカたちを眺めていましたら、この価格帯のほとんどを占めているメーカーがサンワサプライとエレコムばっかり。
よくよく見ると6千円台のJBLが・・・・
ちょっと頑張ってこれにスっかなぁ~ともうちょっと見まわしてみましたら、
ロジクールの Multimedia Speakers Z200WH が!
本当は、JBLのが良いのですが、PCにはもったいないでしょ。
って、かなり妥協して買ったつもりだったのですがぁ
これね、なかなか良いですよ。
前のTDKに比べると高音の透明感や伸びはまずまず、低音もTDKほどでは無いですが、きちんとズンズンきますよぉ~
本格的に音楽を楽しもうとすると、ちょっとこもった感じになりますが、それでも手持ちのCDラジオよりは数段好音質です。

デザインも綺麗な白が映えてますし、PCにはちょっと大きいとはいえ形もシンプルで素敵です。
試しにイーグルスのホテルカリフォルニアを聞いてみましたが、しっかりと臨場感を感じられました。
聴きながら、デスクワークをしていましたが、気持ちの良い音を感じながらの仕事は楽しいですね。 
プロボウル
2015~2016シーズンのNFLオールスターゲームが日本時間2月1日に行われました。
以前はカンファレンスごとの選出で、AFL VS NFL という対戦だったのですが、スーパーボウルに出場できない不満?からか試合の内容に真剣さが視られず、2012年シーズンの試合では、あまりにも酷い内容に、コミッショナーが廃止も検討したほどにダラケテいました。
僕も、毎年TV観戦をしていたのですが、正直プロボウルを面白いと思ったことはほぼ無かったですねぇ。
怪我をさせないように、という思いやりは判ります。
シーズンの最後に怪我をさせるわけにもいきませんからね。
とはいえ、ラインがヨタヨタ押し合いへし合いしてる構図は面白くないです。
ランを止めようとするとラッシュになりますから、結局パス中心の大味の点の取り合いに成ってしまいます。
ちなみに、この12年シーズンの59-41という大味な試合内容が物語っています。
AFL VS NFL という地域対決の極みとも言えるところが、実際はあんまり功を奏してはいなかったのでしょうね。

これらの事情を何とかしようと、近年は往年の名選手を名誉監督に据えて、投票で選ばれたオールスター選手をこの名誉監督がカンファレンスに関係なく、ドラフトするという手法を取り入れました。
AFL VS NFL という構図が崩されたせいか、日ごろ気になる選手同士がしかも同じチームやポジションまで攻守入れ替わったりして、たぶん観てるほうだけではなく、やってる方も真剣に楽しめる内容になっているのでしょうね。
それに、マイケル・アービンとジェリー・ライスというWRの神様二人に“監督”されてたら、ダラダラした試合はできませんはねぇ。
次は、ジョー・ネイマスとジョー・モンタナにお願いすると、もっと真剣になるかもね(笑)

今回のプロボウルは、とっても面白かったです。
普段は守備の選手がWRで出てきたり、試合の最初は両チームともトライフォーポイントが2ポイントだったりとかね。
なんといっても、楽しく真剣にきちんと試合を進めていたのがとっても面白かったですよ。
以前の面白くなかったプロボウルでは、ゆるい内容だったからか、感動できるようなプレイもあんあまり有りませんでした。
ですが、制度改革をしてからは、どの選手も生き生きと動きプレイも切れています。
この日もイーライ・マニングやウィルソン、ブリッジウォーターの積極的なプレイで心躍りました。
自分的には、ブリッジウォーターのプレイが気に入りましたが、イーライの頑張りも楽しかったですね。
とはいえ、勢いで行っちゃうプレイだとアクシデントも多いようで。
インターセプトもいっぱいありましたぞ。

でもねぇ、やっぱりイチかバチかの試みを観るのも楽しいものですよ。
49VS27でチームアービンの勝ちでしたが、どっちが勝っても負けても観ててとっても面白かったですよ。
内容を変えてでも継続してくれたNFLに感謝!! (^^♪

来週の月曜日は、ついにスーパーボウルだ!!!!!!!