FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



陰日向に咲く
を、先ほど観ました。
まだ、レンタル開始から日が有りませんから、これから観る予定の方のため、あまり詳しくは申しませんが、そこそこって感じ?

心の琴線に触れる=ストレス解消!には、役立ちました。
でもねぇ・・・・
一言で言えば、「続きは有るの?!」って言うような。

昨日書き込んだ内容にリンクしてしまいますが、涙ポロポロはやっぱり良いですよぉ~
ちょっと物足りなかったかもしんないけどね。

原作本は読んでいないので、そっちの方が気になりますねぇ。。
いまさらですけど、読んでみっかなぁ。

あ!でも今日、楡周平の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京」を仕入れてしまったのだった。
しかも、馳星周の9・11も予約してあるし、鳴海章の新刊も出たばっかりか・・・・
今大石英司の最新刊を読み始めたばかりだしねぇ。
まあ、3ヶ月以降にトライですかね。
文化の秋に向けて、良い題材がザックザクですね。

さて、来月はフェルメール展だな。





スポンサーサイト
隠れストレス
今日患者さんと話題になったことが表題の “ 隠れストレス ” です。
ストレスが様々な健康不良の素になっていることは、有る程度みなさまも理解されていることと思いす。
ストレスとは、心身に対する様々な不快な刺激の総称です。
精神的な  という言い方が多いですから、ストレスといえば「心」と思っていらっしゃる方も多いでしょうが、肉体に対する不快な刺激(限度を超した疲労や負荷、痛い辛いなどの症状など)も、精神に対するのと同様のストレスです。

ストレスは、白血球の中のリンパ球と顆粒球のバランスを崩すことで活性酸素を過剰に造りだし、その結果、正常な組織を傷つけることによって、悪性腫瘍(癌など)や自己免疫疾患、精神病などの性質の悪い病気などを引き起こすことが広く知れてきました。
背骨の歪みもストレスが大きく関係しています。

さて、みなさんがストレスと聞くと何を思い浮かべるでしょう?
対人関係・通勤・経済状態などの金銭関係・ルーティンワーク・無理なスポーツトレーニング・無理な勉学・無理な趣味・不眠・成績の不調・病気や怪我などの体調に関わる症状・天候・などなど・・・・・でしょうか。
他にも色々と、こんなことも僕の私のストレスだぁ~、ということもおありでしょうが、自分で思い浮かべられる(もしくは実感されている)ストレスは、自覚できるストレスですから、それなりに対処が可能ですね。

でも、ストレスは “ 自覚できないストレス ” も在るのです。
例えば、僕もそうでしたが、対人関係の仕事をされていらっしゃる方々は、新人さんのころにはものすごく気を使って「失礼の無い様に、お互いに不利益に成らないように、気分を害さないように、間違いを生じないように・・」と、様々に神経を張り巡らせていたことだと思います。
このころは、一日を終えると、もうドッと疲労が沸いてきてグッタリした日も多かったのでは?
この新人さんの頃には、大変だぁ~そうか、これがストレスだぁ。。。。。と自覚しやすかったのです。
でも、月日が経つごとに慣れてきますから、ベテランと言われる頃にはまったく気にならなくなります。
ここで大事なのは、慣れてくる=ストレスが無い という事では無いのです。
頭の中ではフル回転で全てに神経を張り詰めているけれども、本人が自覚しなくても済むように順応してきたということです。
順応=適応してはいても、気を使っていることに実は新人の頃とそう変わりは有りません。
何気なく出来ている!と思っていることでも、実は、あなたの身体(心も)かなり頑張っているわけです。

このように、上手に対処できるようになったなぁ~というような事柄からくる、自覚できずに澱のように溜まるストレスにどう対応できるかが、健康上とても大切になります。

心身の様々なストレスは脳に溜まります。
つまり、ストレス解消には脳のリフレッシュがとても大事です。
判りやすい(自覚しやすい)ストレスには対処法がそれぞれに有りますので、人生相談やらスポーツで身体から発散するのやら、リラクゼーションなど、適応のもので解消してください。
そして、知らず知らずに溜まるストレスには、泣くのが一番!
涙の中にストレスを発散した際に出る物質が含まれていることは、科学的に判明していますし、同時に大泣きした後に、脳の状態がすっかりリセットされるのも判明しています。
以前は、ストレス発散には大笑いするのが良い、とされていましたが、能への作用する仕組みが違うらしく、泣くことの方がより効果的とのことです。
当然、自覚できるストレスも泣くことで軽減につながりますよ。
泣いて頭(脳)スッキリすれば、ストレスへの具体的な対処方も浮かびやすいですしね。

ただ、意味無くシクシクと泣くのはダメだそうで、要因のはっきりしたことで泣くのが適切だそうです。怒り・悲しみ・感動・慈愛・喜びなんでも良いとのことでしたから、映画でも、本でも、ドラマでも、誰かの悲しい話でも、思い出し泣きでも、これで泣いた!ということがハッキリしていれば、大泣きの後には脳リセット完了!
涙がでなくても、泣きそうな心の状態になってれば効果は一緒だそうです。

ちなみに、カイロは自覚できるストレスは元より、自覚しにくいストレスを溜めにくくします。
つまり、骨格の歪みを軽減することで、神経系が活発になりますから、脳を始めとする神経組織の疲労蓄積の解消が容易になりますし、組織の代謝が活発になり身体全体が健全でストレスに強くなります。

さあ、みなさん、これからは大いに泣いて、リフレッシュいたしましょう。
ちなみに僕は涙腺ゆるいので、映画観ちゃ、本読んじゃ、ドラマ見ちゃ、いっつも泣いてます(笑)

で、痛い・辛いが無くても、心身のリフレッシュにカイロを利用くださぁ~い。





今日は夏至
冬至といえばカボチャ。
さて、では夏至といえば・・・・・
関西では蛸、他、無花果の田楽などを縁起物として食す習慣があるのだそうです。
蛸は足が8本有るので、稲が良く根を張ってすくすく育つようにという思いが有るそうです。
無花果の方は、まさに今の季節物ですね。
なんで無花果?何でしかも田楽?と不思議では有りますが。

とはいえ、縁起物ですので
今日の帰宅時に、帰りがけにあるコンビニで何か無花果を使った食べものは?と探しましたら、有ったのは野菜&果物ジュースでした。
雨がシトシト降っていて、24hスーパーへ寄る気力も無かったもので、つい横着したので仕方ないですねぇ。。。。
ヨーグルトやゼリー、缶飲料なんかを期待していたのですけど。

それにしても、東京の梅雨時は本当に蒸し暑いです。
かといって、治療院のエアコンが20年ものだもので、カラッとさせたいのですが除湿運転でも室温調節難しいです。(直ぐに寒くなっちゃう)
スイッチを入れたり切ったりしてます。

梅雨時は、湿度と低気圧のせいで身体の代謝が落ちてしまって不調に陥りやすいです。
思い切ってバスタブに浸かったり、室内運動やプールなどで思い切り身体を動かしたり、大汗かけるような熱いものや辛いものなどで新陳代謝を活発にするなどが有効ですよ。
背骨が歪んでると、もともとの代謝や自律神経がアンバランスになっていて、不調に拍車をかけますから “ 何をしてもいかんなぁ~ ” と感じる方は早めにカイロですよ。


嬉し愉しの薔薇
嬉し愉し薔薇

この画像は、ご近所の荒川仲町商店街にある花屋さん “ 城北生花さん ” で本日特売されてました。
僕は、以前にこのブログでも書いていますが、黄色の薔薇がとても好きなのです。

今日の夕方、いつもお世話になっている横田酒店さんへ、最近気に入っている微発泡のイタリア赤ワイン(TOFFALI Rubi)を購入しようと商店街を歩いていると、スーパー・グルメシティそば の お花屋さんで出会ってしまいました。
突然のように、黄色い薔薇が店先に。黄色だけど清々しく僕の目に飛び込んできました。
正札には350円の表示。
うん。これなら2~3本とかすみ草を一緒に買ってテーブルに置いておくには丁度良い価格帯だし、
和めそぉ~。と思いつつ・・・・
ワインを購入した帰りにお店に寄って「この薔薇2~3本ください」とお願いしましたら

お店の看板娘いわく 「これ、全部で350円です。お花開いちゃったんですよぉ」 と

言うことで、当然全部購入(と言っても350円)
本日のお買い得品、と言うかこの人生で最大最量(最良)の黄色い薔薇を購入です。
ビックリした~~!
通常価格でこれだけの量の黄色の薔薇を購入したら、いったい何千円になるのかしら?
まるで卒業式の帰り(笑)のごとく、抱えて帰宅してまいりました。

すんばらしいお散歩になりました。
お花屋さん、ありがとう!!


出遭ってしまった・・・・ 美術館三昧 その1
先日の夏休みを利用して、上野の杜の西洋美術館で開催中の “ コロー展 ” へ出掛けてきました。
この日は、以前から決めていた “ 美術館三昧の日 ” です。
始まりは、上野公園 その後 乃木坂 最後は 白金台。 

印象派の父ともいえる、1800年代を代表する画家ジャン=バティスト・カミーユ・コローの展覧会です。
会期が8月いっぱいなので、お盆でちょっと混むかなぁ~と思いつつも出掛けてみました。
コローのモナリザと称される「真珠の女」は、凄かったなぁ。
落ち着いた色使いなのに、迫ってくるような迫力。
モデルの射るような眼差しのその先には、いったい何が見えていたのでしょうか?
現実には当然画家(コロー)がいたのですが、目の焦点はもっと先を見ているようです。
そして、口元はダビィンチのモナリザと同じく、微笑んでいるような、いないような・・・・
久々に圧倒されてしまいました。

真珠の女



そして、この画にじっと見入っていらっしゃったのは、この日出遭ってしまったお方です。
はい。皇后陛下。
開場に合わせて到着してみましたら、上野公園がとても物々しい。
耳にイヤホンを当てた二人一組のいかつい男女が沢山うろうろしています。
水色の車体にパトランプを備えた車両は、まさしく警察車両ですが、マイクロバスを始め複数停車しています。
なんだか、不穏な空気を感じつつ、西洋美術館に到着しましたら、もっと高密度にいらっしゃいます。
いざ入場してみると・・・・
展示会場は、ひとつの展示スペースを埋め尽くすSP!
「混んでいますので、次の展示スペースへどうぞ」と、半強制的に排除されつつ見た先には、いらっしゃいました。皇后陛下。

僕は、一足先に「真珠の女」を(おかげさまで空いてました)堪能させていただきましたが、もう一度見れなかったスペースへ戻ろうとすると、皇后陛下もこの画を熱心に観ておられました。

なんだか、不思議な展覧会の鑑賞となりました。
始めてお目にかかれた皇后陛下に感謝。





美術館三昧 その2
その2は、国立新美術館で模様されている “ ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密 ” です。
こちらも圧巻です。
どうすれば、こんな風に銀器金器を描けるのか?と、もうしげしげと見つめてしまいました。
当たり前ですが、銀色、金色の油絵の具を使っているわけではありません。
白、黄色、黒・・・・影と光をどう見せるのか?そのあたりに秘密が有るのでしょうね。
三原色に光の特徴を重ねると画家達には見えるものが有るのでしょうねぇ・・・

花や果物、木々や生活雑貨などなど。
まるで触れられそうな、そこに在るように描かれた作品群の凄いこと。
描かれた時代も様々で、静物画と共に描かれている聖人や大衆などに時代も見え隠れしています。
ディエゴ・ベラスケス≪薔薇色の衣裳のマルガリータ王女≫もその最たるものですね。

Margarita.jpg



数年前に両国の江戸東京博物館の「エルミタージュ美術館展」で出会った宝石の花束を彷彿させられるような、素敵な展覧会でした。


美術館三昧 その3
“ フランス近代絵画展 ” 松岡美術館 がこの日の美術館三昧の最後です。
ピカソ、モネ、シスレー、ピサロ、ルノアール、モリディアーニなど、印象派を中心とした、とても見ごたえの有る展覧会でした。
主張の強かったのは、やっぱりモリディアーニですねぇ。

モリディアーノ

個人的には、あまり好きな画風では無いのですが、なんだか惹かれるのですよねぇ・・・・
あの暗い目には、いったい何が見えているのだろう(それとも何も見たくないのだろうか?)
他にもルノアールには珍しい?宗教画などもありますし、フランスで一番有名と言われる日本人画家の藤田嗣治の作品も複数掛かっていますし、シャガールも複数点掛かっています。
ピサロの作品は、代表的な点描画の作品以外にも通常の描き方の油彩などもあり、作品点数は多くはないですが、とても愉しめる展覧会でした。


ご近所情報
当院の直ぐご近所に、水泳の北島康介選手のご実家が有ります。
ご実家は、言わずと知れたメンチカツで有名なお肉屋さん。
本日は、100m平泳ぎ金メダル獲得にあやかって、大行列だったそうです。

自己新どころか世界新更新しての金メダル!
すごすぎるご近所さんです。

おめでとうございまーす。


残念でした・・・
オリンピック サッカー男子は予選敗退決定!
VSアメリカ=0:1 VSナイジェリア=1:2 惜敗。

オーバーエージを早い時期からシステムに組み込んでいたら、もう少し違った内容に成っていたのでしょうけどねぇ。
例えば、GKは「マイアミの奇跡」を再び!で川口能活、DFは帰化選手で意気に感じてくれるテューリオ、そしてMFは中村俊介。凄くない?
そりゃ、それぞれの所属チーム事情なんぞも有るでしょうが、日本サッカーにとってオリンピックは特別でしょう。

プレーの内容も「君達は中田英寿じゃないんだよ!」と言いたくなるような難しいことをわざわざする反面、イージーミスを連発するしねぇ。

ワールドカップを含め、日本が本当の世界レベルに上り詰めるには、まだまだ時間が必要なようです。
せめて、最終戦では良いとこを魅せてくださぁ~い。