FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



僕のカイロプラクターとしての糧
ホットペッパービューティーの当院サイトへの口コミで、アスリートの方からありがたい投稿を頂きました。

僕自身は、スポーツは中学生の時のサッカーと社会人での野球、鼠径ヘルニアの手術の前までの筋トレとウォーキングくらいですから、経験値としてはたいしてありません。
ですから、経験のないスポーツやお仕事の患者さんがご来院された際には、可能な限り身体への影響を調べることにしています。
仕事も、デスクワークの経験はほぼ無く、北海道で高卒で就職した お菓子のナシオ で倉庫管理・配送業務のトラックで配送するとか倉庫の在庫整理・管理しかありません。
指圧学校の学生時代でも、お弁当屋さんやヤマハの楽器売り場の売り子さんとか、身体を使う仕事ばかり。
ですから、特に開院当初はもとより、今でも把握できないお仕事やスポーツのご経験者が来院された際はとても気を使います。
メールやホットペッパービューティーでのご予約ですと、予め当院へお知らせいただけますので、スポーツ経験やお仕事内容をご記載いただけると予め予習しておきますよ。

余談ですが、先日ゴルフの全米プロをとても楽しく観させていただきました。
でもね、僕はゴルフができません。
何故楽しめたかと言いますと、ご利用者様にゴルフで身体を傷めて来院される方がとても多いので、初心者向けのゴルフ情報誌をよく読んでいたから。
知らないうちに、観る分にはゴルフを楽しめるように成っていました。
野球が出来ない方でも野球を楽しく観戦できるのと一緒ですね。

これからもしっかり勉強 頑張るぞォ~

スポンサーサイト
猫も背骨が歪むんですよ
ただ、猫の場合は運動不足よりはアクシデントでしょうね。

僕が過去に飼っていた2匹の猫ちゃん、両方とも背骨のマッサージが大好きでした。
特に後から買ったアメショの“そら”君は、ふだんは膝に全然乗ってこないのですが、寄って来た時にサッと背骨を指圧し始めると、ノドを鳴らしながら膝と言わずノベェ~っと伸び伸びになってノドを鳴らしてリラックスし、マッサージを辞めようとすると「もっと!」と僕の顔を見つめてたのを思い出します。

ですがぁ・・・・・
どちらのネコちゃんもカイロはあんまり好きじゃない。
マッサージをしながら背骨の歪んでるところを見つけると、確定するために歪んでいる椎骨を戻る方へと押してみます。
そうすると「んなぁ~~~」と牙を見せて嫌がります。
歪んだ背骨は特定の方向から押すと痛いのですが、人も猫も同じなんでしょうね。
とはいえ、これで嫌われたようでも無いので、少し痛くても気持ちの良いマッサージの方が上回ってたんでしょうか?

逃げられる前に、素早く親指と人差し指で「キュウッ」っと矯正するのですが、アジャスト自体は痛くないらしく触診の時のような怖い反応はありません。
で、マッサージを再開すると、またのどゴロゴロに戻ります。
もしかしたら、カイロの効果もけっこう感じてたんだったりしてね。

イギリスでは、競走馬のカイロが有って効果を上げているとのこと。
言葉を話せない動物の背骨の訴えをどうしたら良いのでしょうねぇ・・・・



寝苦しいですよねぇ・・・・
今年の夏は、とっても暑い!
少しでも睡眠の質を上げたいところです。
エアコンの調整も難しく、途中で起きてしまうことも多いでしょう。
ですから、せめて寝入りばなの一番睡眠の深くなるタイミングだけでも改善したいものですね。

暑さだけではなく、スマホやPC、TVなどの強い光を観ていても交感神経優位が強く成りすぎ睡眠障害を起こしてしまいます。
これらを改善する秘訣がありますよ。

耳全体を温かくなるまで揉んでください。
耳には、三叉神経と迷走神経という副交感神経が枝を出しています。
しかも、脳にとても近いので直ぐに反応します。
つまり、耳は睡眠に不可欠な副交感神経優位のスイッチなんですよ。

寝る20分くらい前から耳を揉み、そのあとは光るものは見ないでね。
ちなみに、頸椎~腰椎のいわゆる背骨の歪みが強いと、それだけで交感神経優位になります。
背骨の歪みが強い方は、なかなか睡眠障害から抜け出せませんので、耳を揉んでも寝付けない・夜中に起きちゃう・早く起きすぎるような方々は、早めに当院を受診くださいね。

足膝関節とカイロ その2 足関節
手や足には骨のアーチが在るのはご存知でしょうか?
足のアーチが崩れると足関節周辺の痛みや後天的偏平足(開帳足)、外反母趾になってしまいます。
足を酷使するスポーツなどだけでなく、歩き回る営業職の方や立ち仕事などの方なども足自体の過労によって生じます。

骨盤の歪みが慢性的に続くと、前回の膝関節だけでなく足関節も歪みます。
背骨・骨盤の歪みによって、足首を構成している脛骨(けいこつ・スネの骨)腓骨(ひこつ・スネの外側の細い骨)足根骨(そっこんこつ・足首の骨)がそれぞれ正常な位置からズレて結果、足のアーチが崩れ、足関節自体も支えにくく痛みや違和感を生じやすくなります。
これは、骨盤の歪みで腓骨が独特のズレ方をすることが一番の理由なので、骨盤への施術に合わせて腓骨も元の位置へ戻りやすくする施術がとても肝心です。それに合わせて足アーチを取り戻すような足関節・足の甲へのアプローチも必要になります。

膝の回でも話しましたが、自助努力としてアーチを取り戻し維持するための筋トレやインソールなどの工夫も必要になります。
当院では、施術に合わせ、これらのお話もご来院時にアドバイスさせていただいています。

手・足の関節も柴田カイロにお任せください!

足膝関節とカイロ その1膝関節
膝を支えている筋肉は、大腿四頭筋とふくらはぎ(下腿三頭筋)、内転筋とハムストリングです。
これらにしっかりと力が出ていれば、膝関節を維持できます。
ですが、筋力低下などで、これらの筋肉に力が出なくなると、膝が上下で傾き前後に滑り、あげくに関節炎を生じてしまいます。

でもね、実はその手前があるんですよ。
骨盤・腰椎が歪むと膝に関わる大腿神経や坐骨神経・閉鎖神経の不具合から、神経レベルの低下を招き関節自体に問題(変形の成り掛け)がまったくなくても同様の痛みを生じますよ。
腰が悪くて膝に痛みが出た際は、関節自体にはまったく問題が有りませんから検査でも判らなくて「疲れでしょうかね?」程度の診断で終わってしまいます。

ですが、この不定愁訴的グレーな状態は、たいていカイロの適応なんですよねぇ~
骨盤・脊柱の歪み由来で神経レベルが下がっている状態は、カイロの施術で神経レベルが復活すると解消が可能です。

実は、柴田カイロは運動療法などもけっこう知っています。
筋トレや運動を無理なくこなしながら、カイロで神経を回復してゆくと思った以上に回復が速いものですよ。