FC2ブログ
柴田カイロ 院長のひとりごと
診療に関係有ること無いこと、日々綴ってまいります。 傾向としては、食いしん坊日記?(笑) 柴田カイロのHPともども可愛がってやってくださぁ~い。
プロフィール

shibatachiro

Author:shibatachiro
柴田カイロの院長です。
HPともども可愛がってやってくださ~い。

柴田カイロプラクティックのHPへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



持続化給付金は課税対象ですよ!

当院は青色申告会を利用させていただいています。
その会報で知ったのですが、当院も給付いただいた「持続化給付金」は、黒字になった(儲けが出た)個人事業主や企業では課税になります。

つまり、2割課税なら100万円を給付いただいていると、20万円は税金で納めるということ。
一割課税と二割課税のはざまに在る個人事業主でしたら、受け取ったがために二割課税になってしまうこともあるということになります。

それでも税金を納めても助けて頂けた金額のほうが圧倒的に多いので、法的な決まりに文句を言いたいわけではないのですが、緊急時の給付であり「非課税」と解釈している人も多いのではないでしょうか?

特に赤字ぎりぎりで頑張っていらっしゃるサロンさんなどでは、思いがけず課税されビックリする経営者さまもいらっしゃるかも。

税の公平という意味ではしかたがないと思いますが、給付の条件や説明で、しっかりと伝えておいてほしいものです。
当然、持続化~だけでなく家賃補助の給付でも同いつです。

税理士・会計士や青色申告会を利用されている方は、早めのご相談をお勧めいたします。
ご自身で確定申告をされているかたは、しっかりと内容を把握し、判りにくいところは税務署に問い合わせるなどして、今のうちにしっかりと対応をしておくことをお勧めいたします。

京成:新三河島駅から徒歩0分 産後ケア・肩こり腰痛
なんでもあれの凄腕施術者が院長
開業30年超えの超ベテランのしっかり施術者在勤

午前10時から午後8時(13時から15時は昼休み)

西日暮里1-37-15-4F
Tel 03-3806-7400 cook@msj.bigllobe.ne.jp
木曜日・土日以外の祝日が休診
スポンサーサイト



当院、そとからはマジックミラーになっています。
柴田カイロ外観窓側

ホームから観た当院が入っている黒澤ビルの外観です。
ちょっと光っているのが判りますか?

暗くなるまでは、マジックミラーになっていて、室内からは外を見られるのですが、外からは鏡になっています。
プライバシーは守られますので「見られたくない」と思う方には最適です。
逆に室内からは、外が普通に見晴らせますから、室内では窓の多さも手伝ってまったく閉塞感が在りません。
というか、時間帯によっては眩しいくらいになりますよ。

ただ、室内の雰囲気は外からでは判りにくいのもたしかです。
いちどご来院されるとお判りになりますが、外観の雰囲気よりもずっと明るいんですよ。

治療院待合室


この画像は当院の待合室です。
当院は入り直ぐに待合室があり、正面が受付、左右が施術ルームとなっています。
つまり、待合室はこの字型にかこまれているということです。
それでも、室内照明もさることながら、外からの光がとても強いので、昼間でしたら受付側のまどからの明かりだけでもとっても明るいです。

治療院施術ルーム

こちらは、入って左側の施術ルームです。
正面だけでなく、右側の大きな窓からの日差しは、時には辛いくらいに降り注ぎます。
当院の窓はブラインドですから、日差しに応じて調整ができますから、そのあたりは僕が調整できますし、この窓は換気のとても良い環境もあたえてくれますから、日差し以外でもしっかりと役に立ってもらってます。

当院の環境はご来院いただけなくては判りにくいですが、外から見られなく無い方には、逆にもってこいともえいます。

当院の施術は、ご来院いただいたまま着衣で行いますが、それでもご家族でさえ、待合室と施術ルームの間のカーテンを引く方もいらっしゃるくらいに「みられる」ということにデリケートな方はいらっしゃいます。

当院の基本は患者さんファーストですから、夕方~夜にはブラインドを上向きにし外から見えないようにしています。
昼間では、眩しくないようブラインドを下向きにし、調整しながらご利用者様が快適な状態を維持できますよう、勤めております。

京成:新三河島駅から徒歩0分 産後ケア・肩こり腰痛
なんでもあれの凄腕施術者が院長
開業30年超えの超ベテランのしっかり施術者在勤

午前10時から午後8時(13時から15時は昼休み)

西日暮里1-37-15-4F
Tel 03-3806-7400 cook@msj.bigllobe.ne.jp
木曜日・土日以外の祝日が休診


エントランス・エレベーターホールの停電、とりあえず復旧いたしました
先日来つづいていました当院入居の黒澤ビルの停電ですが、本日午前にとりあえず解消しております。
土曜日~火曜日の特に陽が落ちてからのご利用者様には、本当にご不便をおかけ、申し訳ございませんでした。
ちょっとビル管理者との手違いなどもあり、せっかく設置頂いたランタンも機能せずで、この4日間は落ち着かない状況に陥っておりましたが、一応本日解消しております。

ただ、本格的な修理や工事は先々のようですので、場合によっては臨時休診なども出てくるかもしれせん。
問題部分は共有スペースに限られた配電ですから、たぶん営業しながら修理が可能とは思いますが、先々またご迷惑をお掛けするやも在りません。

とりあえず、本日からエントランス・エレベーターホール・門燈などは通常通りに復旧いたしましたので、お知らせさせていただきました。


【西日暮里 新三河島 整体・カイロ・骨盤矯正・マタニティ・産後・肩こり・肩甲骨】 
柴田カイロプラクティック 

ベテランカイロプラクター在籍◆小さな力で効果が期待できるスゴ腕施術☆
新三河島駅すぐ☆TEL☆03-3806-7400
営業時間■10:00~20:00 ※13:00~15:00は休憩時間
土曜日・日曜日は19:00まで営業      定休日☆毎週木曜・土日を除く祝日
(土日は祝日に関わらず診療しています)
当院の換気状況 その2
DSC_2772.jpg


換気の流れは、前回書いた通りで、当院への入り口を入って左側隅の台所の窓から吸気し、入って右隅の換気扇で排気します。

その換気扇のとなりにあるのが、当院唯一の引き戸の窓です。
他は、入り口の引き戸だけで、はめ殺しの窓がほとんど。
数か所窓が開きますが、媽祖枠を手前に引くタイプので、しかもブラインドが邪魔して開ききらない。

まあ、開いたとしても、電車の騒音が酷くなるだけなのですが・・・・
でも、当院は入り口の引き戸を開け、エレベーターホールの窓を開けると、物凄く通気が良くなります。

DSC_2770.jpg


前のブログでも書きましたが、患者さんと患者さんに時間の間が空いた際は、必ず治療院の窓を開放し、治療院の入り口引き戸を全開にし、エレベーターホールからの外気をしっかりと取り込みます。

毎日治療院に到着したとたん、にこの窓を開けるのが、コロナ禍からの習慣です。
この窓があいてないと、いくら治療院内のまどがあいていても一機での通気はままなりません。

今月11日(火)に治療院のエアコンの入れ替えをしたのは、既にこのブログで書いていますが、30度設定での除湿冷風の設定でも、古いエアコンとは違いあまりベタベタしません。
治療院内外のあちこちを通気・換気のために開けておりますが、思いのほか過ごしにくくはありませんので、安心してご来院くださいね。  (^_-)-☆

京成:新三河島駅から徒歩0分 産後ケア・肩こり腰痛
なんでもあれの凄腕施術者が院長
開業30年超えの超ベテランのしっかり施術者在勤

午前10時から午後8時(13時から15時は昼休み)

西日暮里1-37-15-4F
Tel 03-3806-7400 cook@msj.bigllobe.ne.jp
木曜日・土日以外の祝日が休診

当院の換気環境
DSC_2773.jpg


これは、二つある施術ルームの入り口から入って左側のスペースに備え付けたクリップ扇風機です。
このクリップ扇風機は、東日本大震災の際に、電力抑制でエアコンを使えなかった際のもの。
今は、室内空気を循環させるためのサーキュレーターの代わりになっています。

当院の構造で、給湯室の窓を開け、反対側の隅に在る換気扇へ効率よく室内空気を排出ために一役かってくれてます。

新型コロナには、三密のなかでも密室(換気不全)がとても重要ですよね。
当院では、この窓開放と換気扇により、常に換気をしています。

画像の扇風機は台所側の施術ルームに設置されているものです。
台所窓からの吸気を後押しする設定にしていますよ。

こちらの施術ルームからの排気には、待合室の入り口引き戸を開けてしまうと機能しなくなりますので、待合室でお待ちになっていらっしゃる方が居ない状況では、入り口引き戸は締めています。

そもそも当院、完全予約制なので、早めにご来院された方でも大抵は待合室で長時間どなたかとご一緒になることはありません。
ですから、たいていの場合は、入り口引き戸を開放する必要がありません。

換気扇は、天吊りになっている当院入り口の引き戸が内圧で押され、閉まらなくなるくらいに強力です。
ですから、反対側の窓を開放しておけば、吸入・排出がしっかりとできていますよ。

京成電鉄のすぐわきに立地していますので、全窓開放すると電車の通過音で会話が成立しません。
が、予約がこんでいないときには、僕一人になった時点で10分くらい窓も全開して更なる換気に勤めています。

施術効果だけでなく、安心・安全も提供していますよ!


京成:新三河島駅から徒歩0分 産後ケア・肩こり腰痛
なんでもあれの凄腕施術者が院長
開業30年超えの超ベテランのしっかり施術者在勤

午前10時から午後8時(13時から15時は昼休み)

西日暮里1-37-15-4F
Tel 03-3806-7400 cook@msj.bigllobe.ne.jp
木曜日・土日以外の祝日が休診