柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ワールドカップ アルゼンチン VS アイスランド
アイスランド強いね!
鉄壁の守りです。
ポルトガルのような攻撃の破壊力はありませんが、とにかく守りが固く、しかも終盤になっても集中力がまったく途切れません。
終始危なげない守りなのは凄いですね。
しかも、途中メッシのPKをキーパーがファインセーブ!
ボール支配率は圧倒的にアルゼンチンでしたが、崩せず回していただけですから、支配率が高くても意味が有りません。
極端にメッシに攻撃を集中させ過ぎたのも良くなかったのかなぁ?
それにしても、あんなに安定した堅い守りのサッカーを観たのは久々でした。

先制はアルゼンチン。
前半の早めの時間帯、ミドルシュート並みのセンタリングをアグエロが止めた途端に振り向きざまの強烈なシュート!
このシュートは凄かったなぁ~
一瞬のことで目を疑いました。

でも、あまり時間を置かずにアイスランドが同点に並びます。
右からのシュートをGKが弾いて防ぐもこぼれ球をフィンボガソンが押し込みました。
あのアルゼンチンから流れからの得点ができるって、凄くない?

このあと、後半にアルゼンチンがPKをもらうも、あのメッシがGKのファインセーブに阻まれて得点ならず。
このまま同点で終了でした。
それにしてもアイスランドの守りの堅さは凄い!次の試合が楽しみです。

スポンサーサイト
ワールドカップ スペイン VS ポルトガル
録画しておいて、今朝早起きをして観てみました。

緻密で圧倒的に濃厚な前掛かりの攻撃、かつ攻守の切り替えが見事で予選では失点ゼロのスペインと、硬く守って素早く正確なカウンターと圧倒的な得点力のフォワード(まあロナウドですが)が売りのポルトガル。
さあ、どうなる?

試合が始まってビックリです。
なんとポルトガルとスペインがそれぞれスタイルをそっくり入れ替えたような試合運びです。
前半10分~15分くらいまでは、ボール支配がほぼポルトガルでスペインのペナルティーエリア付近での攻防に終始し、ボールがポルトガル側へセンターラインを超えるのが数えるほど。
初っ端から積極的に攻めるポルトガルを強く印象付けたのが、開始3分で得たPKでしょ。
ペナルティーエリア内でロナウドが倒されて自ら見事なPKを決めました。
スペインもジエゴ・コスタがディフェンスを翻弄しての見事なシュートを決めて同点に追いつきますが、前半終了間際に再びロナウドがキーパー正面から強力に左足を降りぬき、手で取りに行ったキーパーを弾き飛ばして力技のゴール!

後半からは、それぞれが持ち味を発揮する試合運びに落ち着き、スペインの攻めをポルトガルが受けるというなかで、スペインが攻め切り再びジエゴ・コスタが2発目を決めます。
セットプレーからのボールが良いところに来た、というよりやっぱり点取り屋のきゅう覚が素晴らしいってことでしょうね。
圧巻だったのは、この後直ぐの時間帯の、ナチョ・フェルナンデスのダイレクトボレー。
これは、大会最優秀シュートになるんじゃないかというくらいに素晴らしいシュートでした。
内側回転を強く掛けた低く叩きつけるようなボレーは、左ポストから右ポスト(向かって)へとピンボールのごとくガンゴンとぶち当たりながら決まりました。
芸術的なゴールです。

焦るポルトガル、ボール回しで相手に渡さないスペイン。
しかも隙を突いては縦へボールを入れてくるし。
もう永久にポルトガルはボールを触れないかと思った終了間際にそれは起こりました。
ペナルティーエリアの直ぐ手前でフリーキックを貰ったのはやっぱりロナウド。そして蹴るのもロナウド。
このフリーキックが解説者の言った通りのシュートとなり、これまた芸術的なハットトリックとなりました。
高い壁を越えゴール右上隅に突き刺さっていましたよ。

試合終了間際にロナウドが倒れていたのが心配ですが、たぶん足がつったんでしょうね。
前半から凄いプレスの掛け方でしたし、カウンターでは敵も味方も猛スピードで追い越していました。

結局 3:3 のドロー
同じB組のモロッコとイランにはもうしわけないですが、この先は、この2チームが得失点差でどちらが1位通過になるかなってところでしょうね。

ワールドカップ エジプト VS ウルグアイ
先ほどのロシア戦でも少し書きましたが、今まさにの A組第2戦目を観ています。
凄いのはエジプト。
前半は押し込むウルグアイをなんとか凌ぐ、という感じでしたが、後半はどちらかというとエジプトの時間が多くなっています。
特に守備の集中力が素晴らしい!
リバウンドやごちゃっとした際のドタバタしがちなシーンでも、慌てず冷静に取り戻したりクリアをしたり。
そして、キーパーのファインセーブも何度もありました。
特に、終盤42分のペナルティエリアギリギリからのフリーキックです。
ゴール隅を狙った凄いシュートをファインセーブです。

それにしても、どちらのチームも運動量が豊富ですねぇ。
終盤まで動きが鈍らない。
でも、やっぱり根性だったんでしょうね。
アディショナルタイムに入った途端に、両チームの選手が足をつっています。

試合はというと、後半のアディショナルタイムに入る直前にウルグアイがフリーキックからヘディングで決勝点を決めて、1:0で勝利。
エジプトは凄く良い試合運びでしたが、惜しかったですね。
これで、ロシアは必至のエジプトと対戦することに成りました。
1敗するともう後がない。
どうなる?エジプト どうなる?ロシア!

面白いですねぇ~
さあ、明日未明にはなんと! スペイン VS ポルトガル !!!!
こんな凄い対戦がグループリーグだなんて!
実際の準決勝みたいですね。
楽しみ楽しみ。


ワールドカップ初戦 ロシア VS サウジアラビア 
ついに開幕!
初戦はビデオ録画して、今朝とお昼休みに分けて観ました。
幸いに、試合の結果は朝のワイドショーやラジオなどでは上手く避けられて、結果を知らずに観戦できてホッとしました。

まだ観てない人はごめんなさい。
ネタバレに成りますが、ロシアが5:0で勝利!

日本と同じ組で予選を闘った盟友ですから、ここはサウジに勝って欲しかったのですが、ロシアの方が一枚上でしたねぇ。
まあ、究極のホームですから、さすがの中東サウジも少なからず影響を受けたのかもしれません。
試合運び自体もサウジが押し込まれるシーンが多く、かなり苦戦していましたね。

圧巻は後半終了間際の立て続けの2点でしょう。
いわゆる、乗らせてしまったってことでしょうか。

次に対戦するのは今の今ウルグアイと対戦しているエジプトです。
前半を終えて 0:0 のタイスコア。
さて、南米の強豪ウルグアイ相手にエジプトは勝てるか?
そして、ロシアはどんなモチベーションのエジプトと対戦することになるのか?

世界ランクでは45位と随分上のエジプトですから、順当ならなかなか難しい対戦と言えるでしょうね。
とはいえ、何が起こるかわからないのもサッカーですね。
日本だって、過去の大会でベスト16に入った時も、周りは全部が全部格上ばっかりだったんですから。

開催国は好成績に終わるのはサッカーワールドカップのジンクスのようなものです。
是非頑張ってグループリーグを勝ち抜いて欲しいです!

もうすぐワールドカップ
さて、初戦どうなるのでしょうねぇ~
先日のパラグアイ戦で、とっても期待を大きくしてしまいました。

これは、監督がとっても困っていると思いますよ。
だって、ほぼ先発メンバーを温存してみたら、控えが結果を出しちゃったんですものねぇ。

今日の深夜はロシア VS サウジアラビア です。
けっこう時差があるんですね。
今夜の0:00キックオフだそうです。

そこまで寝不足してまで観たいカードではないので、今夜は録画ですね。
まあ、朝のワイドショーで結果が判ったらもうみないでしょうけど。

今回の大会は、ほぼ夜~深夜なので、リアルタイムに観られるのは、日本戦くらいかな??
まあ、逆に日本の試合は現地では早い時間帯なので、こちらではちょうどゴールデンタイムになりますね。

もうあと少し! 頑張れニッポン!!!