柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



3月11日を迎えて 改めて想うこと
東日本大震災から7年が過ぎ、被災地の状況などがこの数日マスコミに取り上げられていますね。
随分薄れてきたとはいえ、僕自身もあの日の恐怖がいまだに甦ることがあります。
同じ日に同じような災いが生じるなどという偶然は、ゼロに近い確率だというのは頭では判っていても生理的に受け入れられず、3月11日(日)は電車で出かけるような場所へは出かけられませんでした。
PTSDという程では無いにしろ、嫌な記憶の刷り込みには違いありません。

東京では、既に終わったことのような感じに成りつつありますが、福島や復興真っ最中の東北~茨城のひとたちはまだまだ現在進行形なのが、この数日の報道でも良く判りました。
特に福島原発の悲惨さは、言葉になりませんね。
地震時に何が起こっていたのかの新事実が判明するほど、良くあの程度で落ち着いたものだと関心するやら呆れるやら。
この原発事故に関して昨年発表されたメルトスルーやメルトアウト(建屋の床を核燃料が突き抜けた状態)などが既に生じている可能性も報告されていて、これが本当ならそう遠くない将来に核汚染が衝撃的に広がるかもしれません。

いったん稼働すれば安定的に電力供給できるとはいえ、致命的にダメージコントロールができない危険極まりない原発を政府はまだまだ日本で稼働させるといいます。
北朝鮮のミサイルよりも怖い施設だと思います。


スポンサーサイト
またやってきた 中文スパム
.qqまたやってきた。
もうねぇ、日ごろの作業が思いっきり虐げられるんですよねぇ・・・・・
biglobeさんなんとかしてくれないっすかねぇ?

とっても辛いっす・・
原発事故は国政による人災だぞ
避難指示が出なかった地域のいわゆる「自主避難者」(約一万五百世帯)は、住宅の無償制度が三月で廃止され、経済的な負担が増すということです。
今日のニュースで今村雅弘復興相のコメントを聞いて、愕然としました。
記者の「打ち切られると暮らしてゆけない人達もでてきますが?」「自己責任で」という答弁が何度も繰り返され、最後は「国は責任を取らないのか?」などと質問した記者に対して、今村氏は「出ていきなさい。二度と来ないでください、あなたは。うるさい」出てゆけ!」と啖呵を切っていました。
国が造って国が壊した原発で、いったい国民がなんで迫害を受けなくちゃいけないんでしょうね。

1.原発は国政で勧められました。
2.日本が世界でも稀にみる地震大国で、全土火山帯に覆われていて、本来原発に適していないという実情は最初から解っていました。
3.福島原発の安全基準が守られていたかを国は監督出来ていませんでした(監督責任)
4.福島の原発事故の際に、適切な処置を講じられませんでした。(管理責任)
5.管理・制御がとても難しい原発の適切コントロールを獲得できないまま、汎用として使用し始めてしまいました。
6.国策で進めた原子力発電は、電力各社と一緒に国の責任が伴うのは当たり前で、原資不足という理由で本来被らなかったはずの事故のしわ寄せを、住民の自己責任と押し付けるのは理にかなわない。
7.原資不足なのなら、自衛隊の装備予算を削ってでも作り出すのがあたりまえ。

はたして、政府はどこを向いているのでしょうか?
世界の大局から観た場合、福島原発被害者よりも、有るか無いかも判らん中国・北朝鮮からの脅威を優先すると言うのか?
アジアからの世界大戦を望むものではありませんが、自衛隊の戦闘機の2~3機を我慢するだけで何十億円も浮くんだぞ!?
政府は、国民の何をみているのだろう?

これは、都政だけではなく国政も自民が危うくなるきっかけかな?
とはいえ、国政は自民に代わる政党は見当たらないのも悲しいけどね。

それにしても、今日のニュースの今村雅弘復興相のコメントには、思いっきり腹が立ったぞ。
弱者は死ねってか?



口は出すけど金はださん?? 酷くない!?
予算を膨大に膨らませたのは、いったい誰だ?
組織委員会とオリンピック委員会が「あれも欲しい~ これも造りたい~ 」って言って3兆円まで持ってったんだよねぇ。
それが、森君が「費用は、東京都が持ってきた大会でしょう?」ってなんだこれ?
丸山オリンピック大臣の「東京都でしょ?」ってのは言語道断ですよね。
確かに、東京都は大黒字の自治体です。
ですから、やろうと思えば、都政の他を削ってでもできるでしょう。

オリンピックは、確かに都市開催ではありますが、どう考えても国を挙げての大会ですよ。
「国のために頑張れぇ~」って選手に国を背負わせてるのは、国家でしょ。
だから選手の強化費用だって国からでてますよね。
それが、国は金には責任が無いかのごとくの丸山大臣の言いぶりは、どうなんだろうなぁ?

オリンピックに金を出したくなかったんだったら、最初から東京だけの経済力でできる範囲で頑張ってね、口もださないから。
って、小池知事の削減案を全て受け入れて既存施設での最小予算で開催でやらせれば良かったんですよ。

権益から金が流れなくなったとこへの意趣返しと思われても、しかたが無いのでは?
もしくは、小池憎しだけか?
そしたら、もっといやらしい人達ですよね。

頑張れ!小池知事 ヾ(≧▽≦)ノ


今の今200億円圧縮??
海の森ボート競技場、この数日でどうやったら200億円も圧縮できるのでしょうかねぇ。
その裏付けをしっかりと都は言うべきですけど、観客席の屋根を作らないで圧縮とか今頃変でしょ。
しかも、誘致当初は予算が100億以下だったんですよね。
あと2~3日したら、あと100億減るんじゃないのか?

そもそも、この場所は横風が酷くてボート競技に向かないと、日本のボート競技の会長がTVで話していましたよ。
その会長が進めていたのは、埼玉の戸田・彩湖です。
こちらは、レーンが6つしかないので、オリンピック競技場としてはあと二つ増やさなくてはなりませんが、それでも競技への支障はまったくありません。
淡水で風の不具合も海上の海の森よりものすごく少ないとのこと。

世界的な記録に関わるオリンピックなのですから、基本が競技をしっかりと執り行えることです。
関係者は、ここにまず立ち戻る必要があるのではないでしょう?
それが、ボートの専門家の、国際ボート連盟のローランド会長が海の森を強く推していましたが、この競技を平等に実施できない施設を押したのはなんででしょう?
来日のタイミングも微妙ですよね。
先々、国際オリンピック委員会の会長が来日するのですから、一緒にくればよかったのでは?

オリンピックって、箱モノもチケットも物凄く利権が飛び交いますよね。
そして、なんとも不思議なことに、誘致の際の予算は過去の実績に従ったとっても大ざっぱで専門家の試算なんかほとんど無いのだそう。
ということは、ようは誘致さえできれば、あとは幾らでも予算を増やせるという事。
大抵の国が同じ要領で誘致合戦してるので、たいてい誘致後に予算が膨らむんですって。
そんなだから、国立競技場もあんなになっちゃったんですよね。
そして、今回のボート競技場ほかの予算オーバーです。

しかも、この短期に200億円の圧縮案です。
これは、誰かの利権がすっかり消えてしまうから「なんとかしてくださいよ、国際ボート連盟のローランド会長」って、言う懇願の結果のようにも勘ぐれますよね。

こんだけ当初よりも予算が広がり、しかも築地移転での官民談合も疑われているわけですから、
東京オリンピックも都と国を巻き込んだ大談合なのかもしれませんよ。
それを暴いたら、小池都知事は世紀の大知事になるかもしれませんね。

そもそも、国の権力者の森元総理は、オリンピック憲章にある政治不介入の原則に従えば、本来就任できない人です。
この人が大きな口をきく権限はまったくありません。
政治家って利権大好きなんですね。
だから、今回の状態にオリンピック招致委員会が第4者として関わらざる負えなくなったんでしょうね。

誘致合戦のときから、専門家による予算を組まないからこんなことに成るんでしょう。
オリンピックの開催費用が回を重ねるごとに膨大に!ってのは、今迄放送権料が高騰しとされてきたことが声高に叫ばれていましたが、実際は箱モノ利権もかなりのものなのかもしれませんネ。