FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



どれも良いとはいきませんで・・・
本日は休診日なので、ちょいと八丁堀まで歩いてまいりました。
先日放映のアド町の神田・西口商店街をひやかしつつ、八丁堀にある青森県特産品センターへと買い出しです。
先日の帰省時に買い足りなかったものを何点か補充するのが目的です。
今回の目当ては「南蛮味噌」
実は、僕はあまり得意な味ではないのですが、妻には無くてはならない故郷の味なのだそうで。
まあ、僕のジンギスカンみたいなもんでしょうね。

南蛮味噌

野菜とかとお味噌が一緒になっていて、普通に美味しいご飯のお供です。
とはいえ、独特の風味が有りまして、馴染みの無い僕にはちょいと、有り難くないんだなぁ。
でも、妻の好物ですからね、妻が喜んでくれるならそれが一番!
僕も田酒の醸造元の吟醸酒の小っちゃいのを一緒に購入してまいりました。

本日のお散歩の目的は、妻のお使いと神田西口商店街、ルピシア上野店での紅茶購入、そ・し・て・・・
上野の居酒屋・東屋さんで出しているキリン一番搾り極冷え生をいただくことでーす!!!
飲食店限定の生ビールで、アサヒのスーパードライ氷点下ビールと同じしくみのやつ。
スーパードライであんだけ美味かったら、一番搾りは極上でしょ?って思って探してみましたら・・
これがねぇ、なかなか無いのですよ。
ネットで検索しても西川口の焼き肉やさんとかしか引っかかってこないし。

でもねぇ~度々上野へお散歩で参上してましたら、丸井の裏の方
で「一番搾り極冷え生!」ってノボリを発見!!!
でも、こちらの東屋さんは平日3時からの営業。
ランチには遅いよねぇ~
平日の夜はお家ご飯って決めてるから、まあ無理だしねぇ。

なぁ~んてって思いながらふと気が付くと12時半近く。
午前中の家事労働に手間取っているうち昼過ぎになっていたのでした。
さあお散歩だ!と歩き出してたは良いけれど、神田の商店街でぶらぶらしてるうちに2時半近くに成っちゃうし、青森県アンテナショップでも買い物を楽しんでいるうちに、なぁ~んと3時10分前!!!
ということで、アンテナショップからほど近い日比谷線の八丁堀駅から地下鉄に乗って仲御徒町へと一直線。

ドンピシャ15時に上野・東屋さんに到着です。
でもまだ準備中の札が・・・
逡巡していましたら、お店の中から「いらっしゃいまぁせぇ~~~」の威勢の良い掛け声をいただきました。
やったぁ~~~~
ということで、ここ3か月くらい飲みたくて飲みたくて仕方のなかった「キリン一番搾り極冷え生・マイナス3度」を初体験!
・・・・・美味くないです。
一番搾りの一口目の芳醇な旨みをまったく感じません。
せっかく来たのですから、3杯いただきましたが、最後まで美味しくなかったです。
これはビール好きが飲んじゃダメなやつですね。
まあ、気がすんだので良かったです。

でもねぇ、このお店は料理が美味しいよ。
ハゼの天ぷらを頼みましたが、ふんわりサックリって伝いわるかなぁ・・
注文したからすっごく時間が掛かったのですが、きっと揚げ油の温度と揚げ時間に秘密が有るのでしょうね。
ふふふふ。
新宿つな八のサックサクの天ぷらも大好きですが、東屋の天ぷらは他では味わえないですよぉ~~
他に串焼き5点セットやモツ煮込みもいただきましたが、みんなお美味しい。

日本酒や焼酎、バーボンとかも豊富なお店ですから、お酒好きにも大丈夫。
今日も、良かったような悪かったような?
まあ、しっかり3時間くらい歩けましたし美味しいお昼御飯も頂けましたし、そこそこ良い休日でしたとさ。
スポンサーサイト
ホワイトハウスダウン
ローランド・エメリッヒ監督、ジェームズ・ヴァンダービルト脚本の2013年のアメリカ合衆国のアクション映画です。
出演は主演のジョン・ケイルをチャニング・テイタム(GIジョーなど)、ジョンの娘エミリー・ケイルをジョーイ・キング(オズ はじまりの戦いなど)、ジェイミー・フォックス(ジャンゴ 繋がれざる者のジャンゴ役など)、キャロル・フィナティ特別警護官をマギー・ジレンホール(クレイジー・ハートなど)

正直、全てのキャストにまったく認識が有りません。
でも、ジャンゴはつい最近観たんだったけどなぁ・・・
他の出演者の映画もまったく観ていないもので、けっこう有名な作品も有るのですがジャンゴ以外はなぁ~ンにも判りませぇ~~ン(泣)

でもねぇ、この映画、キャスティングも脚本も撮影・監督も、すっごく良いです。
有りえそうじゃないけど、有りえるか?ってなワクワク感が半端有りません。
そして、隠れた主役は む・す・め
度胸・知力・決断力・そして愛!
胸が熱くなりますよ。
大統領を食ってますね。

デルタフォースやシールが全然登場しないままにストーリーが進み、終わりあたりでようやく登場しますが、結局はポシャ・・・・
もう少し使いようが有ったように思いますが。

とは言え、前回観たワールドウォーZをはるかに凌ぐ良作でしたよ。
アクションシーンの迫力をしっかりと味わいたいのでしたら、どうぞシネマへ足を向けてくださ~~い。

2013年八戸・階上
八戸から直ぐの種差海岸から宮城・松島までを“三陸復興国立公園”として、2013年5月24日に指定されました。
こちらは、旧陸中海岸国立公園を震災を機に、青森南部の種差海岸を含めて再指定されました。
このリアス式海岸の始まりの種差海岸は、いつも帰省のおり通りがかっていましたが、この夏初めて降り立ってみました。

2013年種差海岸その1

天然の芝生になっている箇所が、海岸の波打ちぎわまで続いていて、奇岩があちこちに散りばめられていて、なんとも言えない穏やかな中にもアクションのある、とても風光明媚な海岸です。

翌日は、妻の実家の直ぐ目の前にある海岸へとお散歩。
いままでも、何度かこの海岸に降り立っていたのですが、今回はなんだかまぁ~るで初めてみたいな感じ。
単に以前の記憶が飛んでいるだけなのかもしれませんが、僕の故郷のオホーツク海で見ていた海岸を思い出しながら懐かしく水遊びにいそしんでみました。
ちなみに、この画像は、iPhone5のワイドスクリーンで初撮影してみました。

2013年8月14日大蛇海岸その4

2013年8月14日大蛇海岸その2


帰京の当日に、義弟が階上岳へ連れて行ってくれました。
時間が無くて山頂までは行けませんでしたが、途中の駐車場からの風景がこちら。
仄かに八戸市内がうかがえます。

2013年8月15日階上岳から望む

駐車場内には、三陸復興国立公園の立札と、階上岳公園の見取り図が有りました。
モーターキャンプ場や大展望台は、今のところ設置予定だそうですが、いったい何時になるのかなぁ?って感じ。

2013年8月15日階上岳三陸復興国立公園表示板

今年の夏休みは、種差海岸から階上岳と“三陸復興国立公園”に触れ改めて東日本大震災を再認識させられたひと時となりました。



白金台・松岡美術館遠征!
8月15日(木)の午後から16日(金)は、久々に一人っきりで過ごします。
お盆は、いつもの通りに青森の妻の実家へ帰省していたのですが、僕は2日早く帰京してまいりました。
青森・八戸の種差海岸や階上岳などのお話は、また後日。

今日16日(金)は、久々に白金台の松岡美術館で開催中の印象派とその時代を表題にした企画展へ出かけることにしました。
帰省で少し太っちゃったので、朝の家事を済ませましたら、朝食は食べずに徒歩で出発です。
有酸素運動でレッツゴー!
有酸素運動は起床後の食事前が最適です。
とはいえ、白金台まで歩くと今までの最長距離を大幅に超えていまして、この炎天下では全部歩くのは無理だろうなぁ~との印象。
松岡美術館は、都営三田線の白金台駅から直ぐですから、上野からの中央通りをずっと真っ直ぐに歩いて行って、銀座~新橋あたりで三田線に乗っちゃおっと、と気楽に出発!

けっこう調子よく歩いて日本橋に1時間ちょっとでやってきました。
そしたら、以前閉館していた警察博物館がオープンしていました。

2013年8月16日警察博物館その1

珍しい“赤バイ”や“黒バイ”も展示されてました。
この画像に赤バイと一緒に写ってるのは白バイですけど、離れたところに黒も有ったのよ。

2013年8月13日警察博物館その2

そして、なぁ~んと、警察ヘリも窮屈そうに展示されてましたよ。

2013年8月16日警察博物館その3

7階では、東日本大震災での警察の記録が展示されていました。
今更ながらあの大惨事には、心が痛みます。
救援・救出に心血を注いでくださった警察官に心より敬服し感謝の念に堪えません。


博物館で15分くらい費やしました。
そこからトコトコ歩いて、けっきょく三田まで来てしまいました。
こりゃぁ行けるかなぁ~?
ってことで、慶應義塾大学・三田キャンパスを右手に見ながら桜田通りを進んでゆきます。

2013年8月16日慶應義塾大学三田キャンパス

途中で目黒通りに折れて、更に進んで三田線・白金台駅を左手に見ながら外苑西通りを右折すると、5分ほどで松岡美術館です。
警察博物館に寄った時間も入れて3時間45分の旅でしたとさ。
マピオンの距離測で計ったら、全行程で14.5キロの道のりでした。

マピオン距離測はこちら↓
http://www.mapion.co.jp/route/

肝心の印象派の企画展では、モネやルノワールよりも、ギヨマンやロワゾーの風景画が心に響きましたね。
別の展示室に掛かっていた、ワトソンやアンスデルの写実の精密さは、印象派を観た後だけにとても鮮烈で爽やかに感じました。
9月23日まで開催されていますので、興味のある方は是非!
小さな美術館ですが、常設展示に焼き物が多数有ったりと、楽しみ方もいろいろですし、何しろ混んでない。
点数こそ少ないですが、毎度少数精鋭の選び抜かれた秀作がゆっくりと楽しめますよ。
ローン・レンジャー&ワールド・ウォーZ
2週続けて話題の映画を観てきました。

まずは、ジョニー・デップ主演の「ローン・レンジャー」
こちらの映画は、TVが白黒だった僕の小児のころ海外ドラマとしてTV放映されておりました。
本国では、ラジオドラマが最初だったそうです。
「ローレンローレンローレン、ローレンローレンローレン~ロ~ハァ~~イド」「ハイよーシルバー!」ってなテーマ曲や掛け声はなんとなく覚えていましたが、話の筋はまったく記憶にありません。
と、ここで記憶違いに気がつきましたが、上記のローレンローレン~は「ローハイド」のテーマ曲。
「ハイよーシルバー!」はローン・レンジャーのきめ台詞で、これ同じ時期に放映されていて別々の西部劇の番組なんですねぇ。失礼しました m(_ _)m

今回の映画に戻りますと、
悪霊ハンターのトントを演じるジョニー・デップは、予告でもご存知の通りに人相が判らないくらいのインディアンのメイクを施しています。
これ、ジョニー・デップじゃなくても良かったんじゃないの?と最初思っていましたが、ストーリーが進むほどにやっぱりデップらしさが滲み出てきます。
そのデップらしさに併せて、監督や製作スタッフがみんなパイレーツ・オブ・カリビアンの人たちですから、ワクワクどきどきハラハラがそこいら中に散りばめられています。
インディージョーンズシリーズを称して“ジェットコースタームービー”と表していましたが、そんな感じに近いですね。

ローン・レンジャーのジョンを演じたアーミー・ハマーは、白雪姫と鏡の女王でアルコット王子役だったり、バットマンやデスパレートな妻たち、ソーシャル・ネットワークなどにも出演している俳優さん。
とはいえ、白雪姫以外はまったく観ていないですし、王子様の印象も抜け落ちてましたので、今回の映画を観たときには「誰??」
でも、堅物の法律家をとても良く演じていましたよ。

列車を使ったアクションシーンは前評判どおりの圧巻です。
通しのストーリーも良く出来ていて楽しいですが、こちらのシーンだけでも元が取れるくらい。
上演時間が少し長いですが、まったく感じさせないくらいに面白い良作でした。


次に、ブラッド・ピット主演「ワールド・ウォー Z」です。

世界中にゾンビが溢れかえる恐怖映画!
といっても、ホラー映画ではなくて、シュミレーションものとヒューマンドラマとアクション映画が一緒になったような感じ。

元国連捜査官のジェリー(ブラッド・ピット)にゾンビ感染症の対策として国連から職場復帰の依頼がきます。
家族を守るために(ある意味人質にとられて)職場復帰したとたんに韓国・イスラエル・イギリスとあちこち飛び回りゾンビ対策の切り札を探し回ります。

咬まれたらゾンビになる、っていう世界規模の感染症は現実的ではないでしょうけど、サーズや鳥インフルエンザ、エボラ出血熱などが更なる変異をきたしてパンデミックに至るというのは“有り”なわけで、まったくの荒唐無稽どころかヒシヒシと身近な恐怖感を伴った心理的にもゾッとさせられる内容になっています。

街規模の広い範囲に迫りくるゾンビの大群であったり、ビルなどの閉所や狭小での間一髪の遣り合いなど、ゾンビの登場のさせ方や使い方が良く計算されていて、手に汗を握りながら目いっぱいに恐怖感を盛り上げてくれます。

とてもテンポが良く、ストーリー展開も明瞭で判りやすく、難しいテーマの割にはあまり考えなくても楽しくついてゆくことが出来るのも良いですね。

ロールプレイングゲームとサスペンスにアクション、パニック、そしてちょっとだけホラーってな感じで夏に最適な、こちらもローン・レンジャーと同様、時間をまったく感じさせない良作でした。