FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



第2343回「今年のマフラーの色は?」

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の久保です今日のテーマは「今年のマフラーの色は?」ですもう11月に突入ということで、これから寒さも本格化してきます。。防寒対策にもオシャレにも、今年はマフラーをアイテムにしてみませんか!?どうしても冬物の服選び、落ち着いたデザインや色調の物が増えてしまう人、結構多いんです。そんなとき、敢えて明るい色のマフラーでアクセントをつけるってテクも有りかも!?今年の...
FC2 トラックバックテーマ:「今年のマフラーの色は?」



身に着けるものの色って大事ですよね。
気持ちに沿うっていうような気がします。
色使いが精神的にどうのこうのというような難しいことではありません。
なんとなく、今の齢に気持ちの良い色があるように思います。

若いころは赤とか青とか原色の元気の良い色を選んでいたことが多かったように思います。
最近は、ほわぁ~んとした暖かい色が好きですねぇ~
特に首回りという眼に映りやすい箇所に身に着けるマフラーは、気持ちにより沿った色にしたいですね。

ということで、きっと今年のマフラーの色も暖色系のホンワカした色使いでフワッフワのものが良いですね。
本格的に寒い時季になるまえに探さなくっちゃ!

スポンサーサイト
障子張り替えやってみました!
我が家に在る唯一の障子は、リビングに引き戸で続く6畳間のベランダに向いた床までの掃き出し窓にはまっています。
元々は和室だったのを洋室にリフォームしたのですが、窓側だけは和風のまま残しました。
この窓にそってソファーを置いているのですが、僕がドタバタしてるうちに子供も居ないのに障子を何度も蹴破りボコボコに(笑)
穴が開いて既に2~3年経っていて、最近の話題は「障子なんとかしなくちゃねぇ・・・」ということ。

ということで、一念発起!
いろいろ調べてみましたら、なんと和紙をプラスチックで挟んだ超強度の障子紙があるのだそうです。
これを使って張り直せば、そうやたらと蹴破らなくなるでしょう。
今回は、和紙ではなくプラスチック素材ですから、専用の両面テープを使用しての張替えに成ります。

さて、さっさと張り替えましょうね。
最初は障子紙をしっかりと剥がすことから始まります。
水をバシャバシャ掛けられる場所がある方は、水をぶっかけて放置しブラシで擦ればできあがり!
ですが、我が家のようなマンション住まいだとそうもいきませんね。
そんなときは、障子剥がし液を使うのが便利ですよ。

障子1 - コピー    障子2

これは、その障子はがし液を掛けたところ。
僕が使ったのは、アサヒペンの「ワンタッチ障子紙はがし」です。
最初は液が頭のスポンジに中々滲みてこず一旦容器を上に起こすと出やすくなりました。
馴染んだ後は、出が悪いと容器を少し押し気味にすると良く出ますよ。
こつは出し過ぎないことでしょうか。
実は、一旦全体に塗ったのですが剥がれにくそうだったので、再度多めに塗り直しました。
そしたらねぇ、少しですけどなんと枠の木まで剥がれて来ちゃったんですよ。
この溶剤はかなり強力そうなので、使う際には手袋(僕はラテックスの使いました)などで手を保護した方が良いですよ。

10分程度放置し(説明書では5分~6分)障子紙を剥がします。
おおよそ、ぺらぺらめくれてきますが、木枠に残ったものはプラスチックのヘラでこすり落としました。
このヘラは天井のクロスの補修の際に購入したものの流用です。
木枠は少々削れても問題無いですから、プラスチックのヘラが無ければ定規の背とかでこそぎ落とせれば大丈夫でしょう。
前述の通り、この薬剤は量が多いと木枠も剥がすくらいに強力です。
今回も、障子紙を剥がす際にけっこう木枠がついて剥がれてきてしまいビックリです。


障子3 - コピー

すっかり剥がし終えたら、しっかりと乾かします。
湿った状態ですと、両面テープが剥がれてしまいますから剥いだ後にお買物に行って30分程度さらしておきました。
両面テープは、縦横に貼るわけですが、縦にしろ横にしろ一旦一方向を貼り終わったら全部裏紙を剥がします。
その後交差する側のテープを貼ってそちらも剥がします。
勢いで縦横全部を貼ってしまうと、後から剥がせなくなりますよ。(笑)

で、両面テープを剥がし終えたら肝心の障子紙を置くことに成ります。
ネットで調べましたら、マスキングテープで固定して~という情報が多かったのですが、このプラスチック障子紙はマスキングテープでは止まりませんでした。
それで、僕は障子紙を枠の下にくぐらせ、両面テープでしっかりと固定してしまいました。
購入した障子紙は全体に余裕が沢山ありましたから、必ずしも紙と枠とが正対している必要はありません。
少しぐらい紙が斜めでも後で切り抜く訳ですから、問題無いのですね。
こうして、しっかりと下部を固定してから紙を張りながら上方へと引っ張りつつ貼り付けてみました。

残念だったのは、ピッタリとくっつけたつもりでもたわみが出てしまったことです。
和紙でしたら、霧吹きで水を拭いておけば後で縮むのですが、プラスチックではそれは叶いません。
とはいえ、初めての生じ張りにしては、まあまあだったのでは?

障子4


穴ぽこだらけの障子が綺麗になって、まあ満足。50点ってとこかなぁ・・・・・
ちなみに、真っ白に見えますが、ほのかに桜が散りばめられている風情のある模様なんですよ。
あ~ ちかれた・・・




夏の一句
雷鳴に 街並みけむり 涼しげに

今日の豪雨の際、とどろいた雷と 夕暮れ時に低く垂れこめた雲の下 豪雨一過に冷やされた東京の街並みの涼やかな空気を読んでみました。