FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



住野よる 最新作 「麦本三歩の好きなもの」
DSC_1701.jpg

僕の大好きな作家さんの新作です。
はて?住野さんのお知り合いか、さる有名人の講評かしら?とか思っていたら全然違いました(笑)

「麦本三歩」という主人公の女性を内外からの ゛眼”で、現在・過去・未来と、読者が主人公や主人公を取り巻く゛良き人達”のだれかの視線で見守るような、とてもホノボノとした気持ちにさせてくれる良本です。

この作家さんの僕が好きな部分に、その独特な文体があります。
処女作「君の膵臓をたべたい」からはじまり、この前の作品「青くて痛くて脆い」まで、内容にあわせて全て独特の言い回しや文体で、直球で心にビシリ!とくる表現や、行間ならぬ文体から想像を膨らまさせてくれる、書き方の表現だけでもとても楽しませてくださる若いのに実力の凄い作家さんです。

今回の作品では、三歩なる大学卒業後、大学内の図書館に勤務している2年目職員が主人公。
この主人公、自己評価と客観的な評価にとても差のある御仁なのが、読み進めるうちにとても楽しくなります。
そして、励ましたくもなり、ときおり身につまされたりします。
とにかく人物の作り方がとても優れていて、少ない言葉・表現でシンプルにでもきちんと三歩とその取り巻く人達の゛気持ち”が伝わって来るんだなぁ~

この「麦本三歩のすきなもの」は、少しおっちょこちょいな、でもごく普通の(三歩本人は自分を変人と思っている節がありますが)愛すべき主人公と優しい人間関係の お・は・な・し !

とても個人的な視点では、箱菓子袋菓子がいっぱいでてきます。
僕は高校卒業を3年間お菓子の問屋さんに勤めていた関係で、未だに ブルボン とか出てくるともう懐かしくてたまらないんです。
今回の作品中に沢山のブルボン(北日本製菓)の商品が登場してきたりするのも、個人的にはとても楽しかったなぁ~

住野作品のなかで、こんなに度々吹き出させてもらったのは初めてでした。
本当にいろんな角度から゛ひと”を観させることの達人ですね。
帰省の往復で、完読!
もう、次の作品が待ち遠しい!!!

ちなみに、装丁に使われている画像の女性が「住野よる」さん?っておもいましたが、違いました。
この女性は B‌i‌S‌Hという女性アイドル系パンクグループのメンバー・モモコグミカンパニーさんです。
キュートな三歩にとても良く似合う選定ですね。
出版元の幻冬舎さんでの住野よるさんとモモコグミカンパニーさんの対談もとても面白いので、読んでみてくださいね。
対談のページを貼っておきます。
https://www.gentosha.jp/article/12512/


【西日暮里 新三河島 整体・カイロ・骨盤矯正・マタニティ・産後・肩こり・肩甲骨】 

柴田カイロプラクティック 

ベテランカイロプラクター在籍◆小さな力で効果が期待できるスゴ腕施術☆
新三河島駅すぐ☆TEL☆03-3806-7400
営業時間■10:00~20:00 ※13:00~15:00は休憩時間
土曜日のみ19:00まで営業
定休日☆毎週木曜・土日を除く祝日 (土日は祝日に関わらず診療しています)
スポンサーサイト
 SONGS あいみょん の回
無量画像 歌

好きな女性歌手のひとりです。
「こんやこのまま」「マリーゴールド」「君はロックなんか聞かない」「ハルノヒ」など、新進気鋭なのに、もうヒット曲がいっぱいありますね。

少し低めのでも厚みの有る声質で、しっかりと歌い上げているのがすきです。
ファルセットを上手にだせるのも好き!

そして、歌詞もだいすき。
マリーゴールドの「君はマリーゴールドのように~」どんなに綺麗に輝いて見えていたのだろう。
君はロックなんての「君はロックなんて聞かないって~」でも、どんなに自分を理解してほしかったのだろう。
ハレノヒの「北千住駅のプラットホーム~」は、北千住に住んでいた僕には、もうグッとくることこの上なし!

売れる歌手の歌が上手いのは当たり前。
ですが、売れるには訳がある。
時には、裏から手を回す人もいるのでしょうが、このネット環境がととのった時代では、本当の実力を見極められる舞台がしっかりと出来ているとも言えます。
見えないところで、だれかが暗躍していた時代は既に過去なのかもしれませんね。

あいみょん さんは時代にも世間にも、しっかりと評価され確立した自身を持った凄いシンガーソングライターだと思いますよ。

【西日暮里 新三河島 整体・カイロ・骨盤矯正・マタニティ・産後・肩こり・肩甲骨】 

柴田カイロプラクティック 

ベテランカイロプラクター在籍◆小さな力で効果が期待できるスゴ腕施術☆
新三河島駅すぐ☆TEL☆03-3806-7400
営業時間■10:00~20:00 ※13:00~15:00は休憩時間
土曜日のみ19:00まで営業
定休日☆毎週木曜・土日を除く祝日 (土日は祝日に関わらず診療しています)

[READ MORE...]
西野カナさん 大好き!
無料画像 カラオケひとり



好きな歌手のひとりです。
歌も上手ですが、歌詞がとても可愛らしいくて、とってもフェミニンですよね。
僕みたいなオッサンが聴いても、女性の気持ちをスムーズに受け入れられるような歌詞が多いです。

女性ファンの多い西野カナさんですが、僕はこの人の歌こそ男性に聴いて欲しいですね。
男性が女性に対して「なんで???」って思うことの答えがいっぱいあるからです。
男性も女性も異性の理解しにくい事象が沢山在ります。
行動だったり、考え方だったり、身体や心の不調だったり。

特に「トリセツ」は、それがしっかりと理解しやすい歌詞ですね。
ラップぽく語り掛けるようなメロディーも「ねえねえ、女子って、こんなんだから判ってね、理解して包み込んでね」っていう気持ちが歌詞の内容とともに伝わってきます。

先日のSONGSという大泉洋さん司会の歌番組で取り上げられていて、よりいっそう西野カナさんを好きに成りました。
アルバムを二枚同時にリリースされましたね。
買っちゃおうっかなぁ~

音楽は、とっても心を癒します。
柴田カイロでの背骨の矯正ともども、自律神経の安定にはもってこいですね。

【西日暮里 新三河島 整体・カイロ・小顔・骨盤矯正・マタニティ】 
柴田カイロプラクティック 
ベテランカイロプラクター在籍◆小さな力で効果が期待できるスゴ腕施術☆
新三河島駅すぐ☆TEL☆03-3806-7400
営業時間■10:00〜19:00 ※13:00〜15:00は休憩時間
定休日☆毎週木曜・土日を除く祝日
(土日は祝日に関わらず診療しています)

成田名瑠子 著 東京すみっこごはん 最高です! ストレス解消に、是非!!
DSC_0732 (1)


横向きで済みません。
成田名瑠子さん著:東京すみっこごはん の第4作目です。
この作品が大好きで、概刊の3作も既に読み終えています。

4作、どれを読んでも涙なしではいられません。
ですが、悲しい涙では無いのです。
でも、嬉しいだけでもない。

それは、心の機微をしっかりと握られたような安心感からくる涙に感じます。
主人公の高校生の楓が様々な人たちに包まれながら、自分のルーツを探ってゆくドラマです。
そして、そのツールとなるのは、周りを優しく囲んでくれる様々な人たちと お料理・レシピ。

東京のとある私鉄の駅を降りたところに伸びている昭和モダンな商店街。
そこから続き、環状線を超えたところの路地に在る「すみっこごはん」という名の、共同台所。
メンバー制で、誰でも参加ができ、くじで勝った人がお料理を作って振る舞うという、ちょっと変わったシステムのお店?です。

常連さんたちがとても良い味を出しています。
お世話好きのおばさんや、行き詰ってこの店で助けられたOL、口の悪いボクサー崩れ、腕の良い料理人などなど。
これらの方々に、楓とその同級生たち、そしてフラフラと寄り付いてくる心の挫けそうな人達。
そんな人たちが紡いでゆくドラマが素晴らしい!

澱のように溜まってしまったストレスは、この すみっこごはん のような感情移入がしっかりと出来る本や映画などで涙を流すと、しっかりと脳のリセットができるそうです。
みなさ~ん、泣ける作品を沢山読んだり観たりして、しっかりストレス解消してくださいね。

背骨の歪みも大きなストレスの原因です。
柴田カイロもお忘れなく!

【西日暮里 新三河島 整体・カイロ】 
柴田カイロプラクティック 
ベテランカイロプラクター在籍◆小さな力で効果が期待できるスゴ腕施術☆
新三河島駅すぐ☆TEL☆03-3806-7400
営業時間■10:00〜19:00 ※13:00〜15:00は休憩時間
定休日☆毎週木曜・土日を除く祝日
(土日は祝日に関わらず診療しています)
桜木志乃 著 : 裸の華
物凄く感動する一冊でした。
挫折を乗り越えて、新たな一歩を踏み出し試行錯誤しながら前へと進んでゆきます。
躓きながら身を削りながらも、着実に歩き続ける主人公の ノリカ 。
主人公は、元ストリッパー。
そして、選んだ再出発の舞台は、ダンスをメインにしたバーです。
踊りを肴に美味しいお酒を飲んでもらおうという趣向です。

ここに絡んでくる人達も、訳アリの癖のある人達ばっかりなんだけど、その癖を気持ちが良いように受け止められるよう、母親のように優しい気持ちで包んでくれるような素敵なストーリーに仕上げてくれています。
この作家の作品は、結局最後は泣かされるのですが、時折棘が心に刺さるような苦しさを優しさと抱き合わせで突き付けられるものも少なくありません。
ですが、この作品は ただただ素敵。
読めば読むほど、 ノリカ により沿いたくなります。
そして、ノリカを盛り立てる周囲の人物にも、絶大な共感を抱きます。

起承転結が、一作の中に何度もやってくるような 波のような作品です。
もしかしたら、桜木志乃さんの作品の中で一番好きかもしれません。
この作品の中の悲壮感は、けっして後ろ向きではないからかもしれません。
その悲壮感は、全て 決心 という名の前向きの 思い切り と言い換えられるエネルギーなのでは無いでしょうか。

あ~~~~ 本を読むことが好きで良かった。
こんなに感動する作品を書いてくださる 桜木志乃さんに感謝の気持ちでいっぱいです。