FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



鶏がらスープのシチューを久々に!
DSC_0092.jpg


クリームシチューというと、市販のルーを使いますよね。
それはそれで美味しいですし僕もけっこう使います。
でも、ときどき鶏ガラでしっかりと鶏の味を染み出したスープを使ったシチューが食べたくなります。

鶏ガラは、水洗いし熱湯を回しかけてザッと雑味を流します。
そのあと、水から煮出して灰汁を取り除いた後、圧力鍋で20分程度圧力をかけ、そのあとは自然に圧力が下がるまで待ちます。

出来上がったスープを皿にとり少量の塩を加えて味をみます。
スープの味がしっかり出ていたら、とりあえずスープの元はできあがり。
お好きな分量の牛乳を足し入れます。

鶏ガラだけでは味が単調なので、創味シャンタンを少しだけ補います。
コショウやカルダモン、タイムやローリエなでで香りも補います。

そこへ、ニンジン・玉ねぎ・マシュルームとソテーした鶏肉を投入し、8割がた火が通ったところにジャガイモと、粉を振った生鮭のぶつ切りのソテーを投入します。

生じゃけは、最初から投入するとバラバラになってしまいますから、形をしっかりと残せるよう、後から投入しましょうね。

別鍋でバターと米粉を同量で焦げないようにじっくりと炒めます。
先ほどの牛乳を投入したシチューをおたまでこちらのホワイトルーの素へ少しづつ加え、のばしたものをシチューへと加えクリームシチューを仕上げます。

とろけるチーズを加え、塩加減を調整したら出来上がり!
秋の実りをしっかり味わいましょうね。






スポンサーサイト



下北ワイン 勢ぞろい!その2 ケンタと一緒 (^^♪
DSC_0001_BURST20200921135435842.jpg


本日の(21日・月)のお昼御飯です。
デリバリーでケンタッキー・フライド・チキンをおとりよせ。
この秋のスペシャルメニューの柚子を使ったチキンとオリジナルのセットに、お月見チキンフィレサンドとビスケットを添えてあります。

ここに、先ほど紹介した下北ワインのスチューベンをシャンパンと同様に瓶内発酵させたロゼです。
ロゼはけっこう甘味が強いものが多いですが、こちらは辛口。
とってもケンタに合いました。

高温調理の食べ物が体にわるい、というのは今までのブログでもご存じの通りですが、それは頻度にもよります。
小麦粉も同様ですが、普段しっかりと抑制していれば、たまの嗜好品としてくらいは健康に障ることはありません。

食事をする際の重要なポイントは、ストレスを感じないよう美味しく食べることです。
何でもかんでも、美味しさを優先してはいけませんが、例えばパクチーなど嫌いなものを何が何でも克服しようとして「美味しくない!」ということを押さえつけながら食べ続けるのは絶対だめです。
そのストレスが活性酸素を大量発生させますし、自律神経失調から消化吸収も悪くします。

一つや二つ食べられないものがあったとしても、他の食材でしっかり補ってくれますから、そちらで栄養バランスはとれますよね。

身体に溜まるという悪いもの、例えば体内糖化のAGEsや酸化LDL、リノール酸などでも、少量なら健康を左右するほどではありません。

過度に摂らない、大量に摂らない をしっかり実践できていれば、何を食べても大丈夫!
とうことで、食べすぎには注意してね。 (^_-)-☆

ケンタと発泡酒、最高です!!


京成:新三河島駅から徒歩0分 産後ケア・肩こり腰痛
なんでもあれの凄腕施術者が院長
開業30年超えの超ベテランのしっかり施術者在勤

午前10時から午後8時(13時から15時は昼休み)

西日暮里1-37-15-4F
Tel 03-3806-7400 cook@msj.bigllobe.ne.jp
木曜日・土日以外の祝日が休診
絶品!コーンポタージュ
先日北海道の小清水町在住の姉から送ってもらったトウモロコシが、食べごろを少し過ぎてしまいましたので、ちょっともったいないなぁと思いながら、しかし、この絶品トウモロコシでコーンポタージュを作ったら、どんなにかお石のだろうか?と思い当たってしまいました。

ということで、今まで一度もやったことのないモノホンのトウモロコシからコーンポタージュを作ってみましたよ。

まず、トウモロコシはしっかりと火を入れておきます。
僕はレンチン2本で5分です。
他の材料は、牛乳と生クリーム、玉ねぎのみじん切りのバター炒め、味付けは創味シャンタンにコショウです。

DSC_0066.jpg



ゆで上げたトウモロコシを包丁で縦にそぎ落とし、みじん切りにした玉ねぎをバターで炒めて透明になったら、鍋に牛乳と生クリーム(好みで加減してくださいね)と一緒に投入し、ハンドブレンダーで好みの粗さに仕上げます。
僕は、滑らかなほうが好きなので、しっかりと細かくしましたよ。

DSC_0067.jpg


ここへ、創味シャンタンとコショウ少々で味付けをし、トロミ加減や塩加減を牛乳で調整したら出来上がりです。

DSC_0068.jpg


この日の晩御飯は、珍しく妻が帰宅していましたので一緒にいただきました。
メインのメニューは生姜焼き。
妻は脂身が苦手なので、同じロース薄切りでも産地の違う脂身のごく少ないお肉。
逆に僕は脂身が大好きなので、カナダ産のしっかり脂身の付いたロースです。

僕は下味を肉に染み込ませるタイプの生姜焼きは作るのが下手なので(漬け込みすぎてしょっぱくなっちゃう)粉を振って焼き上げ直前にタレを掛け回すのが好きです。

僕のように漬け込みの生姜焼きが苦手な方は、肉に粉をまとわせ、後からタレを掛け回して少しだけに詰めるのが簡単で美味しいですよ。

タレは、みりん・つゆの素・日本酒た1:1:1で薄切り玉ねぎを少しに詰め、チューブの生姜を沢山投入したものです。
甘味が足らなかったら、はちみつ少しを補ってくださいね。
他は、ご自身で美味しい!と思うように調整してください。

京成:新三河島駅から徒歩0分 産後ケア・肩こり腰痛
なんでもあれの凄腕施術者が院長
開業30年超えの超ベテランのしっかり施術者在勤

午前10時から午後8時(13時から15時は昼休み)

西日暮里1-37-15-4F
Tel 03-3806-7400 cook@msj.bigllobe.ne.jp
木曜日・土日以外の祝日が休診
ローソンで「ニャンモナイト」というビールを見つけましたよ!
先日治療院からほど近いローソンにて、このニャンモナイトというビールをゲットいたしました。
ラベルから販売会社をちょっとしらべましたら、ライナという会社の製品です。

以下、ライナ株式会社の公式ホームページからの引用です。

LINAは、Lifeart Naviの頭文字です。ライフアートとは人生をデザインするということ。
一人一人が自分の人生を切り開くための場を提供することで、社会の活性化に貢献しています。

かなり個性的なビールを提供している製造・販売・レストランを総合的に運営されている会社の製品です。

猫好きのシバタ先生ですから、ラベルを観たとたんに購入決定!
ちなみに「ニャンモナイト」とは、あの古代の貝「アンモナイト」のようにネコちゃんがグルンととぐろを巻いたようにまあるくなった状態を指す俗語とのこと。
こちらのビールでは、ネコパンチとか楽しい猫関わりのビールを多数販売しているうちの一つです。


DSC_0063.jpg


あまり商品の紹介がラベルにもサイトにも無いので、とりあえず僕が飲んだ感想を書きますね。
ホップの風味がかなり強いエールです。
色の割には味わいは軽くて、僕的にはもう少しどっしりとした味わいのほうが良かったかな。
でも、ペールエールに慣れていない初心者の方には良いかも。


ビールはその日その時の気分で味わいを選べるのがとても素敵です。
それに、ワインほど難しくないですし、ピルスナー(軽い)エール(重い)くらいの違いしか分からなくても、そこそこ飲みたい気分に合わせられやすいですよね。
僕は海水浴などのさいに水代わりにゴクゴクと飲むのでしたら、バドワイザーやハイネケンが好きです。
一日の終わりに、しっとりしたいのでしたら、ベルギービールのシメイ(青)などでドッシリと行きたいですね。

DSC_0064.jpg


こちらのニャンモナイトは、重すぎず軽すぎず、食事と一緒に手軽に頂くのにはもってこいですね。
濃すぎないですから、食事の邪魔をしにくいですし、どっしりしたビールが好きな僕にとっては、飲みごたえも楽しめます。

今ならローソンで様々なシリーズを打ってますから、興味のある方はお早めに購入しましょうね。
限定販売ですから、急がないと無くなっちゃうかもしれませんよ。 (^_-)-☆


京成:新三河島駅から徒歩0分 産後ケア・肩こり腰痛
なんでもあれの凄腕施術者が院長
開業30年超えの超ベテランのしっかり施術者在勤

午前10時から午後8時(13時から15時は昼休み)

西日暮里1-37-15-4F
Tel 03-3806-7400 cook@msj.bigllobe.ne.jp
木曜日・土日以外の祝日が休診

60歳のお誕生日ディナーは、ローストビーフ!
DSC_0057.jpg


昨夜の僕の自作ディナーです。
このブログで以前ご紹介した「炊飯器で作る低温調理の厚切りステーキ」と同様に、牛肩ロースの塊を炊飯器の保存モードで低温調理してみましたよ。

まず、塊肉に塩コショウとローリエやカルダモンなどで下味をつけ、玉ねぎ・長ネギ・人参・生姜などと一緒にジップロックに詰め込んで1時間ほどマリネしておきます。

マリネ終了後、肉全体を強火で焼き付けて、全体に焼き色がついたら、再び漬け込んだ野菜と一緒にジップロックに再び密封します。

あらかじめ湯沸かし器の温度を60度に設定し、ジャーにセットしておきます。
そこへ、ジップロックに密封した先ほどの牛肉の塊を投入し、40~50分程度炊飯器の保存モードで低温過熱すれば出来上がり。

お肉の厚みなどで火の通り方が違いますから、30分たったところでいったん取り出して、厚い部分に包丁を入れ、加熱の具合を確認しその後の加熱時間を調整してみてくださいね。

低温調理は、お肉に味がしっかり美味しいくて、とっても柔らかな口触りが溜まりません。
お肉全体がロゼピンクになっているのが理想です。

自画自賛で申し訳ないですが、実際にとっても美味しいセルフお誕生日ディナーとなりました。
遅くに帰宅した妻にも食べてもらいましたが、絶賛でした。

シバタ先生60歳!私生活もお仕事も、まだまだどんどん工夫し、この先も充実した生活・お仕事を目指しま~す!!


京成:新三河島駅から徒歩0分 産後ケア・肩こり腰痛
なんでもあれの凄腕施術者が院長
開業30年超えの超ベテランのしっかり施術者在勤

午前10時から午後8時(13時から15時は昼休み)

西日暮里1-37-15-4F
Tel 03-3806-7400 cook@msj.bigllobe.ne.jp
木曜日・土日以外の祝日が休診