柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



バスタブの湯垢にチャレンジ!
我が家には妻が買い集めたお掃除用洗剤が複数あります。
魚焼きグリルの手ごわい焦げ付き汚れや、床壁などのこびりつき汚れなど、なんでも落ちる良品が揃っています。
これなら、浴槽の湯垢も取れるか?と思いチャレンジしたのですが、これが、擦れど擦れどほんの少ししか取れない・・・・

あ!っと思ったのは、重曹とクエン酸です。
皮脂や石鹸、シャンプーなどの酸性汚れには重曹が良く効くというのを思い出しました。
まず、2時間ほどペースト状にした重曹を浴槽全体に塗り付けておきました。
でも、これだけだとあまり汚れが浮いてこない。

それで、カップ1.5くらいの重曹とカップ1くらいのクエン酸をバスタブたっぷりのお湯に投入し、約8時間浸け置きしてみました。

バスタブ 2    バスタブ 1

かなり頑固な汚れだったようで、この状態から前の状態を知っていると判るかなぁ~ ってくらいですかね。
とはい、自己判断では半分くらいは綺麗になったので、次回は重曹とクエン酸の量を増やして時間も伸ばしてみようと思います。
バスタブは、掃除のプロでも難しいらしく、実際、数年前にお掃除パックで浴室をお願いしたのですが、バスタブの裏側のヘドロ状の汚れなどは綺麗にしていただけたのですが、この湯垢は取れなかったんだよなぁ~

それでも、湯垢が酸性汚れと解っているのですから、もうちょっと落ちるだろう!
頑張るゾ!

スポンサーサイト
第2406回「子供の頃、乳歯が抜けたらどうしてた?」

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の神田です今日のテーマは「子供の頃、乳歯が抜けたらどうしてた?」です6月4日は「虫歯予防デー」皆さんは虫歯予防をちゃんとしてますか「歯」と言えば、子供の頃は乳歯から永久歯への生え変わりがありますが、袋に入れて枕の下に置く方や、太陽に向かって投げる方など、抜けた歯をどうするのか、家庭や地域、世代で異なりますよね抜けた歯を屋根の上に投げるのが、子供の頃の私の一...
FC2 トラックバックテーマ:「子供の頃、乳歯が
抜けたらどうしてた?」



先日観た 泥棒家族 にも同様のシーンが出てきました。
映画のシーンは僕が小児のころに言われていたのと同じでした。
大ざっぱには、下の歯が抜けたら屋根へ、上の歯が抜けたら家の土台へと投げるというものです。
実際に抜けるたび、姉二人に連れられて表へ行き、そのように放り投げておりましたね。
順調に乳歯が抜けてくれたからか、上手いことに歯の生え方はまったく問題無いですね。

大人になって抜歯するかたは、先々の先進医療で使うために保存しておくと良いそうですよ。
なんだか凄い時代になってきましたねぇ・・・・

でも、カイロが全自動になったり、AIロボットが代われるかと言えば、今のところはヒトの方が優位ですし、まあ、この繊細な触診からの判断や施術は他の分野に比べるとずっと後になるのでしょうね。

第2405回「仮想通貨を持ってる?」

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の神田です今日のテーマは「仮想通貨を持ってる?」です「仮想通貨」と聞くと、1月末に仮想通貨に関するニュースが大きな話題となりましたね株とかFXとは何が違うのか、まだあまり理解できていない私ですが、「ビットコイン払い」など、仮想通貨で商品の購入やサービスを受けられるお店が増えてきているようですまた、仮想通貨は世界中で取引されている通貨なので、仮想通貨で支払い...
FC2 トラックバックテーマ:「仮想通貨を持ってる?」



ビットコインとかのネット上で通用する仮想通貨は持っていません。
でも、これらが出回る前からWAONやナナコとかPASMOの電子マネーは使っていますよ。
これらも、ビットコインとは違いますが、アナログ的デジタル通貨と言えますよね。
一種の仮想通貨ですよね。
実際に手にすることはない、でも現実に代金を支払うのに使用できる通貨です。

これらは仮に落としたとしても、直ぐに手続きをすれば取り扱いを停止できます。
ですから、直ぐに紛失の連絡をすれば、後からしっかりフォローをできます。
ですが、ビットコインなどの仮想通貨はそうはいきません。
先日の事件のように、巧妙にハッキングされたらその時点でとんでもない被害が生じます。

国の法律もまだ十分ではありませんし、仮想通貨を主に利用するにはまだ時期尚早といえますね。
こんな不安定なもので大金を動かしている人たちが信じられません。


潰す が よく言う言葉? 日大フェニックス会見
酷いねぇ。
日大が出していた司会者の言動がとても酷かったですね。
「何度も同じ質問をするな」とは?
記者の、理解できないから何度も質問されるのでは?という質問にもまったく無視でした。

言った言わないの水掛け論になっていますから、会見を開いた選手とコーチ・監督の言い分とが食い違っていたとしても、今の時点では判りません。
ですが、前のブログでも書きましたが、既に刑事事件に成っています。
この後、捜査が進むと監督・コーチの発言を立証する誰かがでてくる可能性も有りますし、試合中の選手間の会話などからも事実が判明される可能性もあります。

警察によって、全部がつまびらかにされることを望みます。

あ~~あ って思った健康本
今日の昼休みに町屋のツタヤで健康本のチェックをしていました。
表題だけでも興味を惹かれるものは、とりあえず購入してみることにしています。
とはいえ、際限なく買ってるとお小遣いが無くなっちゃいますから、自分の物差しになる項目を少し立ち読みしてみて納得できたら買うことにしています。

今回の物差しは お酒はやっぱり太る という項目です。
これは、今迄にもいろいろな論争が在りますが、こんな暴挙のような理論は初めて目にしました。
この先生の書いていた内容をかいつまんでみますと、

アルコールは胃で全部吸収され、そのまま肝臓へと運ばれ、運ばれたアルコールは肝臓で中性脂肪に換えられるが、そのエネルギーは使い道が無いので太る

というものでした。
これねぇ、読んだ途端に「なにをぉ~~~!!」って思いましたが、常識が覆ったのかと思い、改めて調べてみましたが、やっぱり変なまったく外れた論拠でした。
僕が今迄読んだ医学書にも健康本にも、胃は吸収できるものは限られていて水分と塩分アルコールのごく一部とされています。
ネットで医学的にきちんとした裏付けを持つサイト(医学系・薬学系など)をいくつか見まわしてみましたが、吸収率の少しの差はあるものの、ほぼ今迄の常識を裏付けただけでした。

この本に書かれていたことの本当のことは、アルコールが肝臓で中性脂肪に変換される、ということだけでしたが、それだって量的にはほんの少しだけなのですから、アルコールの量=余ったカロリー=肥満 ではありません。
確かにお酒の飲み過ぎは色んな意味で良くありませんが、こんなに酷い記事を書くことは罪ですね。
作者は某医大の大学院を卒業している開業医だそうです。
本の名称や作者は伏せますが、この一項だけ読んだだけでほぼ全ての内容がふざけているように感じましたよ。
著者はもとより、編集者や校閲は何やってたのかな?って思いますね。