FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



7月16日(水)
都合により、午後の診療は16時にて終了いたします。
m(_ _)m
スポンサーサイト
ド イ ツ !!!
ドイツ VS アルゼンチン 2014年ワールドカップ・ブラジル大会 決勝

1:0でドイツの優勝!
90分で決着つかず延長戦へもつれこんでドイツが競り勝ちました!
延長後半8分、シュールレが左サイドを突破してクロス→途中出場のゲッツェが胸トラップから左足でシュート!
この芸術的な1点が決勝点となってドイツ勝利となりました。

90分の前後半のボール支配率は6割方ドイツでしたが、これはアルゼンチンが引いてしっかり守ってカウンターといういつものスタイルがしっかりとできていたからで、まあドイツが持たされていたとも言えます。
が、しかしそこはドイツですから、この固い固いアルゼンチンのブロックを何度も壊しかけます。
でもなかなかシュートに行けなくて、前掛かりになったところへアルゼンチンのカウンターをくらうのですが、ドイツの戻りも早くてしっかりしてますし、何しろゴールを守っているのがあのノイアーなのもあって、アルゼンチンも惜しいシーンが何度も有ったけれども決められず。
特にあのメッシが決定的なシーンで1度2度では無く外してしまったのは痛かったですねぇ。
延長後半の終了間際に貰ったフリーキックで、大きく枠を外してふかしてしまったのは象徴的でした。
ドイツはとても強かったですが、メッシ不発が勝敗を決したといっても過言ではないでしょう。

それにしても、準決勝のアルゼンチンVSオランダ戦と並んでとても良い試合内容でした。
どちらのチームも攻守ともに持てる力をしっかりと出し合っての、がっぷり四つに組んだ戦いぶりは、攻めあぐねるとか守りに徹するというようなネガティブさがまったく無く、最少得点にも関わらず見ごたえ十分以上の、これぞワールドカップ決勝にふさわしい好ゲームでした。

あ~~~あ、これで4年後のロシア大会までお別れかぁ。
次の大会では、日本代表の決勝トーナメントでの活躍をぜひ観たいものですね。
がんばれニッポン!!

各賞は次の通り
ネイマールを負傷させたコロンビアがフェアプレー賞ってのは、何かの皮肉?とか思っちゃうのは僕だけでしょうか・・
準決勝までのメッシは納得ですが、決勝のはずしまくりでMVPってのもねぇ・・
この大会で一番活躍したのはGKですから、僕だったらノイアーがMVPだな。

▼フェアプレー賞
コロンビア代表

▼ゴールデンボール賞(MVP)
FWリオネル・メッシ(アルゼンチン)

▼シルバーボール賞
MFトーマス・ミュラー(ドイツ)

▼ブロンズボール賞
MFアリエン・ロッベン(オランダ)

▼ゴールデンブーツ賞(得点王)
MFハメス・ロドリゲス(コロンビア)
6得点(2アシスト、399分)

▼シルバーブーツ賞
MFトーマス・ミュラー(ドイツ)
5得点(3アシスト、682分)

▼ブロンズブーツ賞
FWネイマール(ブラジル)
4得点(1アシスト、457分)

▼ゴールデングローブ賞(最優秀GK)
GKマヌエル・ノイアー(ドイツ)

▼ベストヤングプレイヤー賞(最優秀若手選手)
MFポール・ポグバ(フランス)


オランダ VS ブラジル 3位4位決定戦
ワクワクドキドキしすぎて、4:30amには起きだしてしまいました(笑)

3-0でオランダの勝ち!

セレソンの誇りは地に落ちた・・
ブラジルがやらなくちゃいけない試合運びを、すっかりオランダにやられてしまいましたねぇ。
前の試合から間2日しか経ってないオランダが、しっかり動いてダイレクトなパス回しとロッペンの突破からの好機演出ができていたのに、間3日でしかも延長の無かったブラジルがまったく足が動かない。
動かないんだから、ボールを持った選手が孤立してパスの出しどころも無くなっちゃったし、相手に複数で詰めて囲むディフェンスもほぼ出来なくなっていました。

開始早々の3分にロッベンがチアゴシウバからのファールでPKをもらい、ファンペルシーがきれいに決めて衝撃的な先制点を献上してしまったブラジルは、準決勝でのショックが蘇ってしまったのでしょうか?その後も前述のとおり良いとこ無しで進んでしまいます。
ボールをダイレクトに動かせないので、結局オスカルなどの個人プレイでの突破頼みだけに終始してしまいました。
選手が積極的に動いていないせいか、セカンドボールも相手にわたってしまい、なかなか攻撃にもうつれない。
というよりも、ようやらやっとゴール前をクリアしているような状況。
こんなブラジルみたくなかったなぁ・・
選手層の厚いブラジルでしたから、チアゴシウバが戻ってきて指揮を取れば好ゲームになると期待していたのでしたが、すっかり当てが外れてしまいました。
試合終了間際には3点目まで献上してしまい、散々な状態でブラジルは今大会4位決定。
せっかくの自国開催だったのにねぇ。

残念!

ただ、腰椎骨折のネイマールが普通に歩いてベンチで観戦できていたのは唯一の救いでしたねぇ。
オリンピックでの活躍を期待しましょう。

さ~て、いよいよ明日は決勝戦。
こっちは好ゲームが期待できますねぇ。
楽しみ楽しみ。


アルゼンチン VS オランダ 準決勝その2
点こそ入らなかったですが、すっごい好ゲームでしたねぇ。
お互いに疲労がたまってるからでしょうけど、動きが少し鈍かったようには思いますが、それにしても互いに攻めさせない強さが凄かった!
点を取れないというのではなくて、取らせない。
守ってカウンターというのが、どちらのチームでも比較的多いパターンであり守るのもとても巧いのですが、しっかし、ここまでしっかりと点を取ってきた攻撃的なチームです。
それでも、あのロッペンがあのメッシがこの強固な両チームのブロックを突破できない!

双方が守備的なゲームと言うのは、とかく攻めあぐねている様がのたのたと物足りなくつまらなく成ってしまいがちです。
ところがこのゲームは、シュート数が延長まで含めてもオランダ6・アルゼンチン7と極端に少なく、典型的な守備的な試合運びで有りながら、すっごく面白い!
結局どちらのチームの攻撃もレベルが物凄く高いので、ひとつ違えばどうなるか?というワクワク感が半端ないのですよ。
過去のゲームでロッベンをメッシを止められなかったらその先に待つのは、そう、ゴール!
アシストする選手たちも凄い訳ですから、その選手たちにボールを縦やクロスに出させない、入らせない、ってのをいとも簡単に完璧にこなしていた両チームの守備の凄さが、守備的ゲームにも関わらず超上質なゲーム内容に仕上がったのでしょう。

後半は疲れからか特に足が止まってきて、なおさらに守備的では有りましたが、少ない好機の度に心臓が飛び出すかと思うくらいのpalpitationをコピッ!と感じさせてもらえました。
今大会は、早起きすると2試合観られるとてもありがたい日程だったもので、日本戦も含め沢山の試合を観ることができましたが、ダントツのベスト1です。

とはいえ、ノックアウト形式の決勝トーナメントですから、どんな好ゲームにも決着がついてしまいます。
そしてPK戦を制したのは、アルゼンチン!
キッカーが外したのではなく、アルゼンチンのキーパー・ロメロが2発ファインセーブを見せての堂々の決着でした。

さあ、日本時間の月曜日にはドイツVSアルゼンチン決勝です!
楽しみですねぇ~
でも、その前にぃ~ そうです。
オランダVSブラジルの3位4位決定戦が待っています。
いろんな意味でこっちも興味津々だすなぁ~~
平温に終わりますように。


ドイツ VS ブラジル 準決勝
なぁ~~~んと7:1でドイツの勝ち!
前半だけでドイツ5得点だそうです。
観てないです。
本日05:30に起床し洗顔後に録画を観ようとしましたら、あら?天気予報やってる?
あぁ~そうか、キックオフまで時間が有るから天気予報の速報を割り込ませたんだろうなぁ。
って思ってましたら、チャンネル自体がEテレへ振替になっていました。
レコーダーが番組追跡をできず、気が付いた時点がハーフタイムだったので、そのまま後半をリアルタイムで視聴いたしました。
ダイジェストでは得点シーンだけしか出ないので、ブラジルの守備が崩壊してたのか、ドイツの攻めが上回ったのかが不明。
後半開始直後の引いたドイツへのブラジルの攻撃を見る限りは、ネイマールとチアゴシウバを欠いているハンデはみられなかったですけどねぇ。
とはいえ、猛攻も20分も続かず、ドイツに6点目を追加されて精神的にもきれちゃったんでしょうね。
足もとまっちゃって、前掛かりになったところをドイツのカウンターにやられてましたねぇ。
得点シーンのダイジェストでは、クルーゼの得点すっごくフォワードらしい良い取り方で、ワールドカップ通算得点王らしさでしたよ。
後半のシュールレの2得点も美技でした。
それにしても、どうしたブラジル!
3位決定戦、本気で行ってもらいたいなぁ。
アルゼンチンvsベルギー オランダVSコスタリカ
アルゼンチンvsベルギー
赤い悪魔、高さを活かせず。
前半8分にイグアインがゴールを決めたけど、その後まだ前半の早い時間帯に、ディマリアが負傷退場。
ベルギーは、メッシを中心とするアルゼンチンの分厚い攻撃をものともせず、果敢にゴールを狙いますが、なぜぇ~か試合全般高さをいかそうとしません。
後半の追いつめられてからは、ロングボールを頭に合せようとしますが、時すでに遅し。
凄く良いゲームでしたが、アルゼンチンの経験にやられたかなぁ。

オランダVSコスタリカ
これはねぇ、僕は試合開始前はオランダびいきだったのですが、試合の途中からコスタリカを応援していました。
あのオランダに試合をさせない。
凄いよ、コスタリカ。
全員守備がものすごく精密で、オランダが攻めてもせめても閂(かんぬき)を外せない。
シュートを打ってもクロスを上げても、そのたびにナバスが立ちはだかり、得点を奪えない。
コスタリカも少ないチャンスをカウンターで生かそうとするけれど、そこは攻守ともに巧いオランダのこと、結局終始無得点。
でもねぇ、オランダも無得点。
それにしても、キーパーチャージが何度もあって、ナバスがどんどん傷んでいきます。
けっきょく、PK戦でのけっちゃくとなりますが、その後半終了の直前にGKを交代させたのは、なんとオランダ??
GKが用意されています、って言うアナウンサーの話にてっきりコスタリカのナバスがついにダメかぁ~と思っていたら、なぁ~んと、交代はオランダ??????

そしてそして、PKを制したのは、なんとGK交代をしたオランダでした。
交代したクルルが見事に2本のシュートを止めてオランダの勝ち。

コスタリカはねぇ、本当にもったいなかったなぁ。
とは言ってもこれも含めの実力だからねぇ。
でも、コスタリカにはすごい自信になったことでしょうね。

さてさて、明日はついにドイツVSブラジルの準決勝ですね。
ブラジルはネイマールと主将を欠いてのハンデがありますが、過去の対戦成績では圧倒的にドイツが不利。
はたしてドイツが 苦手意識を払しょくできるのか?
はたまた層の厚いブラジルが、ネイマールに代わるスターを出して地元開催の意地を見せるのか?
たのしみですねぇ~~~
フランスVSドイツ ブラジルVSコロンビア
フランスVSドイツ 0-1
ノイアー ノイアー ノイアー!!
もうノイアーにつきますねぇ。
前半最初の時間帯はフランスがドイツにボールを持たせてた感が有りましたね。
これまでのフランスの試合運びも自分たちでボール回すより、相手に持たせて裏が空いた所へカウンター気味の速攻で一気に怒涛の攻めってのが多かったですから、ドイツ相手にも同じ手を使おうと思ったのでしょうけどぉ・・
ドイツくらいのチームになっちゃうと、そう上手くは行かなかったようで。
結果的にはセットプレイ(コーナーキック)からの失点でしたが、ドイツに押し込まれたのが原因でしょうね。
というとこで、前半15分くらいのところでドイツの先制点。
前半の残り時間は両チーム中盤でのつぶし合いに終始してあまりチャンス作れず。
後半は裏を取られるのを嫌がったドイツが守備ラインをかなり下げちゃったので、裏は取られないけどフランスにどんどん入り込まれちゃってシュートの嵐!
そこで大活躍がGKのノイアー。
まあ止めること止めることねぇ。
前へ出てくるタイミングも絶妙で、11人目のフィールドプレイヤーですね。
そういえば、元日本代表GK川口 能活もこんな感じのプレースタイルでしたねぇ。
結局フランスは引いて守ったドイツを攻めきれずに惜敗。
ドイツはインフルエンザにかかっている選手が多数とのことでしたが、ちょっと元気なかったのはそのせいかな?
でも、プレイにあまり支障が無かったようで良かったです。
次の試合だいじょうぶなのかなぁ?


ブラジルVSコロンビア 2:1
ここまで内容の良いゲームを続けてきて強さを感じさせていたコロンビアでしたが、さすがにブラジル相手では今までのようにはいかなかったですねぇ。
特に前半~後半30分まではブラジルに押し込まれるシーンが多く、なかなかチャンスを作れません。
中盤ではそこそこつぶし合いになってましたけどねぇ。
開始直後のCKからブラジルが先制されてブラジルに勢いがつけちゃったってのもありますかねぇ。
後半24分ころにブラジルがフリーキックから追加点をいれたころからコロンビアの猛攻が始まります。
それまでのサッカーとガラッと変わった猛チャージ!
で、35分にPKもらってきっちり決め、さあ同点だ!とさらに嵩にかかって攻めましたが決められず。
残りの10分は本当にひやひやさせられてしまいましたよ。
この猛攻のさなかコロンビアの18番の飛び膝蹴りが、あろうことかネイマールの腰に決まって負傷退場にされてしまいました。
何やら脊椎の骨折という情報も流れていて、すごく心配です。
痛がりながらも体を動かしていましたから、脊髄損傷は無さそうに思いますが、スポーツ選手にありがちな分離くらいで済んでいれば良いのですが…
この試合はエキサイトしてて双方イエローカードがけっこう出てましたから、荒れるというほどではないにしろ後味の悪い試合になっちゃいましたねぇ。


アルゼンチンVSスイス ベルギーVSアメリカ
アルゼンチンVSスイス
FIFAランキング5位のアルゼンチンと6位のスイスの対決です。
いやぁ~~スイスって6位だったんですねぇ。
何にも知らずに予選リーグのフランス戦観てましたので、その戦いぶりからすっかりもっと下位だとばかり思ってました (^^ゞ
スイスの守りは堅かったですねぇ。
ちょうどオランダが引いて守ってるときみたいな感じ。
あのアルゼンチンが攻めあぐねてましたもんねぇ。
なぁ~んと、この試合も90分で決着つかずの延長戦。
さすがに足の止まったスイスにアルゼンチンが猛攻!
特にディマリアな凄かったなぁ。
メッシも良く動いてたけど、延長戦でも全然運動量が変わらないの。
で、そのディマリアがメッシのアシストから決勝点を入れて5位の勝ち!

ベルギーVSアメリカ
こちらもアメリカが良く守って90分で決まらず。
特にアメリカのGKハワードはスーパーセーブを連発してました。
赤い悪魔の攻撃は見ごたえありましたよぉ~
点こそ入りませんでしたが、特に後半の猛攻のすごいこと。
アメリカは、カウンター攻撃が今一つでしたねぇ。
もうちょっと精度が良かったり決定力が有ったりしたら、90分のうちに点の取り合いになったのでしょうけどね。
延長前半早々にベルギーが1点先行し、その後延長前半終了間際にも追加点をいれました。
延長後半にアメリカがグリーンの一発で追いすがりましたが、ベルギーは危なげなく逃げ切って赤い悪魔の勝ち!

これでベスト8が出そろいましたね。
準々決勝の対戦はこんなふうになりましたぞ。

フランスVSドイツ ブラジルVSコロンビア アルゼンチンVSベルギー オランダVSコスタリカ

さて、このなかから準決勝へと進むのはどのチームでしょう。
僕の予想は、ドイツ:ブラジル  アルゼンチン:オランダ
ど~なるのかなぁ~~

たのしみたのしみ。


フランスVSナイジェリア  ドイツVSアルジェリア
まずは、
フランスVSナイジェリア

アフリカ勢強いですねぇ。
今日の第一試合も第二試合も共通してアフリカ勢のゴールキーパーのスーパーなこと!
ごく普通の選手だったら3倍くらい点入ってんじゃないかなぁ。
どっちかというとヨーロッパ勢を応援してたんですが、ナイスキーパー連呼してたものねぇ。

ナイジェリアは展開から切り込んでくるのがすっごく早い!
ただそこはさすがにフランスなわけで、ちゃんと処理してまともなシュートには成りにくいんだけど、ボールコントロールもうまいし、体も柔らかくてバランス良いしねぇ。
細かなパスをつなぐようなち密なサッカーが出来るようになったら、ベスト8どころか優勝候補にのし上がるんじゃないかなぁ?
フランスは全然余裕が無くて、相手の堅い守りを崩せなかったけど、後半選手交代からようやくらしさが出てきて後半の30分過ぎに得点!
そのあとは上手にボールコントロールをして時間を過ごし、終了間際にダメ押しの追加点を入れて90分で決着をつけました。
それにしても、スイス戦の余裕はどこいった?!


ドイツVSアルジェリア
こっちも死闘ですよぉ~
なんと前半は守りを固めたアルジェリアを崩しきれないばかりか、くらったカウンターであやうく失点しそうな場面さえ。
ドイツのGKノイアーのスーパーセーブでしのぎましたが、なんだか大丈夫か?ドイツ?って感じの前半。
後半はアルジェリアも前掛かりになって点を取りにくるのだけれど、双方の好守備で双方とも点取れず。
で、スコアレスで延長戦に突入!
今大会の決勝トーナメント1回戦は延長戦が多いねぇ。
延長前半開始そうそうにドイツはミューラーのアシストで先取点ゲット。
そのあとはアルジェリアの足がとまっちゃってドイツにボールを回されてしまいます。
そうこうしているうちに、後半おわり近くにドイツの追加点が入ってここまでか?と思ったら、ゲーム終了間際にアルジェリアが必死に走って1点返してどうなる?なんか起きる?とほんの少~し期待しましたが、このまま2:1でドイツの勝ち。
それにしても、アルジェリアは優勝候補のドイツ相手にすごい好ゲームを展開しましたよ。
とはいえ、アフリカ選手に足をつらせる試合運びって、やっぱりドイツは凄いねぇ。
自分たちだって攻め疲れしてたはずなのに、必死そうに見えてても無駄のない合理的な動き方してるんでしょうねぇ。

そしてそして
準々決勝は、このドイツとフランスがいきなり対決でーす!
ここでつぶし合いはもったいないけど、すっごい楽しみ。