FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



エレベーターは密室です!マスク着用は必須だぞ!!
エレベーターのイラスト

マンションなど集合住宅では、住人はもとより管理人さんや集配の方など、様々な方が出入りしますので、ほぼ表と変わらない環境といえます。

僕は新型コロナがはやり始めたころから、ゴミ出しやポストの回収などでロビーやごみ集積所などへ降りた際には、帰宅後すぐどこにも触らない状態でまず手の消毒をし、それから手洗い・うがい・鼻洗い・洗顔を済ませます。
当然、マスクも着用していますよ。

一番怖いのは、エレベーター内です。
仮にマスクを全員がしていたとしても、くしゃみゃ咳をエレベーター内でされたたら、箱の中はエアロゾルで汚染されます。
いつだれが乗ったのか判らないわけですから、そこにエアロゾルはあった、と思って行動するのが最善でしょう。

飛沫を浴びるという意味では、最近熱中症予防で人気のないところではマスクを外すのが推奨されていますし、実際表を歩いている際は人が行きかっていなければマスクは外すべきです。

ですが、エレベーター内では絶対にマスクはしていないと困ります。
あんな狭い空間で仮に咳やクシャミをマスク無しでされたらどうします?
エチケットではない、必須だと僕は思います。

荷物を持ってないときは、階段使おうかなぁ・・・・

京成:新三河島駅から徒歩0分 産後ケア・肩こり腰痛
なんでもあれの凄腕施術者が院長
開業30年超えの超ベテランのしっかり施術者在勤

午前10時から午後8時(13時から15時は昼休み)

西日暮里1-37-15-4F
Tel 03-3806-7400 cook@msj.bigllobe.ne.jp
木曜日・土日以外の祝日が休診
スポンサーサイト



ついに明日、当院のエアコンFHY71BHくん、入れ替えです。(/_;)
当院が今の黒澤ビル(当時は長嶋ビル)へ移転してきたのは、1996年。
そして、その時にビル4F の今のフロアに付いていたエアコンが「ダイキン FHY71BH」です。
3馬力の天吊り業務用エアコンです。
この時点で、FHY71BHくん、12歳でした。
業務用エアコンの寿命は、ネットで調べたところおおよそ6年~15年だそうです。
既に、寿命がきててもおかしくなかったFHY71くんでしたが、その後なんと今日まで24シーズンにわたり2度の簡単な修理だけでしっかりと働き続けてくれました。

DSC_2741.jpg

像彼の雄姿です。
手前の室外機が当院のものです。
奥のものに比べるとその年季がお判りになるかと思います。
風雨に晒され、それに耐え、36年間も当院へ冷暖房を供給しつづけてくれました。
こんなになっても、今日までしっかりと僕の仕事を支え続けてくれたことに、涙がでそうです。

DSC_2743-1.jpg

当院室内の天井に吊り下げられている、FHY71BHくん。
フィルターのお掃除のついでに埃の掃除や、中で回っている送風ローターに次亜塩素酸水の散布などはしていますが、特別みがいているわけでもありません。
ですがまさか36歳だなんて思えないくらいに若々しい!

ワンちゃんは主に似る(その逆も)と言います。
僕は来月60歳ですが、自分で言うのもなんですが、年相応よりは若く観られるのは、もしかしたらFHY71BHくんが若々しかったからかな?

DSC_2744.jpg


年齢査証といわれると彼が困るので、証拠に室内機の表示を貼っておきますね。
僕は、基本ものを入れ替えるタイミングは、そのモノが使えなくなった時点です。
今まだしっかりと働いてくれているFHY71BHくんを、まだ動いている(生きている)うちに入れ替えるのは、本来僕の真意ではありません。
ですが、夏真っ最中で、冬にエラーが出まくってしまったことを考えると、泣く泣く入れ替えざる終えなかったのです。

できれば、影響の少ない冬に壊れてくたら、エアコン君も僕も納得がいったのでしょうけどね。
人生、なかなかしょっぱいです。  (/_;)


京成:新三河島駅から徒歩0分 産後ケア・肩こり腰痛
なんでもあれの凄腕施術者が院長
開業30年超えの超ベテランのしっかり施術者在勤

午前10時から午後8時(13時から15時は昼休み)

西日暮里1-37-15-4F
Tel 03-3806-7400 cook@msj.bigllobe.ne.jp
木曜日・土日以外の祝日が休診
花火の季節です。アルコール消毒にはご注意を!!
花火をする母娘のイラスト


少し考えればどなたでもお解りのこととは思いますが、絶対にやってはいけないことがあります。
それは、アルコール消毒をしたばかりの手で、手持ち花火は絶対にやってはいけません。
かなりの時間アルコールが皮膚に残りますから、手持ち花火から火が体に燃え移ります。

実際、アメリカではこの事故が多発し問題になっているそうです。
線香花火ですら、1000度に達するそうです。
あの可愛らしいパチパチと爆ぜる小さな火花が、アルコール消毒をしたあなたを襲うことになりますよ。

花火を楽しむ際には、アルコールはぜったいに使用せず、事前にしっかりと手洗いをして臨みましょう。
以前にこのブログでも書きましたが、アルコールの発火温度はとてつもなく低く、しかも着火しやすいです。

消毒のアルコールが衣服についていても当然おなじように危険です。
普段アルコールスプレイで消毒を行っていらっしゃる方は、花火だけでなくとにかく火の気に注意して生活してくださいね。


京成:新三河島駅から徒歩0分 産後ケア・肩こり腰痛
なんでもあれの凄腕施術者が院長
開業30年超えの超ベテランのしっかり施術者在勤

午前10時から午後8時(13時から15時は昼休み)

西日暮里1-37-15-4F
Tel 03-3806-7400 cook@msj.bigllobe.ne.jp
木曜日・土日以外の祝日が休診

柴田カイロの初診時には、20分程度の説明時間を覚悟してくださいね。

それは、ほぼほぼ20分くらいはカイロと症状への説明でいっぱいだからです。
たいていの方が、直ぐに施術に入れると思われるようなのですが、でも、そうはいかないのが“柴田カイロ”なんですよぉ~

カイロは判りにくい、怖い、って思われている方がとても多いのは存じております。
その一つの要因は、説明不足だから。

だって、ディバーシファイドテクニックで、どうしてバキバキボキボキって音がするか説明してもらったことありますか?
これは、ほぼほぼ指を鳴らすのと同じ理屈です。
強張って窮屈な関節内で、本来液状に解けている炭酸ガスが泡になってはじけるんだそうです。

「指鳴らすのと同じです」って説明受けてたら、体に余分な力は入らないでしょ?
何も説明されずに、とつぜん「ボキッ」ってされたら、そりゃ驚きますよ。

当院ですと、トムソンテーブルを使用しますから、アジャストメントの際に振動や機械音がしますので、それがどうしてか?ということも良く説明してます

なんで治る?は、背骨の関節の固着が解けると関節をモニターしているセンサー(受容器)が復活し、恒常性維持機能を持っている視床下部が受け取った情報から生理的彎曲へ戻します。
なんで悪くなる?は、関節の固着や位置の悪さから、このセンサー(受容器)がお休みするから。

そして、脳脊髄液の循環のポンプである頭蓋骨と仙骨も強張って「脳脊髄液の循環障害」を生じて中枢も機能低下を起こしますし、逆に仙腸関節や縫合(頭蓋骨の関節)がリリースされれば、脳脊髄液の循環が復活し、中枢からも機能向上が生じます。

ここまでの説明でも、字づらだけでは理解しにくいかとは思います。
ですが、骨格標本や解説図などと併せて説明しますので、実際の説明では、そこそこお分かりになるかと思います。

とはいえ、背骨の基本の「生理的彎曲」から始まるのが、柴田カイロの初診時のご説明です。
必要な「安心感」をしっかりと実感していただき、実際の施術に臨んでくださいね。 (^_-)-☆

京成:新三河島駅から徒歩0分 産後ケア・肩こり腰痛
なんでもあれの凄腕施術者が院長
開業30年超えの超ベテランのしっかり施術者在勤

午前10時から午後8時(13時から15時は昼休み)

西日暮里1-37-15-4F
Tel 03-3806-7400 cook@msj.bigllobe.ne.jp
木曜日・土日以外の祝日が休診




靴底を気にしてますか?ペットには感染リスクが高いんですよ!
靴ひもで遊ぶ猫


以前このブログで書きましたが、新型コロナウィルスの飛沫は空気中に飛んだら、その後は地上に落ちますから、その落ちたウィルスを靴で踏んずけると、当然靴底にくっつきます。
そして、ウィルスはあなたの玄関の土間にやってきますよ。

感染者が増えている東京では特に、都心へ出勤や外出し帰宅した方は、靴底にウィルスをくっつけて帰宅したと思ったほうが良いです。

日本は靴を脱いで家へあがる文化なので、人にとっては靴底にウィルスがついていてもあまり問題がありません。
少し舞い上がる可能性もありますから、丁寧な対処は人間にも必要と言えますが、感染に直結するのはペットです。

室内外のネコちゃんやワンちゃんはもとより、歩き回るぺっとなら、玄関の土間にもおりますよね。
あなたが表から靴底にウィルスをつけて持ち込むと、汚染された土間によってペットたちが感染リスクを負います。

靴を脱がない外国では、この靴底による感染リスクはペットではなく人間が被っていることを考えると、日本でもペットへの感染への対処は欠かせないと言えます。

簡単です。
帰宅したら、履いていた靴の底と土間全体をアルコールや高濃度次亜塩素酸水でスプレーしたり、拭くだけ。

ペットによってはアルコールがダメなものもいるでしょうから、その際は弱酸性次亜塩素酸水の選択になりますね。

当院でも、靴を履き替える玄関マットやスリッパ、施術ベットの踏み台など、足の係る部分へはきちんと消毒対策をしていますよ。
自宅も当然ですね。(僕が係ですけど。笑)


京成:新三河島駅から徒歩0分 産後ケア・肩こり腰痛
なんでもあれの凄腕施術者が院長
開業30年超えの超ベテランのしっかり施術者在勤

午前10時から午後8時(13時から15時は昼休み)

西日暮里1-37-15-4F
Tel 03-3806-7400 cook@msj.bigllobe.ne.jp
木曜日・土日以外の祝日が休診