FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VSベルギー
キリンカップ 4-0完勝やりましたねぇ~
前半は、なぜかベルギーが引きっぱなしだったのですが、後半からは前がかりで点を取りに来て、ようやく欧州のチームらしい試合運びになり、観ていても愉しめる内容になりました。
ディフェンスラインの高さもあり、一人一人の能力も高いチームに、流れの中からしっかりと点を取れていたのがとても頼もしい限りです。
6月6日のウズベキスタン戦も、高さとの勝負とのこと。
このキリンカップは、とても良いテストマッチだったと思います。

でも、岡ちゃんは、誰を選ぶのでしょう…・
勝利とともに嬉しい悩みも増えたのでしょうね。

頑張れ、日本!

スポンサーサイト
これで本醸造だそうです!驚愕
先日の昼休みに、いつもお世話になっている横田酒店さんへ日本酒の調達へ伺いました。
そこで出会ったのが、こちら。

ずいかん

山岡酒造の「瑞冠・特別本醸造」です。
香りほんのり吟醸香、飲み口ちょっとどっしり。口中爽やか、そして、しっかり旨くち。
本醸造なんですけど、40%の精米歩合なんです。
温燗もよし、冷や(常温)もよし、冷蔵もよし。
香りを味わいたければ、温燗。
口中のどっしり、旨くち、は常温。
爽やか、サッパリは、冷蔵と、
どの飲み方でも楽しめますし、しっかりした味わいの料理でも負けずに楽しめます。

先日購入した冷酒セットに合わせての購入だったのですが、これもハマりました。
瓶から直接でも美味いのですが、片くちに移して猪口でいただくと絶品!

大陶器市2009年5月14日その1

横田酒店さんの底力を感じた一本でした。


ハードウェアの安全な取り外し・・・・無いし・・・・(T_T)
もう、一カ月くらい前の話です。
自宅で2台のPCで無線LANを構築した際に、片方のタスクトレイの“ハードウェアの安全な~”アイコンが消えてしまいました(泣)
この作業の直前に、消えてしまったノートのキーボードを交換修理してましたので、てっきりそのせいでOSにトラブルが生じたのだと思って諦めていましたら…・・
なんと、2週間前に治療院でもおなじことが。
治療院でもトラブルの際のバックアップを兼ねて2台のPCを使っているのですが、隣り合わせに設置してあるもので、今まではLAN接続はしていませんでした。
USB切り替え機でプリンタを供用していたら、なんでかUSB関連でエラーが続出し、切り替え機を諦めてLANで接続を構築しプリンタを共有することに。
LANは成功(難しくないしねぇ)したのですが、ここでもタスクトレイから“ハードウェアの~”がみごとに無くなっておりました。
ここで?と気づきます。
こりゃ、故障じゃないのね。うん。
ということで、ネットで検索してみましたら、以下のような記述を発見!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<以下、本文>

Usbhub.sysにバグがあるらしく、このような症状が発生する場合があるようです。

スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」で下記の内容を記入すると「ハードウェアの安全な取り外し」のダイアログが表示されます。

名前の箇所に記入する内容
rundll32 shell32.dll,Control_RunDLL hotplug.dll

頻繁に発生するようでしたら、上記をバッチファイルで作っておくと楽かもですね。

<ここまで>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

XPのバグだったのですねぇ。
LAN構築だけではなくて、デバイスの追加などでけっこう起きるらしいです。
バッチファイルは、拡張子を .BAT に変更してDOSで実行させる方法とのことらしいですが、良く分かりません。
ということで、ファイル名を指定して実行を、指示どおりに実行。。
いちおう、テキストにしてデスクトップにも置いておいたのですが、ファイル名を~のダイアログボックスにこちらのコマンドがそのまま残りましたので、USBの取り外しを行う際には、毎度スタートからこちらを指定しております。
なぜ~か、以前タスクトレイにあったアイコンの右クリックよりもとてもスムーズなのと、OSの動きが良くなっています。
バグ回避が結果的に良い効果を出しているのか????
ネット検索では、結構な数の同様の悩みが出ていましたので、どなたかの参考になればと思い、アップしておきました。
あんまり起きない方が良いですけどねぇ。


マスタードといえば
ややしばらく、キューピーの瓶入り種入りのつぶマスタードがお気に入りで、特にソーセージなどを食す際には欠かせないアイテムです。
同じソーセージでも、ホットドックの際にはS&Bの黄色のプラスチック容器に入った、あのいっぱいかけても辛くないマスタードが合いますよねぇ~
おでんには、和辛子が良いですよね。。。ちょこっとつけて、グッと利く!

ところで皆さんは、サンドイッチにマスタードを使う際にはどうしてます?
僕はマヨネーズかバターにチューブの辛子を良く混ぜるか、面倒くさい時にはチューブからそのままパンのところどころに塗りつけていました。
前者は面倒くさいし、その上思った辛さに調整するのが難しい。後者は本当に塗ったところだけが、辛い!!
こんな時には、MAILLE(マイユ)のディジョンマスタードが最適です。

maille.jpg

画像の向って右側です。(左は種入り)
1か月前くらいに調達してからの最近の僕の流行りなのですが、本日の昼休みに調達先のNマートさんに久々の入荷があったので、すかさずゲットしてまいりました。
この近所ではNマートさんでしか買えないのですよねぇ。。。。

このマスタードはフランスで260年の歴史が有るそうです。
http://maille.jp/
ブルゴーニュ地方のディジョンがペースト状のマスタードの一大産地だそうで、ディジョンと言えばペーストのマスタード。フランスの80%を賄うそうです(しかも世界の50%ですって!)
このマスタード、辛さはS&Bのプラスチック容器のものとチューブの練辛子の中間くらいでしょうか。
ほどほどの辛さなのですが、辛さよりも美味さの方が断然引き立っています。
チーズサンドを作る際には、マヨネーズや他のスプレッドなどを塗らなくても、このマスタードをたっぷりと置いてチーズをサンドすると、パン・チーズ・マスタードそれぞれをとても良く味わえます。
辛いのだけれど辛すぎない、マスタードを味わうためのマスタードですよ。
バーモンドカレーの辛口を楽々食べられる人は、たっぷり塗っても大丈夫!

実は、マイユの名は、僕は小学生の頃から知っていたのです。
本の題名は忘れましたが、フランスの孤児院を舞台にした小説の一コマに、ひとりの孤児のつぶやきがあります。
孤児たちは食事が粗末でいつもお腹を空かせていたのですが、今好きなことができるなら?という孤児たちの会話の中で「僕は、マイユの辛子をたっぷり塗ったサンドイッチが食べたいなぁ・・・」と一言。
辛子をたっぷり塗る??そんなバカな!と、小学生の僕は不思議に思い、つい先日までに至ってしまいました。
食べずに過ぎてしまった時間のもったいないこと。
どうしてだか、辛子なんてどれも変わるわけないし、と思いこんでいた昨日までのわたし・・・・
この記事の冒頭にて記した辛子各種に加え、マイユのディジョンは既に僕の定番になりました。
そのうち、カレー造る際にも試してみましょう。(通常はマスタードシードを使用してます)




バルサァ~
本日早朝のチャンピオンリーグ決勝 “ バルセロナ VS マンチェスターU ”の録画を先ほど見終えました。
バルセロナ(スペイン)がマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)に2-0で快勝、欧州クラブの頂点に。
エトーの先制ゴールとメッシの追加ゴールで、マンUを0封して完勝でした。
そして、バルサのメッシは9ゴールを挙げて得点王です。
マンUは、ロナルドだけが目立ったような試合運びで、なんだか元気が無かったような・・・
とはいえ、メッシ、ロナルド、テベス、ルーニーと、前回ワールドカップの良いとこ取りのような両チームの試合に、一喜一憂させてもらって、もう大興奮!
欲を言えば、、、、ここにロナウジーニュが居たらなぁ~

昨夜の日本VSチリの試合も良かったですよねぇ。
南米の実力国相手に、こちらも4-0での完勝ですから、来月のWカップ最終予選に期待大!です。
あと1勝ですからねぇ、頑張って欲しいものです。


やっぱり不便
治療院のご近所に、ディスカウントストアの「トレード」というお店が有りました。
僕の治療院が、まだJR三河島駅の方に有ったころから営業されていましたから、かれこれ20年近く営業されていたと思います。
生鮮以外の食品と、日用雑貨を中心に、電化製品や日曜大工品などもほどほどに置いていてくれたので、公私ともにかなりの部分で依存しており、とても助かっていました。
そのトレードさん、今月の10日(日)で長期休業に入ってしまい、今は閉店状態です。
先月の半ばからずっと在庫一掃処分セールをされていて、商品の入れ替えや売り場のリニューアルにしては、売りつくしの程度が半端じゃありません。
最終日の昼間にも覗いてみましたが、売れ残りもほとんど無いくらいの、まったくの売り切りセールでした。
道を挟んだ所にある、トレードの別館・輸入雑貨売り場(こちらはそのまま存続)で、スリッパ購入のおりに店員さんに聞いたところ「先々何をするかはまだ未定ですが、何かになります」とのこと。

何になるの!?
閉店して再認識しましたが、なんと僕のところの依存度の高かったこと…・
できることなら、以前と同様の品ぞろえのディスカウントストアで復活して頂きたいです。

数年前の呉松家具店の閉店に続き、とても寂しく何より不便。。。。。。
ちなみに、呉松家具店の跡地は、建設予定がキャンセルになって時間貸しの駐車場になりました。


定番
先日の上野公園詣での前日、昼休みにも実は上野界隈に出没していました。
インド料理造りに欠かせないスパイスの調達や、治療院用のプリンター用紙の購入が主な理由だったのですが、他にもうひとつ。

それは、画像のアイレイ・ミストです。

ISLAY MIST

我が家のバックバーには(大げさ?笑)スペイサイド、ハイランド、アイラ、ジャパニーズなどのモルト各種やカルバドス、マールにジン、ラム、ウォッカ、カンパリなどのリキュール等、けっこう集めて有ります。
それぞれ1~2種類ですから、総数はたいしたこと無いのですけどね。
ブレンデッドも幾つか有って、普段飲みにしているものの一つが、画像のアイレイ・ミストです。

ラフロイグをキーモルトにしたブレンド・ウイスキーだそうで、ラフロイグ蒸留所の製品です。
かねてから美味しいブレンドウィスキーだなぁ、と思っていましたが、なにやら謂れがありました。
1920年の終わり頃、ラフロイグ蒸留所に遠来の客を招く際に、ラフロイグをそのまま出すのが憚れたため、もう少し個性控えめ上品に、ということでアイラになじみのない客にも楽しめるよう、グレンリベットやグレン・グラントなどを特別にブレンドしたウィスキーだそうです。
口に運んだ最初の強めのピート香やヨウド香の割りに、含んだ直後に口中に広がる蜂蜜のような甘さや華やかさなどは、まさにブレンデッドならではです。

ちなみに、僕はミスト=霧と思っていましたが、mist=かすみ、だそうです。
ブレンドを担当した責任者が、「fog(霧)の中に包まれているようでしょう」と言ったところ、「いや、mist*(かすみ)の中だよ」と答えたということから、ISLY MISTとなったのだそうです。
アイラ好きの僕もとりこにさせられるくらいの、とても美味しいブレンデットです。
しかも、1500円前後で売っていますから、ものすごくリーズナブルですよ。
ちょっとモルトをかじったくらいの人にブラインドで出したら、ブレンドとは思わないでしょうね。
そのくらい質の良いウィスキーです。

で、なぜに2つ並んでいるかと申しますと、
向かって左側が旧製品で右側が今回購入の新製品です。
飲み比べてみますと、新製品の方が若干煙くて辛いですかねぇ。
旧製品の甘さも捨てがたい(もう無いから買えないって 笑 )ですが、新製品のフレッシュな辛さの方が好みです。
ラベルは、圧倒的に新製品の方が好みです。
だって、旧製品はクッキリハッキリしすぎてて、mistじゃ無いでしょう?

ストレス解消に、適量の(どんだけぇ~~~)お酒は、 “ あるとおもいます! ”



上野公園大陶器市2009春
今日は、お休みを利用して上野公園へ出かけてきました。
目的は、東京都美術館での展覧会2つを観るためだったのですがぁ…・

公園に着いたら、噴水前の広場で初冬にいつもお馴染みの「佐賀物産展と全国大陶器市」を開催しているでは有りませんか。
興味津々も、とりあえず目的の東京都美術館へ。
後日こちらの展覧会情報は書くとしまして、しっかり堪能して帰りがけに寄ってみました。

今回は、飲食飲酒できるお食事処が多数入っていて、陶器を扱っているお店は冬の半分くらいですね。
全体に高級志向のものが多く、目を楽しませていただけるのですが、手が出る程度で気に入った物がなかなか有りません。
と、焼き物の中では好きな萩焼のお店でとても可愛いコーヒーカップを見つけました。

大陶器市2009年5月14日その2

釉薬はツルっとしているガラス仕様です。
萩焼に多い色遣いが優しい雰囲気を醸し出していてホッとさせられます。
画像では判りにくいですが、ソーサーはツートンになっています。
形も、飲み口の当たりの控えめな捲れ感がなんとも愛らしい。
毎朝コーヒーを飲むのが習慣なのですが、明日は使い初めですね。

今年の夏用に、冷酒用の片くちの器を探していたのですが、丁度よいのも見つかりました。

大陶器市2009年5月14日その1

釉薬の使い方が微妙で、遠目ではまるで南部鉄みたいに見えますが(肌触りも似てます)近くに寄ってみると、微妙なボカシが中央にあって、光の加減で大きくも小さくも見える飽きの来ないデザインです。
お猪口も冷酒用に少し大きめにできています。
手にするとサラリ、ひんやりとしていて、まさに夏向き。
この後どんどん暖かく(暑く?)なってくるでしょうから、活躍するのはもう直ぐそこですね。


インフルエンザの注意点
メキシコ発新型インフルエンザA型・・・・・
うれしくないですねぇ。
不幸中の幸いは、弱毒性だったことですね。
もう、2次感染3次感染の時期に入るのでしょうから、医療機関は来院した患者さんの感染由来に関わらず、どんどんタミフルやリレンザで虱潰しに完治させるべきですね。
感染地域の由来の不明を理由に診療拒絶を続けたら、新型旧型に関わらず、犠牲者が大変な数に登るのは明らかですから。

さて、自衛努力で感染を避けるコツがあります。
マスコミが報じていることは概ね正しいですが、抜けていることが有ります。
それは “ 眼 ”
マスクをして、取り扱いに気をつけて、手洗いウガイも十分にしても、感染リスクの高いところや帰宅時に眼を擦ると、眼から感染します。
眼に付着しただけだと涙で流されますが、擦るとウィルスが眼の表面から進入します。
眼を擦らず、帰宅時に眼を洗うことも大事ですよ。

あと、鼻からの感染予防には、ハミング!
お好きな曲をハミングで2~3コーラスかなでますと、感染予防に最適だそうです。
北欧では本当に推奨されています。
面倒くさい方は、生理食塩水などでの鼻洗いも効果的ですよ。

なんとか、水際作戦で、梅雨時季まで国内感染しないように持ちこたえて欲しいものですが。。。。。
免疫増進作戦
4日(月)昼休みを利用して、御徒町の多慶屋に買い物に出かけました。
目的は普段使用しているサプリメントの購入で、こちらは直ぐにゲット。
帰りがけに野菜売り場を覗いてみると…・

ニンニク味噌漬け

青森産のニンニクを大量に安売りしています。
価格はおおよそ1パック500円くらい。
普段は仕事がら控えていますが、実は僕は大のニンニク好きなのです。
連休の初日は、たいていニンニクをたっぷり使った料理を堪能しています。
(ちなみに、本日のランチは「ニンニクいっぱいのナスと魚介のアラビアータ風パスタ・ロッソ」)
5~6年前まではニンニクの味噌漬けを常備していました。
が、近年の輸入野菜の安全性問題もあって、ニンニクの味噌漬けからはすっかり遠のいていた今日この頃。
意識してなかったのですが、飢えてたのですねぇ、この偶然の発見に思わず食指が動いてしまいました。
「久々、造ってみっか!」
ということで、味噌漬け用に2パックゲット。

食べすぎは胃腸の細菌を滅菌させてしまいますので、1回にひと欠片くらいが適量ですが、量を守れば免疫増進にとても効果的です。

作り方は、いたって簡単。
ニンニクのヘタを取り皮をむいてひとカケづつ味噌に埋め込むだけです。
皮むきの際に、傷んでいるものは弾きます。

出来上がりはこちら。

ニンニク味噌漬け2

コツと言えば、空気をきちんと抜くことです。
味噌にニンニクが全部埋まったら、容器の底をトントンと平らなところで念入りに打ちつけます。
容器の側面から見える気泡がどんどん上面へ進んできて無くなっていきます。
容器周辺の気泡がすっかり無くなったら、出来上がり。

ニンニク自体も当然味噌味のお漬け物として食せますし、味噌もニンニクの風味がしっかりと染みたニンニク味噌調味料となります。
ホイコーローや餃子の餡、ラーメンのタレやジンギスカンの漬けダレなど利用範囲がとても広く重宝します。
2~3か月くらいから使用できますが、2~3年経つと独特の熟成が進み他には変えられない美味さに変化します。
さて、シバタ先生はそれまでこらえ切れるのでしょうか?