柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



祝!サッカーアジアカップ優勝
決勝戦すごかったですねぇ。
僕は前半45分観たところで寝てしまい、翌日早起きして残りをVTR観戦させていただきました。
クライマックスを迎えるたびに、ヒヤヒヤ・ドキドキ・やったぁ~~~ ・・・
いつもなら声とアクションがとても大げさなワタクシ。でも、今回は寝ている妻を起こさないように、歯を食いしばって両こぶしをブンブン振るのみ。  ちょっとフラストレーションたまるなぁ~
でも、あの強豪オーストラリアに1-0完封勝ちの感動は、頭と身体の内で大反響していました。

オーストラリアは、あの大きな身体なのでフィジカル強いのは当然でしょうが、なんといってもスピードとスタミナが半端じゃ無かったですね。
攻守どちらも選手の数が必ず揃っていて、日本が即攻しかけてもあっという間に守備の人数が増えてしまいますし、逆にオーストラリアの即攻の際には日本のディフェンスの人数が足りません。
最初不思議だったのです。
日本が疲れててスピードについて行けてないのかぁ??と思っていたら、何のことは無い豪州が上がるときも引く時も日本のスピードを完全に上回っていただけなのですよね。
でも、日本だって先日のワールドカップで全体のスピードやパス回しの素早さを世界的に評価されFIFAのお墨付き貰ってるのにねぇ。
オーストラリアの足が止まって来たのは、延長前半少し過ぎくらいからだったでしょうか。
日本の速いパス回しが綺麗に決まりだした頃とちょうど一緒ですね。(そりゃそうだね)
日本らしい攻撃パターンが決まりだした頃に決勝点を李忠成(広島)選手が豪快なボレーで叩き込み、ようやく待望の先制点(決勝点)が入りましたが、日本もあれだけ走らされても延長戦足が止まらなかったのですから、たいしたものです。

この試合は選手交代とフォーメーションの変更が上手に行ったようですね。
後日のスポーツ番組の解説で、李選手が交代した際に長友選手を左FWに置いて、より攻撃的な布陣に変えたことが決勝点に結びついていたとのこと。
長友選手はサイドバックからの上りが、まるでもともとFWポジションの選手と変わらない速さですから、左からセンタリングを上げていてもまったく不自然じゃなかったのですが、延長の疲労を考えれば走らせないで攻撃に専念させるのはとても理に叶った戦術でしたね。
それにしても、李選手のシュート技術は凄かったですね。
トラップしてからシュートでも間に合ったのかもしれませんが、溜めを作ると何が起こるかわかりません。
ボレーは良い判断だったと思います。
それにしても、軸足がしっかりとしていながら柔らかく下半身を使いつつ、上半身と頭はブレずにきれいに残っています。
サッカー理論的にどうなのかは判りませんが、カイロ的にはとてもバランス良く綺麗なシュートでした。
良いもの見せてもらったぁ~  感動!

豪州はGKとの1対1で随分外してしまいましたが、これらをヨーロッパの強豪同様確実に決められるくらい技量が上がってきたら更に怖い存在になることでしょう。
(しかーし、川島選手のスーパーセーブを否定するものでは有りません。カワシマ凄いネ!)
でも、こういう強豪が同じ地区に居ることで、周辺諸国のレベルも確実に上がりますから、切磋琢磨しつつ日本はじめアジア各国が欧州・南米に追いつけ追い越せ!





スポンサーサイト
NFLもいよいよ頂点へ
明日未明午前0時キックオフの日本VS豪州のサッカーアジアカップもとても楽しみですが、アメフト大好きなシバタ先生は、明日夜放送予定のNFLプロボウルと翌週の“スーパーボウル”が待ちきれなくてワクワクしています。
プロボウルは、NFLのオールスターがAFCとNFCで対戦するオールスター戦です。
スーパーボウルは言わずと知れたNFLのチャンピオンシップ!
以前はプロボウルがスーパーボウルの後に行われましたので、スーパーボウルに出場した選手も出場していましたが、現在は開催日程が逆になっていて、スーパーボウル進出が決定したチームの選手はプロボウルには出られません。
ちょっと残念ですが、死力を尽くしてスーパーボウルで活躍した選手達は、更にもう一試合出たりしたらきっと要らない怪我などを生じやすかったりと、きっと切羽詰まった事情が有ったのでしょうね。

レギュラーシーズンも面白かったのですが、プレイオフがこれまた面白かったのですよぉ~
どの試合も接戦で、ちょっと違えばファイナルに進出したチームも変わっていたことでしょうね。

ということで、今年のスーパーボウル進出チームは、グリーンベイ・パッカーズVSピッツバーグ・スティーラーズです。
QBは、ロスリスバーガー(スティーラーズ)VSロジャース(パッカーズ)
ロスリスバーガーは、投げて良し、走らせて良しのバランスの良いQBです。
対するロジャースは、どちらかと言うとパス主体の選手なのですが、今年のスーパーボウルでは“どのくらい走らせられるか?”がポイントとのこと。
スティーラーズはプレイオフの後半もリザーブの選手が活躍し、スティールカーテンの面目躍如だったのですが、ここにきてレギュラーが次々に復帰してきています。

今年のスーパーボウルは愉しめそうぉ~


かわしま~~
今日のアジアカップ準決勝は、宿敵VS韓国でした。
互いに持ち味を十分に出し合って、日本は早くパスまわしで、韓国は超正確な最終ラインからのロングパスを通しての1対1。
いや~見応え有ったなぁ~
ちょっと不可解な審判の裁定も有り、ゲーム中PKが多い試合となりましたが、延長でも決着つかずの結局最後もPKとなりました。

ここでGK川島のスーパープレイが!!
なんと、PK戦韓国のキックを川島が一人目二人目と続けてセーブします。
日本は3人目の長友が外してしまいますが、韓国は3人目も枠の外へはずしてしまい、日本4人目の今野がバースデーゴールを決めて、みごと歴史的な勝利を決めました。
川島の二人続けてのPKセーブはお見事!めったに見られない、これぞ“スーパープレイ”

この勢いで、決勝も ガンバレニッポン!


スコッチマーマレード開封!
お正月明け少しして、マッカランのマーマレードを開けてみました。
蓋を開けた時の風味は、アプリコットジャムにとても似ています。

マッカランマーマレード

とっても濃厚なマーマレードで、スコッチの有る無しに関わらず、まずとにかくジャムが美味しい!
しかーし、そこにマッカランが加わって、より重厚で深みのある香り高いものへと昇華しております。
粘度が高く、タラっとした感じではなく、ゴテっとした感じ。
何しろ味も香りも濃厚濃密で、パンに載せて口に含むと、まず口中にマーマレードの香りが広がり、少し遅れてマッカランの芳香が鼻腔へ抜けてゆきます。
ウィスキー嗅は、かなり押さえられていて、味わっているうちに“あれ?”っと気づく感じ。
逆に味自体は噛みしめるほどに“ウィスキー!”

下戸の方々には不思議に思えるでしょうが、お酒って総じて甘いのです。
ウィスキーもまさにその通りでして、ストレートで度数の高さにめげずに口中で転がすと、アルコールの強さが治まったころから特有の甘さが広がります。
ストレートに慣れない方には、アルコール自体のピーキーさが先に立って“味わう”まではなかなか行かないものでしょうが、常温ストレートでチビチビと舐めて頂くと、強いお酒が苦手な方にもお判りに成るかと思います。

このマーマレードも、“ウィスキーには弱いけど、マーマレードにはウルサイぞ!”という方でしたら、マーマレード以外の甘さがふんだんに存在することを、存分に実感できることでしょう。

う~~~~ん、お上品なスペイサイドのロールスロイス・マッカランも素敵だけれども、ボウモアを早くあじわいた~~~い!!
でも、そのためにはマッカランマーマレードを早く食べ終えなくてはならない・・・・・
葛藤です!


壮大なるB級映画
先日セス・ローゲン主役・キャメロン・ディアス助演の“グリーン・ホーネット”を観てきました。
夫婦でキャメロン・ディアスのファンなのですが、この映画は3D上演なので、どちらも楽しみ!
と、思っていたら・・・
まあ、ドタバタドタバタ、ガチャガチャガチャガチャ、バーンバーン!で、お終い。。。。。。トホホ・・・

主人公のブリット・リードを演じたセス・ローゲンは、まったく存じません。
ちょっとウィキペディってみましたが、主演された映画は多々あれどシュリンク3以外は聞いたことも有りません。
無名な俳優だから悪い、ということでは無く、この俳優で無ければ!という理由が判らなかったからです。
映画自体は、原作は古いアメリカの作品が原作で、ラジオ番組は1936年から1952年にかけて放送され、後に『バットマン』の成功を受けてテレビ番組も製作され、1966年から1967年にかけて放映されたとのこと。また日本でも放映されたそうです。
政治家・賄賂・不正・ギャングときますので、当時でしたら社会風刺が効いていて“怪盗ネズミ小僧”的なVS悪という構図の正義の味方として意義が大きかったのでしょうね。
実際、バットマンやスーパーマンの登場にも影響が有ったとか無かったとか。
新聞社・正義の味方・マスクマン・主人公と助手・社会風刺・ウルトラカーと、それらのドラマの登場人物や背景などと共通が多いですしね。

とはいえ、この現代を舞台にした映画では、たいして社会風刺には成らないですし(だれでも知ってることで啓蒙も何も無い)カーアクションやストーリーなども荒唐無稽な感じ。
キャメロンディアスの役回りも、色っぽい姉ちゃんだったら誰でも良かったのかも。

3Dとしても、眼鏡が煩わしいは、レンズは汚れているは、眼精疲労で頭が痛くなるは、外したら外したで焦点がぼやけるはで、好ましくないことこの上なし。
しかも作品自体が3Dの必要性をたいして感じられません。
ただ、立体感の楽しさとしては、登場人物が2Dよりもずっと魅力的に見えることでしょうね。
あと、立体的なだけに、全体に奥行が良く認識できてリアル感が大きかったですね。
舞台を観ている感じに近いのかもしれません。
そんなこんなで、3Dはもっと適応の脚本が有るように思いました。

頭を使わずに、時々大笑いしたいなぁ~という意味では、まあまあでしょうかねぇ。
お勧め度で言えば、5段階の2くらいでしたとさ。





本当に有った怖い話・・・
デンゼル・ワシントン主演の“アンストッパブル”を観てきました。
こちらの映画は実際にアメリカのオハイオ州トレドで2001年5月15日に発生した大事件を、ほぼ忠実に再現しています。
今現在ロードショーまっただ中ですから、詳しくは述べませんが、映画を観るまで「どこまで本当なのかなぁ~」と興味半分、冷やかし半分の“またまたぁ~、やっぱり脚色なんでしょ?”と思って臨みましたが、すっかり裏切られました。
ネタを知ってしまったら面白さが減るかもしれませんので、ウィキペディアなどで前もっては調べずに映画館へ向かうべきですよ。

真実の迫力!という以外に、撮影手法もCG無しの実写だというのもとても凄いです。
クライマックスがいくつか有るのですが、実写でどうやって撮ったのかさっぱり解らない、とてつもなく迫力のあるシーンがいくつも出てきます。
登場人物の私的なドラマも並行して進むのですが、この映画に関しては暴走列車(+関わる人間たちの格闘)が大主人公で、他は引き立てるための味付けくらいのものです。
しっかしこの主人公が凄いのですよ。
無人なのに、まるで意思を持っているかのよう。

主人公のデンゼル・ワシントンがスキンヘッドだったのですが、まるでブルース・ウィリスのようなのです。
今までの作品とはまったく雰囲気がちがいます。
でも、これが良かった。
役どころがベテランの機関車運転士なのですが、理知的な技術者ではなくあくまでも“職人”でなくては!
髪の毛が今まで通りだったら、あの雰囲気はまず無理です。
ただ、ちょっと思ったのは“これってデンゼルで無くてブルースのが良かったのでは?”という疑問。。。
でもそうしたら凄みが出過ぎたのかなぁ
デンゼル・ワシントンも、今までと違う役どころをとても好演されていて、そんな疑問を持ちさえしなければはまり役と言えたでしょう。

迫力有り、ストーリー性にも優れていて、役者も頑張っていて、とっても面白く、あっという間にエンドロールと成ってしまいました。
結論からいえば、すっごく面白かったです。
不満といえば、事実を基に脚色を少なめにしたせいなのか、終局の場面があまりにもアッサリし過ぎてることですかねぇ。
これまた詳細は伏せますが、もうちょっと最後の機関車シーンを盛り上げてもらいたかったなぁ~
とはいえ、そんな不満もほんの少~しなのでご安心を。(僕みたいに感じる人は少ないかも・たいていは、ただただ感動だと思います)

それにしても、事実は小説よりも奇なりとは、まさにこのこと。
あんなことが現実に有ったとは!!
機械に安全処置が何重にほどこされようとも、結局それを扱うのは人間ですから、心得次第であっては成らないイレギュラーが生じるものなのだと再確認させられました。
人の健康を任されている僕自身にも、反面教師的に思い知らされたひと時でした。



グリーン・ゾーン
マッド・デーモン主演のグリーン・ゾーンのビデオをこのお正月休みに鑑賞いたしました。
一部実際に在った事象を基にしている作品なので、とても興味を持って見ていましたが、作品としての面白さも現実に有ったであろう事実らしきものも、共に期待を裏切らない面白みを持った作品でした。
作品の殆どは、取材をもとにした戦場の現実をどう伝えるか?を表現した内容に成っていましたが、事実はどうよ?という部分では、開戦前夜のUSAとイラクの反政府分子との密約や、政府のマスコミの利用の仕方などに焦点を当てた判り易くもモラルを問われる、考えさせられる秀作でした。

マッド・デーモンは“ボーン・アイデンティティー”“オーシャンズ11”などの作品でもお判りの通り、シリアスな演技を好演している名俳優ですね。
この作品でも、時に理不尽に、時に人間くさくがとっても好印象のはまり役となっています。
他に好演していて目に付いた役者は、通訳として使いまわされる役回りのハリド・アブダラ(ユナイテッド93でテロリストのリーダーを演じたエジプト系英国人の俳優)なのですが、現地のイラク人の葛藤を上手に伝えられていて、しっかりと遣り遂げていた感がありましたね。

クライマックスは、最後の最後にやってきて“やるなぁ~”という感じでありました。
とさ!
青森の年末年始
新青森までの新幹線開通で、八戸は始発・終着駅から通過駅に成りました。
で、何が変わったかと言いますと、下りの八戸乗換の際にチケットをゲートの読み取り機に入れるように成ったこと。
実は、新幹線が八戸止まりだったころは、青森市方面への乗り換え客が多かった関係で、ゲートにJR職員の方が待っていて、チケットを見せることも無く乗換ホームへゲート素通りで向かうように成っていました。
機械のチケットさばきがちょっと独特のタイミングなので(乗客のゲート通過スピードより、乗換列車のチケットが遅れて出てくるので)取り忘れてしまうことが多いようです。
以前の方が不自然だったのですが、なんか不思議・・・
てな感じてニュー新幹線にて、年末年始青森・八戸の旅の始まりです。

年越しの食材を調達しに訪れた地元のスーパーにて、巨大蛸(水蛸)の足に遭遇!

巨大蛸

小柄な女の子の足くらいの太さで、ビックリ!
北海道に住んでいた頃も水蛸は食していたはずなのですが、こんなにでかかったとは知りませんでした。
大きくても美味しいんですよ。

大晦日は東京周辺以外は大荒れと成りましたねぇ~
妻の実家の辺りの八戸地方は、雪こそ降らずに済みましたが、ものすごい強風に見舞われ屋根が飛んだり停電した世帯が数千戸出たりと、一晩中ゴーゴーガタガタと大変な年越しとなりますた。
一夜明けて元旦の朝には、風もおさまり、知らないうちに深々と降り積もっていた雪で、一面の銀世界と変新。
久々の雪かきなんぞも体験できたりして、北国育ち的にちょっと雪国らしい愉しみとなりました。

大蛇港の大波頭2

大蛇港の大波頭

お散歩に海岸へ向かってみたのですが、まあるで日本海かのような荒れ方。
水平線くらいから盛り上がって膨張した波が向かってくるような感じで、波打ち際からかなり離れていても恐怖感を覚えるくらいの荒れ方でした。
とはいえ、同じ荒れた海なのに、出身のオホーツク海の冬の海よりも水の色が明るいのは不思議ですねぇ。


美味しい海の幸をこれでもか!と頂いて愉しい時間を過ごしておりましたが、早帰京の時と成り、帰りの八戸駅へ送っていただいた際、駅舎となりのユートリーに納めて有る“八戸三社大祭・山車”を発見!
画像の撮り方が良くなくて、大きさが判らないと思いますが、ものすっごく大きいです。
通常の2階屋の天井よりも高い位置に山車のてっぺんが有るくらいだと思います。
地元事情を良く知らない田舎者なもので、思わず「ねぶた?ねぷた?」と妻に問いましたら、「八戸三社大祭の山車なのよぉ~」と教えていただいた次第でして。
でも、勘違いするくらいに大きかったのです。

八戸三社大祭山車絵巻


こちらのユートリーへ向かう前に立ち寄ったのが、“八食センター”です。

八戸八食センター

地元の海産物を中心に、飲食店やお惣菜、お酒関係や包装専門店などのテナントが多数入店している、とても広いショッピングモールです。
どちらかと言うと、新潟の寺泊の市場よりも、上野のアメ横に屋根を付けたような感じ。
海産物・乾物類関係では、はるかにアメ横を凌駕しております。
時間が無かったので、必要最小限の商品の購入に留め駅へと向かいましたが、もうちょっと長居したかったなぁ~

てことで、義弟のご推奨の日本酒がこちら

八仙特別純米吟醸

“八仙特別純米吟醸”です。
地元の酒造適応米の華吹雪 精米歩合/60%の無濾過生酒。
無濾過なのに、雑味が殆ど有りません。
生酒のフレッシュさ、フルーティーさとお米の美味しさを沢山堪能できる、旨口だけどスッキリと切れあがった素敵なお酒です。
他に、造りたてのサキイカなんぞをお土産に購入いたしました。


八助梅の梅酒です。とっても美味しい~と頂いていたのですが、ちょっと待てよ?この梅でかくない?
よくよく聞きましたら、梅と称しておりますが、実は杏なのだそうです。
調べてみましたら、なんと梅と杏はおんなじ品種なのですって。
本名は“八助”でれっきとした杏なのだそうです。岩手~青森南部の特産品です。
梅漬けも美味しのだそうですよ。

八助梅


帰りの新幹線から見た盛岡あたりの雪景色です。

盛岡の冬景色20110102

窓外の雪景色をしばし眺めつつ、帰路につきました。
暴風にはビックリしましたが、美味しくも愉しい素敵な年末年始となりました。
妻の実家のお父さん他お世話に成った皆様、ありがとうございました。

読者の皆さんは、どのようなお正月を過ごされましたか?

今年もよろしくお願いいたします。



明けましておめでとうございます
東京地方以外は荒れ模様の年末年始となりましたが、みなさま元気に新年を迎えられましたでしょうか?
柴田カイロは今年も皆様の健康に寄与できますよう、努力精進してまいります。

皆様に幸多い一年で有りますように。

今年もよろしくお願い申し上げます。