柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



梅雨とカイロ
梅雨といえば低気圧と湿度ですねぇ。
鬱陶しい時季で曇り空やシトシト雨模様ってだけでも気持ちがウツウツしがちです。
気持ちが下がると、身体も下がる?

はい! 気圧の低下と湿度が上がること、更に気温の乱高下は、体調不良の大きな原因になることが判っています。

実は背骨・骨盤のゆがみが有る程度以上になっていると、自律神経や視床下部(自律神経の中枢)のバランスが崩れています。
そして、この自律神経のバランスが崩れている方は、梅雨時の鬱陶しさが割り増しになりますよ。

自律神経は、身体を常に適切な状態を維持するための恒常性維持をおこなうのが仕事です。
この自律神経の仕事が、ストレスや背骨の歪み等で上手くできなくなっていると、環境に対し適切に身体を維持することが難しくなります。

ということで、肩こり、腰痛、偏頭痛、睡眠障害など、背骨由来の症状をお持ちの方は、カイロ受診で辛さが軽減されることも期待できますよ。

スポンサーサイト
ぎっくり腰は癖になる?
骨格の歪みや繰り返す疲労蓄積箇所がウィークポイントを創りだしてしまいます。
骨格は、カイロで改善できますが、ぎっくり腰を同じ個所でくりかえすと、その箇所(腰椎とか腰仙関節とか)に弱い箇所を抱えてしまいます。
この弱い箇所と骨格の歪みの弱い箇所が、改善できないまま過ぎることが、ぎっくり腰の “癖” になります。

関節の物理的に脆弱になった部分は、他の箇所から支えやすい筋肉を鍛えることで庇うことが必要です。
骨格の歪みも、そのまま放っておくとより歪み、ぎっくり腰だけでなく脊柱管狭窄症などの要因ともなります。
歪みを正せば、少なくとも骨格と神経支配とから、弱い部分も支えやすくなります。

弱い筋肉を鍛えることと、骨格をしっかりと正すことで、ぎっくり腰はしっかりと予防ができますよ。
癖に成るのなら、癖をなくせばよい!

カイロでみなさん元気になってくださいね。

足の甲のアーチ
外反母趾の原因はひとつでは無いんですよ。
ハイヒールや歩き方など、理解しやすい原因は確かにあります。
ですが、それだけでは無いんです。

骨盤が歪むと、股関節→膝→足首と歪(ひずみ)が進んでゆきます。
その成れの果ても外反母趾です。
ですから、女性だけではなく、骨盤の歪んでいる男性にも外反母趾は生じます。
また、ヒールやパンプスなどの足に負担のかかる靴だけではなく、骨盤のゆがみからも外反母趾は生じます。

女性は、骨格の特徴から骨盤の歪みは男性よりも進みやすいですから、履く靴と骨格の歪み由来で外反母趾に陥りやすいんですよ。
靴などの足のフォローに合わせ、骨盤や膝・足首・足アーチなどをカイロで治すことで、外反母趾から少しづつ快方されるかたもいらっしゃります。
角度が浅い方は、早めに柴田カイロの受診がお勧めです。

土踏まずを下から適度に押し上げてくれるインソールの装着も効果大ですよ。




ぎっくり腰の注意事項
え~~~~~っと、とりあえず、動けない位の痛みに陥ったら、救急車を呼んででも病院に行きましょうね。
大抵は、腰椎捻挫に成っていて整形外科の診察・診療と処置(たいていは投薬)が必要になります。
急に現れた酷い痛みは、炎症性です。
足首手首の捻挫と一緒です。
腰の痛みは「温めよう!」は間違いです。
よほど条件が合わなければ、悪化します。
慢性腰痛の延長戦でも、激痛だったら炎症が考えられます。
ですから、整形外科でレントゲン撮影が(炎症が有れば濁って写るし、変形や骨折も判ります)第一です。
病院で消炎鎮痛剤を処方されるだけで、たいていは痛みが半減します。

カイロの出番は、この半減した後が多いです。
痛み2~3割(時には9割ですが)は、背骨の歪みが背骨の不安定を生みますし炎症箇所でも歪み自体が神経を圧迫しています。
ですから、炎症箇所に影響を出さない部分から、全体の安定を得られるような施術で、痛めた箇所を支えやすくするのと、炎症箇所の当該関節のリリースから症状の軽減を図ります。

たまに、カイロ優先で来てくださって、スタスタ歩いて帰られるくらいに改善することもありますが、大抵は先に炎症を抑えた方が結果が良いですよ。
動けない位か、それに準じた症状を発祥した方は、先に整形外科の受診が必須です。
今日のような土日祝日などは、休日診療や救急受付をしている病院で処置を受けてくださいね。

ラブドック 追記
この映画は、人物のアップがとても多かったので、役者さんの顔をしっかりと診られました。
吉田剛太郎さんと広末涼子さんの眼の開き方の差が気に成りましたね。
以前から思っていましたし、もしかしたら、このブログでも書いていたかもしれませんが、眼の開き方に左右差がある方のかなりの方々が、頸椎や骨盤に強い歪みをもっています。

この映画の中にも、スポーツトレーナー兼整体師がでてきます。
それもあって、いつも以上に仕事モードに成っていたのかもしれません。

当院に来ると、眼の大きさの違いの原因も判るかもしれませんよ。
ふふ。