FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



豚汁 その2
ここでは、既に最後の具材の長ネギが大き目の中に斜め切りで投入されています。
ここに至るまでの手順は、まず豚肉を一口大に切り分け炒めつけます。
ゴマ油を大さじ2杯程度加えてから人参・レンコン・大根など火の通りにくい食材を一緒に炒めます。
食材に油が廻ったら、日本酒・みりんを加えてから強火にし、酒っ気をとばしたら水を加え、出汁の素も大さじ1杯加えます。
煮立ったら、しっかりゴシゴシと揉み洗いした蒟蒻をさいの目に切り分けて薄切りにした椎茸、お揚げと一緒に加えます。

DSC_1016.jpg

椎茸の軸も、石づきを取り除き千切りにして加えると、シイタケの旨味がしっかりと加わります。
豚汁ですと、他の旨味が強くて判りにくいですが、椎茸とお揚げのお味噌汁などの際には、あると無いとではまったく違う味わいに成りますから、試してみてくださいね。

出汁を加えてからレンコンに6分通りに火が通ったら、ジャガイモ(もしくは里芋)を投入します。
ジャガイモに8分通り火が通ったら、汁の素と味噌を加えます。
最初から味噌を投入しないのは、味噌や醤油は最初に加えてしまうと、その後の味が食材に入ってこないから。
甘味や旨味は最初にしっかりと滲みさせることが肝心です。
とはいえ、お味噌の味を全体に廻したいですから、お味噌汁のような仕上がり直前の味噌投入では遅いので、ジャガイモがに上がる手前で味噌と汁の素で味を調えます。

DSC_1018.jpg


これが、できあがり。
薬研堀の七味を添えて美味しく頂きましたよ。 (*^^)v


【西日暮里 新三河島 整体・カイロ・小顔・骨盤矯正・マタニティ】 
柴田カイロプラクティック 
ベテランカイロプラクター在籍◆小さな力で効果が期待できるスゴ腕施術☆
新三河島駅すぐ☆TEL☆03-3806-7400
営業時間■10:00?19:00 ※13:00?15:00は休憩時間
定休日☆毎週木曜・土日を除く祝日
(土日は祝日に関わらず診療しています)
スポンサーサイト
豚汁 その1
今日は凄く寒いので、晩御飯は豚汁にしてみました。
作り方は、お料理ができる方には邪魔くさいかもしれませんが、知らない方にはきっと参考に成りますよ。

DSC_1015.jpg


こちらの画像は、既に長ネギ以外の食材を投入した後に煮込んでいるところです。
では、煮込む前までの手順を少々。

具材は、お野菜と豚肉にお味噌でほぼ何でもよいのです。
今回は、人参・大根・芋(僕はジャガイモ、普通は里芋)・豚肉のお好きな部位(僕はバラ肉)・こんにゃく・椎茸・レンコン(ゴボウも良いですよね)・お揚げと椎茸。
量は、それぞれのご家庭によって違ってくるのでしょうが、僕は一度に二人で2回食べられるくらいつくりますから、おおよそ4~5人前くらい?

ここに、調味料ですね。
味噌は市販の合わせみそです。
あとは、無化調の出汁の素各種・みりん・日本酒(飲んでも美味しいやつ)・汁の素。
味噌に様々なアミノ酸調味料を足し算することで、とっても深い味わいを作り出せます。
ここに素材の旨味が加わるのですから、たまりません!


DSC_1016.jpg

具体的な作り方は、その2でね。

【西日暮里 新三河島 整体・カイロ・小顔・骨盤矯正・マタニティ】 
柴田カイロプラクティック 
ベテランカイロプラクター在籍◆小さな力で効果が期待できるスゴ腕施術☆
新三河島駅すぐ☆TEL☆03-3806-7400
営業時間■10:00?19:00 ※13:00?15:00は休憩時間
定休日☆毎週木曜・土日を除く祝日
(土日は祝日に関わらず診療しています)

今日は節分
節分と言えば、恵方巻!
我が家は僕の手造りです。

DSC_0999.jpg


具材は、かんぴょう、煮含めた椎茸、細かめに切ってゴマをあしらったキュウリ、紅ショウガ、マグロ、卵焼き、とび卵、数の子、切りアナゴ、紫蘇かなり
です。
中太巻きにするつもりが、しっかり太巻きになってしまいました。
とはいえ、酢飯が少なめで一本あたりごく軽くお茶碗一膳分くらい。
恵方巻は切らないもの、と以前どこかで聞いたので、恵方巻の切り口を見せられないのが残念です。
汁ものは、トトロ昆布のお醤油仕立て。

我が家は毎年手造りの恵方巻です。
それは、僕が北海道に住んでいたころ、数か月でしたがお寿司屋さんに務めていて、ニギリや巻物の修行をすこしだけしていたから。
すし酢の合わせ方も寿司屋仕込み。

ということで、かなり本格的な恵方巻になっています。
ただ、けっこう大き目の太巻きになってしまいましたので、吉方を向いて半分まで食べたら、あとはおかずを頂きながら普通に食べることにいたしました。
とっても美味しかったです。

上手に巻物を巻くこつは、なんといっても酢飯を少な目にし、海苔の上部を2センチくらいご飯を載せないこと。
欲張って具材を多くし過ぎると、巻き切れなくなってしまいますのでご注意くださいね。

邪気を払い幸福を呼び込む節分です。
背骨の歪みと言う邪気の払拭は、柴田カイロへお任せくださいね。


【西日暮里 新三河島 整体・カイロ・小顔・骨盤矯正・マタニティ】 
柴田カイロプラクティック 
ベテランカイロプラクター在籍◆小さな力で効果が期待できるスゴ腕施術☆
新三河島駅すぐ☆TEL☆03-3806-7400
営業時間■10:00?19:00 ※13:00?15:00は休憩時間
定休日☆毎週木曜・土日を除く祝日
(土日は祝日に関わらず診療しています)
ラタトゥイユのある食事
DSC_0998.jpg


材料は、トマト・玉ねぎ・オクラ・ナス・ピーマン・タコ・ベーコンです。
タコやベーコンは普通はいれませんよね。
それに、オクラもズッキーニの代わりなんですが、こちらもいれませんよね。
本当は、ピーマンじゃなく、パプリカですしねぇ~
そうです!自由な柴田家のラタトゥイユは、トマトベースで野菜いっぱいだったら、それもあり!
しかも、妻の好きなタコは外せません(この時点で、既にラタトゥイユではないのかなぁ・・・ (笑) )

本来のラタトゥイユを忠実に造ろうとすると、それぞれの食材を別々に調理し、最後に合わせるのだそうですが、それは美味しいお店にお任せして、自宅では自己満足のお料理で勘弁していただきましょうね。

DSC_0995.jpg


今日使用した白ワインが、この画像のSANTAのソービニヨンブランです。
僕は酸味が強い白ワインは苦手なのですが、こちらはとってもバランスが良いです。
甘味も控えめなので食中にもまったく問題ありません。
近年の「ワインに迷ったらチリ産」というがピッタリのとってもコストパフォーマンスが嬉しい、とっても美味しいワインです。

この白ワインと胡椒に創美シャンタンを追加して、しばし煮込むと柴田家のラタトゥイユのできあがり!

レンコンのキンピラと、ベーコンエッグを添えた和風ハンバーグが今日の晩御飯です。
我が家は晩ご飯では(僕は一日中)炭水化物を摂りませんので、この野菜とタンパク質いっぱいのお料理が定番ですね。


【西日暮里 新三河島 整体・カイロ・小顔・骨盤矯正・マタニティ】 
柴田カイロプラクティック 
ベテランカイロプラクター在籍◆小さな力で効果が期待できるスゴ腕施術☆
新三河島駅すぐ☆TEL☆03-3806-7400
営業時間■10:00?19:00 ※13:00?15:00は休憩時間
定休日☆毎週木曜・土日を除く祝日
(土日は祝日に関わらず診療しています)
今朝の朝食その2
DSC_0994.jpg


お味噌汁は、妻が大好きな紫蘇をつかってみました。
単調にならないように、他の具には舞茸とお揚げを使いました。
舞茸からとっても美味しい出汁がでますし、お揚げがお味噌汁らしい風味を醸し出してくれています。

余談ですが、僕が初めて作ったお味噌汁は小学校の家庭科の調理実習でした。
この時のお味噌汁は、長ネギとお揚げだけのシンプルなものでしたが、それがとっても美味しかった!
たぶん、用意されていた出汁などが自家製と違っていたので、ある意味非日常だったことも印象が深くなった要因なのかもしれません。
母の作ってくれる日々のお味噌汁もとっても美味しかったんですよ。母ありがとうm(__)m

前のブログで書いた「山漬け」の鮭は、僕の郷土独特の塩漬けの方法だそうです、鮭を塩漬けしながら山のように盛り上げるのだそう。
減塩が言われて久しい日本ですが、この作り方の塩鮭は、塩と圧力とで余分な水分が押し出されて旨みが凝縮されます。
焼いた際に、塩の回りやすいハラミの塩辛さと厚い身の薄塩の旨味のバランスが半端ないです!

今日の朝食は、殊の外妻に喜んでいただけました。
美味しいは嬉しい! 嬉しいは元気の素。 妻への感謝を込めて。


【西日暮里 新三河島 整体・カイロ・小顔・骨盤矯正・マタニティ】 
柴田カイロプラクティック 
ベテランカイロプラクター在籍◆小さな力で効果が期待できるスゴ腕施術☆
新三河島駅すぐ☆TEL☆03-3806-7400
営業時間■10:00?19:00 ※13:00?15:00は休憩時間
定休日☆毎週木曜・土日を除く祝日
(土日は祝日に関わらず診療しています)