柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スターウォーズ・エピソードⅠ/ファントム・メナス 3D 
話が前後しますが、20日(火・祝)に表題のスターウォーズエピソード1の3D版を観てきました。

スターウォーズは、言わずと知れたジョージ・ルーカスの代表作で、1978年劇場版公開・第一作目となる“エピソード4たなる希望”からの6部作となっています。
今回は、その第4作目の“エピソード1ファントム・メナス”の3D化されたものです。
なんでか、劇場公開は、ストーリーの中間からだったのですが、物語の中の強力なキャラクターのダースベーダーにまつわる事柄を考えると、確かに後からエピソード1・2・3と進んだ方が“オオオッッッ!!!”という楽しさを味わえますわねぇ。

とはいえ、初回公開当時は、まったくSF映画に興味が無く、実は5~6年前にエピソード1~6までを休みを利用して一気観していました。
想像よりも面白く、ダースベーダーのくだりもビックリしつつも、これも有りかぁ・・・てな感じで大いに楽しみました。
エピソード4~5がローテクだったのに比べ、1~3がハイテクで撮影されてましたから、1から一気に観るとCGから着ぐるみに落っこちるので、なんだかホノボノしてたというか、海獣ブースカをTVで観てたころを思い出したりしてましたよ(笑)

今回の3D作品は、ストーリーはほぼ忘れてますので、けっこう新鮮に観られました。
アナキン・スカイウォーカーが少年だった頃の物語なのですが、C3POが彼の手造りだったり、ダークサイドがまだ控えめにしかストーリーに出てきてなかったりと、記憶の中とちょっとチグハグでしたが、全部覚えてたら面白くないもんねぇ。
ただ、ダースベーダーという強力なキャラが不在なので、ちょっと物足らなかったですね。
3Dの使い方は思ったよりも控え目で、もっとドカドカ飛び出して欲しかったなぁ。
字幕は常に飛び出してるのですけどね(笑)
全てが想像の世界なので、そうそう古臭い感じも無く、今造りましたと言っても通用するのじゃないのかなぁ?
この手の作品は、やっぱり映画館の大画面で観るに限りますので、レンタルVで一気観したよりもずっと感動は大きいように思います。
早くエピソード2も観たいですねぇ。



スポンサーサイト
歩け歩けの休日でした
今日は、久々に暖かな日に成りましたね。
お散歩日和ということで、久々に長距離ウォーキングに出発です!
目指すは、銀座のフェルメールセンターです。

- 開催詳細 -
2012年1月20日(金)~7月22日(日)
フェルメール・センター銀座
〒104-0061 東京都中央区銀座6-11-1 銀座ソトコトロハス館

こちらは、元祖ヴァージナルのフェルメールセンターの日本版・会期限定だそうです。
全て模写では有りますが、フェルメールの全作品が掛かっています。
別フロアでは、フェルメール自身や取り巻く環境、作風や画法など、かつての画家にまつわる詳細も展示されています。
会期終了にはまだ間が有りますが、せっかくのウォーキング日和ですので、体脂肪を燃やしやすいお昼ご飯前の空腹時、13:00にいざ、出発!

三河島から鴬谷~上野公園~秋葉原~日本橋~京橋~銀座とルートを決めて歩きだしました。
と、間もない三河島駅そばの洋菓子の苺屋さんで、妻に頼まれていたメレンゲ菓子を思い出し、ちょっと寄ってみましたら・・・・

苺屋さん新作2012年3月22日

目当ての白いメレンゲのお菓子は桜色に期間限定の衣替えをしておりました。
新作のココナッツ風味のメレンゲ菓子も一緒に購入。
こちらは、地元はもとより、けっこう有名なお菓子屋さんです。
店名由来の苺ロールを始め、ケーキ類もとっても美味しいのですが、クッキーや焼き菓子も秀逸です。
で、前述2品を×2個づつ購入して、今度こそいざ出~発!

いつもの道筋をスタスタ歩き、上野~秋葉原と順調にすすみます。
秋葉あたりで1時間ちょっとでした。
JRのガードをくぐってさらに中央通りを行きますと、やってきました日本橋。
先日ムービックス亀有で観た麒麟の翼もしっかりと有りましたよ。

日本橋麒麟の翼

日本橋

日本橋を過ぎたところにちょっと変わった博物館を発見。
残念ながら休館日でしたので、正面玄関をパシャ!

警察博物館

この辺の神田あたりはスーツ姿のビジネスマンが目立ちますね。
ジャンパー姿の私はかなり浮いてる感じ。
さらに進んで、京橋あたりを過ぎると、歴史を感じさせるレンガや石造りの素敵な建物がちらほら見えてきて、俄かに銀座っぽく成ります。
と思っていたら、あっという間にイトウヤや明治屋や、銀座松屋が現れて銀座4丁目へとやってきました。
目指すフェルメールセンター銀座は、銀座松坂屋の裏に有る銀座ソトコトロハス館にて開催されています。
もういい加減お昼ご飯も過ぎているのですが、有酸素運動は血糖値が上がりっぱなしに成るので、朝8時の朝食から7時間くらい経ってるのですが、まったく空腹感が有りません。
周辺にたいしてご飯どころも目に入りませんので、そのまま入館いたしました。

今回の音声案内は、テレビ東京の美の巨人たちのナレーションでおなじみ、小林薫と、宮沢りえが勤めています。
小林薫の解説が聞きたくて、1000円払って音声案内もお願いしました。
絵画は、模写とはいえ、フェルメールの画法や色遣いなど、存分に愉しめる充実した内容でした。
しかも、フラッシュを焚かなければ携帯での撮影も許可されていますので、みなさんけっこう撮ってましたよ。
肝心の私はと言えば、携帯の操作に自信が無くて撮影は断念、無念。
普段からオート撮影しか使ってなかったので、まったく判りません(泣)
でも、この眼でしっかり観てきましたから、自分的には満足です。

フェルメールセンター20120322

フェルメールの娘をモデルにした2枚(向かって左側)と最後の作品“ヴァージナルの前に座る若い娘”の3枚のカードを購入してまいりました。
向かって一番左の注釈は、ただ可愛い少女でも良いですね、というものでしたが、その評価はひとそれぞれなんじゃなぁ~い、ってな感じ。

フェルメールの画法

画家の手法を身近に感じられるようにと、こんな工夫も有りました。
手持ちのカメラを所定の位置にセットしてシャッターを下ろすと、こんなふうに撮れるセットが用意されています。
画家は、なにしろ絵に向かって左上方からの光に照らされたモデルを描くのが大好きでしたし、当時出始めていたカメラの元祖を使って、眼で見える状態を2次元化したうえで遠近法などに置き換えて描いていましたので、それを自分のカメラで手軽に再現できるようになっています。
ちょっと面白かったですよ。

こうして、片道2時間(復路は地下鉄)のウォーキングは大成功!
なかなか楽しい休日となりました。


ようやくの梅
昨日、一昨日と続けて湯島天神へ梅を観に行ってまいりました。
なぁ~んと!今年の梅は本当に1っか月以上遅く咲きました。
こちらの梅も今が満開で、しかも、まだ蕾を付けている梅さえ残っていました。
今日も日中の最高気温が11度と、まったくの冬気温で、ビックリです!

一昨日は、ちょっと曇り空だったもので梅の花もスッキリとは見えませんでしたが、昨日は気持ち良く晴れ渡り、梅の花も嬉しそうでした。

一昨日の梅たち

2012年3月湯島の梅その4

2012年3月湯島の梅その1

2012年3月湯島の梅その3

ついでに、こちらは遅れている上野公園と、公園入口の“早咲き桜”

2012年上野公園の早咲き桜その2

2012年上野公園の早咲き桜

一昨日のお昼休みのお散歩で、今年初の桜と梅観賞です。
本来は、ひと月以上前に開催されるはずの湯島天神の梅まつりが開催されていました。
と言っても、境内の片隅に“梅まつり”のノボリが一個たっていただけですけどね。
でも、境内には出店がいっぱい出ていて賑やかです。
世間は卒業式シーズンですし、年配者の方々に混ざって若い人たちもいっぱいいらっしゃいましたよ。
この日は、さっと見渡してもう直ぐ閉店の吉池・鮮魚売り場でお魚を購入して帰りました。


昨日の梅はこちら

2012年3月湯島の梅その2

2012年3月湯島の梅その7

昨日は、久々に温かく成り出歩くにはちょうど良かったですね。
お彼岸のお中日でも有りましたので、天神様への道もとっても混んでおりました。
天神様も当然混んでいましたが、歩けないほどでは有りません。
一昨日見逃していた甘酒のお店も出ていて、美味しく頂戴いたしました。
米麹を発酵させてつくる方の甘酒で、甘さが柔らかく美味しかったですよ。
この日のサプライズは、ちょうどお式を終えた新郎新婦が渡り廊下を、まさに今渡っているところに出会わしたことでした。
白無垢のお嫁さんは、とっても綺麗でしたよ。
遠くにいらっしゃいましたし、了承得ずにブログに乗せるのはマナーに反しますので、画像を載せられなかったのが悔やまれます。
とはいえ、何はともあれ嬉しいエネルギーをいっぱい頂いて、お昼御飯へと向かいました。

画像取り忘れましたが、今日のお昼ご飯は“つけ麺・けいすけ”でいただきました。
妻がつけ麺、僕イケ麺(笑)・・・ではなくぅ、醤油ラーメン 
他に餃子セットとそれぞれに煮玉子をつけました。
そして最初に出てきたのは餃子セット。
おっとぉ~~~ 餃子にライスが付いてます(驚!)
勝手にラーメンと餃子のセットだと思っていましたので、もうビックリ!
お腹空いてたので、餃子とご飯をちょこちょこ頂いていましたら、それぞれのラーメン到着。
これが未体験に美味い!
味は濃いけど塩辛くはないです。
どちらもトッピングのお肉が山盛りで、このお肉でご飯が食べられるくらいにトッピングの味がしっかりしています。
つけ麺は平麺で、ひらひらしてるのが楽しい。
汁ソバの方は中太のちょっとゴワゴワしてる感じですが、この濃厚の醤油スープに良く合っています。
これはねぇ、このお店でしか食べられない味です。
お肉とお醤油味が好きな方には、堪らないお店でしょうね。

ご飯の後は、隣りの食器屋さんへ。

2012年3月湯島の食器

実は、本日のお昼休みにもこちらのお店までお散歩してまいりました。
昨日、本日で購入したのが上記の食器類です。
白くて2個並んでいるのは、納豆かき混ぜ専用カップです。
形が可愛かったので、納豆以外にもスープボウルにも良しとして妻と僕の分で2個購入。
真ん中の青長皿は、一個300円のセール品ですが、何とも楽しげな深い縁取りの藍色と青の斑点が面白い皿です。
一番手前は、猫ちゃわん。
妻の気分転換用ですね。
昨日買ったのは、青長皿です。
他は本日。

さて、この後は毎度おなじみ、亀有ムービックスに“スターウォーズ・エピソード1”へと向かいます。



あれから一年・・・・哀悼
3・11東日本大震災から一年と一日たちました。

ここ数日、関係報道が溢れていますが、復興までの足取りはとても重く遅く、国民の頑張りに報いてはいませんね。
核汚染や福島第一原発の対処も進まず、瓦礫の処理もまだ10%にもなりません。
政治主導でどんどん進ませなくてはならないのに、それもままならず。

素人考えですが、瓦礫の処理などは既存の施設だけにまかせず、被災地に発電所併設のプラントを建てて、持ち出さずに処理再利用することは叶わないのでしょうかねぇ?
雇用も生まれますし、排熱を利用した発電をすれば、電気の確保にも貢献しますよね。
再生した資材の利用も、被災地の復興に素早く投入できますし、良いことずくめと思うのですが?

画期的かつ実用的なアイデアは、官民問わずいっぱいあるのでしょうから、是非効率よく吸い上げて早い復興に繋げていただきたいものです。
過酷な環境の中でも、復興を信じて頑張って生活されている被災地の皆様の一日も早い“普通の生活”への復帰を祈っています。

昨年震災で犠牲に成られたみなさまに、合掌


御徒町・吉池閉店
先月2月いっぱいで、御徒町の吉池本館(雑貨・酒類・乾物食料品・ベーカリー・催事場・レストラン居酒屋など)が閉店となりました。
今月3月いっぱいで、本館裏の魚売り場も閉店となります。
上京直ぐの30年前からずっと、特に生鮮・酒類・ベーカリーでお世話に成っていた、上野界隈ではずば抜けて使いやすく品質と品揃えの素晴らしいお店でした。

僕は北海道出身なので、特にホッケの味にはとってもウルサイのですが、こちらで購入するぶんには、まったく心配が要りませんでした。
ホッケは、魚自体の品質もさることながら、開いて干す技術もとても大事です。
脂が乗っていて、旨味が凝縮されていることが重要ですが、どちらの条件も吉池だったら、まず間違いが有りませんでした。
時にはデパ地下でさえも外すことも有る難しい素材ですが、吉池ならだいじょう!
生魚も当然品質特上です。
ただ、鮮魚は物によっては干物や加工品に比べるとけっこうお高いですけどね。
甘エビや貝類などは、同じ鮮魚でもここで買わなければ後悔するくらいに、安くて新鮮です。

最近では、本館一番奥のベーカリーにゾッコンでした。
ちょっと見はあか抜けなく見栄えのしない商品なもので(ごめんなさい)ずっと遠慮してたのですが、一度試しに素朴な感じの田舎パンやバターロールなどを買ってみたら、これが美味しい!
それから次々と購入してみましたが、ほぼ外れ無し。
最後に買ったのが、でっかいマーガリンいっぱい使ったパンでしたが、すごくシットリしていて美味しかったぁ~

酒売り場は、日本酒・ビール・ワイン・洋酒どれをとっても下手なデパートよりもずっと品揃えが良かったですね。
重いの覚悟で、けっこうワインやビール(特にベルギービール)、日本酒などを買い込みましたねぇ。
洋酒は、大抵東京駅八重洲地下街のリカーズハセガワか銀座の信濃屋、もしくはネットで購入してしまいますので、よほど目玉になっているもの以外お世話に成りませんでしたが、いろいろ見てても楽しい売り場でしたよ。

3階の靴・バック売り場も良く覗きましたし、何度か購入もさせていただきました。
アメ横・多慶屋そして吉池と歩きまわると、必ず欲しいものは手に入りましたから、バックや靴を欲しい時には上野は本当にありがたい地域でしたし、特に吉池は売り場の店員さんたちも知識豊かで頼もしかったですね。

そんな吉池も今月で完全閉店です。
建物の老朽化にともない、ほぼ2年を掛けて建て直しとのことでした。
本館の売りつくしセールは凄かったですよぉ~~
どんどん売れちゃって、最終日に覗いてみましたら、ほぼ空っぽ!
本館は、先月いっぱいで既に閉店してますが、鮮魚売り場の売りつくしもあるのかなぁ?
ごく近くに仮店舗オープンとのことですから、冷凍・冷蔵できるものは別に売りつくすことも無いのかもしれませんけどね。

まずは、仮店舗のオープンが待ち遠しいのと、新生吉池はもっと待ち遠しいです!!
新店舗にも、ベーカリー入って欲しいです。
吉池さん、よろしくお願いいたします m(_ _)m